07
06月08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

07/31

熊山ヒルクライム

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

最近の休みは「登山⛰」ばかり。
自転車🚲に乗ることが減ってしまったかもしれません。

現に今月(7/17時点)は100kmも走っていない気が…
(๑•ૅㅁ•๑)ダメダコリャ

第3日曜日に「高滝山」に登ったのですが、湿度が高めだったのと無風状態な天気で山の中なのに「暑かった」のが心残り。

たまには「風🌬を感じたいな(*´∀`)♪」
そんな訳で翌日の月曜日に、熊山にヒルクライムをして来ました。


7月17日(月)曇り☁️
久しぶりの自転車🚲にワクワクしながら、前日の登山疲れで筋肉に張りの残る脚を動かして「香登駅」まで自走します。

距離的に「1時間くらいかな?」と考えていましたが、自宅🏠から65分、ほぼ予想通りの時間で着いてしまいました。(*´∀`)♪ヤッタネ

管理人の距離感もなかなかのものがありますね。


香登駅から旧街道沿いを東に行って「鷹取醤油」さんの店先を抜ければ「熊山遺跡」への看板があります。

熊山遺跡までは約6.5km。
時速10kmで登ると「39分ぐらい」かかる予定ですが…


ここまで35kmほどを走って来たので準備体操は十分。
早速、登坂開始です。ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘


走り始めて2km少し、大滝山福生寺に到着です。
ここまでは以前に歩いてきたことがあるので、斜度もわかっていましたから楽勝!。

問題はここからの4.5km。
始めて走る道なので斜度がわかりません。Σ(-᷅_-᷄๑)

頑張りすぎず、楽すぎずっと。
クルクルとペダルを回していきます。٩( 'ω' )و


全体の斜度としては「ぼちぼち」。
管理人でも「インナー×ロー」にするほどではなく、リア⚙を1枚残して登れるぐらいの坂です。

福生寺から3.5km地点をすぎると斜度が緩やかになって、フロント⚙をアウターに入れるぐらいの余裕も出てきます。


熊山山頂への道は「電波塔」の管理地となっているのかチェーンがかけてあったので素通りをしました。

少し先に駐車場があるのでそこをゴールとしましょう。

ただの「見取り図・案内板」があるだけの場所ですが、登山⛰での休憩と比べると辺りが開けているだけで安心感が増します。(*´∇`*)

登坂タイムは35分。
斜度の緩い区間でギア⚙を重くして攻めれば、もっと短縮できそうです。

まあ、今回は様子見なのでこのへんで。(つД`)ノ
※2回目があるとは言っていない


南側の「香登方面」から登ったので、下りは北側・熊山方面へダウンヒルをしてみることにしました。

山⛰の北側の道なので日陰となって涼しく、そして薄暗くも感じます。

路面も荒れていて凸凹も大きく、グレーチング(溝)も多め・深めなので注意が必要でした。((((;゚Д゚)))))))

そして香登側よりもカーブがきつく、つづら折りが続きました。

距離的にはどちらも同じぐらいかな?
香登側の方が最寄り駅に近いのは間違いありません。


その後は、川沿いの道を「白陵高校」を見ながら南下して万富・東岡山を通って帰宅しました。

しかし、風を切って走っても暑い💦ですね。
ボトルのお茶をがぶ飲みして、なんとか帰りつきました。



 
07/30

登山の〈山飯〉

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

毎日暑い日が続きますが、体調を崩されてはいませんか?

暑い💦からといってクーラーの効いた部屋に閉じこもっていると、ますます暑さに弱くなってしまいますよ〜。

「水分・塩分を補給しながら」が鉄則ですが、外に出て汗を流すことも「暑さに慣れる」大事なことですから。
(*´∀`*)

今回のテーマは、そんな外で運動をする際に水分・塩分補給と並んで大切な「エネルギー補給」のお話し。


自転車🚲で動いている時はあまり気にしない「食事🍽」ですが、登山⛰の場合は気を使います。

ヒルクライムで山合いを走ることがあるとはいえ、基本的には「舗装路」を走る自転車の場合には「食料」の確保はあまり気にしないで済みます。

1時間分の水分と500kcalぐらいの補給食をジャージのポケットに入れていれば、飢えて倒れる前には商店に辿りつけますから。(*´∀`*)


大変なのは「登山」の場合。
日本100名山! ぐらいの人気のある山⛰なら「山小屋🏡」で休憩や食事🍽ができるかもしれません。

しかし、そこは「山無し県・岡山」の悲しいところで、岡山県には100名山はありません。

日本200名山に「蒜山」が入っているだけで、観光地化された山は皆無と言えるでしょう。
(※まあ、観光地にわざわざ登りませんが…)


必然的に「水・食料」を背負って山⛰に登ることになりますが、そこは各自の工夫の見せ所となっています。


管理人は「山頂でお昼ごはんを食べる!」を登山の際の目的にしているのですが、まだまだ手の込んだ食事🍽まで用意できていません。(※家ですら料理しない癖に…)

とりあえず〈山飯〉の定番である「インスタントラーメン🍜」を買い込んでみました。


これにアレコレ具材を足して、最後は雑炊にしてスープまで完食するようにしています。
(※山には茹で汁たりとも捨ててません!)


しかし、ぼちぼち飽きてしまったのも事実。_(┐「ε:)_
ラーメン🍜以外の違う食べ物が食べたいなぁ…

山飯の定番どころだと、パスタ・ペンネ類にインスタントのパスタソース、粉チーズを振りかけてのパスタ🍝とか。

ベーコン🥓や卵🥚を持ち込んでのフライパン🍳飯にも憧れます。(*´∀`*)


何はともあれ少し涼しくなってもらわないと、生鮮食品は怖くて持ち込めませんが…。(๑•ૅㅁ•๑)オナカイタイ












 
07/29

ゴーヤ観察日記12 87日目

皆さんこんにちは、管理人です。

昨日の高校野球⚾️岡山県大会の決勝戦、凄かったですね!

初出場を目指す「おかやま山陽高校」の8回からの逆転劇。
勝ち越されても即座に追いつく「創志学園」

どちらも攻めきれない中での「降雨ノーゲーム」

管理人が現役の時代にも雨☔️による再試合はありましたが決勝戦で、しかも延長に入ってからの降雨ノーゲームは初めて見ましたよ。Σ(゚д゚lll)

管理人は「おかやま山陽高校」を応援📣しています。
創志学園の「甲子園連続出場」は何とか防いでくれ〜。
(※私立・県立問わず、一強は良くないと考えている)


毎週土曜日にお送りしている「ゴーヤ観察日記」も12回目、植えつけ後87日目を迎えました。

変わり映えしない今週のゴーヤさんがこちら。

もはや「窓」の存在は感じられません。Σ(゚д゚lll)

ネットの頂点からオーバーハングしてきたツルで、グリーンカーテンが分厚くなってきています。

あまり厚くなりすぎると内側に日が当たらなくなってしまい、葉が枯れてしまうのですが…


毎週・隔日の様にゴーヤの収穫が出来ていますが、そろそろマンネリ気味です。_(:3 」∠)_

「ここいらで目新しいことを!」ということで、ゴーヤの実を完熟させてみることにします。

選んだのはお店の内側から見える「白ゴーヤ」さん。

ぼちぼち大きくなっていますし、何より観察しやすいのでおあつらえ向きですね。

黄色く熟したゴーヤの実は「甘い」らしい…
大丈夫かな?((((;゚Д゚)))))))
 
07/28

即席麺⑤

Category : 即席麺
皆さんこんにちは、管理人です。

ハッと気づけば、今日から「吹奏楽コンクール地区大会」が始まります。

どおりでここ数日、持ち込み修理や出張修理が多かったはずだ…_(:3」z)_

忙しさのあまり、日付📅と予定が一致していなかったようです。

そして書きためていたはずのblogの記事も、昨日で底をついたという訳で。


記事が無いときに頼れるのは「身体」を張った「〇〇やってみた」企画。

コンビニ🏪を見渡して気になった商品をお試ししてみることになります。


今回は「即席麺シリーズ」の第5回。
変わり種フレーバーに定評のある「ペヤング」より、「やきそば 鉄分MAX」です。

パッケージから溢れる「酸っぱい」感じはライム色の組み合わせの賜物でしょうか?(´⊙ω⊙`)

鉄分MAXと言うより「クエン酸MAX!」って感じです。


それでは開封してみましょう。

色気の無い麺とかやく、液体ソースが入っています。
混入物はないようですね…ψ(`∇´)ψ


それではお湯を入れて、いざ実食!

(´⊙ω⊙`)ぱっと見が白いよ⁈


あっさり醤油味、ゴマ油の香りがしてきますね。

一口食べてみると最初に「塩味」を感じますが、咀嚼して干し海老を噛み潰すと海老🦐の旨味が強くなります。

勢いよくかき込むよう食べるより、じっくり味わいながら食べたいやきそばの様です。


_φ( ̄ー ̄ )やれやれ、これで1日分の記事にはなったかな?

明日からは、再び修理が忙しくなるみたいです。
ああー、また更新が遅れてしまう〜_(:3 」∠)_


 
07/27

「小江戸製作所」をご存知ですか?

Category : 雑誌&書籍
皆さんこんにちは、管理人です。

昨日は久々のスッキリ感のある空が見えましたね。

そのぶん暑くもなりましたが、もやって蒸し暑いよりはマシに感じるのは「登山・自転車」中心の生活を送っているからでしょうか?


今日は久々の音楽雑誌からのご紹介。
「サウンドを楽しみためのサックス専門誌」
THE SAX vol.84 に興味深い記事が載っていたのでご紹介します。



見出しは「管楽器パーツ製作の匠、小江戸製作所に潜入レポート」です。

サックス用サムレスや、サムフック用スクリューなど、その製品精度の高さからサックス情報通のなかで密かな話題を呼んでいる「小江戸製作所」。

そんな製品を生み出している小江戸製作所の歴史とは?

また、普段なかなか見聞きすることの出来ない製造工程についてなど、小江戸製作所の代表、前寺氏を訪ね訊いてみた。

こんな感じで記事が始まります。_φ( ̄ー ̄ )


恥ずかしながら、管理人は知りませんでした。_(:3」z)_

まあ、最近はアマチュア愛好家の方が情報が早いですからね〜。

興味のあることに張り付いている方には敵いません。


気になる人はウェブ検索をしてみてください、ブログが見つかるはずです。( ̄^ ̄)ゞ
 
07/26

メーカーに物申す事

皆さんこんにちは、管理人です。

少し前の話ですが…(๑•ૅㅁ•๑)

6月末から7月にかけての「テスト週間の修理繁忙期」で楽器の修理にパーツをたくさん使いました。

なくなったパーツは補充しておかないと、いざという時に困ってしまうのでメーカーに注目しておきます。

で、今日届いたのがこちら。
B・saxのタンポ

ヤマハsax-875系のタンポ

ベッソンEuphのフェルト


お気づきでしょうか?全て「仕様変更」されています。

(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾またなのか!
色味も質感もサイズも変わっているじゃないか!

は〜ぁ、またパーツが余ってしまう…(T-T)


別に気にせずに「古いパーツ」と「新しいパーツ」を混ぜて使ってしまえば良いのかもしれませんが、見た目が揃わないのが許せない性分でして。

新しいパーツは基本的に「改善」されているので、古い・劣ったパーツを使うのが嫌いっていうのもあります。

今回のsaxタンポなんか、革の質感が違うので「ベタつき」にくくもなっていそうですしね〜。

メーカーもパーツの仕様変更をしたなら古いパーツを廃棄して、新しいパーツを出荷してくれればいいのに「なくなり次第順次切り替え」みたいな出荷をしてくるので、あまり使わないサイズのタンポは基本的に古いタイプが入荷してしまいます。

あーあ、萎える。_(┐「ε:)_
これだからあまりパーツの在庫は持ちたくないんだよな〜。

でもパーツがなくて時間がかかるのも嫌いだし…




 
07/25

7/25〜31日 演奏会情報

皆さんこんにちは、管理人です。

梅雨明けしたはずなのに、なんだかハッキリしない天気が続きますね〜。

曇り☁️雨☂️の予報だと安心して県北にお出かけ出来ないので、早く夏の太陽🌞がみたいところです。

最近の天気予報は曇り☁️雨☂️ばかりで、降水確率80%!を羅列しているだけですし…
(※しかも結局降らない_(:3」z)_)


毎週火曜日は「演奏会情報の日」
その週にある演奏会をまとめてご紹介するコーナーです。

今週の演奏会は「くらしき作陽大学」関係の3公演が予定されています。




まずは7月25日(火)
「室内楽(木管)研究発表会」が行なわれます。

[日時]7月25日(火)19:00開演
[場所]くらしき作陽大学 1号館125室
[入場料]無料

くらしき作陽大学の室内楽履修生による研究発表会となります。

学生の「生」の感性や演奏を聴きに行ってみてはいかがでしょうか?


続いて翌日、7月26日(水)
「室内楽(Pf)研究発表会」が行なわれます。

[日時]7月26日(水)18:45開演
[場所]くらしき作陽大学 1号館125室
[入場料]無料

前日に続いて、くらしき作陽大学の室内楽(Pf)履修生による研究発表会です。

こちらは「Piano Duo Summer Concert」と表題がつけられていますね。

連弾・2台ピアノによる演奏会となるみたいです。


7月最後の土曜日29日には、
「モスクワ音楽院特別演奏コース」
〜150年の伝統を受け継ぐ21世紀の音楽家たち〜
が行なわれます。

[日時]7月29日(土)18:30開演
[場所]くらしき作陽大学 聖徳殿
[入場料]無料

無知蒙昧な管理人ですが、「モスクワ音楽院特別演奏コース」という仰々しい御題目が気になりますが…

さぞかし凄いのだろう⁈ 以外のことがわかりません。
m(_ _)m

モスクワ音楽院特別演奏コースの「教員・在学生・卒業生」によるジョイントリサイタルなので、演奏レベルは折り紙付きのはずです。

ぜひとも会場でご確認下さいませ。m(_ _)m


以上が今週の演奏会情報です。
※くらしき作陽大学さんから頂いた「平成29年度 演奏会のご案内」を元に紹介させていただきました。



 
07/24

高滝山に登ろう!

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

「休みの日には運動を!」という事で、先日の第3日曜日に「高滝山⛰」に登って参りました。(*´∇`*)

高滝山は総社市と矢掛町にまたがる山⛰で、最寄り駅は「美袋駅」です。

昭和中学校🏫に通っていた管理人の母の実家にも近い、管理人にとっては身近な山⛰。

今回は吉備人出版「改定 新ルート版 岡山の山百選」を参考に、沢歩きのできる「足谷コース」を登ってみることにしました。


美袋駅から槻大橋を渡って左にしばらく行くと、段々畑を埋め立てて造られた「高滝山登山口駐車場」があります。

地元の方が整備された施設なので、ありがたく使わせていただくと共に、駐車場の使用料として¥200-を料金箱に納めさせてもらいました。(о´∀`о)アリガトー


駐車場から少し戻ったところにある「ゴミステーション」が足谷コースの入り口。


谷川の水の流れを横に見ながら登山道を登っていきますが…

なんせ「足元」が悪い!( ゚д゚)

登山道一面に広がる「ツタ類🌿」で足場が見えず、ウッカリ石を踏んでしまうこともしばしば。

晴れの日☀️が数日続いた後でしたが、谷川の水もあってかぬかるんでいました。


ツタ🌿の絨毯を道しるべにしながら歩いていくと、沢を渡る「丸太橋」に遭遇。
結構柔らかくて「ぶわぶわ」してました。Σ(゚д゚lll)折れないでよ〜


しばらく行くと沢の中を歩くようになります。


ぱっと見は登山道が途切れるのでΣ(゚д゚lll)となりますが、とにかく谷川を辿れば間違いないでしょう。

そのうち滝に阻まれて、山道に上がらざるを得なくなりますし。


歩き始めて約一時間半、弁当乢を北に曲がる頃には谷川も消えて道も乾いてきました。


登りが少しずつキツくなり、高滝山⛰山頂が近づいている気がします。


急勾配を登ること30分、「高滝山」山頂に到着です。(*⁰▿⁰*)
残念ながら眺望はききません。

山頂から北に行くと「岩山コース」
そこなら眺望が開けるみたいなので、そこでお昼にしましょうか。


岩山コース「太郎岩」からの眺望(南西)
もやってますな。

高滝山は「修験道」の開祖「役小角」ゆかりのお山。
錫杖が供えてあります。

高滝山にある登山道も、古くは修験道で歩かれていた道を整備した物らしく。

山頂〜岩山コースには岩に彫られた仏像が見られます。


全国に残る「巨石信仰」が高滝山にもあります。
あんまり写真に収めるのも不信心と思い、最低限にしておきました。(>人<;)お邪魔しました〜


下りは足元の乾いていそうな「妙見コース」を選択。
ふかふかの落ち葉🍂を踏んで行きます。

途中、やや勾配の急な所がありましたが「ロープ」が張ってあるので安心ですよ。

下りは速くて一時間ぐらいで駐車場まで戻れました。
╰(*´︶`*)╯♡


高滝山⛰は植林されていない「雑木林🌳」の残る山でした。(*´∀`)♪

そういえば今日は「蝉の声」を聞いていないなぁ。
岡山市街ではうるさいぐらいに鳴いているのに。(・・?)

 
07/23

徒歩通勤🚶始めてます

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

今度の休みにはどこに行こうかなぁ。(*´∀`*)
山⛰かな?峠🚲かな?ロングライドかな?


すっかり「登山⛰」「自転車🚲」にハマって、アウトドアな管理人となってしまいました。(´∀`*)

しかし、我ながら一昨年の今頃からは想像も出来ない休日の過ごし方をしています。

毎週のように外に出かけて、5〜6時間の運動をするようになるとは思いませんでしたよ〜。(๑˃̵ᴗ˂̵)

仕事が内勤・座り仕事が主なので、「休日に運動して仕事中で回復」なんてことが出来るのも要因の一つでしょうね。

ありがたい限りです。m(_ _)m


そんな「ありがたい環境」にいるので、朝晩の通勤でも歩くことにしました。

「徒歩通勤」って奴ですな。(´∀`*)
登山⛰に備える為と、梅雨の間に自転車🚲通勤が出来なかったのも要因です。(※7/19梅雨明けしました)


もちろん、歩くルートは「渡月坂」経由。
片道2300mなのに標高80mまで「わざわざ」登って通うことにしました。←バカだこいつƪ(˘⌣˘)ʃ


でも「登山⛰」を始めてからというもの、あきらかに「太もも」を動かすのが軽く感じられます。

自転車🚲を漕ぐ際の「もも上げ」が今までになく「軽く・楽に」動かせている気がしていたりして…

・:*+.\(( °ω° ))/.:+こりゃあ、やめられませんなぁ〜


 
07/22

ゴーヤ観察日記11 80日目

皆さんこんにちは、管理人です。

夏の日差しによる室温上昇を少しでも和らげようと、お店に植えつけた「グリーンカーテン🌿」

せっかくなら成長過程を記録して見ようという事で、始めた観察日記も11回・80日目を迎えました。

すでに窓一面を覆って日除けの役割を多分に果たしてくれていますが、見た目の変化がわかりにくくなって来たのも事実。

そこで今回は「植えつけ」〜「80日目」までを1週間ごとの写真で振り返ってみたいと思います。m(_ _)m


植えつけ直後

植えつけ10日目

植えつけ17日目

植えつけ24日目

植えつけ31日目

植えつけ38日目

植えつけ45日目

植えつけ52日目

植えつけ59日目

植えつけ66日目

植えつけ73日目

植えつけ80日目(7/21)


いかがでしょうか?
成長が加速度的に早くなった週がある事がわかりますね。(*´∀`*)

大切なのは「日差し・気温・水やり・肥料」
当たり前ですが、どれが欠けても大きく育ってはくれません。

18ℓぐらいのプランターに2株植えているので決して余裕がある訳ではありませんが、毎日のお世話次第で十分に大きく育ちます。

ゴーヤの実も2〜3日おきに収穫出来ているので、1度に食べきれるちょうど良い量になっています。

あまり1度に収穫出来ても困ってしまいますからね〜。
(*´ω`*)カラダがゴーヤになっちゃう⁈


今回は5月の連休明けぐらいに植えつけましたが、およそ2ケ月半でグリーンカーテン🌿として完成する様です。

皆さんも「グリーンカーテン🌿」来年から始めてみてはいかがでしょうか。

お腹に、身体に、地球🌏に優しい?グリーンカーテン。
良いものですよ。╰(*´︶`*)╯♡




 
07/21

クリーニングペーパーは不要⁈

皆さんこんにちは、管理人です。

先日、フルートを吹いている子供のお母さんからこんな事をお聞きしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
੧(❛□❛✿)
クリーニングペーパーを持たせたら、レッスンの先生に「必要無いのに」と言われたのですが…

_φ(・_・
えっ?ペーパーは必要だと思いますよ?

੧(❛□❛✿)
先生も「ペーパーは不要だ」と、そのまた先生から習ったらしいです。

_φ(・_・
うーん、全く必要無い訳でも無いんだけどなぁ…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

気になったのでネット検索をして見ると…
「ペーパーは不要」
「トーンホールに水が来るのがおかしい」
「水が流れる前にスワブを通せ」
などなど。

1番興味を引いたのが「質問サイト」にあったフルート技術者さんからの回答。

そのままでは載せられないので内容をまとめてみると、

「タンポ表面のフィッシュスキンには油分がある」
「タンポを作る際に油分や防水剤を塗ってもある」

「ペーパーを使うとせっかくのが油分が取れてしまう」
「油分が取れたタンポは逆に水に弱くなる」

「なぜタンポにペーパーを使うのか?」
「タンポを水浸しにするからでしょ」

「そもそもタンポを水浸しにするのが間違い」
「タンポが濡れる前にスワブを通しましょう」

「演奏中にはペーパーを使うのもやむを得ない」
「ただの習慣でペーパーを使うなら意味は無い」

こんな感じです。


Σ('◉⌓◉’) ふーむ、なるほど。一理ある。
タンポを濡らすのが悪い! スワブを通せ!とな。

まあ、理想っちゃ理想ですね。
間違いはないですが…。

しかし、ペーパー信仰の時代に学んだ身からすると寂しいのも事実で。

運動中は水を飲むな! と言われていた昔の話を思い出しますね。

最近は「赤チン」も使わないだろうしね〜

そんな訳で
「スワブを通せば大丈夫!」
(※濡れてしまったらペーパー)
がファイナルアンサーです。


 
07/20

マーチング・イン・オカヤマ チケット販売開始!

皆さんこんにちは、管理人です。

今日はチケット販売開始のお知らせ📢をひとつ。

何回目かも忘れるぐらい「お馴染み」となりました秋の一大イベント「2017 マーチング・イン・オカヤマ」が今年も行なわれます!


チケットが必要なのは大会2日目、岡山市総合文化体育館で行なわれる「トップステージ&フェスティバル」です。

マーチングは会場を正面から見下ろすことのできる「2階S席」が1番の優良席。

毎年、争奪戦になるのでお早めにどうぞ〜。
(※S席ではありますが座席指定ではありません)

本日 7月20日よりチケット販売開始です!


参加団体、催しのマップはこちら。
 
07/19

チェーン⛓が錆びた!

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

小雨🌂混じりの曇り空の下、鬼ノ城ヒルクライムを強行した管理人。

本人は平気でも自転車🚲にはそれなりのダメージごあったようで…

チェーン⛓が錆びてしまいました。Σ(゚д゚lll)ゲッ⁈

ざっと水分を拭っておいたつもりでしたが、丸24時間置いただけでこのありさまです。

慌てて、車体・チェーン洗浄をして注油を行いました。


Σ(-᷅_-᷄๑)以外に錆びるもんだなぁ…
実体験するまでピンときませんでした。

チェーンオイルは「シマノ PTFE ループ」という、いたってノーマルなまま。

梅雨の時期に合わせて、ウェットなオイルを使って見ようかな?


 
07/18

7/18〜24日 演奏会情報

皆さんこんにちは、管理人です。

月に一度の2連休をいただいてからの仕事始め火曜日、今日は雨☂️模様みたいですね。

日曜・月曜と晴れ間が見えていたので、このまま「梅雨明け」となるかな?と思ったのですが…(๑•ૅㅁ•๑)ザンネン

登山⛰の世界には「梅雨明け10日」という言葉がありまして、みんな待ち焦がれていたりします。

意味は、
「梅雨明け後の10日間は天気が安定するから絶好の登山・テント⛺️泊チャンス!٩( 'ω' )و」
って感じです。

太平洋高気圧に覆われて、雨☂️が降らず山の天気も穏やかな時期とされているらしいですよ〜。

管理人はテント泊の経験はありませんが、憧れてはいます。(//∇//)

夏休みには「蒜山」に出かけてみたいなぁ(╹◡╹)♡



そんな訳で前置きが長くなってしまいましたが、今週の演奏会情報。

7月22日(土)岡山シンフォニーホールにて「岡山大学交響楽団 サマーコンサート」が行なわれます。

[日時]7月22日(土)17:30開場 18:30開演
[場所]岡山シンフォニーホール 大ホール
[入場料]前売り¥700- 当日¥800-

歴史ある「岡山大学交響楽団」さんのサマーコンサートとなります。

指揮をされる 保科 洋 先生は体調を崩されていらっしゃいましたが、お元気になられたようで何よりです。

秋山 隆 先生と並んで、岡山大学交響楽団にとっては欠かす事のできない方ですからね。

是非ともお元気に指揮をされる姿を見に行ってくださいませ〜。m(_ _)m

 
07/17

鬼ノ城ヒルクライム

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

九州の豪雨災害の後も、日本各地で大雨が続いていますね。

岡山県も県北部を始めとして、毎日のようにゲリラ豪雨が発生する日が続きました。


そんな中でも「普段通り」の生活を送ってこその岡山県民!と考える管理人。

ᕦ(ò_óˇ)ᕤ週一しかない休みを潰してなるものか!

路面が濡れて滑りやすいのを覚悟で、鬼ノ城ヒルクライムに挑戦して参りました。੧(❛□❛✿)

7月10日(月)雨☂️時々曇り☁️
通勤時間帯の渋滞を尻目に、岡山から総社に向けて「車🚗」で向かいました。

少しでも余力を残しておく為ですが、ヒルクライムに不要な荷物置き場と、いざ「雨☔️」という時のテント⛺️がわりにする為でもあります。

雨の砂川公園
到着数分前に一瞬、土砂降りになりました。

スタート地点は「残り3000m標識」
以前の鬼城山登山で見つけた目印です。


それでは、「よーい、ドン!」
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘よいしょー!!





_(:3 」∠)_ムリだったよ…

途中の側溝の金網で滑って、足をついてしまいました。
(ノД`)シクシク

そこからなかなかリスタートできず、タイムは21分30秒。

一度足をついてしまうと、なかなかリスタートができないのが「激坂」の難しいところ。

側溝で滑ることなんか承知の筈でしたが、斜度がキツくてスピードが落ちていたところで金網に乗ってしまい、タイヤを滑らしてしまいました。Σ(-᷅_-᷄๑)

下りは7分そこらで到着。
下ハンドルを握って、こわごわと下りました。

テント🏕がわりの車で少し休憩します。

この日は湿度が60%越えの真夏日。
汗💦が乾かずびっちょびちょです。


よっしゃああ、回復した!
2本目、行くぞー!ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘





٩(๑❛ᴗ❛๑)۶完走できました!

タイムは19分35秒。早いか遅いか?はさて置き、足をつかずに走りきれました。

最初の走りでコースの勾配がわかったのと、準備運動が済んで脚が動いた影響だと思います。

内心これで帰りたかったのですか、まだ2本目。
獲得標高600mぽっちでは帰れません。


「ファンライド鏡野」は160㎞で獲得標高は2400m!
鬼ノ城ヒルクライムだと8本は走らないといけない計算です。

斜度が違う?とはいえ、こちらは往復6㎞すこし。
せめて4〜5本は走らないと格好がつかないです。


行動食でエネルギー補給をして、いざ3本目。
目指すは2本目のタイムを超えることですが…

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3もう帰りたいよー





(ノ_<)帰ればよかった…

坂の1番きつい場所でもがいた際にバランスを崩してしまいました。

坂がキツすぎる時に重心が後ろにいると前輪が浮いてしまうのですが、ハンドルを切った瞬間に前輪が浮いてしまい失敗。

あえなく「足つき・リスタートできず」のコンボ。
_(:3」z)_集中力が尽きました。

タイムは22分ちょうど。下りは悔しくて少し飛ばして6分を切れました。←下りで早くてもね…


はいさい、やめやめ。
あまり根を詰めても良くありません。

集中力のないときに事故を起こすもんですし、怪我をしないうちに撤収の判断をするのも大事!

今日のところは3本でご勘弁下さいませ。m(_ _)m



BS1で連日放送されていた「ツールド フランス」のダイジェストを日々視聴していましたが、プロの方も「激坂」ではよろけることがあるみたい。
(※我々の考える激坂とは次元が違いますが…)

ツールド フランスの9日目、超級山岳のあるステージでリスタートする選手の後ろを観客が押しているのを見かけました。

( ゚д゚)ふえ〜、プロでも坂道発進は辛いんかな?

軽くコースを調べてみたら、180㎞で獲得標高4600m超!
そりゃ、あかんわ。_(:3 」∠)_

このコースを5時間7分で走り切る超人たち!
そして、23日間(休養日2日なので正味21日)で3516㎞を走るという…((((;゚Д゚)))))))


某TV番組ではないですが、S○SUKEみたいなセットを走らせるのが自転車🚲でもありませんかね?

可動橋みたいに______が__/ になって、どこまで登れるか?みたいな。ヽ(*´∀`)



 
07/16

フルート・オーボエ特集記事(BAND LIFE 夏号)

Category : 雑誌&書籍
皆さんこんにちは、管理人です。

今日は気持ち新しい雑誌「BAND LIFE」の夏号より、フルートとオーボエの特集記事をご紹介します。


フルートの特集は「頭部管について」
各社の頭部管を写真で比較しています。

また、「頭部管で人生が変わる⁈」として、頭部管の各パーツの役割などを解説しています。


お次はオーボエの特集記事。

オーボエ吹きの永遠の課題である「リード」について特集しています。

なかでも「リードを透視してみた」と題うった記事が見どころです。

日本オーボエ協会で活動している方々の作品が透過光で掲載されています。

リードの削り方の参考になるはず!


最後は「しょうもない誤植」の写真。

ユーフォニアムもバンドストラップ。
「YAHAMA」とは?ヽ(*´∀`)

以上、音楽雑誌「BAND LIFE 夏号」
株式会社プロスコープより¥1350-で発売中です。


 
07/15

ゴーヤ観察日記⑩ 73日目

皆さんこんにちは、管理人です。

先週の雨☔️が嘘のような快晴🌞に恵まれている「晴れの国 岡山」。

朝から日差しが強くてとろけそうです。_(:3 」∠)_


そんな中でも元気な「ゴーヤさん」の今週のお姿がこちら。

窓を覆い尽くしてからは「剪定」が必要なぐらいの繁栄っぷりです。

ネットから溢れて「オーバーハング」してくるのを抑えるのが大変!(๑•ૅㅁ•๑)

水の要求量も増えて、朝・晩の2回の水やりが欠かせなくなって来ました。


それでもグリーンカーテン🌿の効果?か、朝イチのお店の中の温度は「いくぶん」低くなっていると思います。

部屋に入った瞬間の「ムワァっ💭」とした熱気を感じません。

夕方に水やりをした次の日なんかは「効果てきめん」。

葉っぱ🌿からの蒸散によるものなのか、ヒンヤリと感じるぐらいです。(о´∀`о)


あとは8月・9月まで、葉っぱ🌿が落ちずにいてくれたら嬉しいのですがね〜。

頑張ってお世話をしてみます!




 
07/14

初めての吹奏楽指導 部活動運営編(BJ8月号より)

Category : 雑誌&書籍
皆さんこんにちは、管理人です。

先日ご紹介したバンドジャーナル8月号の「バンド指導のABC」という記事。

それに続いて、「初めての吹奏楽指導 部活動運営編」という講座の誌上再録記事がありますのでご紹介します。


講師は愛知県・日進西中学校の清野 雅子先生、熊本県・玉名女子高校の米田 真一先生です。

例によって記事をそのまま掲載はできないので、管理人が気になった発言をピックアップしてみます。


「心を合わせるより、音を合わせろ」

「ここは音楽部でしょう」
「音楽をする場であって、集団行動の訓練をするところではないでしょう」

「よい音楽をつくるためにはマナーや思いやりは必要です。だけどそれはミーティングで決めるものではない。」

「上下関係をひっくり返しました。つまり、3年生が1番つらいことをします。」

「高校3年生のときに体を1番動かして、いろんなことを考える。周りへの配慮、目配り、気配り、心配りのできる生徒を育てて卒業させるねらいもあります。」

などなど。_φ( ̄ー ̄ )


管理人が現役であった6年間でも、無駄なミーティングが増えた代で「県大会・金賞🥇落ち」をしました。

終わりの見えないミーティング・パートリーダー会・幹部会や、訳のわからない「罰則・ペナルティー」で、練習時間がどんどん削られていた様に思います。

特別人数の多いバンドではなかったので、上級生がミーティングをしている間は下級生はほったらかしでした。

その癖に「オリエンテーション合宿」や、「課題曲に歌詞をつけて歌うから考えて来い!」といった無駄な時間は使っていましたね。

のちにお会いしたOBが、「ミーティングが増えたバンドは落ち目になる」と話されていたのを思い出します。


人間が多く集まるといろんな事が起こります。

・「上手になりたいからもっと練習がしたい」

・「周りが上手になってきたから自分も頑張らなきゃ」

・「人間関係でもめている時間がもったいない」

この気持ちにさせることがトラブル抑止の効果的な方法なのではないでしょうか?

まあ、管理人が楽器を吹くことはもうないんですけどね。_(:3 」∠)_ヘニョ〜
 
07/13

中国ユース音楽コンクール

皆さんこんにちは、管理人です。

今日は「吹奏楽コンクール」以外のコンクール、いわゆる「ソロコン」の実施要項をお知らせいたします。


第34回 中国ユース音楽コンクール〈管楽器部門〉


[日時]金管の部 10月28日(土)11:00より
木管の部 10月29日(日)10:30より

[場所]広島市西区民センター(広島市西区横川新町)

[参加料]¥8500-

[コンクールの対象]
「中国5県に在住または在学の中学生・高校生」

[部門は金管楽器の部]
トランペット・ホルン・トロンボーン・ユーフォニアム・チューバ

[木管楽器の部]
フルート・オーボエ・ファゴット・クラリネット・サクソフォン

[演奏]
曲目は自由。独奏・ピアノ伴奏可、演奏時間は5分間。

[申し込み]
9月15日(金)までに添付の申込書(払込取扱票)に記入し、ゆうちょ銀行または郵便局からご送金ください。

[募集定員]
各部70人程度

以上がだいたいの募集要項となります。_φ( ̄ー ̄ )


先に募集があったはずの「岡山学生音楽コンクール」は、募集要項すら届かずじまいだったので、ご紹介が出来ませんでした。_(:3 」∠)_ズコー

各学校に募集要項が郵送されているはずなので、ご確認くださいね〜。
※すでに締め切り日を過ぎているのですが…Σ(-᷅_-᷄๑)


中国ユース音楽コンクールなら、吹奏楽コンクールも終わった後なので取り組みやすいのではないでしょうか?

岡山学生音楽コンクールとは違って、上位入賞者の推薦制度(全日本中学生・高校生管打楽器ソロコンテストに推薦)があるので、コンクールの格式も上ですよ〜⁈

 
07/12

バンド指導のABC (BJ8月号より)

Category : 雑誌&書籍
皆さんこんにちは、管理人です。

7月も二桁日となり、時間のたつのは早いなぁと感じてしまいます。

そんなコンクールに向けて指導されている先生方の「お悩み相談」の一助になるかもしれない記事が、今日発売の「バンドジャーナル8月号」に掲載されていたのでご紹介します。


記事のタイトルは「バンド指導のABC」。

5月19日から21日にかけて浜松・アクトシティ浜松で開催された「ジャパンバンドクリニック」での特別講座の誌上再録となります。

講師はお馴染みの 丸谷 明夫先生。
歯に絹を着せない率直なお言葉で、参加者の皆さんのお悩みに答えていらっしゃいます。

詳しくは記事を読んでいただくとして、管理人的にヒットしたお言葉をピックアップしてみますと…


「先生の言うことなんか子どもは理解していないんです。自分が高校や中学のときに、先生の言っていることを本当にわかっていましたか?」


「大作曲家が書いたことを、子どもたちが理解して演奏して、というところまで行かないとも思っていますから」


「子どもというものは何も知らないものだと侮ってはいけませんね。こちらはたまたまちょっと知識ぐあるだけで、大したこともないのに」


「一緒に勉強しようとしないで、自分の知っていることを子どもたちに教え込もうと思うと、大抵失敗しますね」

などなど。_φ( ̄ー ̄ )
うーん、深いなぁ。

指導をしようとせず、一緒に音楽を楽しみ・探求することが大切なのかな? と感じました。
 
07/11

7/11〜17日 演奏会情報

皆さんこんにちは、管理人です。

毎週火曜日は、1週間の演奏会をまとめてご紹介する「演奏会情報の日」。

今週は2件の演奏会が行われます。


まずは7月16日(日)ベルフォーレ津山にて行われる「津山交響楽団」の定期演奏会です。

[日時]7月16日(日)13:00ロビー開場 14:00開演
[場所]ベルフォーレ津山(アルネ津山7F)
[入場料]一般¥1000- 高校生以下¥500-

津山市を拠点に活動されている交響楽団「津山交響楽団」さんの第8回目となる定期演奏会です。

今回はポスターにも描かれている「ブラームス」の曲が2曲。

ヨハネス・ブラームス…
19世紀のドイツを代表する作曲家の1人。

ドイツ🇩🇪音楽を代表する「3大B」の一人で、ベートーヴェンの後継者と考える人もいるとの事。

ブラームスの交響曲 第1番を「ベートーヴェンの交響曲 第10番だ!」とも言っているようでね。

音楽史には詳しくない管理人ですが、それくらいは習いましたよ。٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

岡山県内では数少ない市民オーケストラの演奏会ですので、興味のある方は是非お越し下さいね。


続いて7月16日(日)西大寺公民館大ホールにて
「谷口 一夫先生追悼 メモリアルコンサート」が行われます。

[日時]7月16日(日)13:00開場 13:30開演
[場所]岡山市立西大寺公民館大ホール
[入場料]無料

長年にわたって岡山県の高校教師として音楽教育に尽力され、昨年の1月に急逝された 谷口 一夫先生 の追悼コンサートが行われます。

音楽に情熱をそそぎ、教え子との絆を大切にされた魂の教師、谷口一夫先生。

先生から教えを受けた弟子たちによる演奏や、先生ゆかりの有志によるメモリアル吹奏楽団による演奏が予定されています。

プログラムは「谷口先生との思い出の曲」などなど。

思い出の曲とともに、先生との絆を大切にしてくださいね。


という事で、久しぶりの演奏会情報となりました。
相変わらず湿気の多い蒸し暑い日が続いているので、体調に気をつけてくださいませ。
 
07/10

鬼城山に登ろう!

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

思い込んだら猫🐈まっしぐら!
すっかり「登山⛰」にはまってしまった管理人ですが、今週も山に登ってまいりました。

で、今回登ってみたのがタイトルにある様に「鬼ノ城」となります。

鬼城山とは?
総社市の北西に位置する山で、桃太郎のお伽話に登場する「鬼👹の住む山・鬼ノ城」の伝説が残ることで有名です。

今ではすっかり観光地化されて施設も遊歩道も整備されましたが、昔はただの山でした。

管理人がまだ広島に住んでいた小学生の頃、祖父母の家に泊まりに行った際に登った記憶があります。(※24年以上前…)

そんな整備された「鬼ノ城」にわざわざ登りに行ったのには別の理由もありまして…。


最近ご無沙汰な「自転車🚲」のヒルクライムの現場としても「鬼ノ城」がアタマオカシイと有名らしいので、下見を兼ねて出かけてみたという訳です。

噂では「20%越え」の坂が体験できるという事なので、大変楽しみにしていますよ。(´∀`*)


7月3日(月)
梅雨の晴れ間となった久しぶりの太陽☀️のもと、総社PAの少し北、砂川公園内の駐車場に車🚗を停めて出発です。

目指すは「鬼ノ城ビジターセンター」
自転車🚲でヒルクライムをする登り坂を徒歩🚶で歩いてみようと考えたのですが…

3㎞少しの道のりが長い長い。(T ^ T)
綺麗に舗装されてはいますが、なかなかな「坂」です。

鬼ノ城ビジターセンターまで「3000m地点」
スタート地点です。

歩き始めてしばらくすると、
やや坂です。

1㎞ほど登ったぐらいで、
斜度がキツくなってきます。

2㎞を過ぎると、
さらにパワーアップ!

これは中々な「激坂」ですな!
来週は「ヒルクライム」に来ないといけませんね。
\\\\٩( 'ω' )و ////


8:20に砂川公園を後にして50分、やっと「鬼ノ城ビジターセンター」に到着です。
案外綺麗な建物でビックリ⁈

しかし今日は暑い💦!
下から上がって来ただけで汗ダクです。(>_<)

話では聞いていましたが、ビジターセンターには自販機がありませんので注意が必要ですよ〜。

1日分の水分として3ℓをザックに背負って来ましたが、早速1本目を飲み始めてしまいました。(´∀`*)ウマウマ


まずは鬼ノ城ビジターセンターの道向かい、西側の登山口から「犬墓山⛰」に登ります
登山口は綺麗に整備されていますが、すぐに山道となります。

10分少しで「犬墓山」の山頂に到着です。
山頂近くに見晴らしの良い場所がありますよ。

遠くに「鬼ノ城」の復元建築物が見えますね。



お次は犬墓山から北西に向きをとって「岩屋方面」に歩いていきます。

あまり背の高くない木々の間を縫う様に歩きますが、踏み固められた登山道なので道迷いはしないはず。

立派な標識


皇の墓


八畳岩
大きな一枚岩!

鬼の差し上げ岩
鬼👹の住処と言われています。

「岩屋」の地名の由来にもなった巨石群がそこかしこに点在しているとの事。



山⛰の中を歩き回ること80分。
岩屋休憩所でひと休みすることにしました。
この時点ですでに水分を1ℓ消費していますよ。_(:3 」∠)_アツイヨ

マムシに注意! の看板や、電気柵設置中につき回り道を!の看板に気をされながらも、沢の水音に励まされながら歩を進めます。


「中国自然歩道」という道を境にして「西が犬墓山・岩屋」「東が鬼城山」となりますが、次は東側の鬼ノ城を歩きます。

まずは「鬼ノ城 北門跡」


第2展望台
岩岩してます。

展望台からの眺望



鬼ノ城を時計回りにぐるっと回って復元された「西門」を見に行きました。


古代の建築技術で再現された「土塁」
この辺りが以前に崩れたんですかね?


朝、ビジターセンターを出てから3時間少し、ぐるぐる回って来ましたが、無事に戻ってこれました。

行きには気づかなかった「ハスの花🌸」が咲いていることに気づけましたよ〜(´∀`*)


帰りは行きに苦労して登った坂を下っていきます。

あーあ、自転車🚲ならあっというまに下れるのになぁ。
Σ(-᷅_-᷄๑)

来週は自転車🚲でこーようっと。
 
07/09

不思議な問合せ

皆さんこんにちは、管理人です。

やっとテスト週間の修理繁忙期が終わっていきました。
_(:3」z)_ツカレタ

今日はそんな忙しい中でお店に掛かってきた電話📞のやり取りをご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
管理人(以下(-_-b)
お電話ありがとうございます、ミュージックハウス ワタセです。

お客様(以下(°_°)
すいません、トランペットのケースを見たいのですが置いてられますか?

(-_-b
はい、幾つか置いておりますが希望のメーカーなどはありませんか?

(°_°)
特には決めていないですけど、いろいろ見て見たくって。送ってもらえるんですよね?

(-_-b
商品の見本を送るという事ですか? どこか遠方にお住まいなのでしょうか?

(°_°)
東京です。

(-_-b
えーっと、東京でしたら大きな楽器店が幾つもありますし、見に行かれてみてはいかがですか?

(°_°)
ああ、そうですか。失礼します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな内容の電話が2件、掛かってきました。

Σ(゚д゚lll)こちら岡山県ですよ⁈

東京に住んでいたら楽器店には事欠かないのでは?

わざわざ「086-」の市外局番に掛けて来なくても…

いつの間にワタセは東京にまで進出したんでしょう。


実はトランペット🎺のケースが品薄で、全国から集めているのかもしれません!←絶対無い

流石、大都会「岡山」。
東京から問合せが来たぜー!
 
07/08

ゴーヤ観察日記⑨ 56日目

皆さんこんにちは、管理人です。

九州では記録的な豪雨となって、甚大な被害が今も続いているとの事ですが…。

被災地の一刻も早い復旧と、その他の地域の方にも大雨に対する備えをしてもらいたいですね。


そんな中でお届けする「ゴーヤ観察日記」の9回目。
我が「岡山県」は晴れ間🌤が覗いています。

お日様を浴びて、ぐんぐん成長するゴーヤさんのお姿。
植え付け後 56日目 です。

先週の今頃は?というと、

Σ(゚д゚lll)圧倒的成長!覆窓絵見不⁈

ついに「ポスター」が見えなくなってしまいました。
♪(´ε` )計画通り〜

しかし、雨☔️も降ったのに凄い成長スピードです。

下葉が黄色くなったので、急遽「液肥」を与えだしたのが効いているのでしょうか?

なんとか「夏本番」に間に合ってくれました。
そんな訳で、

🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿
🌿🌿🌿🌿「グリーンカーテン」完成!です。🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿


で、肝心のゴーヤの実は?というと…

下葉が黄色くなっていたので、早めに摘み取ってしまいました。

ちょこちょこと、間引いて「チャンプル」にしていただいております。( ̄^ ̄)ゞ

生涯「初」の スパム缶 を使ってみましたが、あまりの脂の強さに「胃もたれ」してしまいましたよ。_(:3」z)_

アラフォーのおじさんには「そうめん」がお似合いです…(T ^ T)

この白ゴーヤは「サラダ🥗」となりました。
 
07/07

細かい仕様変更について

皆さんこんにちは、管理人です。

今回はテスト週間の修理繁忙期に目にした「仕様変更」についてのお話し。

楽器とメーカーの数だけ「仕様」があって「パーツ」があると言っても過言ではないのですが、だいたいは互換性があったり共用しているパーツだったりします。

ムラマツなんかは「共用性が高い」みたいで、お安いモデルも高級機種も同じパッドを使っていますね。

なので「お安いモデルもしっかり作っている」というイメージがあります。


真逆なのは天下のヤマハさん。
しっかり「価格帯で差別化」していらっしゃいます。

バネの1本、コルク1欠片、フェルトにいたるまで、普及品と高級機種では仕様が変えてありますからね。

パーツの数が増えるので面倒なのですが、良くある備品楽器の価格帯は「共用性が高い」ので楽ちんです。


久しぶりに触ったヤマハの最高機種なEuphさん。


管内洗浄と消耗品の交換をすることになったのですが、パーツが変更になったのか見慣れないフェルトが付いていました。

赤・黒・白の三層構造になっていました。
(お値段もカスタムな設定で1ケ¥340-)

こちらは赤・白の二層構造

この下にコルク製のワッシャーが足されて三層になります。


ヤマハはちょいちょい、仕様変更があるんですよね〜
(´∀`*)

お知らせ📢なんか来ないので、実機を見るまでわかりようがないのが困ったものです。

でも純正パーツを使わないと「格好悪い」ですからね!
キチンとパーツを取り寄せました。m(_ _)m
 
07/06

キイのガタつき「ポストとシャフト」について

皆さんこんにちは、管理人です。

今回もテスト週間の修理繁忙期中に気がついた事について、ダラダラと書いていきます。m(_ _)m


木管楽器を直していて、
「なんだかしっくりいかないなぁ?」
「妙にキイがグラグラするなぁ?」
と、感じることが増えて来ました。

昔の楽器に多いキイのガタつきは、
「ポストとパイプのガタつき」でした。

キイの幅に対してキイポストが広い場合に起こるガタつきです。


ところが最近の新しい楽器では、ガタつきの場所が違ってきているのではないかと。

今回多かったガタつきの場所がこちら。


パイプとポストの幅はぴったりなのに、

シャフトとポストの径に差があります。


一見、ガタつきがない様に見えるのに「グラグラ」してキイのふさがりが安定しない楽器が増えました。

今のところは「Bass cla」や「Sax」などの大型木管楽器に良く見られます。


しかし、このポストのガタつきはどうしたものか…
Σ(-᷅_-᷄๑)

パイプと違ってポストの頭を絞る訳にもいかないのではないかと思うのですが。

しばらく工夫をしてみないといけませんね。(´∀`*)
 
07/05

(速報)WOODSTONE リガチャー値上げ!

皆さんこんにちは、管理人です。

本日は価格改定のお知らせ📢が届いたので、速報としてお伝えいたします。

値上がり前の「駆け込み需要」が予想されるので、購入予定のある方はお早めにどうぞ〜。m(_ _)m


7月10(月)より、石森管楽器さんの「ベストセラー」である、WOODSTONEリガチャーが値上がりいたします。

元々がそんなに高くない価格設定でしたし、国内・海外問わず大人気のリガチャーです。

1つ1つを手作業で制作されていて大量生産が難しく、時期によっては長期品切れもあるリガチャーした。


価格改定により¥10.000-〜¥15.000-(総銀製を除く)だった価格が、¥2.000-〜¥2.500-値上がりします。

前例にのっとり、当店の店頭在庫品に限り「据え置き価格」にてサービスいたしますが、人気商品のため「駆け込み需要」が予想されます。

コンクールに向けて準備しよう! とお考えの方は、お早めにお問い合わせ下さいね〜。
 
07/04

演奏会情報 改め サイクリングイベント紹介

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

毎週火曜日はその週に行われる演奏会をまとめてご紹介する「演奏会情報」の日。

でしたが、今週の演奏会のチラシは届いておりません。
_(:3 」∠)_

なので、別のカテゴリーからイベント紹介をさせていただきます。


9月13日(日) 岡山国際サーキットの玄関先である「F1村 満開アゼリア館」をスタート地点として、サイクリングイベントがおこなわれます。

美作路 ロングライド100&チャレンジ120「ツールド武蔵」というのがイベントの正式名称となります。

詳しくは検索をして頂くしかないのですが、この「ツールド武蔵」のコースがこちら。

国際サーキットから西粟倉村近くまで北上して、林野・湯郷の方面を回ってスタート地点に帰ってくる周回コースです。

管理人の作った「細かいアップダウンは信じないで下さい」な勾配図。

二ヶ所にヒルクライムが配置されていますね。


あまり詳しい説明が出来るほどのチラシがないのですが、興味のある方は是非とも調べてみて下さいね〜。

管理人も天気をみて、コースを試走しに行く予定です!
\\\\٩( 'ω' )و ////
 
07/03

あじさい寺〜大滝山西方院福生寺〜

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

先週は久しぶりの梅雨らしい雨☂️の日が続きましたね。

幸いお休みである月曜日は曇り☁️で雨は降りませんでしたが、降り続いた雨で山道はぬかるんでしまい登山には行けませんでした。(T ^ T)

でも、雨☂️が降ったら降ったなりの楽しみ方をしよう! と、雨が似合う花💠「紫陽花」を見に行って来ました。


向かったのは「備前のあじさい寺」として名高いらしい、「大滝山西方院福生寺」さん。

赤穂線 香登駅の北西に位置するお寺です。


最寄りの駅は「香登駅」ですが、ダイヤの都合で「長船駅」止まりの電車🚃に乗ってしまいました。

長船駅から香登駅までは4km少し。
香登駅から福生寺までは3kmないぐらいのはずなので、合計7kmぐらいを歩きます。

(´∀`*) 7km? かるいかるい(笑)
自転車🚲なら20分もかからないよ!


登山靴の「慣らし」がてら歩き始めましたが、なかなか香登駅に着きません。

あれぇ? こんなに遠いのかぁ…Σ(-᷅_-᷄๑)オカシイ
結局、40分ほど歩いて香登駅に到着です。


香登の駅から国道2号を渡り、新幹線の高架をくぐって北に歩くと「熊山・香登登山口」の標識がありました
心が揺れましたが、今日は紫陽花寺が目的地です。


しばらく東に向かって直進すると「大内山⛰」「大内神社⛩」が左手に見えて来ます。

大内山の右側を回り込む様に左折して、山合いの舗装路を沢づたいに登って行くと今日の目的地「福生寺」に到着です。
参道手前の「仁王門」

ナント600年前の木造建築物が残っています。


本殿は建て替え工事中でした。
なかなか立派な様子。


お目当ての「アジサイ」はというと、






弘法大師 所縁のお寺の様です。
南無大師遍照金剛 と唱えながら足元をくぐる「くぐり大師」さん。

お寺の奥には小さな滝が。
大滝山ですもんね。


お寺を見渡せる場所から振り向いてみると…
三重の塔が見えます。

近くに行ってみると…


当然、いわくがあります。



しばらくウロウロしていたら標識を見つけました。

どうやら「熊山 山頂」まで舗装路が続いているみたいですね。

と、言うことは…
・:*+.\(( °ω° ))/.:+自転車🚲で登れるぞ⁉︎

岡山県南部では珍しい500m級の山である熊山(標高507.8m)。

登山⛰の対象にしていましたが、ヒルクライムでもお世話になりそうな予感です。

 
07/02

木製ケース効果?

皆さんこんにちは、管理人です。

絶賛、テスト週間の修理繁忙期で忙しくさせて頂いております。m(_ _)m

時間もないので、今回の修理中に考えたことを少し。


しばらく前に「100本限定!」で販売されたPerlフルートの「木製ケース仕様」の楽器。

当店では3本販売させて頂きましたが、保証調整に3本ともやって来ました。

で、その3本とも「凄く綺麗な状態」だったので驚いた訳です。Σ('◉⌓◉’)


普通なら「ホコリ」がついたり「キイが変色」したりと、手入れをしていても触りきれない細かい汚れがたまっているのですが…

今回やって来た3本には汚れが全くありません。Σ(-᷅_-᷄๑)

もちろん、綺麗に扱ってくれているのだと思いますが、あまりにも綺麗過ぎるのが恐ろしくて。


もしかしたら「木製ケース」が何かしら良い影響を与えているのでは? と考えた次第です。

「木の調湿作用」とか「内張の毛足の短さ」が普通の合皮ケースとは違っていますしね。


そんなことを考えながら、修理をしていますよ〜(´∀`*)