06
05月07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

02/10

クラシック・ギター 修理

皆さんこんにちは、管理人です。

管理人は「楽器全般」の修理が出来ます! と吹聴してはばかりませんが、あくまで「電気を必要としない楽器」に限っています。

だって「電気」って見えないじゃないですか。(´;ω;`)

見えないものは「わかりません。」(笑)
電気の本職の方にお願いしています。

今日はそんな「アコースティック」な楽器のなかでも、特に修理の多い「クラシック・ギター」の修理の一部始終をお届けします。


今回の修理品はこちら。

よくある学校備品の「クラシック・ギター」ですが、糸巻きが空回りして、弦を張ることが出来なくなっています。

特別な工具もいらず、新しい糸巻きに交換するだけの簡単なお仕事。

まあ、簡単だからこそ「こだわって」直さないと、修理代金を頂けない内容でもあります。

誰でも出来る事ならば尚更、プロの仕上がりが期待されますからね〜。


まずは古い弦、糸巻きを外して楽器のクリーニングをしましょう。

ホコリ・手垢などで汚れているので、糸巻きを外したタイミングで綺麗にしておきます。
※もちろんボディも拭いておきましょうね。

ギター・ポリッシュである必要もなく、何かしらの艶出し剤で構いません。

綺麗になりさえすれば O K !d(^_^o)


新しい糸巻きを用意したら木ネジで固定。
糸巻きにも種類やサイズがありますが、大体は35mmの規格のものが合うはずです。

ネジが斜めになっていたら格好悪いので、気を引き締めてねじ込みましょうね。

新しい弦を張っていきますが、両端から張っていくのが「管理人流」。

上から張ってしまうと弦が重なってしまうので、作業がしにくくなります。

弦の巻き方・留め方にもこだわりましょう。
6-1、5-2、4-3、と両端から交互に張っていくと…、

弦の巻き方・留め方を揃えるだけで「見栄え」がそろいますよ。

弦は長めになっているので、糸巻きの穴から10㎝の所で切り揃えておくと「巻き数」が揃ってより美しくなります。

簡単な内容だからこそ、こだわってみるというのが管理人の考え方です。d(^_^o)
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »