05
04月06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

03/17

フルート体重測定

皆さんこんにちは、管理人です。

今日は少し変わった実験をやってみました。
とは言っても、ただの「重さ比べ」なんですけどね。

まずは実験をするに至った動機から。

楽器の重さが吹奏感、ひいては音色に結びつくのは当然の事ですが、実際に測ってみた事はありませんでした。

今回、珍しく「パウエル」のフルートを修理でお預かりしたので、分解したついでに測ってみた次第です。

又、同じく預かっていた「ムラマツ」のフルート2本についても測ってみましたので、合わせて載せております。


まずは「パウエル」のフルートから。
※(ボストン2100 H足 リングキイ 引き上げ)

・頭部管(反射板+ヘッドスクリューを除く)
・55.3gでした。

・胴部管(管体のみ)
・126.0gでした。

・足部管(管体のみ)
58.4gでした。

・パウエル ボストン2100 まとめ
頭部管 55.3g 胴部管 126.0g 足部管 58.4g
管体のみの合計 239.7g
(コメント)
管体は銀製だと思われますが、妙に軽いのが気になりますね。


同じH足 リングキイ の「ムラマツ」を測ります。
(※ムラマツ SR H足 リングキイ ソルダード)

・頭部管(管体のみ)
・66.5gでした。

・胴部管(管体のみ)
・129.7gでした。

・足部管(管体のみ)
・62.3gでした。

・ムラマツ SR まとめ
頭部管 66.5g 胴部管 129.7g 足部管 62.3g
管体のみの合計 258.5g
(コメント)
トーンホールがソルダードの為か重くなりました。
頭部管だけでパウエルよりも10gから重い。


普通のC足 カバード Eメカ付き の代表として
ムラマツ EX-III も測りました。
(ムラマツ EX-III C足 カバード)

・頭部管(管体のみ)
・66.9gでした。

・胴部管(管体のみ)
・109.3gでした。

・足部管(管体のみ)
・39.4gでした。

・ムラマツ EX-III まとめ
頭部管 66.9g 胴部管 109.3g 足部管 39.4g
管体のみ合計 215.6g
(コメント)
洋白製の管体は軽い事がわかりますね。
頭部管はSRと同じ仕様なので、重さが同じでした。



という事で、まずは「管体のみ」の重さを比べてみましたが、この数値自体にはまだ重要性がありません。

この重さの管体に対して、何gのキイが上に乗るのか?
合わせて何gになるのか? が、ポイントです。

ムラマツフルートさん曰く、「楽器の重さも重要だが、全体の重さに対する管体の重さとキイの重さのバランスが大切」と、冊子に書いていらっしゃいましたからね。

軽い管体に重いキイを乗せても駄目。
上半身と下半身のバランスが大切という事なのでしょうね。


そう言えば昔、まだムラマツがフェルトタンポだった時代の楽器に「MAタンポ※」を入れてみた事があります。

(※MAタンポ→現在のムラマツ純正タンポ。メタルベースのストロビンガー系で、タンポ重量が重い。)

結果として、吹奏感が重くてろくに響かない楽器になってしまったのですが、これも「管体とキイの重さのバランス」が崩れてしまった為だったのでしょうね。

現在のムラマツの管体はMAタンポ仕様に最適化された新しい設計なのだと思います。

昔のフェルトタンポ時代の設計の楽器には、やはり昔ながらのフェルトタンポが合うのでしょうね。


次回は「キイを含めた重さ」をご紹介します。
パウエルはオーバーホールなので、タンポを外した「キイのみの重さ」も測れることでしょう。

パウエルの「ストロビンガー・パッド」は鬼薄で、激軽なんですよ〜。お楽しみに!
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »