03
02月04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

03/31

バルブコアって何だ?

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

今日は「自転車」のお話し。
管理人が「手探り」と「検索」で試行錯誤している内容です。_(:3 」∠)_ツカレタ…


昨日、自転車のチューブを交換したのですが何だか空気の抜けが早い? 気がします。

最初は「ラテックスチューブ」にしたからかなぁ、と思っていましたがあまりにも早すぎます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※ラテックスチューブとは?
いわゆる「天然ゴム」のタイヤチューブ。柔らかで伸縮性が高く、乗り心地が良くなるが空気の抜けが早い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仕事終わりにチューブを買って、夕飯のあとにチューブ交換しました。(21:00ごろ)

朝起きてタイヤを見ると「ぺったんこ」です。
(8:00ごろ)

いやいや、早すぎますせんか⁈Σ(゚д゚lll)
10時間でタイヤが潰れるほど空気が抜けるなんてあり得ませんよね?

150㎞以上走るときなんか10時間越えはザラです。
途中で空気を入れないといけないのでしょうか?


「ラテックスチューブとはいえ早すぎないか?」(ㆀ˘・з・˘)
あまりに納得がいかないので「検索」してみます。

「ラテックスチューブ 空気抜け」で検索・・・っと。
_φ( ̄ー ̄ )ポチポチ

うーん、みんな「抜けやすい」としか書いてないなぁ…
でも「ぺたんこ」になる程に抜けるとも書いていないんだけど。


じゃあ「空気抜け 原因」で検索すると…
_φ( ̄ー ̄ )ポチポチ

・リム打ちパンク
・スローパンク
・バルブコアの緩み ← んんっ? 何だコレ( ゚д゚)

知らない単語が出てきました。
どうやらママチャリで言うところの「虫ゴム」的な物みたいです。

ここが緩んでいると「パンク」していなくても空気が抜けてしまうみたいですね。_φ(・_・メモメモ

そして「バルブコア」のないチューブもあると。_φ(・_・


さっそく「ラテックスチューブ」のバルブを確認してみます。

「SOYO」のラテックスチューブには「バルブコア」がありました。

今まで使っていたチューブには「バルブコア」はありません。


「ナルホド、こいつか!」Σ('◉⌓◉’)
確かに緩んでいます。 バルブコアを指で触るとシューっと空気が抜けていきます。

離すと空気の抜けが止まりました。
どうやら「ジワジワ」漏れているみたいです。

じゃあペンチで摘んで締めるベシ!ᕦ(ò_óˇ)ᕤオラオラ
緩んでいたバルブコアに気合いをいれてやりました。

よっしゃ、これで様子を見ようかな?
空気を入れて一晩置いてみましょう。


結論「バルブコアの緩み」でした。(^з^)-☆
朝見ても「ぺたんこ」にはなっていません。

2割程抜けた感じかな? これくらいならネットに書いてある範囲内です。

やれやれ、知らない事を手探りで触るのは楽しいなぁ。
\\\\٩( 'ω' )و ////達成感がありますよね。

楽器の修理もそうですが、知らない事を知るのは楽しいです。

「百聞は一見にしかず」 意味は違いますが、手探りでさぐり当てた事は忘れません。

「教えられた知識」は忘れ易いですが、自分で発見した事は身につきますからね。

これからも「当たって砕けます」←ヤケド程度で(つД`)ノ







 
03/30

自転車タイヤ交換

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

ロードバイクを購入して、早いもので「丸5ヶ月」がたちました。

累積走行距離も目標にしていた「毎月500㎞」を順調に達成しているので、「累積2500㎞」を越しています。
(^з^)-☆ヤッタネ

お見せできませんが、少しはマシな体型になってきたかもしれません。(//∇//)脂身が減って赤身が増えた。


今のところ「落車」の様な大きな事故にはあっていませんが、パンクは2回経験。

2回とも「県外」を走っている時でした。(๑•ૅㅁ•๑)
だいたい、1500㎞の時点で1度目・2000㎞で2度目のパンクをしたと思います。
※2000〜2500㎞はパンク無し。

実は、自転車のタイヤ。「前輪」よりも「後輪」に荷重が大きくかかる構造になっています。

なので「後輪」は摩耗し易く、「前輪」は荷重は軽いですが路面の凹凸を最初に踏むので「パンクしやすい」とされています。

そして、「タイヤが摩耗して薄くなるとパンクし易い」とか、「摩耗して路面との接地面が増えると疲れ易い」
などとされています。

うーん、そんなことを言われると「交換」したいなぁ、
少しでも「楽に」「早く」「快適に」移動したいので。
(´-`).。oO「じゃあ「車」か「バイク」にしたら?」


そんな訳で「タイヤ交換」をしてきました。

交換前のタイヤ
ゴムの切れた間から中の繊維がはみ出て来ている。

丸かったタイヤも扁平に削れています。
約8mmぐらいが平ら。


「タイヤ」ぐらいなら「ネット通販」でも購入できますし、自分でも交換は可能。

それでも「購入店」で購入・交換するのは「明日は我が身」だから。

楽器もCD・楽譜もネット通販にヤられているので他人事ではありません。
※しかも「タイヤ」と違って取付けも不要!

実店舗のあるお店を大切にしないと、本当に街からお店がなくなってしまいますからね。

※蛇足ですが、ちょっとした事でも「購入店(ディーラー)」に持ち込む乗り手の事を「リターン・ライダー」と呼ぶそうです。


管理人が学生時代からお世話になっていたのが、
「サイクルセンター岡山本店」さん。

関西高校の1つ南、高柳の交差点にある自転車専門店です。

「クロスバイク」も「ロードバイク」も、このお店でお世話になりました。

管理人は「スタイリッシュな店舗」よりは「昔ながらのお店」が好み。(*´Д`*)※犇いている感じが楽しい


タイヤの寿命はだいたい「3000㎞」ぐらい。
種類にもよりますが、レース向きの軽いタイヤほど「寿命が短い」みたい。

管理人としては、
「寿命・頑丈さ < 楽さ・快適さ」なので問題なし。

( ´Д`)y「店主、1番良いタイヤを頼む!」

「あんた、最初にタイヤ替えたじゃないの…」੧(❛□❛✿)


そうです。自転車の購入と同時にホイールを替えて、併せてタイヤもグレードアップしたのでした…。
〈現在〉BRIDGESTONE R1X←十分に良いタイヤです。

(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾「うーー、でもなんか替えたーい!」

「じゃあチューブを替えれば?」੧(❛□❛✿)
「ラテックスのチューブは軽いよ」੧(❛□❛✿)
「乗り心地も抜群!空気は抜けやすいけど」੧(❛□❛✿)


Σ('◉⌓◉’) 「そ れ を く れ !」面白いそうじゃないか。

ということで、
・BRIDGESTONE R1X + SOYO ラテックス・チューブ
に「プチチェンジ!」


※SOYOラテックス・チューブは避妊具メーカーの大手、「オカモト」が製造をしているタイヤチューブ。(//∇//)

通常のチューブは「ブチル(合成ゴム)」で「ラテックス(天然ゴム)」に比べると「伸縮性が低い」「硬い」とされています。

そのかわりに「ブチル」はゴムの密度が高く「空気が抜けにくい」という特徴があります。

「ラテックス」はブチルの「7倍伸びる」らしく、柔らかで乗り心地も良く転がり抵抗も小さい。

ただしゴムの密度が低く、空気の抜けがトンデモなく早いみたいです。

管理人的には空気の抜けなんて気にしません。
毎日出発前に空気を入れてあげればいいだけですしね。


新しいタイヤでどこに行きましょうか。(´ω`)
走り慣れた道の方がチューブの違いがわかるかな?

管理人の「お尻」は乗り心地のわかる繊細な「お尻」でしょうかね。ωプリプリ
 
03/28

3/28〜4/3 演奏会情報

皆さんこんにちは、管理人です。

ついに平成27年度も最後の週となりました。
新年度を前にして、「新入生」「在校生」「教員」の皆様も忙しくされているのではないでしょうか。


年度末の大晦日・3月31日(金)岡山シンフォニーホールで行われるのが、
「岡山市ジュニアオーケストラ スプリングコンサート」

[日時]3月31日(金)17:30開場 18:00開演
[場所]岡山シンフォニーホール 大ホール
[入場料]一般¥1000- 高校生以下¥500-

岡山市ジュニアオーケストラは1965年1月、わが国初の自治体が運営する公立青少年オーケストラとして結成されました。

チラシの裏の紹介文に書いてありましたが、由緒ある団体だったのですね。

身近すぎて凄さ・有り難さが分かりませんでした。
身近な岡山にある「日本一」をまた1つ知ってしまいました。(*⁰▿⁰*)

[岡山県の日本有数]※管理人が体験した事のみ。
・普通電車の運行距離日本一(元)→JR山陽本線
・現存12天守閣 →岡山城
・石灰岩のクライミングスポット→備中岩場
・国内最初の公立青少年オーケストラ←New!

まだまだ知らない事が多いですね。
色々と出掛けた先で「フッと目にする」岡山県の日本一・日本有数。

岡山県って いいなぁ ・:*+.\(( °ω° ))/.:+



 
03/27

福山パンのマルシェ

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

先日のブログに載せていた通り、3連休の最終日 3/20に「福山パンのマルシェ」に行って参りました。

今回はその模様をお届けします。

3月20日(月)晴れ
事前の情報だと「パンのマルシェ」は11:00からですが、とても混み合うとの事。

10:00には着いておきたいと考えて、6:00に出発します。
福山駅までは約70㎞ほど、3〜4時間で着くはずですが…

(福山)・・・🚴=3=3=3・・・(岡山)

10:00ちょうど、福山駅に到着しました!
復路の事を考えてのんびり走ってきましたが、予定ぴったりですね。(*⁰▿⁰*)

駅の東側にあった駐輪場に自転車を置いて、パン祭りの会場を探します。

サイクルウェア姿の不審者(管理人)が「ウロウロ」。
(´-`).。oO「パン祭りは何処だ…」

ほどなく「発見!」
係の人が看板を掲げていました。

どうやら「行列」を作るらしく、すでに6人が並んでいます。

管理人も7番目に並びました。(*´Д`*)イェーイ!


しかし今日の福山は風が強い。
汗が冷えてきてガタガタ((((;゚Д゚)))))))震えます。

あ"ぁー、温かい飲み物なんか買ってないぞ〜。
列を離れるのも嫌だし、我慢するしかないのかなぁ…。

こんな時は「お一人さま」の我が身が恨めしい。
他の人達は「かわりばんこ」で準備中のブースを眺めに行っています。

いいんですよー、1人も気楽ですからねー (T ^ T)


行列もたんだん長く伸びてきて、開場時間まであとわずか。ドキドキ💓

・・・∑(゚Д゚)あれっ?!
「えっ、もういいの?」「並んだ意味は?」
グダグダな運営のおかげで、いまいち盛り上がらないオープンとなりました。

・どこに何のパン屋さんがあるのか?
・行列に並んだ人の優先は?
色々とおかしい・甘い運営でしたが、商店街なので仕方ないのかなぁ。


買い込んだパンがこちら。

「ポチのパン」 さん。


「ブーランジェリー ハル」 さん。


「Marque-page」 さん。



岡山までの帰り道で食べきってしまったので写真なし。「SMALL BAKE SHOP」 さん。
ガトー・ショコラ が絶品でした!・:*+.\(( °ω° ))/.:+


買い込んだパンを背負って「帰路」につきます。

帰りは違う道を走りたい!と「2号線」を選択。
2号線の「バイパス区間」は自転車通行が禁止されていますが、普通の区間は自転車でも走れます。

距離的には他のルートよりも短くなりますが、信号や車の渋滞などで走りにくい感じ。

車に混ざってでも無理に走る価値のある様な、気持ちの良い道ではありませんでした。(ㆀ˘・з・˘) ムツカシイナ


岡山までの約60㎞は、全て向かい風でした。(つД`)ノ
南から、東から、風が吹きつけてくるので思うように進みません。

脇を大型車が抜いていくと「一瞬」風が相殺されて楽になりますが、巻き返しの風で「フラフラ」。

「気持ち良くなーい (● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾」
日曜日の「新見〜」に次いで2日連続の100㎞越えは、少し無理があったのかも…。

それでもペダルを踏み続けて、何とか帰宅。
休憩も多かったですが、何とか平均25㎞/h で走れました。

家に帰ってからは「パンざんまい」。
しばらくパンは見たくないかも…_:(´ཀ`」 ∠):
 
03/27

津高のエブリィ プレオープン

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

今日は管理人のお膝元、岡山市津高に新しく出来た、
「エブリィ Okanaka 津高店」のプレオープンの様子をお届けします。_φ( ̄ー ̄ )


「エブリィ」といえば「業務用スーパー」のイメージが強いですが、津高の「イズミヤ」跡地に出来たエブリィは「フードコート」と「専門店街」がくっついた「4F建て」です!

余談ですが、管理人が小学5年生で岡山に引っ越してきてから、わが家の買い物はもっぱら「イズミヤ」。

イズミヤの食料品で育ったと言っても過言ではありません。ᕦ(ò_óˇ)ᕤ180㎝70kg!

そんな「イズミヤ」さんが昨年に閉店されてからは「買い物難民」として色々とスーパーを巡っていましたが、やっぱり買い慣れた「イズミヤ」が良かったです。


そんな思い出の地「イズミヤ」の跡地に出来た「エブリィ Okanaka 津高店」。

気になるので「プレオープン」の27日、開店前に並んでみました。(๑╹ω╹๑ )

10:00開店の30分前、9:30の様子。

とっても良い天気。開店日和ですね〜。

すでに50人程のご年配や家族連れの人達が並んでいます。



10:00 プレオープンです。
まずは1F の見取り図から。


・食料品売り場

・お野菜

・お魚

・お肉

「エブリィ」=「業務用スーパー」のイメージを覆す売り場の綺麗さ?です。

毎日の買い物の分量でパックに入れてありますね。
ガラス越しに調理の様子が見れるのもGOOD!


続いて2F フードコートと専門店街です。

・フードコート



管理人は「朝からステーキ」がイケる歳。
ステーキ定食 肉240g※10:50です。


若干の胃もたれと共に3Fへ、専門店街となっています。



4Fもテナントが入るとの事ですが、秋以降になる様です。

しかし、「エブリィ」が出来ると聞いた時には、
「え〜、業務用スーパーでしょ?」と思いましたが、いざ出来てしまえば「あれ、良いんじゃね?」という感想。

普通の「〇〇タウン」とか「✖️✖️モール」とあまり変わりがありませんでした。

営業時間もこの通り。

9:00〜22:00までになったので「イズミヤ」時代よりも利用し易くなりました。

管理人の家から徒歩3分、これから愛用させて貰いますよ。(๑╹ω╹๑ )てのひらクルー
 
03/26

ザ・トランペット 創刊!

Category : 雑誌&書籍
皆さんこんにちは、管理人です。

この度、管楽器の専門誌に「トランペット」が仲間入りしました。( ´Д`)y━・~~〈ヤットカー〉


その名も「ザ・トランペット」

アルソ出版さんの発行している「ザ・〇〇」の、初金管楽器の雑誌です。
※昔はあったのかもですが、休刊・廃刊しています。

「トランペット」と銘打っているので、トランペット吹きは「需要がある」と思われているみたいですね。
※人口が多いと需要も高いのが一般的ですが…


せっかく新創刊されたのに、内容がショボかったら売れませんよね?

そこは「安心の創刊号!」

・トランペットブランド 2017 コレクション
・現行マウスピース 67本 徹底試奏!
・トランペット製作の現場に突撃取材
・トランペット奏者 大名鑑

ジャズを除いた「吹奏楽部のトランペット吹き」でも楽しめそうな記事だけでもこれだけあります。

まあ、次号に何を載せるのか?
少し心配でもありますが…。( ゚д゚)ネタはあるのかな?


立ち読みだけでも大歓迎です。(๑╹ω╹๑ )
発行されているうちに手に取ってみて下さいね〜。
 
03/25

〈ゼンオンオリジナル〉パール ティンパニ・バスドラム

皆さんこんにちは、管理人です。

新年度カタログ 第2回「全音楽譜出版社」さんの紹介です。

業界では「ゼンオン」で通っている楽器関係全般の卸屋さんです。

今までは単なる「卸」として、色々なメーカーさんの商品を扱っておられましたが(ゼンオン・ブランドの楽器もある)、この度「特別注文品」を扱いだしました。


「パールのティンパニの特別注文品」
75シリーズと85シリーズの「合いの子」になります。

75シリーズのペダルに85シリーズのケトルを組み合わせたモデルです。

ざっくり言えば「安い骨組みに高い本体が付いた」モデルです。

フルートで言えば「管体銀製・キイは洋白」みたいな感じ。

「80シリーズ(※管理人の呼称)」とでも呼びましょうかね?


続いて「パール バスドラムの特別注文品」
28インチ×14インチ、カプール材のウッドシェル。
ファイバースキン3 のヘッドが張ってあります。

特別なのは「回転式スタンド」に対応している事。
32インチ以下のサイズでは使えなかったスタンドに組み立てられる様に「腕」が付いています。

28インチのスタンドは単品でも販売がないので、まさに「特別生産品」です。


詳しい「価格」や「差額のお買い得感」はお問い合わせ下さいね〜。


 
03/24

ノナカ楽器マガジン

皆さんこんにちは、管理人です。

今年度の最後の月、3月も半ばを過ぎてあと1週間足らずとなってしまいました。

楽器業界も「新年度」を見据えて「新カタログ」を用意している最中です。

そんな新カタログの中から「ノナカ楽器マガジン」の最新版vol.9をご紹介します。

今号の表紙はこちら


ペラペラとめくっていきます。
うーん?、知らない新製品がありますねぇ( ゚д゚)?

プレソンのページの…


2ページ目に…


プレソンの「ホルン」が新製品!!
∑(゚Д゚)ナンダッテー

いつの間に発売されたのでしょうかね?
全くの「ノーマーク」でした。(;´д`)ヤレヤレ

ノナカ貿易さんの扱う「ホルン」としては3メーカー目となります。

・C.G.コーン
・ホルトン
・プレソン ←New!

選択肢が増える分には悪くないのでしょうが、輸入元としての販促が偏るのが心配です。

トランペットなんか5つのメーカーを扱っています。
・バック ←主力
・C.G.コーン ←Tbと併せて
・キング ←ジャズ
・システムブルー ←マーチング
・キャロルブラス ←?

全てのブランドを同じ様に応援してくれたら良いのですが、難しいですもんね。

キャロルブラスの「ノナカ貿易の広告」は見た記憶がありません。(T ^ T)

前の輸入元の時は見たんだけどなぁ…。
ホルトンのTbなんか輸入してくれるんだろうか。

メーカー別のカタログはこれからになると思いますが、楽器マガジンは店頭に並んでいるので、ご自由にお持ち帰り下さいね〜。






 
03/23

オススメ商品⑥

皆さんこんにちは、管理人です。

今回は「楽器店歴16年」の管理人が選ぶ、実際に使ってみて本当に良かった「オススメ商品」をご紹介する企画の第6回。

今回、ご紹介するのはこちら。

・・・、何だか分かりませんね…(ㆀ˘・з・˘)
nagamatu のロゴは見てとれますが…。

中身がこちら。

正解は・・・木管の「マウスピース」でした。٩( 'ω' )و


〜〜〜管理人による メーカー紹介〜〜〜
メーカー名は「ナガマツ」といいます。
長松管楽器研究所 という群馬県にある工房で、マウスピースなどをハンドメイドで製作している所です。

研究所という看板通り、木管楽器に関する様々な音響改善アクセサリーを開発して商品化しています。

全国で見ても取り扱いの少ない(量産出来ない)メーカーですが、吹けばわかる物の違いに愛用者が増えつつあります。
〜〜〜〜以上、素晴らしい説明 終わり〜〜〜〜

管理人としては、基本的にマウスピースの好き嫌いには「個人差」があるので、「オススメ商品」としては紹介するつもりはありませんでした。

今後も「無条件」で勧められるマウスピースでなければ紹介するつもりはありません。

それでも紹介するのは「本当に良かった商品」だと信じているからこそなのです。


この「ナガマツ」さん。
各種クラリネットやサックスのマウスピースを製作されていますが、「本当に良い商品」として万人にオススメしたいのは「バスクラリネット」のマウスピース。

世界的バスクラリネット奏者の「ヤン・ギュンス氏」が岡山に来られた際に使用されており※、使用していたマウスピースを見せて頂いたのを機会に当店での取り扱いを始めました。※現在は未確認。


ヤマハ→セルマーorバンドレン→ナガマツ
この順にマウスピースを買い替えていかれる方が多い印象です。

セルマー・バンドレン で十分に良い音で吹いていた人が、ナガマツに変えて吹くと「もうふた回り」豊かで太い音になるのに驚いたものです。

特にバンドレンのマウスピースで音色の硬さに悩んでいる人に試して貰いたいですね。


「ナガマツ」さんはマウスピースに合わせて、リガチュアも製作されています。


これがまた、良い音なのですが「見た目がイマイチ」。

管理人の知る限りでは「1番作りの怪しいリガチュア」。
まるで「ホースの金属バンド」の様です。

なのに「良い音」がしてしまうのが悩ましい所…。
イシモリのリガチュアぐらいスタイリッシュならなぁと、何度思った事か…。(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

「大切なのは音だよ、兄貴!」( ´_ゝ`)
「見た目なんか気にしてなんかいないよ!」(´ω`)
※試奏をした方からは優しいお言葉を頂いています。


それでも試奏した人には「ほぼ100%」の販売実績を誇る
バスクラリネットの隠れた売れ筋マウスピースです。

楽器がLow E♭のバスクラリネットだから音が軽くて…

そんな方は是非、お試し下さいませ。٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
長年の悩みが吹き飛ぶこと請け合いです!

もちろん「ミュージック ハウス ワタセ」 に在庫を用意していますので、いつでも試奏は可能ですからね〜。
 
03/22

パールフルート限定品

Category : 木管楽器
皆さんこんにちは、管理人です。

今日は特別生産・限定品のご紹介です。


「笛と太鼓のめでたい会社」こと「パール フルート」さんより、ピッコロとフルートの特別仕様のリミテッドエディションが発売されます。

どちらも「限定 50本!」 お早めにどうぞ〜。



[限定モデル]
ピッコロ "リミテッドエディション"〜頭部管彫刻仕様〜
PFP-105ES-EH / ¥164.160-(税込) ※限定50本

(メーカーさんのコメント)
元となった「PFP-105ES」は頭部管に"グラナディッテ"という新素材を使用したモデルです。

その頭部管に細やかな陰影を表現した彫刻を施し、精悍で上品な仕上げといたしました。

付属のケースもフルートとピッコロを同時に収納できるトートバック(BK)が付属する豪華仕様。

数量限定にてのご案内です。この機会をお見逃しなく。


(管理人のコメント)
ピッコロの頭部管の彫刻は珍しいと感じますね。
付属のトートバックも使い易そうでgood!

気になるお値段は、ノーマルPFP-105ES が¥160.920- なので¥3000-UPですね。

ピッコロのケースカバーの単品売りが無いので比較できませんがおよそ¥3000-、トートバックの定価が¥5.400-なので¥2400-のお得。

頭部管の彫刻がほぼ無料でついてくる感じでしょうか。
あれ? あまりお得じゃないかも…。

まあ、普段はない「彫刻入り頭部管」が手に入るのはこの機会のみです!



[限定モデル]
ドルチェ"リミテッドエディション"
〜リッププレート彫刻仕様〜
PF-665E-EL / ¥159.840-(税込)※限定50本

(メーカさんのコメント)
柔らかく優雅な響きが得られる総銀製頭部管を採用した"ドルチェ"。

そのリッププレートに彫刻を施し、絶妙な凸凹感を設けて滑り止め効果を持たせた限定モデルです。

さらに今回、フルートの持ち運びに便利なトートバック(WH)を付属しました。

このモデルは数量限定発売なので、是非この機会をお見逃しなく。


(管理人のコメント)
管理人も大好きなパールの総銀製頭部管。
それに彫刻が入ること自体には何も言いません。

彫刻が好きで、滑り止めの必要な人には良いと思いますよ。

気になるお値段が¥159.840-。同じPF-665Eが¥154.440-なので¥5000-UPですね。

通常の付属ケースが¥4320-なのでトートバックとの差額で¥1080-お得。
差し引き¥3920-でリッププレートに彫刻をして貰えた事になります。

あれ? あんまりお得じゃないかも…。
まあ、普段はして貰えないリッププレート彫刻が手に入るのならば「アリ」かな?


なんだかあまりお得じゃないかも?ですが、限定モデルのご紹介でした〜。※パールさんゴメンなさいm(_ _)m


 
03/21

3/21〜27日 演奏会情報(嘘)

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

毎週火曜日は1週間の間に行われるコンサートを紹介する「演奏会情報」をお届けしております。

・・・おりますが…、今週中に行われる演奏会のチラシが届いておりません。(ㆀ˘・з・˘)

※ネットで調べてご紹介する事も考えましたが、調べ漏らした演奏会・関係者の方に悪いので「チラシ」の届いている演奏会のみを紹介するスタンスにしております。

なので今回は「出張版・管理人の趣味」をお届けいたします。


3月になって「JRダイヤ改正」が行われるましたね〜。

自転車輪行を企む管理人も、新しい時刻表をgetいたしました!


なんとなく最新の時刻表を買うのですが、ダイヤってそんなに大きく変わるんでしょうかね?(・・?)


そんなダイヤ改正で、ニュースでも取り上げられていたのは「普通列車の最長区間」であった「山陽本線 岡山〜新山口」間の廃止。

(´-`).。oO「へ〜、そんな列車があったんだ…」

「列車番号371M 」という岡山〜新山口間を直通で運行する列車が我らが山陽本線にあったそうです。
ΩΩΩ「ナ、ナンダッテー⁈」

岡山発が16:17。新山口着が22:02。
約315㎞を5時間45分かけて走っていた列車です。

知らないうちに岡山発の「日本一」が消えてしまいました…。(T ^ T)

まあ、乗る事はなかったでしょうけどね。ε-(´∀`; )


管理人に少しでも関わりそうなのは「山陽本線に新駅」が開業した事かな?

山陽本線 西条〜八本松間に新駅「寺家」が開業するようですね。

東広島市 西条 といえば、以前に紹介した「野呂山」の北側にあたります。

(´-`).。oO「新設された駅まで輪行して南下、野呂山スカイラインをヒルクライム!」

そんなルートを思い浮かべてしまいました。
※間違いなく走りに行くでしょうが…。


時刻表と地図を見ているだけで走りに行きたい気持ちが高まっていきます。\\\\٩( 'ω' )و ////

まずは地図に貼り付けた「列車のダイヤ」を更新しておきましょうかね〜。
 
03/20

新見〜吹屋〜高梁

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

だんだん暖かくなってきましたね〜。(*´Д`*)

閉め切った家に帰った時に「ムワッ」と感じたのは、今年に入って初めてです。※匂いじゃないよ!

そんな暖かかった日曜日。
「岡山県北部」の様子を見に行くには今日しかない!
と、新見市まで輪行で行ってきました。


3月19日(日)快晴
6:30 出発
7:03 備前一宮〜 7:40 総社(吉備線)
7:53 総社〜 8:51 新見 (伯備線)

・・・自転車を組立中……、よし!完成。٩( 'ω' )و

おはようございます! 新見駅に到着です。

新見駅は県北西部の玄関口として、今後お世話になると思われます。m(_ _)mヨロシクオネガイシマス。

今回は新見駅から南下して「吹屋」を目指すので、駅前の180号を右折して33号を南下しましょう。

長いトンネルをぬけると「高梁市」に突入、左折をして吹屋に向かう85号に入ります。

33号からは道路の白線に案内があるので、迷うことはないでしょうね。

道の舗装も上等で、走りやすい道です。( ´∀`)

この85号は別名「吹屋街道」と呼ばれていて、なんとなく古い街道の雰囲気が残っています。


登り坂をぐいぐいと登っていくと「吹屋ふるさと村」に辿り着きました。

倉敷の美観地区が「白」だとすると、吹屋ふるさと村は「赤色」。

酸化鉄由来の顔料「ベンガラ(弁柄)」の一大産地として栄えたのが「吹屋地区」だからです。

通常の「ベンガラ」は彩度が低く「褐色」と表現されますが、彩度の高い「ローハベンガラ」は鮮やかな「赤色」で、「日光東照宮」などの装色に用いられました。

その「ローハベンガラ」を生産していたのが「吹屋」です。

様々な素材に使え、さらに人体に無害なベンガラは幅広く用いられており、建材をベンガラで赤く塗った町並みは「町並み保存地区」として残されています。

赤く塗られたお土産屋さん。



吹屋を後にして、さらに南下して行きます。
地図で見つけていた「羽山渓」に向かうため、300号線を走ります。

この300号線、なかなかの「山道」です。

雰囲気のある道を走っていくと…。
驚きの光景が!(◎_◎;)


岩山を登る人達と遭遇しました。Σ('◉⌓◉’)オイオイ

こっちにも居ます。


下にいる人達に聞いたところ、この辺り「羽山渓谷」周辺は「備中の岩場」と呼ばれる「クライミング」の一大スポットだそうで。

大小・難易度共に様々なクライミングルートがあり、石灰岩のクライミングエリアとしては「国内最大級!」

(´-`).。oO「へー、知らなかった」

登っている岩山の下は「道路」。
岩山を手掘りでぶち抜いたトンネルが道路になっています。

色々な趣味の人達がいるものです。( ´∀`)オマエモナー
※「備中岩場」で検索したら凄い場所でした。
まだまだ知らない「日本有数」が岡山県にはあるのでしょうね。

岡山城だって「現存12天守閣」の1つ。
国内で12城(お城の単位は城?)しか残っていない貴重な建築物ですからね。(๑>◡<๑)


300号線は「成羽川」にぶつかり、成羽川は「高梁川」に合流。

南は「美袋」北は「高梁」。
※岡山県民は当たり前に読める「難読地名」ですね。

少し北上して「備中高梁駅」に寄り道です。

「高梁駅」は綺麗になりましたね〜。(*⁰▿⁰*)ビックリ!

高梁駅といえば、噂の「TSUTAYA図書館」です。

「蔵書が古い」とか「TSUTAYAの売残り」とか、なかなか怪しい評価を聞きますが、個人的には素晴らしいと思います。

綺麗な内装、軽食が摂れる、座り読みができる。
近所に住んでいたら「毎日」でも行きたいぐらいです。

夏になって暑くなり、クーラー目当てに入り浸る人をどうするか?

その辺りの対応をどうするか? 注目してみましょう。


お昼は駅ビルの1階に入っていた「カレー屋さん」。
「高梁ほっとカフェ」

「カフェ」とついてますが、カレー屋さんです。
ランチセット(大盛り無料)¥900-税込!
インドor欧風カレー+地野菜のサラダ+デザート+コーヒー


(今回のまとめ)
新見〜吹屋〜高梁 を初めて走りましたが、路面の具合も良く・見どころもあり・ご飯も美味しい。

大満足です!(((o(*゚▽゚*)o)))♡ I LOVE TAKAHASHI♡

特に「羽山渓谷」の石灰岩の岩山にへばりつく道は、1度走ってみて貰いたい「イチオシ・ルート」ですよ。
 
03/19

アイ・ウェア新調

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

ゔぁ〜、目がかゆい…(@_@)ゴシゴシ。

管理人は「スギ」「ハウスダスト」にアレルギーがありますが、皆さんはなにか「アレルギー」を持っていますか?

「目玉をくり抜いて丸洗いしたい」とは良く言ったもので、「かゆかゆ」が治りません。


そんなアレルギーのある無しや、この時期に限らず自転車乗りに欠かせないのが「アイ・ウェア」。

ひらたく言えば「サングラス🕶」ですが、顔のカーブに合う様なスポーティな形をしている物は「スポーツ・グラス」とも呼びますね。^ - ^

総称して「目の服飾=アイ・ウェア」と呼ばれています。

管理人は「眼鏡族👓」なので、普通のサングラスではなく「度入り」の物を買わないといけないのですが…。

なんせ、「度入り」は購入が普通にいきません。
スポーツ・自転車屋さんにある「アイ・ウェア」は、だいたいが「度無し」の視力の良い人向け。

度入りにするには「眼鏡屋」で後から「度入り」のレンズに交換する事になり、かなりの割高になってしまいます。

ただ、度入りにしてしまうと「別の苦労」が生じてしまう事に。

それは、「お店の中でもサングラスが外せない」(*☻-☻*)

「裸眼」だと見えないから眼鏡をしているのに、サングラスを外してしまうと、なにも見えなくなってしまいます。(※管理人の視力は0.1以下)

それでなくとも「上下イエロー+ヘルメット」の「不審者」スタイルなのに、サングラスまでしていては「通報」待ったなしでしょう。(ノ_<)

今迄は買い物用の「眼鏡」を別に携帯して、お店に入る前に掛け換えていましたが、自転車移動では「荷物」は極力減らしたい所。


なので新たに作ってしまいました。

サングラス🕶部が跳ね上げられるインナー・レンズ付きのアイ・ウェアです。


交換用の色違いレンズも3種類付属。



これで自転車に乗っている間は「サングラス」、お店に入るときはサングラス部を跳ね上げて目元を見せることが出来ます。(*☻-☻*)➡︎(´⊙ω⊙`)

格好が怪しくても、目元さえ見えれば「大丈夫⁉︎」

少し見た目が滑稽ですが、不審者よりはマシですよね?
気にしすぎかなぁ。
 
03/18

フルート体重測定②

皆さんこんにちは、管理人です。

今日は宣言どおり昨日の続き「フルート体重測定②」をお届けいたします。

各メーカーの材質と仕様による「重さの違い」が、どう音に影響をしているのか?

そんな深い所までは踏み込めませんが、吹いた感想も書いていたりしますので、ご覧になってくださいね。


・パウエル ボストン2100
(総銀製 H足 リング ドゥローン)

胴部管(キイ込み)
・252.0gでした。

足部管(キイ込み)
・113.9gでした。

・パウエル まとめ
胴部管のみ 126.0g→キイ込み 252.0g (キイ 126.0g)
足部管のみ 58.4g→キイ込み 113.9g (キイ 55.5g)
総重量 421.2g


・ムラマツ SR
(総銀製 H足 リング ソルダード)

胴部管(キイ込み)
・290.5gでした。

足部管(キイ込み)
・129.6gでした。

・ムラマツ SR まとめ
胴部管のみ 129.7g→キイ込み 290.5g (キイ 160.8g)
足部管のみ 62.3g →キイ込み 129.6g (キイ67.3g)
総重量 486.6g


・ムラマツ EX-Ⅲ
(頭部管のみ銀製 C足 カバード)

胴部管(キイ込み)
・250.5gでした。

足部管(キイ込み)
・81.3gでした。

・ムラマツEX-Ⅲ まとめ
胴部管のみ 109.3g→キイ込み 250.5g (キイ 141.2g)
足部管のみ 39.4g →キイ込み 81.3g (キイ41.9g)
総重量 408.7g


〜総評〜
各楽器の仕様が違うので一概にいえませんが、パウエルが全体的に「軽量」なのは間違いなさそうです。

同じ総銀製の頭部管のみの重さで「10g以上の差」があるので何かしら狙っての事でしょう。

実際に吹いてみた感じも、パウエルは総銀製にありえない「吹奏感の軽さ」を感じます。

ムラマツの総銀製がボディの分厚い「外車」としたらパウエルはボディの薄い「日本車」です。

小さい「エンジン=奏者」でも楽に走らすことが出来るというイメージ。

「パウエルは吹きにくい」みたいな評価を耳にしていましたが、むしろ吹き易い・軽い印象でビックリです。


ムラマツ(SR)は安定の「男性的な音色」で、手ごたえも強め。

管理人では十分に吹き鳴らせませんね。(ㆀ˘・з・˘)

パウエルの音色は、「竹笛?のような乾いた音」と書くと褒めているか怪しいですが、国産フルートにはない独特な音色です。

国産のフルートの音色が気に入らない人がパウエルを選ぶ気持ちが分かる気がします。

ムラマツEX-Ⅲ は間違いのない吹き易い楽器。
万人にオススメできるスタンダードです。


最後に各楽器の総重量におけるキイの重量割合を出してみましょう。

・パウエル 総重量421.2g→キイのみ 181.5g (43.1%)

・ムラマツ 総重量486.6g→キイのみ 228.1g (46.9%)
(※SR)
・ムラマツ 総重量408.7g→キイのみ 183.1g (44.8%)
(※EX-Ⅲ)

やはりパウエルの軽さが際立ちます。
洋白のEX-Ⅲより軽い割合なのは間違いでしょうか?

ボストン2100 なのですが、洋白製でしたっけ。
管を弾いてみた音は「響かない」銀製の音なんですけど…。


と、いう訳で2回に分けてお送りした「フルート体重測定」はこれにて終了。

「楽器の重量が吹奏感に与える影響」を見いだそうとしましたが、あまりよく分かりませんでしたね〜。

もっとメーカーを増やして統計を出せば、何か見えるかもしれません。

最後は「TVもの」のように締めておきます。

ナレーション「残念ながら今回の調査ではフルートの奥深さの僅かな部分にしか到達する事が出来なかった…」

ナレーション「しかし我々は諦めない! この奥深きフルートの謎を解き明かすため、今後も調査を継続するつもりだ!」

ナレーション「謎の解き明かされるその日まで、我々の探検は続くのだ!」

〜提供・製作 M・H・W 〜


 
03/17

フルート体重測定

皆さんこんにちは、管理人です。

今日は少し変わった実験をやってみました。
とは言っても、ただの「重さ比べ」なんですけどね。

まずは実験をするに至った動機から。

楽器の重さが吹奏感、ひいては音色に結びつくのは当然の事ですが、実際に測ってみた事はありませんでした。

今回、珍しく「パウエル」のフルートを修理でお預かりしたので、分解したついでに測ってみた次第です。

又、同じく預かっていた「ムラマツ」のフルート2本についても測ってみましたので、合わせて載せております。


まずは「パウエル」のフルートから。
※(ボストン2100 H足 リングキイ 引き上げ)

・頭部管(反射板+ヘッドスクリューを除く)
・55.3gでした。

・胴部管(管体のみ)
・126.0gでした。

・足部管(管体のみ)
58.4gでした。

・パウエル ボストン2100 まとめ
頭部管 55.3g 胴部管 126.0g 足部管 58.4g
管体のみの合計 239.7g
(コメント)
管体は銀製だと思われますが、妙に軽いのが気になりますね。


同じH足 リングキイ の「ムラマツ」を測ります。
(※ムラマツ SR H足 リングキイ ソルダード)

・頭部管(管体のみ)
・66.5gでした。

・胴部管(管体のみ)
・129.7gでした。

・足部管(管体のみ)
・62.3gでした。

・ムラマツ SR まとめ
頭部管 66.5g 胴部管 129.7g 足部管 62.3g
管体のみの合計 258.5g
(コメント)
トーンホールがソルダードの為か重くなりました。
頭部管だけでパウエルよりも10gから重い。


普通のC足 カバード Eメカ付き の代表として
ムラマツ EX-III も測りました。
(ムラマツ EX-III C足 カバード)

・頭部管(管体のみ)
・66.9gでした。

・胴部管(管体のみ)
・109.3gでした。

・足部管(管体のみ)
・39.4gでした。

・ムラマツ EX-III まとめ
頭部管 66.9g 胴部管 109.3g 足部管 39.4g
管体のみ合計 215.6g
(コメント)
洋白製の管体は軽い事がわかりますね。
頭部管はSRと同じ仕様なので、重さが同じでした。



という事で、まずは「管体のみ」の重さを比べてみましたが、この数値自体にはまだ重要性がありません。

この重さの管体に対して、何gのキイが上に乗るのか?
合わせて何gになるのか? が、ポイントです。

ムラマツフルートさん曰く、「楽器の重さも重要だが、全体の重さに対する管体の重さとキイの重さのバランスが大切」と、冊子に書いていらっしゃいましたからね。

軽い管体に重いキイを乗せても駄目。
上半身と下半身のバランスが大切という事なのでしょうね。


そう言えば昔、まだムラマツがフェルトタンポだった時代の楽器に「MAタンポ※」を入れてみた事があります。

(※MAタンポ→現在のムラマツ純正タンポ。メタルベースのストロビンガー系で、タンポ重量が重い。)

結果として、吹奏感が重くてろくに響かない楽器になってしまったのですが、これも「管体とキイの重さのバランス」が崩れてしまった為だったのでしょうね。

現在のムラマツの管体はMAタンポ仕様に最適化された新しい設計なのだと思います。

昔のフェルトタンポ時代の設計の楽器には、やはり昔ながらのフェルトタンポが合うのでしょうね。


次回は「キイを含めた重さ」をご紹介します。
パウエルはオーバーホールなので、タンポを外した「キイのみの重さ」も測れることでしょう。

パウエルの「ストロビンガー・パッド」は鬼薄で、激軽なんですよ〜。お楽しみに!
 
03/16

「ナノ」ウォームアップ

皆さんこんにちは、管理人です。

楽器の修理もひと段落。
全ては終わってはいませんが、期日を設けられている楽器については終わりました。

あとは「急がないよ」楽器を片付けていくのみ!
待ってくださっている分、気合いを入れて直さねばなりませんね。٩( 'ω' )و

その前に「新入荷」した商品のご紹介を。

BEST BRASS より発売中の「WARM-UP nano」です。


この「ナノ」ちゃん。
比較対象がないと分かりにくいですが、びっくりするほど「nano」なんです。
トランペットのMPと比べるとこれくらい。

テューバのMPと比べるとこんなに小さく見えます。
※このテューバのMPが何か分かりますか? ウフフ。


気になる商品の使い方は2通り。

1つは「マウスピースに差し込んで」

マウスピースでのバズィング時に楽器を吹いている様な抵抗感を与えてくれる「練習補助具」として。


2つ目は「ワウワウ・ミュートに差し込んで」

お手持ちのワウワウ・ミュートが「プラクティス・ミュート」として使える様になる「変換器」にも。


しかし、「ベストブラス」さんは次から次に「面白い」製品を出してきますね〜。スゴイネー

でもアイデアマンなのは認めますが、テューバを忘れちゃいませんか?(๑•ૅㅁ•๑)オーイ

実はベストブラス製品にはテューバの商品が一切ありません。

ベストブラスさんはテューバの製品を出さない社是でもあるのでしょうか。

テューバの人口が少ないから、出しても売れないと判断されてしまったのか?

是非、テューバの「グルーヴシリーズ」を出して下さい。m(_ _)m

管理人は買います!
 
03/15

テューバ丸洗い(ピストン)

皆さんこんにちは、管理人です。

相変わらず忙しく楽器を修理しておりますが、決して「手抜き」はしていませんよ。(宣言)

今日は手を抜いていない「証拠」として、テューバの洗浄をしている光景を紹介したいと思います。


パーツを外されて「泡まみれ」なテューバさん。

洗い流されていきます。

管の中はジェット水流で。

すすぎ終わったら「即」拭き上げ。

ピカピカになりました。

※管内へのブラシ掛けは撮影の前に終えてあります。


続いて「ピストン・抜き差し管」の洗浄。

ピストンにブラシをかけて、

抜き差し管にもブラシを。

長い管にはフレキシブル・クリーナーを使う。

この辺りまで入ってます。

洗い終えたら、濯いで拭き上げ。

フェルトやバルブガイド、スプリングも用意済みです。
お昼ご飯の間に乾かしておきましょう。


少し残った管内の水分は「金管用スワブ」で拭き取って組み立てます。

本当はしっかり乾燥させたいのですが、なにぶん時間がないので…。

組み立てが済んだら「仕上げ拭き」です。
指紋が付きにくくなる「ガラスコート」のスプレーを吹き付けて、クロスで拭き上げました。



金管楽器の洗浄は大きい楽器の方が簡単だったりします。

理由は「管が太い」から。

ブラシを通して汚れを落とすので、管が太い方が作業しやすいんですよね。

トランペット🎺は管がまっすぐなのでまだやりやすいですが、ホルンはグルグルし過ぎていてブラシが絶対に届かない部分が出来てしまいます。


やり易いとはいえ大変なテューバの洗いがあと2本あります。
さあ、2本目いくぞぉ〜!٩( 'ω' )و
 
03/14

3/14〜20日 演奏会情報

皆さんこんにちは、管理人です。

山の様にあった修理品も、徐々に減ってきています。
明日辺りには通常の状態に戻れるのではないでしょうか?

ブログの更新もなんとか間に合って良かった、良かった。

のんびり「記事」を考える暇さえ無かったですからね。

「忙しいのはありがたい事。」(=゚ω゚)ノ
わかってはいますが、気忙しくなってしまう管理人です。

さて、通常営業の1発目。
「今週の演奏会情報」3月14日〜20日までの演奏会のお知らせです。

3月19日(日)に岡山市立市民文化ホールで行われる
「第38回 岡山フルートの会 演奏会」です。

[日時]3月19日(日)13:30開場 14:00開演
[場所]市民文化ホール(岡山市中区小橋町1-1-30)
[入場料]当日券¥1000- 前売り¥800-

「日本フルートフェスティバル in Okayama」がどの様な意味が分かりませんが、岡山フルートの会が主催する演奏会です。

しかし、フルートの演奏会は「ドレス文化」が根強く残っていますよね〜。

ソロでもないのに色付きのドレスを着る文化は、やはり楽器の経てきた環境の違いなのでしょうか。

ちなみに夜の演奏会だと、男性は燕尾服・女性は「黒のカクテルドレス(足元丈)」又は「黒のブラウスとパンツ」がフォーマルだとされています。

昼の演奏会だと、男性はタキシード・女性は「黒のカクテルドレス(膝下)」又は「黒のブラウスとパンツ」らしいです。

そもそも、楽団員が正装をするのは「観客に対して礼を尽くす為」です。

自分色を出す意味がわからない。(@_@)
ドレスを用意するのも大変なので、それはそれで「礼を尽くす」事になるのかもしれませんが。
 
03/13

パン屋〜鷲羽山〜王子が岳

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

だいぶ暖かくなってきた気もしますが、県北の方はどうなっているんでしょうか?

もう自転車で走りに行ってもいいぐらいに落ち着いていれば良いのですが…。

最近、県南部しか走れていないので「岡山県全図」の色塗りが捗りません。_(:3」z)_

ああ、走った事のない道が走りたい…(ㆀ˘・з・˘)

そんな欲求を感じながら地図帳を眺めていると気づいてしまいました。

「やべっ、鷲羽山スカイライン走ってないや。」∑(゚Д゚)

そうです、すっかり忘れていました。ε-(´∀`; )
以前に玉野・児島を走った時点では、まだ「クロスバイク」の頃で、海岸線沿いを走っただけだったみたいです。

いけない、いけない。
鷲羽山スカイラインは走っておかないとね〜。

っていう訳で、次の休みは「鷲羽山スカイライン〜王子が岳」を走ってくる事に決定!\\\\٩( 'ω' )و ////


2月27日(日)7:00 少し遅めの出発です。
目指すは「鷲羽山スカイライン」の北口となる「倉敷市福田町広江6丁目交差点」。

簡単に言えば「水島ICの少し西」って感じでしょうか。

でも、今日の管理人は寄り道したい気分。
遅めの出発にしたのも「お店」の開店に合わせるためでした。

向かったのは宗忠神社や大元駅にほど近いココ。


「Le pain de Taka」パン・ドゥ・タカ というパン屋さん。

岡山県の情報誌で紹介されていたパン屋さんです。
雰囲気のある店内で、イート・インのスペースもありましたよ。



開店時間の7:00に合わせて行った甲斐もあって、焼きたてのパン🍞ばかりでした。

トングでパンを掴むことが難しいぐらいの「フワフワ」加減が憎たらしい…。(≧∀≦)ぷよぷよだー。

パンの種類としては全体的に手の込んだパン🍞が多く、お値段もそれなりにしている感じ。

でも、絶対美味しい! 見た目でわかるぞ!
お店のイチオシは「バゲット」でしたが、時間が早すぎたのか焼き上がり前でした。残念。

でも、今日の補給食にパン🍞6個を買いました。
鷲羽山の展望台で食べるのが楽しみ〜(๑>◡<๑)


平日の7:30という通勤時間に車道を自転車で走っていると、「邪魔になってるよなぁ」と思う。

今日の児島方面・21号線は大曲西〜新稔橋の区間が特にひどくて、歩道もなく路側帯もない。

車道の拡張工事をしていた跡? の砂利道はあるけど、何年経っても進んでいる様に思いません。

そんな片側1車線の道を、車と自転車がすれ違いながら進んでいきますが、白線が道路の際に引いてあるだけの道をどう走れというのか。(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾


それでも何とか無事に「鷲羽山スカイライン北口」まで辿り着けました。

これから登る「鷲羽山スカイライン」は、北からの方が斜度が大きく、急な登り坂となります。

簡単に言うと「大・小・小」の山を、登っては下ってを3回繰り返しながら瀬戸大橋に向かうことになります。

一山越えて見晴らしの良いところで「連島」方向を撮影。

児島方向。

瀬戸大橋。


鷲羽山の展望台で朝に買っておいたパン🍞を食べてエネルギー補給。

期待通りの美味しさで大満足です。(๑╹ω╹๑ )
でも、かなり冷えてしまってます…。

やっぱり、パン🍞は出来たて・焼きたてが1番!


続いて「王子が岳」にも登っちゃいましょう。
アタシの王子サマが待っているわー。٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


……、なーんも無い。誰も居ない。
鷲羽山でも思いましたが、営業している建物が見当たりません。( i _ i )さみしい。

季節が悪いのでしょうか?
長期休暇の時期に賑わっていると良いのですが。
岡山県大丈夫かー⁈

あまりの「廃墟」っぷりに人恋しくなってしまったので、帰りは「おもちゃ王国」の前を通ることにしました。

おもちゃ王国の駐車場は平日昼間にもかかわらず、30台程の車と親子連れの姿があって「ホッと」します。

(T ^ T).。oO岡山にはまだ人が居たんだ!
※平日の昼間に遊んでいる人なんか少なくて当然。

おもちゃ王国から東に向かって宇野方向へ。
30号線を岡山に向けて走り、向かい風の中でしたが車通りの少ない裏道を選んで帰りました。







 
03/12

サイクルジャージ 春秋

皆さんこんにちは、管理人です。

卒業・入試・終了式と行事の続く3月、学校は慌ただしいですが吹奏楽部的には「オフ・シーズン」の学校も多い今時分。

そんな空いた時間を見計らって、新入生用の楽器や2・3年生の楽器の修理品がドンドコやって来ています。

「入試で部活ができないから〜」とまとめて持ち込まれて預かりますが、2校3校が重なるとそれなりの数になってしまいます。

当然、仕上がり希望日は重なるもので…。
そんなブログを更新する時間が惜しい慌ただしさの中で、まとまった時間が取れるのは「家」に帰ってから。

家で記事の写真を撮ろうとすると当然、記事の内容も管理人の身近な事になってしまいますよね。
(๑•ૅㅁ•๑)ジュンビデキナイシカタナイネ

今日はそんな、管理人が新調した自転車着(春夏)をご紹介します。


まずは「長袖ジャージ」。

セブン・イタリア 「ハピネス スマイル ジャージ」です。

スマイル・マークはもちろん、配色の良さに一目惚れしてしまいました。

イタリア🇮🇹製なので 180㎝ 67kg の管理人でもMサイズ。
胸周りはぴったりですが、袖が少し余ってしまいます。
そのくせ胴は短い…。

イタリア人は腕が長いのか? Σ(゚д゚lll)
日本人だから胴が長いのか!( *`ω´)

「サイクル・タイツ」はコチラ。

カナダのブランド「スゴイ」のサイクル・タイツです。

伸縮性の高い生地としなやかな触り心地が気に入ってます。

スゴイは「SUGOI」と表記しますが日本語の「凄い」の意味も、もたせてあるそうですよ。


上下「黄色」だった冬仕様も着納めが近いですね。
※管理人近影。

暖かくなったらこのウェアを着て走り回りますよー!

でも、目先の修理を終わらせるのが先ですよね。(泣)
 
03/11

パン屋「ジョコンダ」〜児島花回廊〜長島

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

絶賛「パン屋巡り」中の管理人ですが、先日はパン🍞を持って🌸お花見に行って参りました。

目指したのは、岡山県内でも有数の「河津桜」の名所、
「児島湖花回廊」です。

場所は「岡南飛行場の北」といった感じですね。


お弁当には市内のパン屋さん2店のパン🍞を選びました。
1店目は岡山プラザホテルの道向かいにある「コロンバージュ」さん。

ここのこだわりパン🍞は「クロワッサン」。
生地の折畳み数を一般的な27層から少ない18層に折りこんだ事で、空間の多いふんわりとした食感となっているみたいです。
※時間が早くて、まだ焼き上がっていませんでした。

パン屋さんとしては珍しく? ショーケースの中のパンを店員さんに注文する「ケーキ屋」スタイル。
※写真を断られたので雑誌から。

2店目は中央卸売市場の少し北、天満屋ハッピータウンのほど近くにある「パンの店 ジョコンダ」さん。
この辺り。

店舗外観。

店内の様子。

奥の調理場をガラス越しに見る事が出来ます。

コチラのイチ押しパン🍞は「カレーパン」。
マイルドなカレーと、和風仕立ての豚の角煮が絶妙にマッチしていて美味しかったですよ〜。
※カレーパンは1時間ごとに焼きたてが販売されるので、いつ行っても大丈夫。


パンをしこたま買い込んで、児島湖花回廊に到着!

吉野桜よりも色が濃いのが河津桜の特徴です。
流石に3月6日の時点では5分咲きくらいでしたので、今週末が見ごろかも。


ここまで走って30km。
パン🍞もまだ大量にありますし、走り足りません。

どうする? (๑•ૅㅁ•๑)
走るか?東に。
急遽、「長島」まで行く事にしました。

「長島」…。それは未踏の地。( ˘ω˘ )
いや、変な意味ではないですよー。まじめに。

今まで県南東部には「牛窓」「備前」「日生」にしか行っていないので、「虫明」「長島」方面は初めてだなぁって事。


まずは「牛窓」まで移動。あっという間です。
瀬戸内市の市役所すぎ南東にある「ホテル リマーニ」を左折して、「牛窓神社」方面へ。

牛窓神社は1000年以上の歴史のある名刹です。

牛窓から虫明の間にあるのが「錦海湾」です。

錦海湾の埋め立て地は一面ソーラーパネルで埋め尽くされていました。※台座のみ、パネルは工事中。

虫明に向かう道を地図で確認。
「虫明長浜線」という県道225号が長島に向かう道の様ですね。

岡山ブルーラインは「自転車通行禁止」。
走れるルートが限られています。
※なるべく沿岸部沿いを走りたいので。

この県道225号。悪路っていうか、辺鄙っていうか…。
日常的に通っている人がいるのかな?という感じの山道が続きます。

中々な酷道ですから、ぜひ皆さん走ってみて下さいね。
ナビは必須ですよ!d(^_^o)


遭難しそうな山道を抜けると「邑久長島大橋」が見えて来ました。

長島大橋は丸みをおびたスカイブルーの美しい橋です。
橋を渡ると、いざ「長島」。
写真を撮るのが躊躇われる、独特な建造物群…


入っていいのかなぁ?((((;゚Д゚)))))))
入り口のゲート跡が気楽に入っていい場所ではなさそうに見えますが。
サイクリングで行く場所じゃあないですよね…。

まっ、入って怒られたら引き返しましょう。
※長島の手前側・光明園は入っていいみたいでしたが、奥の愛生園は「関係者以外立ち入り禁止」の看板が。
素直に引き返します。


長島からは右折をして虫明湾を右手に見ながら進みましたが、このまま走っても海岸線沿いには道が続いていないのでこれにて終点。

以前に走った「久々井湾」と今回の「虫明湾」を合わせて、これで岡山県の東沿岸部を走破した事になります。

残すは「鹿久居島」かなぁ。
赤穂–備前間は何度か走っているのですが、毎回忘れて通りすぎているんですよね。

そろそろ県北の雪も心配なくなりますし、北の方にも行きたいしなぁ…。
 
03/10

修理の山

皆さんこんにちは、管理人です。

絶賛、修理に追われている管理人ですが、どれくらい追われているかっていうと…

これくらいです。Σ(゚д゚lll)

楽器の影に隠れていますが、40本以上ありますよ…。
嬉しい悲鳴ですが、困ってもしまいます。

致命的に悪い所だけ直せばいいのですが、それはしたくないですし。

奏者の希望以上に仕上げてこその楽器修理だと思っている管理人ですから。※予算にもよります。

どうせ分解するなら、ついでに掃除もしてあげたいですし、少しは磨いて輝かせたい。
※管理人の自己満足でしています。

普段で、時間があれば当たり前にしていたサービスの内容が、忙しいという理由で出来ないのも嫌ですし…。

待ってもらえる楽器には待ってもらって、納得のいくクオリティの高さに仕上げたいとおもます。
 
03/09

某TpTbメーカー

皆さんこんにちは、管理人です。

今日はメーカーの「純正パーツ」について文句を言いたいと思います。

先日、久しぶりに某Tpのピストンフェルトを注文しました。

もちろん国内総代理店を通した純正のパーツを注文。

で、届いたのがコレ。

以前は「ハードフェルト」みたいな固く圧縮されたフェルトが入っていましたが、今回は柔らかい「ドイツフェルト」みたいなフェルトが届きました。
(※バスドラムのマレットがドイツフェルト)

「へぇ〜、仕様を変えたんだ? 」
と、封を開けて眺めていたら気づいてしまいました!

「 厚 み が 全 然 ち が う ⁈ 」(๑•ૅㅁ•๑)ナンダコレ

倍半とは言いませんが、まったく違います。
大丈夫か? コレ。

ピストンの穴位置がズレるんじゃないかな?

流石、楽器の個体差が大きいメーカーは「パーツ」のばらつきも大きいみたいですね! ←嫌味

フェルトに限らず、このメーカーは色々といい加減です。
信じたらいけないのは分かっているのですが…。

 
03/08

ホルン洗浄

皆さんこんにちは、管理人です。

少しは暖かくなったのでしょうかね?
外水道での楽器の洗浄が楽になってきた気がします。

「ワタセ」での楽器の丸洗いはお店の外の水道でじゃぶじゃぶ洗っているので、気温と風に悩まされます。

水跳ねや広さを気にせずに楽器を洗えるので、気に入ってはいるのですが…。

なにぶん「寒い!」冬季の楽器洗浄は「割高」にしたいくらいです。※してませんよ〜(笑)


今回はそんな「楽器洗浄」から「ホルンの洗浄」をご紹介します。

「楽器洗浄」と格好よく言っていますが、とやる事といえば「全分解〜管体へのブラシ洗浄〜組み立て」といった普通の内容です。

こびりついた「緑青」や「サビ」を削り落としたり、科学的に溶かしたりする訳ではありません。

「車の洗車を店員さんにしてもらう」くらいの事です。

まあ、ホルンはロータリーがあるので分解・組み立てだけでも一般の人には敷居が高いのですがね。


バラバラになったホルンをよく見ると、オイルが噴き出していたりして汚れています。

管体の中にも汚れが。

ロータリーのシリンダー。


この辺りを洗浄していきますが、出来上がったのがコチラになります。


ピッカピカになりました。d(^_^o)
舐めろと言われても大丈夫なぐらいにピッカピカです。

あとはロータリーを組み立てて、抜き差し管を入れたら完成ですね。


そうそう。好みにもよりますが、洗浄した楽器の管体は手触りが「キュキュッ」としています。

この滑らない感じが嫌な人は「ラッカーポリッシュ」で拭いてあげると「ツルツル」した手触りになりますからね。

まあ、滑りすぎると逆に「落下」の恐れがあるのですが…。

 
03/07

3/7〜13 演奏会情報

皆さんこんにちは、管理人です。

何だか少し、肌寒くなってしまいましたね〜。(๑•ૅㅁ•๑)
「寒の戻り」か「三寒四温」なのか…。

昨日は「西風」が強くて花粉も飛んだのか、目が痒くて散々なサイクリングでしたよ〜。(T ^ T)

それでは「今週の演奏会情報」をお届けします。


3月11日・12日にくらしき作陽大学 藤花楽堂で「卒業・修了演奏会」が行われます。

[日時]3月11日・12日 12:30開場 13:00開演
[場所]くらしき作陽大学内 藤花楽堂
[入場料]無料

くらしき作陽大学・作陽音楽短期大学の卒業・修了者による発表会です。

ところで「卒業」と「修了」って何なんですかね?
修了だと、大学院のイメージがありましたけど。

まあとにかく「作陽大学」を卒業するには、これだけ吹けないといけないって事ですよ。

それを確認しに演奏会を聴きに行ってくださいね〜。

 
03/06

野呂山を知ってるかい?

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

毎週の様に自転車に乗って出かけている管理人ですが、管理人が行き先を決めるのに使っているのがこちらの地図。

昭文社 発行の「スーパーマップル 中国道路地図」です。

前には「岡山県 広域・詳細 道路地図 」を使っていましたが、県外にはみ出す事が増えてきたのもあって買い替えてしまいました。(๑>◡<๑)

いやぁ〜、大きい地図はいいですねぇ。
岡山県以外の「知らない道」をみていると、出かけたい願望が「マシマシ」ですよ。

大きい地図だと以前、雨の中一周した「小豆島」もこの通り。

島が丸々、見開きで載っています!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
こんな感じで一周したのか〜。ε-(´∀`; )フヒー。


地図をペラペラめくっていると「野呂山」という地名のページで手が止まりました。

・広島県 呉市 野呂山。
呉市の東に位置する「安芸川尻駅」にほど近い山ですが、驚きの「標高 741m」の高い山です。

そんな野呂山なのですが、海岸線から直線で約4kmしか離れていません。

と、いう事は「海抜0m→741m」までをグワァーっと駆け上る「坂」のはず!

