FC2ブログ
 
 
09
08月10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

06/20

クランポンの接着剤は剥がれ易い!

皆さんこんにちは、管理人です。

何にでも「日本式」に改良?されたモノってありますよね。

カレー🍛、ラーメン🍜、焼き餃子を始めとして、ナポリタンなんかも日本独自の「アレンジ」がされた料理です。

そんな中で「接着剤」も環境によって向き不向きがあったりします。

_φ( ̄ー ̄ )「メンダイン」と「セメダイン」の逸話が有名ですね。

楽器の世界は「舶来品」が多く、大部分が海外の工場で生産されています。

基本的には「海外は海外の材料を使用」して楽器を生産するのですが、今回の問題は楽器生産に使用される「接着剤」。

特に「クランポン」の楽器に使用されている接着剤が、日本の気候では「剥がれまくる!」のです。

「メンダイン」の接着剤が日本の気候ではイマイチで、日本の気候にあった「セメダイン」を作った経緯でもあります。

Σ(-᷅_-᷄๑)こいつぁいけねぇなぁ…
とメーカーさんに再三申し上げるのですが、

(。-∀-)本国ではそんなことありませんので。
の一点張り。

腹が立ったので記事にしてみました。(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)
問題の接着剤で貼ってあるのがこんな「コルク風ゴム」
201806151654337b7.jpeg

この肌色をしたコルクをつまんで剥がしてみると…
201806151655163bf.jpeg

つるん!と綺麗に剥がれます。
(ㆀ˘・з・˘)普通はコルクが千切れるくらい「しっかり」と貼り付いているのになぁ…

しかも残った接着剤も「ぺろんっ」と剥がせてしまいます。
20180615165726dc3.jpeg

まるで「両面テープ」のようにベタベタしている接着剤らしきモノ。

Σ੧(❛□❛✿)コレでも問題ないと言うのか!
もちろんジョイントコルクも同じように「ずるっ」と剥がれてしまうことがあります。

あります。というか「必ず剥がれる」と言っていいくらいに剥がれますよ〜

d( ̄  ̄)当店で販売した楽器は、調整の際に順次交換していってますからね!

(。-∀-)しかしメーカーの接着は適当で嫌いだ…
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »