06
05月07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

11/13

ピッタリですか?☆木管マウスピースのコルク

バスクラリネットの「演奏中に音が変になる」という修理依頼。
しかし楽器本体に目立った異常は無し。その原因とは?


この学校にはメーカーの異なる2本の楽器があります。
マウスピースを差し込むネック側の内径がそれぞれ違うため、
内径の広い楽器と組み合わせると、マウスピースのコルクが緩く
固定できない状態になり、息漏れしてリードミスのような状態が起こります。

音が変になる原因は楽器本体ではなく、マウスピースのコルクだったのです。


サクソフォーンの場合は、内径の狭いセルマーのマウスピースを長期間使用していたネックに
内径の広いヤマハのマウスピースを差し込むと緩くて使えないことが多いですね。


マウスピースやネックのコルクは使用とともに薄くなってしまいます。
もちろん緩すぎるものは音色や吹奏感などにも悪影響を与えてしまいます。

学校備品など様々な楽器とマウスピースを組み合わせる場合は
しっかりとジョイントが出来ているか、きつすぎないか緩すぎないか
このコルク部分にも注意してみてください。
もし緩いと感じたら適切な厚みのコルクに交換しましょう。
mp-bscl02.jpg


 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »