09
08月10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

09/06

那岐山に登ろう〜登山編〜

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

先日の第1月曜日、奈義町にある岡山県第4位の標高を誇る山⛰「那岐山」に登ってまいりました。d(^_^o)

今回は天候にも恵まれ、快適な山行となり大満足です。


9月4日(月) 5:00 出発
岡山市から奈義町までは約90km。
お昼過ぎまでには「下山」しておきたい➡︎「7時には登り始めないと」と思っての5時出発です。

日の出前で道の空いている国道53号をひたすら「北上」、6時半には奈義町に到着しました。

奈義町役場を過ぎてすぐに「那岐山 登山口⤴︎」の標識があったので迷う心配はないはず。(*´∇`*)

手前には「広戸仙 登山口⤴︎」の標識もありましたが、車でもしばらくかかる程には距離が離れています。

「那岐山−広戸仙を縦走」する際にはこの距離を歩くことになるのか⁈((((;゚Д゚)))))))7kmぐらいあったぞ?


高円のバス停🚏を左折して、北向きの一本道(舗装路)を約3kmほど行くと「登山口B・Cコース」の駐車場に到着します。
この時点で7:00でした。

途中には「山の駅?」(道の駅みたいな感じ)がありましたが、月曜定休だったので管理人は利用出来ませんでした。_(┐「ε:)_イイモンネー


今回は「Aコース 菩提寺ルート」ですので右➡️ですね。

結構な斜度の舗装路を2kmほど行くと…
アスファルトは脚にくるなぁ…

すでに標高が500mを越えています。
涼しい⁈てか寒い!

標高585m、菩提寺ルートの登山口に到着です。
熊🐻出没注意!の看板も…

登山ルートの通行量調査?をしています。
熊よけ鈴の貸し出しが有り〼。

菩提寺(標高585m)の境内には「国指定天然記念物」の「樹齢1000年 巨大イチョウの木」があるので楽しみにしていたのですが…(*´∇`*)wktk

菩提寺の巨大イチョウの木

∑(゚Д゚)スゲェ…、もはや「世界樹」じゃん⁈

「樹形の威容さ」もさる事ながら、1000年の月日を感じさせない樹勢の良さに驚きです。


横に垂れ下がった枝からは垂乳根の様に「根?」が生えています。

(´⊙ω⊙`)はぇ〜、スッゴイのを見た…。
これは一目の価値があるわ。


境内横手にある丸太階段を登っていきます。


丸太階段の急登を歩くこと30分(400段?ぐらいかな)
やっと階段が終わって歩きやすくなって来ました。
土の道LOVE❤️

途中に咲いていた花


登り始めて1時間、5合目に到着です。
標高1009m

振り返るとこんな景色が。
(※奈義町側)

あの辺りが山頂でしょうか?
ʕʘ‿ʘʔ適当だよ?

東側にも山々が広がります。
国定公園の範囲なのでしょうね。


恐ろしく「急な」丸太階段の下り。

整備された登山道に多い「丸太階段」。

(´⊙ω⊙`)歩き易そうでいいね!って思いませんか?

いやいやΣ(-᷅_-᷄๑)全然違う…
逆に、歩幅が合わないので歩きにくく、段差も大きいので膝に負担がかかるんですよ。(>_<)

途中に咲いていた花②



しかし、良く手入れされている山⛰だなぁ。(´⊙ω⊙`)

間伐もきちんとされていて、見通し・日当たりもあるし。(※南側の斜面でもありますが)

管理人が今まで登った山とは次元が違います。
美袋の滝高山はうっそうとした山でしたが…Σ(-᷅_-᷄๑)

さすが「国定公園」なのかな?


丸太階段を下りての「林道分岐」
パワーᕦ(ò_óˇ)ᕤショベル
重機があると安心しますね


帰りルートに看板がありましたが、この辺の山は「檜皮の森」と呼ばれているみたい。

ーー檜皮の森とは?ーーーーーーーーーーーーーーーー

日本独自の文化として古くから発展し、寺社仏閣の屋根として用いられてきた「檜皮葺」。

茅葺き屋根と同様にスギやヒノキの表皮を薄く剥ぎ、平に鞣した物を葺いていくのですが、それには原料となる「木」が必要不可欠です。

その「檜皮」を確保するために保全されているのが「檜皮の森」と呼ばれる「檜林」なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

数年前に「吉備津神社」の檜皮葺の屋根が葺き替えらましたが、ここの檜皮も使われたのでしょうか?

手入れされているのも頷けるってなモンです。



_φ( ̄ー ̄ )はいっ、今回はココまでー。
長くなってきたので一旦切らせていただきました。

次回、那岐山に登ろう〜山頂編〜 に続きます。




 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »