06
05月07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

06/19

福山に登ろう!

Category : 登山
皆さんこんにちは、登山⛰初心者の管理人です。

早速ですが、始めて山に登ってみた感想をひとつ。

(*´∇`*)「いやぁ、山はいいなぁ〜」


自転車🚲でも体験はできましたが、自然の中に入って行く感じや、車🚗の来ない道を淡々と歩くことがたまらなく気持ちいい。

そして自転車🚲では感じられない「自然の風」が吹き抜けていく爽やかさがたまりません。٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

自転車で風を切って走るのとは違って、静かな風っていうのでしょうか?

風を楽しめることなんか初めてですよ。(*´꒳`*)


管理人の「初めての登山」に選んだのは、総社市清音にある「福山」です。

標高は302mとけっして高くはありませんが、1234段の直登階段や綺麗に整備された登山道があり、初心者にも登りやすいお山⛰みたいです。


6月8日(月)晴れ☀️
「福山登山口」の最寄りとなる「歴史広場」に車を停めようと思っていたら、あいにくの満車。

まだ9:00前だというのに、大勢の人が集まっているみたい。|( ̄3 ̄)|ブーブー

仕方がないので少し離れた「ふるさとふれあい広場」の駐車場に停めさせていただきました。
m(_ _)mお邪魔しまーす


新調したばかりの登山靴とバックパックを背負い、足と背中に馴染ませながら登山口までの車道を10分ほど歩きます。

県道469号を南にしばらく歩くと「浅原峠」の上り坂が始まり、坂を少し登ると道沿いの左手に「福山城跡」と書いてある標識がありました。

福山登山口の目印の「福山城跡」標識


標識を辿って県道沿いの脇道を少し登ると「福山登山口」となります。

入口には休憩所と案内板があるのでわかりやすいはず。

休憩所


福山見取り図


綺麗に整備された丸太階段を歩いて行くと…


およそ30分ほどで山頂への直登階段(1234段)を登りきり、福山城跡に到着します。

福山城跡の石碑


福山頂上からの眺め



流石に30分そこらでは「登山」と言えないので、福山周辺の色々なルートを歩いてみる事にしました。

福山周辺図


福山を取り囲む様に登山道が整備されていますが、頂上から少し北に向かった方角にある「妙見展望台」が眺望が良くてオススメ。

妙見展望台からの眺望


雰囲気のいい山道が続きます。


福山の西北に位置する「幸山城跡」


どうやら「毛利家」との合戦に関係するみたい。


福山城跡の「福」と幸山城跡の「幸」、合わせて「幸福の山」とも呼ばれています。╰(*´︶`*)╯♡happy&happy


9時に歩き初めて山の中を歩き回ること4時間。

自転車🚲で少しは鍛えたつもりでしたが、山道を歩くのは違う筋肉を使うのか足が痛くなってきました。

そろそろ帰ることにしましょう。_(:3 」∠)_

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(※補足)
あとで調べて知ったのですが、
自転車を漕ぐ時の筋肉収縮は「小さい」ため筋肉痛になりにくい、との事。

山登りの方が筋肉の収縮は「大きい」ので、筋肉痛は起きやすいらしいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この筋肉の痛みは「自転車150km」に相当するな…
Σ(-᷅_-᷄๑)イテテ

そんなことを考えながら駐車場までの帰り道を歩きました。


さあ、次のお休みは「第3日曜日」からの2連休!
どこに行こうかなぁ〜(๑>◡<๑)
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »