FC2ブログ
 
 
06
05月07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

06/30

〜生徒を変える魔法の言葉〜(バンドジャーナル7月号より)

Category : 雑誌&書籍
皆さんこんにちは、管理人です。

今月のバンドジャーナルに「ペップトーク」についての特集が載っていました。
20190630184709dcd.jpeg

(・・?) ペップトークってなんじゃろか?
と思って読んでみました。

[ペップトーク pep talk]
短い激励の言葉。試合前の励ましの声がけ。

_φ( ̄ー ̄ ) ふーん。知らなんだ。

どうやら「相手を前向きにする言葉がけ」を意味するみたいです。


・・・(´-`).。oO かけられた記憶がないぞ?
昔は「ネガティブな駄目出し」が多かったのではないでしょうか。

管理人は「ペップトーク」をかけてもらった記憶がありませんよ⁈


記憶に残っている「指導者・先輩とのやりとり」としては…

① なんでこんな事も出来ないんだ! ああ、出来てたらこんな学校になんか来てないか!!

② (練習の終わりぎわに)無駄な1時間だったね!

③ (合同練習が終わってから)今日は久しぶりにいい音が聴けたなぁ!

などなど。

① は合奏の最中に言われましたね〜
「出来てたらこんな学校になんか来てないか!」
と言われて、「なるほど!上手いこと言うじゃないか」
と思ってしまいましたよ。

② は合宿中のひと幕。
昼休憩の時間に先輩に「自主練」に連れていかれ、個人練習で放置された時に言われました。

「無駄な練習してそうなら問題点を教えてくれよ?」
と思うのですがね。

③ は総合体育大会の開会式で演奏することになった際の、事前練習で150人くらい集まって合奏した時のこと。
その年のウチの学校はチューバが管理人一人しか居なくて、合同練習でチューバが6人くらい集まったんです。

顧問「おい、〇〇(管理人)」

管理人「はい?」

顧問「今日は久しぶりに良いチューバの音が聴けたよ」

管理人「はあ…(普段のチューバの音は気に入ってなかったのか…)」

何がやりたいか、いまいちよく分からない事が多かったです。
別にこっちも、何とも思っていませんでしたが。
(゚ω゚)(馬の耳に念仏)








 
06/26

「レジ袋 有料化」の報道を見て考え(妄想)た事

皆さんこんにちは、管理人です。

ここのところ真面目な「楽器研究レポート」ばかりを載せていたので、たまには愚にもつかない妄想を書いてみたくなりました。

m(_ _)m 興味のない方は読まないでください


お題は先日報道されていた「レジ袋有料化」について。

テレビのニュースで流れていましたが、どこかのコンビニが「レジ袋を1枚3円の有料化」にしたそうで、レジで必要な枚数を申告して購入するようになったらしいです。
(※映像に映った店舗では必要な枚数を自分で申告するように書いた紙がレジ前に掲示してありました)

以下は、それを見ての管理人の妄想です。


(´-`).。oO レジで必要な枚数を申告するのか。
だったら、こんなことが起きたりして…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[とあるコンビニ]
(^_^) いらっしゃいませ〜、レジ袋は必要ですか〜?

(΄◉◞౪◟◉`) 一枚3円ね…、「1000枚」貰える?

(^_^) 1000枚ですか?

(΄◉◞౪◟◉`) そう、1000枚。ゴミ袋に使いたいのよ。
生ゴミとか小分けにして縛っとかないと臭うじゃない?
毎食1枚、一年分で1000枚ね。 一枚3円で売ってるんでしょ?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンビニのレジ袋は普通のビニール袋とは違って「植物由来のプラスチック」を使用しているそうですね。

今までは普通のビニール袋を買って生ゴミを小分けに縛っていた家庭では「環境に配慮されたレジ袋」を購入したがるかもしれません。

レジ袋を「持ち運ぶための袋」ではなく、「ゴミを小分けにするための袋」として使っている方も多いのではないでしょうか。

レジ袋が有料化になっても、ゴミの捨て方が変わるわけではありません。

レジ袋が有料化になったから、生ゴミ用に「安いビニール袋」を買うだけでしょう。

「安いだけのビニール袋」と「環境に配慮された有料レジ袋」のどちらかでゴミを小分けにするだけの違いです。

(´⊙ω⊙`) そのくせに「タピオカドリンク」や「コンビニコーヒー」なんかを流行らせたよな?

やれ「プラスチック」だの「ストロー」だの騒ぎながら、プラスチック容器に入った飲み物を飲んでどうするんだ?

_φ( ̄ー ̄ ) 本当に環境を考えるなら「紙パック」か「マイボトル」じゃないのかな。


はたまた、悪意を持って「こんな嫌がらせ」をする人が現れるかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[とあるコンビニ]
(^_^) いらっしゃいませ〜 レジ袋は必要ですか?

(΄◉◞౪◟◉`) 一枚3円ね…、一箱に何枚入ってるの?

(^_^) 一箱で200枚って書いてありますよ〜

(΄◉◞౪◟◉`) じゃあ100枚貰える? ちゃんと数えてね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1カートンのうちで「ワザとキリの悪い枚数」を申告して、店員に手間をかけさせようとする人。

「必要な枚数を申告してください」だとこんな問題を引き起こしそうですよね。

それを防ぐなら、レジ打ちの際に店員が袋に入れて「使った枚数のみを請求」「個別販売無し」にすればいいのですが、映像の店舗の書き方だとこんな嫌がらせをする人が現れるかもしれません。


さらにはこんなことも起きそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[とあるコンビニ]
(^_^) いらっしゃいませ! レジ袋は必要ですか?

(΄◉◞౪◟◉`) 要らんいらん!裸でいい!
それよりも弁当🍱を「温めて」くれんか?

(^_^) はい!よろこんで!




(΄◉◞౪◟◉`) さて、店舗の駐車場に止めた車の中で弁当を食べるか…
最近は軽減税率やらテイクアウトやら、面倒でいかん!

むしゃむしゃ、むしゃむしゃ。

(΄◉◞౪◟◉`) さて、店舗のゴミ箱に食べおえた弁当ガラを捨てて行くか。 買った店だからいいじゃろ!

(΄◉◞౪◟◉`) おかずのタレやら食べ残しがあるけど、レジ袋がないから直接ゴミ箱にぶち込んどくか。グチャァ



(p_-) なんかこの店のゴミ箱、臭いな…
Σ(-᷅_-᷄๑)ゴミ箱から生ゴミ汁が垂れてる…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

消費税10%?軽減税率?テイクアウト?その場で食べる?

色々な要素が組み合わさっていそうですが、「レジ袋にゴミを入れていたら防げていた事」が問題になりそうです。

コンビニの前で買った物を食べた後、ゴミ箱に捨てる前には「レジ袋」に入れて口を縛りますよね?

袋がないからゴミをゴミ箱に直接ぶち込む人が増えそうじゃないですか?


(ㆀ˘・з・˘) なーんか色々書いてあるけど、一つだけ分かった事があるよ!

(・・?) ほう?何かな?

(´⊙ω⊙`) こんなことを考える管理人さんが「捻くれている」って事!

m(_ _)m お後がよろしいようで。
 
06/25

実は凄いぞ岡山県!「日本三大干拓地・児島湾」

皆さんこんにちは、管理人です。

ブログでもぼちぼち書いていますが、岡山県って実は凄いんです。

「大都会!岡山!!」とか言って自虐ネタに走っていたりしますが、岡山県内にはあまり知られていない日本有数の物があったりします。

「黄ニラ」「パクチー」「デニム」などはメディアによる周知もされていますが、管理人が先日知って驚いたのが「児島湾の干拓地」が日本三大干拓地の一つだった事です。

(΄◉◞౪◟◉`) 昔は児島湾の締切堤防が有料道路じゃった。

(´⊙ω⊙`) マジっすか?

そんな話がきっかけで調べてみたら出るわ出るわ。
知らないことが満載です。

・山口県出身の実業家「藤田 伝三郎」が干拓事業を行って村を作ったよ。➡︎「藤田」の地名の由来

・干拓地(土地・浦)が安らかでありますように
➡︎「浦安」の地名の由来

・有利なことを盛んにし、有害なことを排除する「中国・管子 より」
➡︎「興除」の地名の由来

・足守川から水を引く用水を汗をかいてつくったよ!
➡︎「汗入(あせり)用水」の名前の由来

などなど。
_φ( ̄ー ̄ ) 言われてみたら「伝三郎太鼓」なる物もあるなぁ…

干拓が始まる前は「瀬尾駅」が児島湾の突端だったり、「児島」がそもそもは「島」だった事も知りませんでした。

まだまだ「知らないことすら知らない」ような地元の事が多いんだろうなって、改めて思うわけです。

m(_ _)m オチなし山なし 申し訳ありません…

 
06/23

ケース金具の緩み直し

皆さんこんにちは、管理人です。

日がな一日楽器を直している管理人ですが、楽器のケースも修理の守備範囲だったりします。

ケースの留め金や蝶番はもちろん、ケースの内張が剥がれ・破れている部分を補修したりしています

以外とケースが壊れていることが多いんですよね。

他には、ケースカバーやセミハードケースのマジックテープ部分が剥がれているのを縫い直したりもしていますよ〜。

もちろん、素人作業なんで「やらないよりはマシ」程度な仕上がりではありますが…

_φ( ̄ー ̄ ) 自分でやってみたらいいからね!
壊れたままよりはマシになるから。


ケースの修理のついでに言っちゃいますが、最近の「軽いケースが欲しい!」という文化には、個人的には否定的です。

最近の楽器ケースは留め金のかわりに「ファスナー」で開閉するようになっていたり、木枠に皮張りだったハードケースから、発泡スチロールの型にメッシュ生地が貼ってある「セミハードケース」が流行っているようですが、
_φ( ̄ー ̄ ) 頑丈なのは昔ながらのハードケースだよ?


個人所有で大切に扱えばセミハードケースも一生物ですが、学校備品で棚にガリガリと引きずるように扱うのならハードケースじゃないと持ちません。

ケース自体はセミハードケースの方がハードケースより安価に製造できるので、メーカーはコストダウンの面からもセミハードケースを付属させたいでしょうが。

プラスチックが表板に使われているケースなんかも、経年劣化で脆くなっていくのでは?と心配しています。

まあ、主に「ヤ○ハ」のカスタムクラスのケースの事ですが。←わざわざ伏せる意味があるのか?


15年ぐらい前からヤマハの「お求めやすい価格帯」はセミハードっぽいケースを採用していますが、その頃に納入されたと思われる学校備品の楽器ケースがそろそろ寿命を迎えていそうな気も…

プラスチックの留め金や蝶番がバッキリ折れているのをちょくちょくと見るようになりましたからね。



長い前置きはこの辺りで、ここからが今日の本題。

先日預かった学校備品のクラリネットケースも、留め金が緩いのか金具にビニールテープが巻いてありました。

でも、テープの接着剤が「ヌメ〜」っとなってきてベタベタもしています。

_φ( ̄ー ̄ ) テープだと剥がれてくるからイマイチじゃね?

と、閃いて改善したのがコチラ。
2019062315062648d.jpeg

留め金のフックに銅線を巻いてみました!

(*´∀`*) おお⁈ なんだかそれっぽい!
と、自己満足の仕上がりです。

٩( 'ω' )و 真似してくれたら嬉しいです。
※既に思いつかれていそうな事ではありますが、管理人が修理で預かる楽器の範囲だと「銅線を巻いて補修」してある留め金はありませんでしたので。

 
06/22

〈レポート〉長松管楽器研究所 楽器研究レポート⑦

皆さんこんにちは、管理人です。

長松管楽器研究所さんがレポートに書いていた
「楽器が音楽的表現をするのにふさわしいレベルに整備されていること」
と言う一文。

我々、楽器修理にたずさわる側への挑戦か⁈ と思いましたが、どうやら違っていそうです。

テーマ.7 では「楽器のどこに問題があるのか」と題して、クラリネットを例に取り上げられています。

相変わらずの「活力!」「活力!」ではありますが、「音響処理をされた金属を使用」と表現しているメーカーもあったりするのと同じかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テーマ.7 楽器のどこに問題があるのか

楽器のどこにどのような問題があるのかについて、クラリネットを例に取り上げてみます。 なお、各問題への取り組みは、後でそれぞれにテーマを分けて取り上げていきたいと思います。
201906211356547c3.jpeg

① リード
リードは形と材質の両方をよくすることが基本となります。 材質上の問題は4つあり、表側に対して裏側が弱い、活力が低下して弾力性が乏しくなっている、サイド(特にストック部)が強張っている、センター付近の材質的な支えが弱いなどとなります。

② マウスピース
一般的には材質的な活力が乏しく、リードの活力を奪って鳴りにくくしている傾向があります。 材質改善、リードとの接触面の微調整、内部形を整えて豊かな音作りが課題となります。

③ リガチャー
リードとの相性が良い素材で作られることが望まれます。 リードの活力を奪わないようにすることが大切です。 リードのどこを押さえるかは重要で、適切な間隔でもって4か所押さえがよいです。

④ バーレル
バーレルによって鳴り方がずいぶん変ります。 材質の影響は大きく出てきます。 外形の最大径部は大き目がよいです。 長さと内径が音高に関係します。

④⑤⑥⑦ 管体木部
材質的要素が音作りに大きく影響します。 グラナディラ材は音が詰まる傾向にあるので、防水処理などは音抜けをよくする方向へおこなう必要があります。 一般的には割れ止めを最優先しているようなので、音抜けをよくするようにオイルやワックスを用いるのがよいです。

④⑤⑥⑦ 管体金属部
楽器の総重量のかなりの重量を占めており(多くは洋白)音へは良い影響を与えていません。 長い目で見て、管楽器用の金属材料が開発されることが望まれます。 さしあたり水素水を用いて酸化物を取り除くようにするとよいでしょう。

⑧ ジョイント
ジョイントでは管のつながりが低下し、振動を伝わりにくくしています。 ジョイントの隙間をなくすようにするのも一方法です。 構造的な結合度はある程度以上は上げにくいので、活力レベルを上げて結合効率を上げるのがよいです。

⑨ トーンホール
トーンホールは丸い穴を開けただけのように見えますが、働きを高めるために形の微調整や質的分布設定が必要とかんがえます。 これをうまくおこなうと鳴りムラが少なくなります。

⑩ レジスタートーンホール
兼用のB♭音が鳴りにくくなっていますので、この改善が望まれます。 関係する部材、トーンホール、タンポ、シェラック、キイなどの活力を高めるとかなり鳴りよくなります。


これ以後は手入れ用品などについて述べます。

◆ スワブ
通常、スワブを通すと鳴りにくくなります。 これはスワブの活力が低いために管体の活力を奪ってしまうことによっておきます。 スワブ自体の活力を高くしておけばよいわけです。

◆ キイオイル
キイオイルを注すと鳴りにくくなります。 これに対してはキイオイル自体の活力を高めておくとよいとなります。

◆ リードケース
リードの活力が高く鳴りよくても、リードケースの活力が低いとリードは鳴りにくくなります。 リードケースの活力を高くしておくことが重要となります。

◆ 楽器ケース
楽器ケースの活力が低いので、ケースから取り出してからの吹き始めの鳴り方が悪くなっています。 この改善が望まれます。

◆ サンドペーパー
サンドペーパーを用いてリード調整を行ったとき、厚さはあってきたようなのに音が詰まる感じがすると思います。 これはサンドペーパーにリードの活力ぎ奪われたことによって起こります。 サンドペーパー自体に活力を持たせておくのがよい手法になります。

◆ ナイフなどの工具類
工具の活力が低いと鳴りが悪くなりますので、活力を高めておくことが大切です。


以上に述べたように、改善が望まれることがたくさんあります。 これらについては順次取り上げていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上がテーマ.7 の全文となります。

(๑•ૅㅁ•๑) 楽器のパーツ一つ一つの活力が高くないといけない! とな。

なかなかに難しい事をおっしゃってますなぁ…
まあ、レポートを読んだら納得のいく部分も多いのです。


リードの活力については「水溶性物質が溶け出る」という記事を読んだばかりですし、マウスピースの材質についても「マウスピース用の特集なハードラバーを使用!」と謳っているメーカーもありましすね。

「リガチャーの材質」や「リードを押さえる箇所」については、言うまでもなく各社が競っています。

「バーレルの材質」も様々な木材で作られたバーレルが販売されていますし、大体のカスタムバーレルは「太め」な外径をしていますので嘘ではなさそう。

管体木部やキイの金属については今更です。
「グラナディラへの処理」は昔からメーカー毎の特徴がありましたし、金属製の代表格なサックスなんか「管体用とキイ用で真鍮の仕入れ先を変えている」メーカーもありますからね。

ジョイントについては「音質改善が期待できるコルクグリス」なんかが既に発売されているので、使っている人も多いのでは?




Σ('◉⌓◉’) なんだ! 長松さんが正しいじゃないか⁈

[テーマ.7 のまとめ]

■ 楽器のパーツ一つ一つの活力が高くないと、他のパーツから活力を奪って鳴りにくくしてしまう

■ だから部材に応じた活力上昇処理をする必要があるんだよ!
 
06/20

〈レポート〉長松管楽器研究所 楽器研究レポート⑥

皆さんこんにちは、管理人です。

連日に渡ってお届けしている「長松管楽器研究所」さんがまとめられた「楽器研究レポート」ですが、如何ですか?

なんだかんだで「眉ツバ」げな事が書いてありますが、しっかり読んでみると「何処かで聞いた事があるような事」が混ざっていたりします。

前回の記事で紹介した雑誌「サックスワールド」の特集記事にも、「長松さんが正しいのかな?」って思わせる類似した記述がありました。

_φ( ̄ー ̄ ) 表現が違うだけで「根っこ」は同じかも?

かくゆう管理人も、作業で使う「ガーゼ」や「オイル」に「活性化処理」をしてみたりしています。

(´-`).。oO なーんか良い結果にならないかなぁ…
なんて思いながら、楽器を掃除したりオイルを挿したりしてますよー。


さてさて、今回の楽器研究レポート⑥のテーマは「よい演奏をするための諸要件」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テーマ.6 よい演奏をするための諸要件

よい演奏をするためには、次のような要件を揃えることが望まれます。

① 演奏技術が高くあること

② 音楽性が高いこと

③ 楽器が音楽的表現をするのにふさわしいレベルに整備されていること

④ 演奏者の体調がよいこと

⑤ 演奏の場の気温、照明、音響条件などがよいこと


ここでは個々の説明は略しますが、③ については一般的には良い状態になっていないことが多いように思われます。 これはもったいないことなので、改善することを目指していきたいと思います。

そこで、とりあえず「どこにどのような問題があるか」を取り上げることにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上が「テーマ.6」の全文となります。

・・・いやぁ〜、中途半端に終わってますねー。

_φ( ̄ー ̄ ) 楽器の状態に問題がある!
って言われてもねぇ。

いわゆる「息漏れ」「キイバランス」などの調整の不備の事ではなく、「楽器を構成している素材そのものについて」なんですって。

_φ( ̄ー ̄ ) 楽器の素材そのものをどうしろって言うのか…


[テーマ.6 のまとめ]

■ 楽器が音楽的表現をするのにレベルに調整されていない事が多いよ!
 
06/15

シングルリードの色々な事

Category : 雑誌&書籍
皆さんこんにちは、管理人です。

何回か続けて長松管楽器研究所さん謹製の楽器研究レポートを載せていましたが、今月に発行された音楽雑誌にも面白い記事が載っていたのでご紹介します。

サックス🎷ファンの向上心・好奇心を刺激!
サックスワールドvol.13
20190615111444839.jpeg


この中の特集で「リードについて」が詳しく載っていたのですが、
20190615111722650.jpeg


その内容がなかなかに「ちぐはぐ」していて面白いのです。

例えば…

・リードを水につけすぎると「糖」が抜けて、良くも悪くもリードの材質が変化する。

と書いた人がいます。
「糖」を抜いた際のメリット・デメリットとしては以下のように書かれています。

[糖を除去するメリット]
・材質変化が小さくなる(安定する)
・振動しやすくなる(乾燥状態時のみ)
・カビにくくなる

[糖を除去するデメリット]
・音色が悪くなる
・へたりやすくなる
・予期せぬ変形を生じる場合がある

_φ( ̄ー ̄ ) 糖を除去したらダメじゃないか?
ってのが、この記事を読んでの感想。

「へたる=糖が抜けきる」のように思いました。


ところが、別のページにはリードを「水浸し」にする人の記事が載っています。

・新品のリードは水道水に一晩ほど浸けて、それを2回ぐらい繰り返します

・ワザとコシを抜いて安定させる


_φ( ̄ー ̄ ) 糖を除去して「へたらしておく」と。

糖が抜けていく経過で状態が変化するのなら「最初から抜き切っておく!」というプロ奏者のリード管理法。

_φ(・_・ 糖を除去すると音色が悪くなるらしいですよ?


別のプロ奏者の方はこのようなリード管理法を書いています。

・リードを1年以上、長期乾燥させて「枯れさせる」

・古い在庫のリードを買ったら「すごく良かった」

・新品のリードを袋から出して、乾燥剤と一緒に密閉容器に入れ年単位で寝かせる


_φ( ̄ー ̄ ) 「古い、乾燥したリードほどよく鳴る」と。

バンドーレンの「フローパック(個別の密閉包装)」の真逆をされていらっしゃいます。

_φ(・_・ 個別包装になる前の「古い在庫」なら当店にも沢山ありますよ?


リードの手直し(調整方法)も詳しく載っていますが…

・バンドーレンの青箱(トラディショナル)は、ティップが薄いせいか「個体差が比較的に大きい」

・少し削っただけで音が大きく変わるほど繊細なので注意が必要

と書いている人がいてみたり、

(๑•ૅㅁ•๑)
僕はここ何年も「トラディショナル」しか使っていなくて、「V12」や「V21」などのモデルは初めて知って、初めて吹きました。

なんて言っている人が「バンドーレン アルト用リード」の全ラインナップをレビューしていたりします。


_φ( ̄ー ̄ ) プロって詳しいんじゃないの?
と思っていたのですが、違うんですね。


特集記事を舐めるように読みましたが、みんな違うことを言ってますし、極めつけは欄外に書いてあったこの一言。

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
「新品の下ろしたてこそが自分にとってベストのサウンド」

個人差があるので何とも言えませんが「リードを管理して育てる」ことを否定されてしまいました。

ƪ(˘⌣˘)ʃ お手上げだー
「自分の好きなようにしたらいいよ!」
ってのが一番!なのかな?
 
06/14

〈レポート〉長松管楽器研究所 楽器研究レポート⑤

皆さんこんにちは、管理人です。

(๑•ૅㅁ•๑) 活性化! 水素水! ヒマラヤ岩塩!

連続してお届けしている「長松管楽器研究所」さんのまとめられた楽器研究レポートに出てくる素材たち。

なかなか怪しげでありそうで、似たような健康グッズもあるような、面白い事が書かれています。

第5回となるテーマ.5 では「アーシングの効果」として、静電気にも触れています。

_φ( ̄ー ̄ ) 静電気でパチっとしたらミネラルが失われる…
なんて事を管理人は何かの本で読みましたが、さてさてどうなのでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テーマ.5 アーシングによる効果

「健康のためには、体をアーシングするとよい」ということを聞かれると思います。 この場合のアーシングとは、体を電気的に接地状態にして、体に溜まった不要な電気を抜くことで体調を整えることを言います。

結論から述べると、アーシングすると鳴りよくなります。 あまり力まなくても鳴りよくなり、すっきりとした吹き心地となります。 この効果がどの程度か実験してみました。


① 本格的なアース線に足を乗せる。
この場合は大変鳴りよくなりますが、アース線から10㎝くらい足を浮かせたほうが鳴りよくなります。 一般的には体をきっちりアースしたほうが良いように示されていますが、ある程度の加減が必要なのではないかと筆者は考えています。


② 鉄材はアース材になるのではと思い、ハンマーの頭を足にあてて吹いてみたところ、少し効果がありました。


③ 竹材に足をあてて吹いたところ、実用性を感じる程度の効果がありました。


④ 炭に足を当てたところ、大幅に鳴りよくなりました。 本格的なアース線に近い感じです。


これらを総合すると、次のようにするとよいのではという案が得られます。

◆インソールに用いるなら炭入りのものがよく、ある程度の鳴りの向上が得られます。

◆黒い靴を履く場合は、靴クリームに炭の粉を混ぜて用いるとよい効果が得られます。 炭の粉は、木炭か竹炭をサンドペーパーで擦るか、乳鉢で擦って得ます。

◆黒くない靴の場合で靴クリームを用いたいのであれば、竹のエキスを得て、これをナチュラルの靴クリームに混ぜて用います。 別の方法としては、次に述べるスプレー式があります。

◆ガラス瓶かペットボトルに炭と水を入れ、数時間経過させます。 この水の上澄みをスプレーボトルに入れ、足・靴下・足袋・スリッパ・靴等にスプレーします。 演奏時意外に用いるのも健康上よいといえます。 また、前述した手への効果剤としても使えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上がテーマ.5 の全文です。

アーシングですか〜。
いわゆる「静電気」の除去なのでしょうか。

_φ( ̄ー ̄ ) これまた肯定も否定もしにくい内容で。
健康グッズで静電気除去グッズは昔からあるからねぇ…

靴の中敷に「炭入り」を用いるのは足の臭い対策で以前から言われてきましたよねー。

Σ('◉⌓◉’) やっぱり長松さんが正しいのか⁈


テーマ.5 のまとめ

▪️体の不要な電気を抜くと鳴りよくなります

▪️鉄や竹、炭を踏みながら吹くと鳴りよくなります

▪️靴の中敷には「炭入り」を用いましょう
 
06/13

〈レポート〉長松管楽器研究所 楽器研究レポート④

皆さんこんにちは、管理人です。

普段から仕事中にはペットボトルの水を飲んでいたのですが、最近では飲む前にペットボトルを振ってから飲むようにしています。

♪( ´▽`) 振ったら「水が活性化」するらしいからね!

さすがにヒマラヤ岩塩を溶かした「ヒマラヤ岩塩水」やカルダモンの粉末を入れた「カルダモン水」には手を出していませんが…

長松管楽器研究所さん的にはオススメらしいので、誰か試してみませんか?(他力本願)


さてさて、第4回目となりました管楽器研究レポート。
テーマは「手の状態も音に影響する」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テーマ.4 手の状態も音に影響する

水道水で手を洗い、タオル等で手を拭くと鳴りにくくなります。 その理由は、水道水には塩素が含まれていることもあって活性が低く、またタオル等も活性が低いので手の活性が下がり、それが楽器の活性を下げて鳴りにくくします。

市販のウエットタオルを使うことがあるかもしれませんが、これは極めて鳴りを低下させます。

これらに対しては、次のようにするとよいです。

◆水素水を含ませたタオル、ハンカチで手を拭きます。 これらは乾燥してもある程度の効果があります。

◆テーマ.2 で述べたハンマー打ちしたティッシュペーパーで手を拭きます。 この場合は指先を主として拭きます。 指圧に人体のツボがあるように、楽器にもツボがあって面白く思います。

◆ハンカチ、タオル等をハンマー打ちしておき、これを用います。

◆ダイヤモンドペーストという研磨剤があり、これを指の付け根に塗ると大変鳴りよくなります。 調べてみるとこれは炭素という物資による効果であることがわかりました。 それならばと思い、指の付け根(片手に4か所、両手で8か所)に、鉛筆で各箇所に3本の線を描いてみたところ、同じような効果を得ることができました。

◆鍋に水と炭(木炭か竹炭)をいれて3分ほど煮だし、濾します。 この液にハンカチやタオルを入れて浸みこませ、乾燥させます。 これで指の付け根を拭くと鳴りよくなります。


手の活性が高いか低いか、改善による効果がどの程度かを調べる方法がありますので次に述べます。

・片手を楽器から離してロングトーンを吹きます

・そのロングトーンを吹きながら手を通常の押さえポジションにもっていきます

・活性を高める処置をしない場合はかなり鳴りにくくなり、音の変化はディミヌエンドとなります

・この変化が大きいほど手の活性が低いと判断します。

・このやり方で、楽器への手の移動によってクレッシェンドするようであれば、手の活性は大変よいと判断できます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

如何でしたでしょうか。
リード、紙・布、水、口内ときてからの「手」の活性についてでした。

普通にしているだけだと「活性が低いのが当たり前」なのが「手」らしいです。

(๑•ૅㅁ•๑) 手で触ったら鳴りにくくなる!
と書くと当たり前にかんじますよね〜

じゃあ、「手で触っても鳴りにくくなり難い」と考えたらどうでしょうか?

(´⊙ω⊙`) プラスではなく「マイナスを小さくする」くらいならあり得そうじゃないか!(洗脳済み)


テーマ.4 のまとめ

▪️水道水で手を洗うと手の活性が下がるよ

▪️水素水を含ませたタオルで拭くと鳴りよくなるよ

▪️指の付け根に炭素を塗ると鳴りよくなるよ

▪️楽器を片手で吹きながらもう一方の手で楽器に触れることで活性の高い・低いを判断しよう
 
06/12

〈レポート〉長松管楽器研究所 楽器研究レポート③

皆さんこんにちは、管理人です。

少し開いてしまいましたがテーマ.1、2とお届けした「長松さんのレポート」は如何ですか? 試してみましたか?

|( ̄3 ̄)| 水素水なんか「眉ツバ」だろ?
とか思いますが、実際のところどうなんでしょうね。

レポートでは、
「圧力をかけると活性化する」
「圧力がかかった岩塩が活力の高い素材」
「だから岩塩にくっつけると活性化する!」

と書いておられましたが、いかにも胡散臭いですよね。

でも、こう書いてありとどうでしょう。
「高い圧力の元で出来た石がパワーストーン」
「パワーストーンを身につけると活性が上がる」
「自然の活性が高いパワースポットでリラックス」

なんて書いてあれば信憑性が増しませんか?
どちらも似通った点が多い気がします。


(=^▽^)σ それ、もう騙されてるから!
なんて管理人がお届けします長松管楽器研究所「楽器研究レポート③」

テーマ.3は「食べ物、飲み物等は音に影響を与える」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テーマ.3 食べ物、飲み物は音に影響を与える

管楽器はその時々で、よく鳴ったり鳴らなかったりします。 その原因の一つに、食べたものや飲んだもの等が引き起こす「口内の活性の変化」による影響があります。

これはどういうかとかと言うと、よく鳴らなくなるのは口内の活性が低下することによっておきます。 その度合いは、食べたものや飲んだものの種類によって異なりますが、ほとんどの食べ物や飲み物は鳴りを低下させます。

食べた後に歯磨きをするから関係ないと思われるかもしれませんが、歯磨き剤は活性に乏しくかえって鳴りにくくなります。 ではどうすればよいかとなりますが、口内の活性を高めればよいわけで、その方法について以下に述べます。


◆水素水を飲むか、水素水でうがいをすると鳴りよくなります

◆マカデミアナッツを口に入れ、10秒くらい舐めてから取り出します。 これは噛みつぶさないようにしないと、リードにかけらが付着して音が出なくなったりします。

◆カルダモンの粒を口に入れ、10秒くらい舐めて取り出します。 コーヒーにカルダモンを入れてカルダモンコーヒーとして飲む方法もあります。

◆テーマ.1で取り上げたヒマラヤ岩塩も使えます。 粒の場合1〜数粒を口に入れ舐めて、そのまま溶けるに任せます。 健康のためにもよいと言えるでしょう。 ヒマラヤ岩塩水を飲んだり、ヒマラヤ岩塩水でうがいをするのも効果があります。

◆管楽器奏者用の歯磨き剤というものがあればよいのですが、ないようなので通常品を改造します。 キャップを外し、そこからヒマラヤ岩塩を押し込みます。 好みによってはカルダモン粉末を加えてもよいでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上がテーマ.3となります。要約するとこんな感じ。

▪️口内の活性が低いと鳴りにくくなる

▪️歯磨き剤は口内の活性を下げる

▪️水素水でうがいをしよう!

_φ( ̄ー ̄ ) やっぱり「水素水」か…
万能だな⁈ 水素水!



 
06/06

〈レポート〉長松管楽器研究所 楽器研究レポート②

皆さんこんにちは、管理人です。

昨日の記事はいかがでしたか?
(-.-;)y-~~~「活力」なんて眉ツバでしょー

なんて人も多いでしょうが、「鰯の頭も信心から」とも言いますし、やらずに疑うよりは「やって文句を言う」ほうがすっきりしますからね。

世の中には「マウスピースの違い」も感じないくらいの、何でも吹けちゃう人もいらっしゃいますが…


そんなこんなで「長松管楽器研究所 楽器研究レポート」のテーマ2.は「ハンマー打ち等による活性化」についてです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
テーマ2. ハンマー打ち等による活性化

ヒマラヤ岩塩が高い活力を持っているのは、高い圧力を受けたことが原因と考えられます。
そこで、高い圧力を加えると活性が発生するか? を実験してみることにしました。


・真鍮板 15mm × 30mm を2枚用意します。(ない場合は厚紙で代用可)

・そのうちの1枚を台(金属、木、石等)に乗せ、ハンマーで強めに打ちつけます。

・これをシングルリードのプレッシャープレートとしてリードのストック部に当て、親指で押さえて吹いてみます。

・そして何もしなかったほうとの吹き較べをします。


このようにしてみると、ハンマー打ちをしたもののほうが鳴りがよいので、活力が発生したと考えられます。

ハンマー打ちは時間的には短いですが圧力は高いので、高い圧力を加えると活力が発生すると言えるでしょう。


高い圧力を加えると破損する場合は成り立ちませんが、これはいろいろな応用ができそうなので例を挙げてみます。

・ティッシュペーパーを3回折って、これをハンマーで打ちます。 これでリードを拭くと鳴りよくなりますので、リードの拭き取り紙に使えます。
また、水道水で手を洗ったときハンカチ等で手を拭くと鳴りにくくなりますが、このティッシュペーパーを用いると鳴りよくなります。

・リードの収納に綿を用いることがありますが、用いる綿を打っておくと鳴りよくすることができます。

・シングルリードの場合、リードの裏側にリードの1/2幅の平行線を想定し、この線を別のリードの表皮部で各5回くらい強めに打つと、コシがしっかりして大変良く鳴ります。(※これについては後で詳しく取り上げます)

・オーボエのリードチューブでは、マンドレルに差し金属部を真鍮板で打っておくと詰まり感が低減して吹きよくなります。

・スワブや楽器クロスもハンマー等っ打ち込んでおくと鳴りよくなります。

・リードの個別収納具も打っておくと鳴りよくなります。 プラスチック製のものは縦方向に、紙製のものでは表から裏方向に打ちます。 まとめて入れるパッケージも打っておくほうが効果が増します。

・金属製であれプラスチック製であれ、マウスピースキャップはリードの鳴りをしています。 これは一つの盲点と言えるでしょう。 マウスピースキャップも打っておくと鳴りよくなります。 リード材で強く打っておくとリードとの馴染みがよくなります。 だだこの場合、効果の持続はあまりよいものではないので、効果剤を塗るなどすると良いでしょう。

・水をペットボトルに入れ、強く振ったり打ち付けたりすると活性が高まります。

・その他にもいろいろ応用できますので、試してみていただきたく思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、言うわけでテーマ2.をお届けいたしました。

_φ( ̄ー ̄ ) 長い!3行でまとめろ!
って方にはコチラ。

▪️ハンマー等で打ち付けると活力が発生するよ!

▪️紙とか金属や布でも打ち付けると活力が発生するよ!

▪️マウスピースキャップも活力が抜ける原因だからね!



 
06/05

〈レポート〉長松管楽器研究所 楽器研究レポート①

皆さんこんにちは、管理人です。

今日から「長松管楽器研究所 楽器研究レポート」をテーマごとに区切って載せていきます。(一部、読み易いように言葉を変えています)

テーマ1.は「リードは接触したものの影響を受ける」です。

※全部読むのが面倒な方に向けて、記事の最後にポイントをまとめています!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
テーマ1.リードは接触したものの影響を受ける

リードがよく鳴らない(振動しない)原因の一つに、リードが接触したものの影響を受け、リードの持っていた活力(活力が高いと弾力性に富む)が失われているということがあります。

リードが接触したものの影響をどう受けるかは、実験してみるとよくわかるので以下に例を述べます。

一枚のリードを用意し、銅や真鍮に当てたときと、アルミニウムやステンレスに当てたときの鳴り方を比べますすと、この場合は前者(銅や真鍮)のほうが鳴りよいです。

また、木材・紙・布・ガラスに当てたときも、それぞれに鳴り方が異なります。

リードに水を用いることがありますが、用いる水によっても鳴り方が大きく異なります。

水道水・浄水器を通過させた水・水道水の湯冷まし・ミネラルウォーター・水素水等をコップに入れ、それぞれにリードを浸し鳴り方を較べます。

水道水では塩素を含むため鳴りにくくなります。

水道水も浄水器を通過させるとかなりよい水になります。

水道水の湯冷ましもかなり鳴りよくなります。

ミネラルウォーターは銘柄により、鳴りよいものと鳴りにくいものがあるので選んで使う必要があります。

水素水では大変鳴りよくなります。これはリードはある程度酸化されていたのが元に戻ったのだと考えられます。


リードはダンチク(リード用植物の和名)を2年育てた後刈取り、数年にわたって乾燥・熟成させてからリードに加工されますが、この間をどのように扱うかによっても活力に差が生じます。

リードの加工については、その加工に用いる機械や工具・収納容器等の影響を受けます。
特にカッターの刃の材種の影響を多く受けます。

既製品リードの場合、個別収納材や全体にやにパッケージからも影響を受けますが、通常この活性のことは考慮されていませんので、実際に使用するにあたっては活力を取り戻すようにするのが良い手法となります。

それではリードを活性化させる方法をいくつかご紹介したいと思います。

◆ リードを水素水に浸すか、水素水を含ませた布等で拭く

◆ リードの裏側は活性が低いので、別のリードの表皮部(活性が高いため)を用いてリードの裏側を擦る

◆ 粒状のヒマラヤ岩塩200gとポリエチレンパックを2枚を用意して、岩塩を100gずつパックにいれて封をする。
一つのパックの上にリードを乗せて、その上にもう一つのパックで挟み込む。
(※リードは直接、岩塩に触れさせない)


このようにしてからリードを吹いてみると、まるで別物のように鳴りよくなります。

その理由ですが、ヒマラヤ岩塩等が持つ活力がリードに活力を与えたために、リードの性能が向上したと考えられます。

では、ヒマラヤ岩塩ではない岩塩や海塩ではこのような効果は得られないのか? という問題がありますが、実験してみると、これらでは効果が得られるレベルではないことが解りました。

ヒマラヤ岩塩は数億年にわたって極めて高い圧力が加えられた特別の塩(例えれば炭に対するダイヤモンド、どちらも炭素元素)で、極めて高い活力を持っています。

このことから「物に対して高い圧力を加えると活力が発生する?」という仮説が考えられますので、次のテーマで改めて述べることにします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

如何でしたか? ついてきていますか?
_:(´ཀ`」 ∠): なんかもう限界…

なんて人にテーマ1,のポイントをまとめてみました。

▪️ リードが鳴りにくいのは活力が低いから!

▪️ 活力を取り戻す素材が色々とあるよ!

▪️ 水素水やヒマラヤ岩塩で活力を取り戻せるよ!

▪️ 物に圧力をかけると活力が発生するかも?

こんな感じです。
_φ( ̄ー ̄ ) 「活力」と「水素水」か…

ここだけ読むと「いかがわしさ」満載です。
※テーマ2.以降を読むと少しずつ解消されていくのですがね〜
 
06/04

〈レポート〉長松管楽器研究所 楽器研究レポート 序文

皆さんお久しぶりです。(*´∀`*)

ながらく更新が止まっていましたが、なんとか再開することが出来そうです。

修理が立て込んでいたり、職場体験を2校受け入れていたりしましたが、主な原因は管理人の「飽きっぽさ」でして…

_φ( ̄ー ̄ ) タイピングが面倒なんだよね…
かといって音声入力するのも恥ずかしいし。

スマホに向かって一人で喋る四十路男…
(´-`).。oO ないな!


てな訳で、今日からは「他人のふんどしで相撲を取る」ような新連載!

皆さんご存知の「長松管楽器研究所」さんがまとめられた楽器研究レポートを載せていこうと思います。

※A4紙で34ページにもわたる大作なので載せるだけでも一苦労ですが、頑張って読んでもらえば面白い内容なのでお付き合いくださいませ。
 
  • « new
  • Home
  • old »