FC2ブログ
 
 
02
01月03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
02/11

〈登山〉和気アルプス「竜王山・白岩様」に登ろう・後編

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

昨日につづいて「竜王山・白岩様に登ろう」の後編をお届けしますよ〜(´∀`=)

ーーあらすじーー
先日に初めて登った「和気アルプス」
予想外のクオリティの高さに驚いた管理人は、早速2度目の登山に向かいます。

宗堂池コースから竜王山⛰へと登り、無事に神ノ上山頂で昼食を済ませた管理人は、復路で「白岩様」を目指します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11時50分。昼食を済ませ山頂を後にした管理人は「白岩様(鷲ノ巣岩)」への分岐を目指します。

しばらく歩くと標識がありました。

これが「白岩様」への分岐標識となります。
地元の呼び方では「白岩様」、クライミング愛好者の中では通称「鷹ノ巣岩」と呼ばれているみたいでした。

前回の管理人は、
(´∀`=) 鷹ノ巣岩はどーこっかなー?
と探していたので、標識を見はしましたが素通りしてしまったのです。

この辺りは事前の確認不足ですね。Σ(-᷅_-᷄๑)

Σ੧(❛□❛✿) 死なない程度のケガはしておけ!
実体験に勝る勉強はありません。(※不要なリスクは避けましょう)

分岐を東へ進むと再び分岐点が現れますが、全て「白岩様」へと向かえばOK!

どんどん進んで…

ずんずん進んで…

白岩様 展望所に到着です。

白岩様の標識


早速、白岩様の上に登ってみましょう!

足がすくむ程に迫り出した岩塊です。


白岩様から東を見ると「尖塔状の岩峰」が見てとれます。

地図で確認してみると、どうやら「チンネ・スラブルート」のようでした。

Σ('◉⌓◉’) やばい、あそこを登ってみたい…
早くも3度目の和気アルプス登山が確定した瞬間です。

白岩様とチンネ・スラブルート



白岩様から下っていくと「山の学校コース」への分岐となります。

山の学校コースは道幅も広くて迷う心配はなし!


途中で地図にはない「クサリ場練習場」の標識を発見。

当然、立ち寄ります。

クサリ場・岩壁の登り方の基本は「3点支持!」
両手・両足でしっかり足場を保持して、片手・片足ずつ動かしていきましょう。

両手で鎖を掴んだり、体重をかけすぎてはいけません。
あくまで「鎖」は補助として使いましょうね〜

登って下を向いてみました。

斜度は60°ほどなので、四つん這いになれば誰でも登れそうですよ〜


ルート名に「山の学校」とありますが、学校らしい物は何もなく、朽ちた看板や柵の跡があるばかり…

汚れた「和気アルプス ハイキングコース」の案内図がありました。

チンネ・スラブルートの分岐標識
今度はここから登りに来るぞ!

明るい雑木林を抜けて…

登山に付き物の「イノシシ除けの柵」を開ければ…

和気中学校の裏手に出ます。

本当に登山口が中学校脇にあります。

Σ(-᷅_-᷄๑) 裏山がこんなに良い山⛰なんて「羨ましい…」


和気中学校から役場の駐車場までは金剛川沿いを歩きますが、ふと山の方を仰ぎ見ると「白岩様」がこちらを見ているみたいでした。

古くからの信仰の対象になっているのも頷けますね。
(^人^)ナンマイダブナンマイダブ


これで手頃なルートを登りに終えましたが、歩けば歩くほどに「新しいルート」が気になりだす山⛰です。

:(;゙゚'ω゚'):和気アルプス…怖ろしい子!
スポンサーサイト
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。