FC2ブログ
 
 
04
03月05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

04/01

時代の徒花?「ヤマハ Vバルブ」

皆さんこんにちは、管理人です。

3月も終わり、新しい年度が始まりました。
この時期は「学校も学生も先生も」環境が変わって忙しくされていますが、楽器屋さんも忙しかったりします。

年度の終わりごろから新入部員用の楽器を修理していますが、なかなか面白い&大変なん状態の楽器が飛び込んでくるんですよ〜Σ੧(❛□❛✿)ドナイナットンネーン!

不思議な壊れ方をしていたり、とんでもない修理がされていたりと、退屈しません。(笑)

_φ( ̄ー ̄ )
そんな中で、ブログに書いていいのはコレくらいかな?

時代の徒花?ヤマハ Vバルブ・トロンボーン

(๑•ૅㅁ•๑)ふえ〜、久しぶりに見たぜ⁈ Vバルブなんか…

トラディショナルなロータリーからの改良が急速に進んだ20世紀末。

「クノッフ・バルブ」「ハグマン・バルブ」「セイヤー・バルブ」と各社が新型バルブ搭載のトロンボーンを発表していた中で、沈黙を守っていたメーカーがありました。

Σ(-᷅_-᷄๑) 他社は外部が開発した「新型バルブ」を買取って使わせてもらっているみたいだが…

∑(゚Д゚) ヤマハは「独自で開発したバルブ」しか使わないぞ!

( ͡° ͜ʖ ͡°) 独自の規格を持った新型バルブを開発するんだ!


そんな思いがあったのか?セイヤー・バルブ搭載の楽器が流行しだした21世紀初頭に「最後発の新型バルブ」として発表されたのが、この「YSL-882VG」です。

「大きな円筒形」だったクノッフバルブや、「偏平な円筒形」にしたハグマン・バルブ、「三角錐」のセイヤー・バルブとは一線をかくす「長くて細い円筒形」を採用しています。

管理人個人的には「楽器界では珍しいリコールがなされた楽器」としての思い出が強いですね〜。

初期型は「真鍮」であったバルブシリンダー素材が、錆びやす過ぎる!との理由で回収・交換となりました。

(´-`).。oO懐かしいな…倉敷チボリ公園があった頃だよ…構造も独特で、調整の講習会なんかもあったなぁ…

そんな思い出の楽器との再会でした。m(_ _)m
 
  • « new
  • Home
  • old »