11
10月12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

11/04

日本学校農業クラブ全国大会

皆さんこんにちは、管理人です。

吹奏楽部に「吹奏楽コンクール」があるように、多くの部活動には「全国大会」がありますよね。

さる10月25・26日と、岡山県総合グラウンドでは「日本学校農業クラブ全国大会」が行われました。

ニュースでも報じられていたのでご存知の方も多いのではないでしょうか?(小泉進次郎さんも来たよ〜)

ーー日本学校農業クラブ連盟とは?ーーーーーーーーー
1948年に「学校農業クラブ」が戦後の新制高等学校の活動内容のなかで「農業高校生の自主的・自発的な組織」として日本全国で誕生していきました。

1950年に全国組織を作る動きが強まり、全ての都道府県に学校農業クラブが誕生していたこともあり、「化学性・社会性・指導性の育成」を目標に、日本全国の農業クラブを束ねる全国組織として「日本学校農業クラブ」(略称 日連 または FFJ)が結成されました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大会式典の様子


文化部的に言えば「総合文化祭」に相当する、農業高校にとっては「全国規模の技能大会・研究発表会の場」となる一大大会です。

今回、その第68回となる「日本学校農業クラブ全国大会」が岡山県で行われる事となり、管理人も式典のお手伝いをさせていただきました。

式典では和太鼓の演奏も行われ、高陽高校の「最上太鼓」と瀬戸南高校の「備前陣太鼓」の合同演奏が行われました。

式典中の音楽は、高松農業高校・高陽高校・瀬戸南高校の合同バンドによる「生演奏」です。


式典の前日には「技能大会」もおこなわれ、測量や品質鑑定などの正確さが競い合われました。

また、研究発表・意見発表もおこなわるましたが、そこは栽培〜結果までに時間のかかる農業ならではのドラマが。

何年も前から課題に取り組み、先代の学年から引き継ぎを繰り返した研究成果を発表するということは、吹奏楽のように「毎年」発表が出来るという訳ではないのです。

時間をかけ、何学年もの先輩方の思いが込められた研究内容を自分達が発表するとあって、思わず感情が昂ぶって声がふるえてしまう場面もありました。


開催県となった岡山県の農業高校の生徒さんも三年前から準備をしていて、式典の司会進行を担った生徒さんなどは入学すぐの一年生の時から2年半もの間を使って準備にあたったそうです。

閉会の言葉を読み上げた高松農業高校の生徒さんも、最後は泣いちゃっていましたからね。

高校生活の3年間をかけた分、感動もひとしおでしょう。


(´-`).。oO 吹奏楽はどうだろう?
何だか吹奏楽コンクールに疑問がわいてしまいました。

毎年行われるのは良しとして、順位を争うことに躍起になりすぎていませんか?

結果発表に振り回されてはいませんか?

「全員で、全力で取り組んだ結果だ」と喜べていないのではないでしょうか。

どんなに努力をしても、先の大会に行けるのは数校だけですよ?


そんなことを総合グラウンドに集まった約5000人の農業高校生の晴れやかな笑顔を見て考えてしまいました。


 
  • « new
  • Home
  • old »