09
08月10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

08/25

ホルンCD☆バボラーク/松崎裕/つの笛集団

cd-hn-baborak-rs.jpg
☆リヒャルト&フランツ・シュトラウス ホルン&ピアノ作品集/バボラーク
オクタヴィア・レコード/OVCC-00077/税込定価3000円 【HQ SACD Hybrid】 
(2010年8月25日発売) 〈割引価格10%OFF!〉 ※当店にて試聴できます

ラデク・バボラーク(ホルン)/小菅優(ピアノ)

1-3. R.シュトラウス:ホルン協奏曲第1番 変ホ長調作品11
4. R.シュトラウス:アンダンテ(遺作)
5. F.シュトラウス:主題と変奏 作品13
6. F.シュトラウス:幻想曲 作品2
7. F.シュトラウス:ノクターン 作品7
8. F.シュトラウス: 告別(ロマンス)
9. R.シュトラウス:序奏、主題と変奏 変ホ長調 AV..52

リヒャルト・シュトラウスとその父フランツ・シュトラウスによる作品集。
演奏は現代最高峰のホルン奏者、元ベルリンフィル首席のラデク・バボラーク。
明確な音色と素晴らしいテクニックでシュトラウス親子の名曲を熱演。
注目の若手ピアニスト、小菅優も多彩な表情で見事なサポートです。

【YouTube】 バボラ-クの演奏はこちら
【小菅優】HP http://www.yu-kosuge.com/
【オクタヴィア・レコード】HP http://www.octavia.co.jp/



cd-hn-matsuzaki4.jpg
☆ラルゲット/松崎 裕
マイスター・ミュージック/MM-2066/税込定価3060円  
(2010年6月25日発売) 〈割引価格10%OFF!〉 

松崎 裕(ホルン)/広海 滋子(ピアノ)

1. ベッリーニ(E.ルロワ編):ホルン協奏曲 ヘ長調
2-4. ヒンデミット:ホルンとピアノのためのソナタ
5-7. ロセッティ:ホルン協奏曲 変ホ長調RWV C49
8. シャブリエ:ラルゲット

NHK交響楽団首席ホルン奏者、松崎裕氏の4年ぶり4作目のアルバム。
松崎氏のCDは、過去の作品も安定した人気を誇っています。
国内屈指のホルニストによる様々な時代様式の作品をお楽しみください。

【マイスター・ミュージック】HP http://www.meister-music.com/



cd-hn-tunobueske.jpg
☆ホルン・スケッチーズ/つの笛集団
オクタヴィア・レコード/EXCL-00041/税込定価3000円 
(2010年4月21日発売) 〈割引価格10%OFF!〉 

1. ネリベル:フランス組曲
2-7. プレトリウス:4本のホルンのためのテレプシコーレ舞曲集
8-10. 真島俊夫:ホルン・アンサンブルのための3つのエピソード
11. 織田英子:日本の童歌
12. ケルコリアン:ホルン六重奏曲
13-16. リュトゲン:ホルン四重奏曲 作品19
17. 伊藤康英:スパニッシュ・ホルン
18. 東海林 修:ディスコ・キッド

1978年に在京オーケストラ奏者を中心に結成されたつの笛集団のアルバム通算第5作目。
毎回ホルンの定番作品や、ユニークな委嘱作品やアレンジ作品など
実力派のメンバーたちが多彩な演奏を聴かせてくれます。

【つの笛集団】HP http://www.tsunobue.net/
【オクタヴィア・レコード】HP http://www.octavia.co.jp/


↓押していただけると喜びます
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »