10
09月11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

10/11

管理人が患った①

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

芝はブログの更新をお休みさせて頂いていましたが、今日から本格的に再開をさせていただきます。(*´∇`*)


管理人の身体も無事に完治いたしました。m(_ _)m

今日から何日かの間は、管理人の身に「何が起きて」「どうなっていたか」を順次お伝えしていこうと思っています。

真似する人はいないでしょうが、登山⛰を始めてばかりの管理人が、「調子に乗って痛い目を見たぞ!」という反省と自戒をこめた内容です。

どうぞ笑ってやってくださいな。(о´∀`о)プププ♪


事のおこりは9月25日(月)。
岡山県内に、日・月・火と3日間に渡っての「晴れ☀️」予報がでていた絶好の登山日和のことでした。


♪(´ε` )明日は晴れる〜晴れる〜♪
よーし、今度こそ 那岐山を縦走するぞ〜!

台風18号が列島を縦断してから1週間が経過して、登山道も落ち着いただろうと判断のもとで予定を組みました。


この日の朝、岡山県内は霧が濃く、市内でも濃霧注意報が発令されていたぐらい。

標高500mの那岐山登山口から奈義町が見通せないぐらいの霧です。


(*´∇`*)まるで雲海の上に居るみたい。
ここは標高2000m地点でしょうか?

6:42 、那岐山・蛇淵の滝コースからのスタートです。

今日の目標は「ノー ストック」で登ること。
杖を使わずに自分の足だけで登る事を目標にしていました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※Σ(-᷅_-᷄๑)今考えると、これが全ての間違いでしたが…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

登り坂をサクサクと進んで、7:40 大神岩に到着。

まだまだ下界は霧でつつまれています。

勢いそのままに、8:19 那岐山 山頂に到着です。

出発から1時間37分、Cコースでの登頂タイムです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※実はこの時点で「1つ目の故障」が起きていました。

(・・?)左膝がグラグラするぞ?

登りでは気づきませんでしたが、膝の曲げ伸ばしの際に「グラグラ・ガクガク」とした違和感を感じたのです。

٩( 'ω' )و大丈夫、イケるイケる!

根拠のない自信と判断で、那岐山頂から滝山への縦走を始めてしまいました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山頂の天気は最高!

滝山へ続く縦走路がはっきりと見えます。

滝山までは約3.3km、コースタイムでは70分となっています。

8:31 に縦走を始めて30分後、9:00 に那岐山の西1.4km地点にある展望台に到着しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Σ(゚д゚lll)やばい、足が痛いぞ⁈ 大丈夫か?

※この時点ですでに左膝は曲げられません。
膝を伸ばした状態だと痛みはありませんが、急に曲げると激しく痛みます。

((((;゚Д゚)))))))引き返えそうかな?

でも、この時点では引き返しませんでした。
間違った判断だったと思います。

展望台で休んだら痛みが引いた事、テーピングの用意をしていたのも判断を遅らせた原因だとおもいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この展望台での休憩中に強烈な「獣臭さ」を感じました。

向かっている「滝山⛰」は直登ルートのない、縦走必須の山。

東からは「那岐山」−「滝山」−「広戸仙」、西からなら「広戸仙」−「滝山」−「那岐山」と、山と山のちょうど間にある山となり、片道70分・往復で140分が余計にかかる訳です。

那岐山までは登り約110分・下り90分で合計200分。
合わせて340分のコースタイムとなると、気軽には歩けません。

そのため、登山者の数も少なめ。
植生も「ブナや低木」が多く、ヒノキだらけで食べる物の無さそうな那岐山側とは異なります。

となると、野生動物が居てもおかしくはないんですが…
「ガサガサガサ!!!」

((((;゚Д゚)))))))ドキーン!
ナンダ?熊か? ( ̄(工) ̄) お嬢さん落としましたよ?

鹿🦌です。それも立派な角のある「雄鹿」
始めての遭遇に管理人はビックリ!

慌てて展望台を後にしてしまいました。
(※敷いていた座布団を回収し忘れてました)

滝山まであとひと山⛰となった9:17 地点。

いよいよ膝が痛くて歩くのが困難になって来ました。

Σ(-᷅_-᷄๑)しかたない、引き返すか…
残り1000mぐらいでしたでしょうか?


後ろを振り返ると、今まで歩いて来た道が見えます。

( ´Д`)y えーっと、那岐山までが2.4km・登山口までが3.4kmだから…

((((;゚Д゚)))))))5.8km⁈ ムリじゃね?
痛めた膝で歩くには厳しそうです。

しかも膝に悪い「下り坂」オンリー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※結果としては無事に下山できています。
12:10に登山口前の駐車場についたので、下り合計3時間かかりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(;_;)「膝が痛いよ」
(T-T)「100歩歩いたら休もう」
(T ^ T)「左足よりも右足を高く保つと痛くないぞ?」
(´;Д;`)「早く帰りたい…」

道中は自分に言い聞かせながらの行進でした。

駐車場が天国に思えた。

車🚗に乗り込んで「ホッと」一息。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※しかし、その後に訪れる「身体の悲鳴」は管理人の想像を遥かに超える物だったのです。((((;゚Д゚)))))))ギャーッ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、言う訳で「那岐山−滝山 縦走」で無理をしたために身体の不調が始まりました、と言うことで。

この後「整骨院」に加え「肛門科」にご厄介になる訳ですが、続きは次回!

お尻は身体の中心だよ♪ みんな大切にね(๑˃̵ᴗ˂̵)
 
  • « new
  • Home
  • old »