08
07月09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

05/07

(アワイチ)淡路島一周・前編

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

連休楽しんでますかー⁈ヽ(´▽`)/アハハー

管理人は満喫しています。
その証拠に、先の連休中に遂に行って参りました!(≧∀≦)

淡路島一周、通称「アワイチ」です。



自転車🚲乗りが愛してやまない「〇〇イチ」

どこかをグルッと一周することを示す言葉です。

琵琶湖を一周すると「ビワイチ」、小豆島だと「マメイチ」、佐渡を一周する「サドイチ」なんて言うのもありますね。

最近 は「四国一周 1000㎞」なんてルートも確立されているみたいですが、わけがわかりません。((((;゚Д゚)))))))



岡山から淡路島へは「車🚗」で行くのがベスト。

もちろん「輪行」で電車🚃・フェリー⛴を乗り継いでも行けますが、使える時間の自由さに差が出ます。

淡路島一周は約155㎞。

だいたい10時間で一周出来ますが、万が一の事を考えると時刻表の縛りがない「車🚗」が便利です。

淡路島の北側、淡路ICまでなら岡山ICから約1時間半・約150㎞の道程です。

150㎞? ちかい近い、アワイチより短い。
自転車🚲でも行けらぁ\\\٩(๑`^´๑)۶////


それでは管理人の「淡路島一周紀行」の前編。
スタートです!_φ( ̄ー ̄ )


5月3日(水)曇り
時刻は草木も眠る丑三つ時の3:00 。
管理人の家から約1分の岡山ICより出発です。

こんなに早く出発するのは流石に初めてなのでドキドキ💓が止まりません。
(※しまなみ海道往復でも5:00岡山出発の尾道7:00出発)

予定では5:00までに淡路島の玄関口・岩屋港の駐車場(岩屋ポートビル)に車を止めて休憩、 6:00から「アワイチ」開始のつもりです。

早く走り出せばその分、時間に余裕が生まれますからね〜(๑╹ω╹๑ ) 早起き得意!


連休中なので「多少の渋滞があるかな?」と思いましたが、あっさりと到着。Σ(゚д゚lll)アレ?

トラック🚚等の大型車ばかりでしたが、混雑はしておらず早く着いてしまいました。
さすがに少し早すぎましたかね?


5:25の岩屋港フェリーターミナル


明石から岩屋港に着くフェリー⛴「淡路ジェノバライン」も、祝日は6:30が始発。

したがって今、淡路島にいるのは「前日組」か「高速道路」で渡ってきた人達だけのはず…。

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶やったー!1番乗りかな?

今から自転車🚲で出発すれば誰もいない道を走れるかも!(´⊙ω⊙`)


少し早いですが走り出しちゃいました。(≧∀≦)
(※5:25出発)

日の出も早くなっているので辺りは明るくなっていますし、涼しい朝のうちに距離を稼いでおくと後が楽ですからね〜。


「〇〇イチ」で島を走る時は「時計回り」に走るのが基本。

原則として左側通行なので、より海を近く感じるには「時計回り」が最適なのです。(^-^)v

岩屋港から時計回りに走ると、しばらく平坦な海沿いの道が続きます。

5月の風向きは「東南の風」の日が多め。
朝の「凪」の時間帯になるべく南下しておくと追い風基調で楽になるかも。


出発して最初の道の駅となる 「東浦ターミナルパーク」

6:00前なので当然開いていませんが、駐車場にはすでに「キャンピングカー」が何台も停まっていました。

巷では「キャンピングカー・ブーム」と聞きますが、本当なのかもしれません。


釜口小学校近くに「巨大観音像」を発見!

地図で見ると「世界平和観音像」というみたいです。

世界の平和のついでに「管理人のアワイチの無事」のご加護もお願いしますm(_ _)m


淡路島の市役所がある埋立地は「生穂新島」

その隣にある埋立地が「志筑新島」。

さらに隣にある埋立地の「塩田新島」にあるのが「淡路ワールドパークONOKORO」です。

世界の名所・旧跡のミニチュアがあるテーマパークです。

↑ここまでが「淡路市」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さらに南下すると「洲本市」↓に入ります。


洲本には「洲本城🏯」の城跡があります。

三熊山⛰(標高125m)の頂上にあるので今回は登っていませんが…(T_T)

立派な石垣が残っているらしいです。


城跡のある洲本の中心地から南下して淡路島の右下辺り、由良町からだんだんと「山の中⛰」に入っていきます。

ついでに言うと「コンビニ🏪」もこの先約60㎞は無くなります((((;゚Д゚)))))))オイオイ


淡路島には「4つ」の大きな坂がありますが、生石公園〜立川水仙郷にかけての坂が最初の坂。

坂自体はそこまで長くないので、普段から「ヒルクライム」をしている人なら足をつく事のない坂でしょう。


坂を下ると「南淡路水仙ライン」と呼ばれる海岸沿いの道に出ます。

まず目に入ってくる、おお猿の看板「淡路島モンキーセンター🐒」

「淡路島モンキーセンター🐒」には約200頭の猿が放し飼いにされているらしいですが、今回のアワイチでは出会いませんでした。

時期・時間帯が合えば、ガードレールの上に座っていたりするらしいですよ〜。


モンキーセンターを過ぎればほどなく、淡路島の南側「南あわじ市」となります。

淡路島水仙ラインを走り終わると「淡路島第2・第3の坂」が現れますが、どちらも斜度はたいしてありません。

淡路島の各坂には坂の最初と中間地点に「残りの距離」の標識があるのですが、これが中々の優れモノ。

標識が1つあるだけで「この坂はどれだけ続くんだ…」と途方にくれる事もありませんしね。∩^ω^∩


3つ目の坂を下れば約60㎞ぶりとなる道の駅「福良」に着きます。

妙に立派な建物な道の駅でした。


福良から「大鳴門橋」に行くには淡路島最後の坂を越えなければいけません。

「うずしおライン」と呼ばれる「大鳴門橋」への道。

斜度的にはこの坂が1番大きいのかな?
でも坂の途中には「道の駅」があります。(≧∇≦)


道の駅 うずしお


「道の駅 うずしお」は大鳴門橋の付け根にあります。

伍代夏子の「鳴門海峡 」の歌碑がありました。
石碑のボタンを押すと歌がなる仕様です。


この時点で9:30、約4時間での到着です。
主な坂も終わっていますし、いいペースじゃないでしょうか?ヽ(´▽`)/ヒャッホイ

道の駅のレストランで朝食を食べて、後半に備えます。

サクラマスの炙り出汁飯



これでちょうど半分。
キリも良いので「前編」はこれにて終了。

続きは「淡路島一周・後編」でお届けしますね。
_φ( ̄ー ̄ )
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »