10
09月11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

05/29

ユーフォニアム&テューバ☆音が突然出ない場合

「ヤマハのユーフォニアム(テューバ)の音が突然鳴らなくなったんです!」
というお電話を学校の先生方からよくいただきます。

電話でいろいろ説明するのですが、なかなか伝わりません(汗)
全国の楽器屋さんも何度も電話で説明し苦労しているはず....

ですので画像つきで解説いたします!
ぜひ歴代の演奏者の方は理解しておいてくださいね。


まずはピストンが正しい位置に入っているか確認してください。
ピストンシリンダー上部に、番号が刻印されています。
正しい状態でしたか? では次のチェックへ進みます。


eup-g04.jpg
ヤマハ製のユーフォニアム〈YEP-321S/621S〉のピストン部分。(ピストンテューバも同様)
フェルトやワッシャーなど、いろいろなパーツがありますね。



わかりやすく分解してみました。
手前左が『バルブガイド』という部品です。
ピストンが正しい位置で上下するため、
中でくるくる回ってしまわないようにするための部品。

ヤマハも30年ほど以前の旧モデルは埋め込みタイプの金属製でしたが、
現在使用されている楽器は、ほとんどがこのタイプでしょう。

『バルブガイド』は、右側にあるピストンを押す部分の『バルブステム(軸・棒)』を
ピストンシリンダーにねじ込むことで、押さえつけられ固定されます。

ということは、ステム部分のネジが大きくゆるんでしまうと、
楽器の中でバルブガイトが外れる(ズレる)状態になってしまうのです。
指で押さえるボタンや軸の部分がくるくる回っていたことはありませんか?


eup-g02.jpg
バルブガイド裏面とピストン上部です。
正しい状態はバルブガイド裏面の突起と、ピストン上部の【小さい穴】が一致しています。

ステムがゆるんで、バルブガイドが固定されず動いてしまう状態になると、
バルブガイド裏面の突起が、大きな穴の方へ入ってしまうことがあるのです。


eup-g01a.jpg
左側はバルブガイドが正しい位置にある状態。
ガイド横側に大きな穴が半分見えていますね。反対側には番号の刻印も。

右側はガイド裏面に突起が大きな穴に入ってしまった状態。
ガイドの位置が90度ズレてしまい、大きな穴はさっぱり見えません。
管とピストン穴の位置も同様にズレてしまうので、音が出なくなるのです。

大きな穴が半分見えていなかったらズレている状態です。

どのピストンが悪いのかを、わかりやすくチェックには
息を吹き込みながら、ひとつずつピストンを押さえてみてください。
「ばすっ」と息の流れが大きく変われば、そのピストンに問題があります。


解決方法は、バルブステムをゆるめ、バルブガイドを正しい位置へ戻します。
そしてステムを締めなおす。ほとんどがこれで解決します。お試しください。

(ヤマハ旧タイプ、ベッソン、ウィルソンではこの症状は起こりません)

『バルブガイドを戻してみたが、ピストンが入らない、動きが悪い場合』は、
ステムネジを少し緩めた状態(バルブガイドが固定されていない状態)で
ピストンを1センチほど入れ、その状態のままステムネジを締めてください。
するとバルブガイドがその楽器に合った位置で固定できます。


ボタン&ステム部分(指で押さえる部分)が
ゆるんでいないか常にチェックしておきましょう。



「なんとなく鳴りにくい、音が悪い」状態のときは、
・ケース内の物が楽器の中へ入り込んでいる
・ツバ抜きのコルクが取れている
・管の奥に汚れが溜まり、管を塞いでいる
なども考えられますので、こちらもチェックが必要ですね。


ずっとブログで紹介したかったのですが、念願叶いました。
ぜひご自身で戻せるようにしてくださいね。
そしてステムのネジがゆるまないように、常にチェックを!


〈なるほど!、役に立った!〉方は、ぜひ拍手ボタンを!
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

Re: スバラシイ!

>通りすがりさん

コメントありがとうございます。
楽器が無事に戻ってよかったですね!

バルブガイド不良は、学校現場でよくある症状なのです。
メーカー側が改良してくれるのよいのですが。

 

スバラシイ!

もともとはトランペット担当です。サークルでよそから譲り受けたチューバを誰もやる人がいなくて3ピストンだし、運指はペットと変わらないだろうという事で、チャレンジしております。
ゆうべ、お風呂でクリーニングし、完全に乾いた夜中にちまちま組み立てをしていたトコロにハッと気が付きました。部品に番号の刻印がないんです(泣)ペットには当然あったので(ここではちゃんと刻印があるみたいですが(^^;;)完全にノーチェックでバラしてしまったからさあ大変!どれだけ組み合わせを変えても空気が通らない、通りにくいを繰り返し、昨晩は諦め、今朝ココに辿り着きました。正しくバルブガイドがずれている状態だと分かりました!そしてよくよく見るとその塞がっていた穴と同じ面に刻印が!(マイペットくんはバルブの側面に刻印があります)無事すべて収まり空気も以前と変わりなく通るようになりました。
分かりやすい説明ありがとうございました☆

 
 
  • « new
  • Home
  • old »