FC2ブログ
 
 
08
07月09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

06/20

〈レポート〉長松管楽器研究所 楽器研究レポート⑥

皆さんこんにちは、管理人です。

連日に渡ってお届けしている「長松管楽器研究所」さんがまとめられた「楽器研究レポート」ですが、如何ですか?

なんだかんだで「眉ツバ」げな事が書いてありますが、しっかり読んでみると「何処かで聞いた事があるような事」が混ざっていたりします。

前回の記事で紹介した雑誌「サックスワールド」の特集記事にも、「長松さんが正しいのかな?」って思わせる類似した記述がありました。

_φ( ̄ー ̄ ) 表現が違うだけで「根っこ」は同じかも?

かくゆう管理人も、作業で使う「ガーゼ」や「オイル」に「活性化処理」をしてみたりしています。

(´-`).。oO なーんか良い結果にならないかなぁ…
なんて思いながら、楽器を掃除したりオイルを挿したりしてますよー。


さてさて、今回の楽器研究レポート⑥のテーマは「よい演奏をするための諸要件」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テーマ.6 よい演奏をするための諸要件

よい演奏をするためには、次のような要件を揃えることが望まれます。

① 演奏技術が高くあること

② 音楽性が高いこと

③ 楽器が音楽的表現をするのにふさわしいレベルに整備されていること

④ 演奏者の体調がよいこと

⑤ 演奏の場の気温、照明、音響条件などがよいこと


ここでは個々の説明は略しますが、③ については一般的には良い状態になっていないことが多いように思われます。 これはもったいないことなので、改善することを目指していきたいと思います。

そこで、とりあえず「どこにどのような問題があるか」を取り上げることにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上が「テーマ.6」の全文となります。

・・・いやぁ〜、中途半端に終わってますねー。

_φ( ̄ー ̄ ) 楽器の状態に問題がある!
って言われてもねぇ。

いわゆる「息漏れ」「キイバランス」などの調整の不備の事ではなく、「楽器を構成している素材そのものについて」なんですって。

_φ( ̄ー ̄ ) 楽器の素材そのものをどうしろって言うのか…


[テーマ.6 のまとめ]

■ 楽器が音楽的表現をするのにレベルに調整されていない事が多いよ!
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »