02
01月03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

02/18

2018 全日本吹奏楽コンクール課題曲Ⅴ

皆さんこんにちは、管理人です。

5日間に渡ってお届け(書きなぐって)してきた「吹奏楽コンクール課題曲」の勝手な感想も最後の曲となります。

毎年「難曲」と名高い(悪名?)課題曲Ⅴですが、今年の課題曲Ⅴも良くわかりません。

吹奏楽コンクール課題曲Ⅴ「エレシウスの祭儀」です。

エレシウスの祭儀の演奏時間は4分35秒と今年の課題曲の中では最長の曲となっています。

課題曲Ⅴは「中学生お断り!」となっているので、大編成向けの35パートとなります。

オーボエ2本、ファゴット2本、アルトクラリネットも当然必要ですね。

打楽器も小物が多く、楽器店としてはニコニコしちゃいますね〜(笑)

使用ミュートはトランペット1・2・3にストレートミュート、トロンボーン1・2・3にもストレートミュートが指定されています。

オプション扱いですが、ホルン1・2・3・4にストッピングミュートがありますね。

演奏記号ではサックスに「スラップタンギング」を求めたり、ホルンに「スタッカティッシモ」とあったり、木管に「repeating the note」と英語で指示が書いてあったりします。

この「repeating〜」については、すでにネットの質問板に書き込みがされていたりしますね。

Σ(-᷅_-᷄๑) もうすでに諦めたいのですが…
CD💿を聴いても、吹ける自信がありませんよ(泣)

そんな課題曲Ⅴを代表団体は演奏しているらしいですよ?
バンドジャーナル2月号の集計だと、
・支部大会では高校・大学の約2割が課題曲Ⅴを演奏
・支部大会の職場・一般では約1割が課題曲Ⅴを演奏

・全国大会だと高校の2割以上が課題曲Ⅴを演奏
・全国大会の大学では4割以上が課題曲Ⅴを演奏
・全国大会の職場・一般では2割が課題曲Ⅴを演奏
と集計しています。

((((;゚Д゚))))))) はえ〜、すっごい(子並感)
よく取り組んだもんだね⁈

以上、課題曲Ⅴの個人的な感想でした。
なにわともあれ、これから6ヶ月はさらい続ける課題曲なので、皆さん頑張ってくださいね〜
 
02/17

2018 全日本吹奏楽コンクール課題曲Ⅳ

皆さんこんにちは、管理人です。

好き勝手書いています「吹奏楽コンクール課題曲の感想」も4回目となりました。

課題曲Ⅳ コンサート・マーチ「虹色の未来へ」

課題曲Ⅳ コンサート・マーチ「虹色の未来へ」は、課題曲中で最短の3分8秒の短い曲です。

特殊管込みの33人からの編成なので、自由曲に大曲を選ぶ大編成向けの曲かもしれません。

技術的には難しい所もなく、演奏団体も多くなるのでは?と考えています。

簡単な曲調の分、色々と気を使わないと点数が伸びないのでは、とも。

タンバリンのジングルやトライアングルも要所要所で聴こえていますし、シロフォンも小気味良くいきたいですね〜(試奏・試打はお早めに!)

使用ミュートはトランペット1・2・3のストレートミュートのみ。

以上、課題曲Ⅳの感想でした。※管理人の感想です
 
02/16

2018 全日本吹奏楽コンクール課題曲Ⅲ

皆さんこんにちは、管理人です。

連日ご紹介している、吹奏楽コンクール課題曲の勝手な感想の第3弾。

今回は課題曲Ⅲ 吹奏楽のための《ワルツ》です。

課題曲Ⅲ 吹奏楽のための《ワルツ》は4分ちょうどの長さの曲。

特殊管は全てオプション扱いなので、26人からの編成で演奏が出来る曲となっています。

課題曲Ⅲは著名な作曲家への「委嘱作品」
吹奏楽ではあまり演奏されない「ワルツスタイル」の曲です。

技術的にはあまり難しくなさそうですが、取り組む甲斐のある・勉強のしがいがある深い曲みたいでした。

使用ミュートは課題曲の中でも1番多く、
・トランペット ストレートミュート(1・2・3)
・トランペット カップミュート(1・2・3)
・トロンボーン ストレートミュート(1・2・3)
・ホルン ゲシュトップ有り(1・2・3)
となっています。

ゲシュトップ奏法でミュートを使うとなると1個¥15000〜くらいするので、楽器店としてはニコニコです!

他には「ワルツスタイルにあったチューニング」が打楽器に求められそうですね〜

以上、課題曲Ⅲの感想でした。※管理人個人の感想です
 
02/15

2018 全日本吹奏楽コンクール課題曲②

皆さんこんにちは、管理人です。

昨日から「吹奏楽コンクール」の課題曲について、楽器店視点の見方で記事埋めをさせていただいています。

今日は課題曲Ⅱ マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュです。

マーチ・ワンダフル・ヴォヤージュ は3分15秒の短めな、通称「マーチ枠」の曲。

Ob、Fg、E♭クラ.アルトクラなどの特殊管をオプション扱いとした、小さい編成でも吹ける作品です。

課題曲の公募で選ばれた作品との事でしたが、管理人の感想は「運動会の入場曲」みたいに聴こえました。

「大根曲」とでも呼びましょうか。
自由曲に重点を置くならアリかもしれませんが…

どのパートも複数かぶせてあるので目立ちもしませんが、スネアドラムが始終聴こえてきます。

マーチ対応のスネアドラムが売れると嬉しいなぁ(笑)

使用ミュートはトランペットにストレートミュートがあるだけですから、わざわざ追加で購入することはないでしょうね。

以上、課題曲Ⅱの感想でした。※管理人個人の感想です。

 
02/14

2018年度 全日本吹奏楽コンクール課題曲Ⅰ

皆さんこんにちは、管理人です。

2月1日の解禁から2週間あまり経ちましたが、やっとお店にも「課題曲セット」が届きましたよ〜(*゚∀゚*)

1月の末に入金したので届くのが遅かったのでしょうが、全国4000〜5000ほどある吹奏楽団体に楽譜を発送するのは大変なのでしょうね。:(;゙゚'ω゚'): エライコッチャで

2018課題曲

課題曲の詳しい解説は「専門家」にお任せするとして、管理人からは「楽器店の立場」から見た課題曲の感想を少し。

・課題曲Ⅰ 古き森の戦記
4分40秒と今年の課題曲の中では最長の曲で、オーボエ・ファゴット・E♭クラリネット・アルトクラリネットが必要な曲。
演奏可能な団体が限られますね。

冒頭のシーンこそ重厚な響きに「おおっ⁈」と思いましたが、曲が進んで行くにつれて残念な気持ちになっていきました。
(※管理人個人の感想です)

冒頭のオーボエソロと同じくらいに目立っていたのが「ティンパニ」さん。
始終、曲をリードしていく大切な役を担っていそうです。

金管楽器の使用ミュートは無し。その点では楽器店は嬉しくない曲ですね。(笑)

朝日作曲賞の受賞作品を課題曲にする様になって長いですが、ずっと言われてきたのが「作品として優れていたら課題曲に相応しいのか?」という点。

その辺りは後々にバンドジャーナルででも論じられると思います。

以上、課題曲Ⅰの感想でした。
 
02/13

2/13〜19日 演奏会情報

皆さんこんにちは、管理人です。

:(;゙゚'ω゚'): いやぁ、昨日は寒かった…
氷点下の気温に加えて強風が吹いていたので、思わず登山⛰に行くのをやめてしまいましたよ〜

荷物と登山地図🗺の準備までしていたんですけどね。
家が揺れるレベルの強風の日は、お出掛けせずにゴロゴロするのが吉!_(:3」z)_

年明けから動き回っていたので、休日に家に居たのは初めてかもしれません。

これも全て「独り身の気軽さ」が成せる技ですが…(泣)


さてさて、今週の演奏会情報は2件。
どちらも第3日曜日、管理人のお休みと一致していますよ。

まずは結成10周年を迎えた「アマービレ」さんの演奏会

[日時]2月18日(日)14:00開場 14:30開演
[場所]ルネスホール
[入場料]一般¥2500- 前売り¥1500- 中学生以下¥1500-

声楽・ピアノ・弦楽器・フルートの演奏家10人による「十人十色」なコンサートも10周年となりました。
(※割といいかげんな憶測です(笑)詳細を教えて!)

10周年記念となる今回は、可愛い子どものゲストが参加するみたいですね。
(※これまたチラシからの推測ですが…(笑))

いまいち情報の少ないチラシなので詳しく紹介出来ませんが、ご存知の方には周知の事で改めて説明することでもないのかもしれませんね。

もうちょいわかりやすく書いてくれていたら嬉しいです。


2件目は「アンサンブル総社」さんのコンサートです。

[日時]2月18日(日)11時からの予定
[場所]エブリィokanaka津高店2F
フードコート イベントスペース
[入場料]無料

アンサンブル総社さんは、バイオリン・フルート・ピアノ・ギター・チェロなど様々な楽器や歌を演奏する、ボランティアの音楽グループです。

今までも総社・岡山の福祉施設や学校などで演奏をされてきたのですが、今回は「エブリィ津高店」のレンタルステージでの演奏会を企画されました。

※「エブリィ津高店」の2Fにあるフードコートには多目的ステージが併設されており、空き時間の活用としてステージが無料で使用出来るのです!
(詳しくは8/24の記事 「イベントスペース」にて)

アンサンブルの主催者さんにイベントスペースの事をお話ししたら興味を持っていただいたみたいで、コンサートのチラシを持ってきてもらえました。

エブリィokanaka津高店は管理人宅から最寄り。
以前は違う名前の商業施設(イズミヤ)でしたが、撤退して空き店舗になった過去があります。

:(;゙゚'ω゚'): 利用しないと潰れちゃうんだ…
とっても綺麗なお店・ステージなので、ぜひとも皆さんにご来店頂きたいと思います。


以上、今週の演奏会情報でした。
さて日曜日には「和気アルプス」に行くか!←オイ
 
02/12

〈生き物〉グッピーママ、2回目の出産!

皆さんこんにちは、管理人です。

2月の11日に、お店水槽のグッピーさんが出産なさいました。(о´∀`о)

前回(12月16日)の出産から約2ヶ月空けてのご出産なのですが…

_(:3」z)_ 産み疲れたわ…
そんな感じのグッピーママさん。

熱帯魚屋さんから「成魚のペア」で購入したので確かな事は言えませんが、ぼちぼち高齢?なはず。

体長5㎝を超えるグラマラスなママですが、元気でいて貰いたいですね〜。

昨日産まれたばかりのグッピー稚魚

産まれて2ヶ月たったグッピー若魚

産まれたばかりは5㎜弱だった稚魚が、2ヶ月で30㎜弱に育ちました。

若魚はそろそろ「選別」の時期。
そもそも「ブルーグラス」という品種は「赤色を持っていない変異個体」のこと。

赤く見えるはずの色素が欠けているから「青く」見えている訳です。

変異個体なので遺伝的には「劣性遺伝」
およそ3:1の割合でしか産まれない個体なのでした。

管理人にとっては初めてのグッピー飼育ですし、選別も自分がされた事はあっても自分でするのは初めて。

もう少し大きくなって色素がはっきりしてきたら、間引かないといけなくなりますね…Σ(-᷅_-᷄๑)

まあ、管理人宅の60㎝水槽に混ぜてしまえば万事解決?
中型魚🐟がいるのでグッピーの繁殖は望めませんが、余生をすごすには問題ありませんからね〜

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※グッピーは計画的に増やしましょう!
むやみに繁殖されたグッピーは「形質が混ざって」しまい、美しさが損なわれます。

美しくないグッピーは飼育者の興味を減らし、飼育を疎かにしてしまいます。

グッピー飼育では間引いた稚魚の処理が必要となり、それが出来ない場合には飼育をおすすめいたしません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
02/11

〈登山〉和気アルプス「竜王山・白岩様」に登ろう・後編

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

昨日につづいて「竜王山・白岩様に登ろう」の後編をお届けしますよ〜(´∀`=)

ーーあらすじーー
先日に初めて登った「和気アルプス」
予想外のクオリティの高さに驚いた管理人は、早速2度目の登山に向かいます。

宗堂池コースから竜王山⛰へと登り、無事に神ノ上山頂で昼食を済ませた管理人は、復路で「白岩様」を目指します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11時50分。昼食を済ませ山頂を後にした管理人は「白岩様(鷲ノ巣岩)」への分岐を目指します。

しばらく歩くと標識がありました。

これが「白岩様」への分岐標識となります。
地元の呼び方では「白岩様」、クライミング愛好者の中では通称「鷹ノ巣岩」と呼ばれているみたいでした。

前回の管理人は、
(´∀`=) 鷹ノ巣岩はどーこっかなー?
と探していたので、標識を見はしましたが素通りしてしまったのです。

この辺りは事前の確認不足ですね。Σ(-᷅_-᷄๑)

Σ੧(❛□❛✿) 死なない程度のケガはしておけ!
実体験に勝る勉強はありません。(※不要なリスクは避けましょう)

分岐を東へ進むと再び分岐点が現れますが、全て「白岩様」へと向かえばOK!

どんどん進んで…

ずんずん進んで…

白岩様 展望所に到着です。

白岩様の標識


早速、白岩様の上に登ってみましょう!

足がすくむ程に迫り出した岩塊です。


白岩様から東を見ると「尖塔状の岩峰」が見てとれます。

地図で確認してみると、どうやら「チンネ・スラブルート」のようでした。

Σ('◉⌓◉’) やばい、あそこを登ってみたい…
早くも3度目の和気アルプス登山が確定した瞬間です。

白岩様とチンネ・スラブルート



白岩様から下っていくと「山の学校コース」への分岐となります。

山の学校コースは道幅も広くて迷う心配はなし!


途中で地図にはない「クサリ場練習場」の標識を発見。

当然、立ち寄ります。

クサリ場・岩壁の登り方の基本は「3点支持!」
両手・両足でしっかり足場を保持して、片手・片足ずつ動かしていきましょう。

両手で鎖を掴んだり、体重をかけすぎてはいけません。
あくまで「鎖」は補助として使いましょうね〜

登って下を向いてみました。

斜度は60°ほどなので、四つん這いになれば誰でも登れそうですよ〜


ルート名に「山の学校」とありますが、学校らしい物は何もなく、朽ちた看板や柵の跡があるばかり…

汚れた「和気アルプス ハイキングコース」の案内図がありました。

チンネ・スラブルートの分岐標識
今度はここから登りに来るぞ!

明るい雑木林を抜けて…

登山に付き物の「イノシシ除けの柵」を開ければ…

和気中学校の裏手に出ます。

本当に登山口が中学校脇にあります。

Σ(-᷅_-᷄๑) 裏山がこんなに良い山⛰なんて「羨ましい…」


和気中学校から役場の駐車場までは金剛川沿いを歩きますが、ふと山の方を仰ぎ見ると「白岩様」がこちらを見ているみたいでした。

古くからの信仰の対象になっているのも頷けますね。
(^人^)ナンマイダブナンマイダブ


これで手頃なルートを登りに終えましたが、歩けば歩くほどに「新しいルート」が気になりだす山⛰です。

:(;゙゚'ω゚'):和気アルプス…怖ろしい子!
 
02/10

〈登山〉和気アルプス「竜王山・鷲ノ巣岩」に登ろう・前編

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

ここのところ「冬型の気圧配置」が続いている為か、風の強く吹く日が多いですよね〜(ㆀ˘・з・˘)

お店や車の中にいると、
(´∀`=)「ああ、よく吹いてるなぁ」
と他人事に感じていましたが、いざ自分が自転車🚲を漕ぐと嫌になってしまいました。

_(:3 」∠)_こりゃダメだ…
自転車で出かける天気じゃありません。
だって前に進まないんですもん(泣)

なので、連日(毎週)の様に「山⛰」へ出かけることになっています。

(*´∀`*) 山の中なら風が吹いても大丈夫!
樹木で風が遮られますし、尾根で風に吹かれても寒いだけで前には進めますからね〜

2月の第1月曜日にも「和気アルプス」に登ってきました。

目指すは前回たどり着けなかった「竜王山と鷹ノ巣岩」
リベンジを図りに出発です!


2月5日(月)晴れ☀️のち曇り☁️
先週180号線で出勤渋滞に巻き込まれたのを反省して、今回は金川大橋から県道53号を走ることに。

「御津→赤磐→佐伯→和気」と東に向かって走ること40km・約1時間、和気町役場の駐車場に到着です。

今回も役場の駐車場に車を止めさせていただきました。


_φ( ̄ー ̄ )今日のルートは、
安養寺・宗堂池の登山道から「大屏風岩・小屏風岩」を経て「穂高山→竜王山」へと登る。

竜王山 山頂からは来た道を引き返して「神ノ上山 山頂」で昼食。

下山は山頂分岐から「白岩様(鷲ノ巣岩)」を経て「山の学校・和気中学校」の登山口に下山します。

ルートでいえば「宗堂池コース」「山の学校コース」となりますね。

9時30分。先週とうって変わっての青空の元、安養寺さん脇の登山道から出発です。

山養寺と竜王山

宗堂池と和気アルプスの山々

前回下ってきた道を逆に登って行きます。

落ち葉の絨毯

ガレ場

大屏風岩トラバースの標識
※上級者向けらしい

小屏風岩 遠景

神ノ上山 縦走路との山道出会い

小屏風岩 付近からの竜王山 尾根筋


穂高山から竜王山へと続く尾根づたいの道は、なかなかの急登でしたが…

(*´Д`*) えっちらおっちら・・・、おっ山頂だって?

←(´∀`=) あっちだな!
竜王山 山頂を示す4等三角点
Σ(゚д゚lll)こんだけかい!

竜王山 山頂は木々が茂っていて眺望はありませんでしたが、南の「由加神社」へと下りる道が通じています。


気をとりなおして、神ノ上山へ向かいましょう。
竜王山の尾根筋からは北の和気アルプスが見渡せます。

遥か遠くに見える神ノ上山

竜王バットレスへのアプローチ口

縦走路中で1番低い地点のキレット標識

前回見落とした「白岩様(鷲ノ巣岩)」への分岐


そして、2度目となる「神ノ上山⛰山頂」に到着です!

前回は天気が悪くて眺望は望めませんでしたが、今回はどうかな〜?(´∀`=)

北方向

東方向

南方向

Σ(-᷅_-᷄๑) やはり雲☁️が出てきたか…
冬はなかなか晴れきりませんね。

山頂で強風にあおられながら昼食を済ませ、復路は「白岩様(鷲ノ巣岩)」へと向かいましょう!


…といった所で「竜王山、鷲ノ巣岩に登ろう・前編」はおしまい。

続きは明日の後編にて!(=´∀`)人(´∀`=)イェーイ!
 
02/09

セルマー製品 値上げのお知らせ

皆さんこんにちは、管理人です。

先日、お客さんから…
੧(❛□❛✿) セルマーが値上げするって本当?
と言われました。

その時点ではノナカ貿易からのメールも届いておらず、
Σ('◉⌓◉’) 聞いてないっすよ⁈

と答えましたが、情報の出所が信頼できる筋からであった事もあり、ノナカに問い合わせてみると…

(´∀`=) 上がりますよ〜、今更なにを言ってるんですか?
2月2日にメールでお知らせしたでしょ。
ぐらいの調子で返されてしまいました。

Σ੧(❛□❛✿) うぉい!メール届いてないぞ?
1月8日にはバンドレンの値上げのお知らせが届いていて、1月31日には別のお知らせが届いていましたが、2月になってからはメールは届いていませんでした。

Σ(-᷅_-᷄๑) うーん、機械の事はわからんが届いてないからFAX📠して貰おう…


で、本題(問題)の値上げのお知らせがコチラ

いつもと同じ「外国為替の変動が〜」とありまして、2月20日から値上げするとの事。

気になる「値上げ幅」は?というと…
・楽器は¥10,000〜¥190,000-の値上げ
・マウスピースは¥400〜¥2500-の値上げ
・リガチャーは¥300〜¥1000-の値上げ
・ネックは¥2500〜¥3000-の値上げ
・ケースは¥2000〜¥3000-の値上げ
となります。

今回は楽器やネック・ケースといった「高額製品」よりも、「マウスピースの値上げ幅」が大きくなっていそうです。

アルトサックスのマウスピースで言えば、
(旧価格)¥17,496- →(新価格)¥18,900-
となり、¥1404-(税抜¥1300-)の値上げとなりますね。

ちょうど8%の値上げの様です。
旧価格の税込が¥17,496だったので、新価格の税抜¥17,500-とピタリと合います。

_φ( ̄ー ̄ ) しかし、高くなったなぁ…
セルマーのマウスピースなんか、¥10,000-でお釣りがあったはずなのに。

管理人が入社したての2002年のカタログでは、セルマーのマウスピースは税抜¥9,500-でした。

16年間で「倍額」に値上がりしています!

Σ(-᷅_-᷄๑) 初任給が倍になってるはずはないのにね〜
知らない間に(知ってる)高級品になったもんだ。

ちなみに、ヤマハのサックス🎷マウスピースは16年間、値上げされていませんよ!
・アルトサックス¥4,500-
・テナーサックス¥5,000-
・バリトンサックス¥9,000-
(´∀`=) た〜けや〜さおだけ♪ 16年前のお値段です(笑)

 
02/08

2018 吹奏楽「新譜」カタログ&サンプルCD💿

皆さんこんにちは、管理人です。

2月も第2週目に入りまして、そろそろ「2018吹奏楽コンクール課題曲」が吹奏楽連盟から送られていることでしょうね。

(*´꒳`*)皆さんのお手元には届いていますかー?


そして、課題曲があれば「自由曲」もあるわけで…
毎年のことですが、選曲に頭を悩ませる時期が来ましたね。Σ(-᷅_-᷄๑)

楽譜出版元(輸入元)さんからも、ぼちぼち「今年の新譜案内」が届き始めました。

C.L.Barnhouse Music (バーンハウス)の新譜カタログ

「バーンハウス」と聞けば知らない吹奏楽関係者はいないであろう、吹奏楽譜の大御所出版社さんですね。

ジェームス・スウェアリンジェン、ロバート・W・スミス、デイヴィッド・シェイファーを始めとして、ライニキー、ハックビー、シェルドンなどなど…

著名な・すぐに思いつく外国人作曲家の多くの作品を出版している会社です。

最近の吹奏楽コンクールでは「コンクール仕様の邦人作曲・編曲な作品」が多くなってしまいましたが、管理人ぐらいの年代には馴染み深いレーベルです。

いわゆる「アメリカの吹奏楽教育現場向け」の作品が多く、日本の吹奏楽界の発展を支えたといえる曲が多いのではないでしょうか。

教育現場向けということで、昔は難易度も手頃で編成も小さめな曲が多かったのですが、昨今のアメリカ教育現場での「バンドの大型化」にともなって編成も大きい曲が増えているようです。

_φ( ̄ー ̄ )「小編成とA部門の二極化が進む日本のコンクール・シーンには合わなくなってきた」
と、評した作曲家の投稿記事を読んだこともあります。


ですが「これぞ吹奏楽!」といった名曲もあるので、コンクールの自由曲以外で演奏してもらいたいところです。

今では珍しくなった「紙媒体のカタログ&CD💿」です。
ホームページ上でも視聴ができるので、曲選びの参考にしてみてくださいね〜
 
02/07

〈雑誌〉ザ・トランペット🎺vol.2

Category : 雑誌&書籍
皆さんこんにちは、管理人です。

先日の雑誌の紹介で、やや書きすぎたかな?と反省してみたり怖がったり…

今回は「手放しで褒める内容」で雑誌をご紹介しますよ〜

トランペット専門誌「ザ・トランペットvol.2」です。

発刊されて号が浅い分、記事の内容も目新しい情報が多いのが嬉しいですねー

号を重ねると、どうしても同じ様な内容になってしまいますからね!

このブログも「自転車・登山・動植物・食べ物・楽器」しか載せていませんし(苦笑)

表紙はポピュラー音楽界を牽引しているらしいトランペット奏者「ロイ・ハーグローヴ」さん。

業界が違うので全く知らないのですが、勉強家の方はご一読くださいませ。m(_ _)m

特集記事は「知られざるロータリートランペットの世界」

自分で「知られていない」と書いちゃう辺りに、ロータリートランペットの実情が見てとれます。

まあ、吹奏楽界では不要ですしね〜(*´꒳`*)
オーケストラ界では必須に近いのかもしれませんが…

愛好家人口の少ない楽器の欠点つして、
・需要が少ない
⬇︎
・在庫として店頭に並ばない
⬇︎
・実物を試奏が出来ない
⬇︎
・吹いていないから購入に踏み切れない
⬇︎
・売れないからますます店頭に並ばない
⬇︎
・ますますメーカーが作らなくなる
⬇︎
・ますます手に入らなくなる
が上げられます。

Σ(-᷅_-᷄๑) 世知辛いなぁ…
経営としては当然ですし、楽器店の立場から言えば「売れない商品を購入して並べる」ことは出来ません。

楽器も楽譜もCDも、もちろんマウスピース・小物まで「全て買い取り」ですからね!

よほどの大手楽器店で都会の店舗でない限り、特殊管の需要はありませんから。


おっと、話が愚痴っぽくなってしまいました。m(_ _)m

そんな感じで、普段目にする機会のない「ロータリートランペット🎺」について特集されています。

楽器の写真付きで各メーカーの楽器が解説されているので、カタログを眺めるつもりで雑誌を購入してみてはいかがでしょうか?

トランペット専門誌「ザ・トランペットvol.2」
まだまだ発売中でーす。(*゚▽゚*)

 
02/06

2/6〜12日 演奏会情報

皆さんこんにちは、管理人です。

毎日寒い日が続きますね〜:(;゙゚'ω゚'):寒い寒い

風邪なんかひかずに元気ですごしたいものですね。


感染症の予防には「人の多い所に行かない」のが鉄則ですが、演奏会は待ってくれません。Σ(-᷅_-᷄๑)

2月11日(日)岡山シンフォニーホールにて、「岡山県立操山中学校・高等学校吹奏楽部」の定期演奏会が行われます。

[日時]2月11日(日)13:00開場 13:30開演
[場所]岡山シンフォニーホール
[入場料]¥700-

今年で創部55周年わ迎える「県立操山高等学校」の定期演奏会となります。

中高一貫校となってからは、操山中学校の吹奏楽部との合同バンドとして演奏会を開催しておられますね。

なにげにOBの層が厚いのも特徴であったりするので、OB演奏にも期待していたりします。(´∀`=)

最初にも書きましたが本当に感染症が流行っていますので、演奏者側も聴衆側も万全の体調・態勢で演奏会に臨んでくださいね〜



 
02/05

〈雑誌〉ザ・サックス🎷vol.87 発売中

Category : 雑誌&書籍
皆さんこんにちは、管理人です。

最近は目新しい情報が無く、ブログの内容に困りがち…
毎月・季刊で発行される音楽専門誌も面白い記事がありません。(※個人の感想です)

そんな前置きの後に紹介するのがこちらの雑誌

サックス🎷専門誌「ザ・サックスvol.87」です!

表紙は若手サックス奏者のホープ「上野 耕平」さん。
1992年生まれの平成っ子ですよ!

特集記事は「最新ヒット商品事情!」と評して、大手楽器店の選んだサックス&アクセサリーが紹介されています。

まあ、自社が扱う商品を良い様に紹介するのは当然なので、話し3分の1ぐらいでご覧ください。(´⊙ω⊙`)

あとサックス界は「ジャズが主流」なので、吹奏楽に向いている商品とも限りませんからね〜

と、なんでも「うがった見方」をする管理人の悪い性分です。m(_ _)m

「信じる者は救われる!」Σ੧(❛□❛✿)
「信心に迷信なし!」(๑•ૅㅁ•๑)

とも言いますが、本当に良い物であれば「世間に知られるはず」ですからね〜

そんな感じで「ザ・サックス🎷vol.87」
好評発売中です!
 
02/04

トランペット🎺の模様替え

Category : 金管楽器
皆さんこんにちは、管理人です。(*´꒳`*)

最近は楽器以外の内容ばかりで「いったい何屋だ?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

(´⊙ω⊙`) そんなに毎日、目新しいことなんかないよ?

そうそうと新製品が出る訳でない業界ですし、出たところで「本当にお勧めできる商品」とも限りませんからね〜

で、今回は「トランペット🎺の模様替え」の依頼があったのでご紹介します。
なんだか機種がわからない事になっていますが…

ざっくり説明すると、
・ヤマハのトランペット「YTR-3335ラッカー」を
・全ての抜差し管を銀メッキ仕様に交換して
・トリガーの指掛けをリングに交換しました
といった感じです。

元のラッカー仕上げの抜差し管


Σ੧(❛□❛✿) どうなるか試してみたい!
という、お客様の依頼でした。

作業にあたってはさしたる苦労も無く…
「ヤマハの楽器は個体差がないなぁ」と感心しきりでした。

抜差し管の幅やキツさもパーツ単位で互換が効きますし、組み立てる際に用いる「治具」も精度が高いのでしょうね。

 
02/03

恵方巻きと「白文鳥の根付」

皆さんこんにちは、管理人です。

本日2月3日は「節分」の日←(の日って書くと変な感じ)

各地で豆まきが行われたり、鬼👹が逃げたり匿われたりする日ですね。(´∀`=)

管理人の性「渡辺」氏は「鬼が避ける」と言われる、由緒ある名前。

興味のある方は「渡辺綱と酒呑童子」で調べてみてくださいね。


そして節分の日に食べるのが「恵方巻き」

最近では「花街由来の風習だ!」とか言っている意識高い人がいるみたいですが、広島育ちの管理人としては馴染み深い風習です。

※節分の巻き寿司を「恵方巻き」と称したのは広島のセブンイレブンだといわれています。

今回は恵方巻きの元祖「セブンイレブン」の恵方巻きを購入しました。

オマケの「白文鳥の根付」が目当てです


(*´꒳`*)うん、可愛い♡ 満足です。
 
02/02

〈登山〉和気アルプスに登ろう・後編

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

先日の1月29日、「松茸シーズンにつき入山禁止」との事で登山を断念していた「和気アルプス」に登ってまいりました。

前編は「和気富士〜穂高山」までの様子をお届けしました。
後編となる今回は、和気アルプスの予想外の満足度に驚きながら山頂を目指して行きますよ〜(*´∇`*)


1月29日 10:50
和気町役場の駐車場を出発してから約90分。
下り坂の天気と強風に急かされる様にして、ピークの1つである「穂高山」までやって来ました。٩( 'ω' )و

穂高山からは西にある「竜王山」が良く見えます
竜王山バットレス(※岩壁のこと)

(´-`).。oO 登りたいような、登りたくないような…
クライミングはまたの機会に取っておきましょう。

穂高山から尾根伝いに北西へ進むと竜王山との分岐点があり、馬の背の尾根伝いを10分ほど進むと竜王山山頂に着きます。

ただ、今回は断念。Σ(-᷅_-᷄๑)
風が強く吹いていたのと、雪❄️が舞い始めたのもあって先を急ぐことにしました。

足早に歩いてピーク「涸沢峰」

さらに進んでピーク「ジャンダルム」

ピーク「奥ノ峰」と進みます

Σ(-᷅_-᷄๑) 写真が一枚も撮れてない…
先を急ぐあまりに風景を眺めていなかった様です。

奥ノ峰をすぎると「樹林帯」に入っていきます
岩場から腐葉土の道へとなりました

(*´∇`*) ああ、木々の中は暖かいなぁ…
風が直接吹きつけてくる尾根とは違い、樹林帯の中は風が遮られているのですごし易く感じます。

そんな樹林帯でも、山の北斜面になると「雪❄️」が残っていました
風は吹いてないけど空気が冷たいです。

穂高山から約50分、標高370mの神ノ上山⛰山頂に到着です!

山頂は広く刈り払われていて木製のベンチがあり、天気が許せばのんびりと食事をしたい所でした。(*゚▽゚*)

山頂からは三方に眺望が望めます。
天気が良ければ「那岐山」が見えるらしい…




さあ、急いで下山してしまいましょう。
山頂から少し戻った所に「山の学校」方面への分岐があるはずです。

・・・Σ(-᷅_-᷄๑) ないぞ?
「神ノ上山←・→白岩様」の標識しかありません。

੧(❛□❛✿) そうだ!「鷹ノ巣岩」方面ならどうだ?

_:(´ཀ`」 ∠): 見つかりません…

今更ながら地図(吉備人出版・和気アルプス登山地図)を確認してみます。

Σ(゚д゚lll)行きすぎてるやんか⁈
どうやら「白岩様=鷹ノ巣岩=山の学校」方面だった様です。

(*´∀`)♪ まっ、へーきへーき。
そこらへんに巻いてある「白いテープ」を頼りに、下に見える「池」を目指して下りることにしました

薮藪した道をかき分けて…

手を使って岩場を下りて…

溜め池まで下りれました!
多分、山の斜面を突っ切ったはず?

途中に「大屏風岩・小屏風岩」の標識があったので、ルートの1つではあるみたいです。

エメラルドグリーン(濁った)の宗堂池

宗堂池と和気アルプス

イノシシ除けの金網を開けて脱出

やれやれ、無事に帰ってこれました


どうやら「安養寺」の脇につながる道へと出た様です。
ハッハッハ!失敗失敗(=´∀`)人(´∀`=)
地図って見ないと意味ないんだね〜(笑)

でも歩いていて楽しい山⛰でした。
ルートも豊富で変化に富んでいて、天気が良ければもっとゆっくり楽しみたかったですね。

よし!来週も登りに来るか?(´⊙ω⊙`)
 
02/01

〈登山〉和気アルプスに登ろう・前編

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

先日にブログで書いた通り、和気アルプスに登ってまいりました。٩( 'ω' )و

かねてから「岡山県には100名山が無い」と言っていましたが、管理人が知らないだけで県内市内にも「良い山⛰」があるんだなぁと反省しきりです。(>人<;)

良い山⛰ですよ?「和気アルプスLOVE♡」

今回は1番手頃な「和気アルプス縦走ルート」を歩いて来たのでご紹介します。


1月29日(月)曇り☁️のち晴れ☀️
朝の出勤渋滞に巻き込まれ、予定より20分遅れの9:20に「和気町役場」の川沿いにある駐車場に到着です。

和気アルプスには「和気アルプス公認ガイド」という制度があって、その人が町役場の職員さんであったらしく。
(※現在は役場の業務が忙しくてガイドはお休み?)

そんなことから、ご好意で登山の際には町役場の駐車場に駐車させて頂けるようです。
(※端っこの方に遠慮して止めました)

町役場沿いに流れている川の名前は「金剛川」
吉井川に流れ込む支流にの1つです。

そして金剛川の向かいに見えている山系が「和気アルプス」です。


まずは和気アルプス縦走の入り口である「和気富士登山口」を探します。
和気商店街の中にある「最上神社」が目じるしになるのですが…

目印① 和気富士健康づくりの路の標識

目印② 最上神社の鳥居⛩
意外と見落としがちなので注意してね!(*´∇`*)

たびたび用いている「和気富士」という名称ですが、各地に数多くある「ご当地富士」の1つです。

「和気富士」遠景
綺麗な山体をした山⛰です。

和気富士はツツジの名所にもなっているので、5月頃にもう一度訪れたいですね。

鳥居をくぐると趣きのある石階段がお出迎え

4〜5分ほどで最上神社脇の登山口入り口に到着します。

登山コースの案内図

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 今回は「Cコース」を歩きます

「本当に健康づくりの路か⁈」と、ツッコミたくなる様な傾斜のキツイ登山道を登って、一気に標高172.8mの和気富士山頂へ向かいます。

丸太階段なんか一切無い、自然の登山道ですよ。(*´∇`*)

山頂にあったイノシシ🐗型の「山名プレート」
地域の方に愛されている証ですね。

和気富士の正式名称は「城山」といいます。
名前の通り「北曽根城🏯」の城跡がある山です

_φ( ̄ー ̄ )ざっくり説明ーーーーーーーーーーーーーー
北曽根城は別名「名黒山城」とよばれる浦上氏にゆかりのある城です。

関ヶ原の戦いで宇喜多氏に従い西軍に参加し敗北、廃城となりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

和気富士から北へ行く道から、本格的な登山道となります。
標識の鷹ノ巣岩方面に向かって進みましょう
このルート最初で最後の杭標識でした。

和気アルプスは170mから400mの余りの低山からなる山系ですが、大小13のピークが連なる歩きがいのある山。
※「ピーク」は周囲より目立って高くなった場所を指す登山用語です。

最初のピーク「寺山」
最上神社がある山だから?かな。

寺山のピーク付近にある岩場からの眺望
和気橋がきれいに見おろせます。

ピークとピークの間の標高が低くなった場所を「コル」と呼びますが、ピークの数だけコルもある訳で…

簡単に言えば「↗︎↘︎↗︎↘︎↗︎↘︎」のくり返しとなります。
これが結構足に堪えてきますから。(T ^ T)

次のピーク「烏帽子岩」
山頂のぴょこんと飛び出た岩塊が「烏帽子」の様に見えます。

山肌に突如として現れた謎の人工物

「和気文字焼き」の燭台のようでした


ピーク「観音山」


和気小学校が見おろせます


この辺りから尾根は岩尾根となり、登山らしくなってきてテンションアップ!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


そのままズバリ!ピーク「岩山」


岩山付近の休憩にもってこいな岩場

この日は風も強く、天気も下り坂。
休憩は最小限にして先を急ぎます。( ̄^ ̄)ゞ

岩尾根の途中にあったクライミング・スポット

写真ではわかりませんが、角度60〜70°くらいある切り立った岩壁です
クライムダウンとあるので下降用のルートでしょうか?

わかりやすい「コル」の写真
周りより明らかに高くなってますね(*´∇`*)

コル「前ノ峰」

コル「間ノ峰」


この様に、両側が深い谷となって落ちこんでいる尾根伝いの道を「馬の背」と呼びます
背骨の様に盛り上がった感じが「馬の背」にみえます。

後ろをふり向くと和気富士から続く尾根筋が見渡せました
これだけ歩いて来たんだなぁ…

とりあえずの中間地点、コル「穂高山」
駐車場から90分ぐらいで登って来ました。

南には「竜王山バットレス」が見えていますdiv>
岩壁高さ120m、幅300mの大きな岩肌です。

すごい岩壁にみえますが、クライマーさんは鼻歌混じりでよじ登るらしいですよ⁈Σ(゚д゚lll)

ちなみに、この辺りの石は「流紋岩」と呼ばれる花崗岩の成分に対応する「火山岩」です。

マグマの流動時に生じた「流れる様な模様」が特徴的な石ですね



さてさて、記事がだいぶ長くなってきた様なので、今回はこの辺りでおしまい。
続きは「和気アルプス・後編」でご紹介しますよ〜
 
  • « new
  • Home
  • old »