岡山県の山とはスタートラインが違いますよ。(≧∀≦)
(岡山の山だと 標高200m→500m )

しかも、駅前から「さざなみスカイライン」が通っているので路面の具合もよさそうです。

いやぁ、気になる気になる。
岡山からだと「岡山–三原–安芸川尻」と、乗り換えが必要ですが、この「標高差」は魅力的であります。

いつか走りに行きたいなぁ〜。(//∇//)♡
そんな感じで地図を眺めている管理人でした。


 
03/05

ティンパニ修理

皆さんこんにちは、管理人です。

今日は珍しく「打楽器」の修理風景を紹介します。

管理人は常日頃から「電気の楽器以外は直す!」と豪語していますが、もちろん「打楽器」も守備範囲内です。


今回、交換するのはこの部分。

名称は「スパイダー🕷」と言いますが、何の楽器のパーツか分かりますか?

ちなみに、どこが壊れたかというと…
穴がえぐれて大きくなっています。

正常なのはコチラ。


スパイダーの穴にテンションロッドが引っ掛けてあるのですが、穴が大きくてなった為にロッドが抜けてしまいました。

これだと、チューニングロッドが1箇所効かなくなってしまいます。

というか、チューニングが出来ません。(T ^ T)
なので直すことになりました。


この「スパイダー」を外すのが大変面倒なのですが、写真を撮っていないので省略。
※感のいい人なら、見たら出来るレベルの作業。

新しい「スパイダー」を取り付けていきます。

楽器全景がコチラ。

正解は「ティンパニ」さんでした。

ベースの内側に、あんな部品があるんですよ〜。
傘の骨組みみたいな仕組みをしています。

「スパイダー」とペダルを連結して…

ここを〜、えい!

無事に組み込めました。d(^_^o)
ポイントは「ペダルのスプリングを緩めておく事」です。

カシメのEリングは「➖ドライバー」で回してあげると外せますからね。


スパイダーに「テンションロッド」を差し込んでいきますが、グリスを塗るのをお忘れなく。

テンションロッドと下部テンションナットの締め込み幅で、上部テンションナットの高さが決まるのでご注意を!

締め込み幅が浅いと、フレーム支柱に上部テンションナットが当たってしまいますからね〜。

しかも、ヘッドを張ってチューニングしないと気付かないという「落とし穴」…。


そこさえ知っていれば、あとは簡単にできるはず!
管理人も無事に作業を終了できました。

ティンパニをきちんと触れる技術屋さんは少ないですが、管楽器に比べたら簡単な物。

少し大きいのが玉にきずで、学校現場では直しにくい事も事実ですが、べらぼうな修理代を払ってメーカーの人に直して貰わなくとも直せる物なんですよ。

パーツの交換が必要な場合もありますが基本、なんでも直せる「楽器屋」さんですので、無理難題でも駄目元で申し付けてみてくださいね。

 
03/04

管体の割れ

皆さんこんにちは、管理人です。

前回に引き続き「木部の割れ」についての記事です。
※あまり救いのない内容になっていきますが、割れについての知識・考え方と思って参考にして下さいね。


前回が「トーンホールの割れ」についてだったので、今回は「管体の割れ」についてです。

まずはコチラをご覧ください。

がっつり割れてしまったObさんです。
トーンホールが交換されているので、メーカー送りで直したのだと思われます。

写真では撮れませんでしたが、内側まで貫通した大きな割れでした。

では、なぜ貫通するほどの「割れ」になってしまったのでしょうか?

ここからは、木管メーカーの方に聞いた「割れが育つ理由」について説明してみたいと思います。


まず「正常な管体」を図に書いてみました。
Obなので肉厚にしていますが、まん丸です。

そこに少し「割れ」が発生しました。

いつもの様に「割れ」を埋めて直します。
(※本当は割れた事で円が少し変形しますが省略)

ーーここからが「問題」の内容になります。ーーーーー
「1度割れた木部は縮んで元に戻ろうとしますよね。」
俗に言う「割れが閉じる」と呼ばれる現象です。

「割れた箇所が縮めなかったらどうなりますか?」
この割れが閉じることが「割れが育つ」原因となり得るみたいです。

一度大きく開いた隙間が…←( )→広がって
少し狭くなろうとする。→( )←縮む

「割れを直していなければ「隙間」があるので「縮む」ことができますが、割れを直して塞いでいると「閉じる・縮む」力が新たな割れの原因となり得ますよ。」

→( ■ )←縮めない。
縮めない分の負荷で管体の内側に新たな割れが発生しました。

この繰り返しで「割れが貫通」するというのです。
良かれと思われた割れ修理が、かえって割れを大きくしてしまう恐れがあるなんて…。

では、どうすれば良いのでしょうか?
答えは簡単。

「同じ所が繰り返し割れていくのが危険」なだけなので、きちんと「木ビス」を打ち込んで直せば問題ありません。

割れた箇所の強度を増して、割れなくすればいいだけです。

ただ、こんな事も話されていました。
(※救いのない内容ですが…)

「管体の一番弱い所が割れるのだから、木ビスを打って強くしても次に弱い所が割れるだけだよ〜」

うぉい⁉︎ 解決してないじゃないか。
まあ、割れない木管なんか無い事は承知していますが、こうまでハッキリ明言されてしまうと…。


結局、温度差と湿度に注意して扱うしかないみたいです。(ほら、何の解決にもなってない…)
 
03/03

トーンホールの割れ

皆さんこんにちは、管理人です。

今日は少し「真面目」な話を。
クラリネットやオーボエの大敵である木部の「割れ」、
今回は特に「トーンホール」の割れに焦点を当てて取り上げてみます。

まずはコチラをご覧ください。

とあるヤマハのクラリネットのトーンホールですが、なんだか「楕円」に歪んで見えませんか?
(※別にヤマハの不具合ではありません。)

トーンホールにかかった「割れ」の影響で、楕円に広がってしまってます。(※割れの直し方が悪い訳でもない。)

では、何故こんなにも「楕円」になってしまうのでしょうか。
簡単にですが、順を追って説明して行きましょう。

まず、正常なトーンホールはこんな感じ。
(※同じ管体の正常なトーンホールです。)

正常なトーンホールを図にしてみました。

ほぼ「真円」な形をしています。
このトーンホールに「割れ」が生じたとします。

ピンクの線が「割れ」を表しました。
割れを直して塞いでみると…、

ピンクの部分が割れを塞いだ所になります。
少し「真円」に歪みが生じた様にみえませんか?

ではもう一度、割れた事にしてみましょう。

先に塞いだピンクの部分に青い線で割れを書いてみましたが、これを塞いでみると…、

かなり「楕円」になってきましたね。
少し大袈裟ですが、この繰り返しでトーンホールが歪んでいく訳です。


全ての原因は「割れを埋めること」しか出来ない事にあります。

割れて開いてしまった隙間を→「圧迫」←して元の形にくっつける事が出来れば良いのですが、そうもいきません。

「地割れに土をいれて埋める」様に割れを塞ぐことしか出来ないので、繰り返し同じ所が割れると徐々に形が崩れてしまうのです。
()→( )→( )→( )→( )→( )…

大切なのは「割れを繰り返さない」ことです。
同じ所が繰り返し割れなければ、大きく形が崩れることもないですからね。

その為には「割れ」に対して垂直に「木ビス」を打ち込むと強度が増すのですが、この作業は街の楽器屋さんでは出来ません。

メーカーや木管専門の修理工房に送る必要があります。
(※歪んでしまったトーンホールを再生する事も可能ですが、これまたメーカー送りとなってしまいます)

なので、割らないのが一番!
「しっかり温めて、寒い環境では吹かない」
これに尽きます。

何の解決にもなっていませんが、次回は「管体」の割れについてのアレコレです。
 
03/02

オススメ商品⑤

皆さんこんにちは、管理人です。

今回は久しぶりの、管理人が使って「本当に良かった」オススメ商品をご紹介している企画の第5回。

5回目の今回紹介する商品はコチラ。

デニス・ウィック より発売されている、
「 ワイヤレス・ピックアップ&チューナー」です。

よくある「チューナー・マイク」を[無線化]した商品なのですが、使ってみると本当に便利なんですよ!

管理人の楽器はTUBAですから、従来の有線式チューナー・マイクだとコードが「ピロ〜ン」となってしまいます。

譜面台にチューナーを置いて・マイクをベルに挟んで使っていましたが、なにせ目の前にコードが垂れ下がるので「邪魔くさい」。

楽器を下ろす時にもコードを引っ掛けない様に気をつける必要がありました。

それが「ワイヤレス・ピックアップ&チューナー」だと
コードの取り回しの不便さがなく、断線の心配もありません。

分かりきっていましたが、この便利さは想像以上でした。

チューナーとマイクが一体となった「クリップ・チューナー」も使いましたが「指揮者・楽譜・チューナー」の間の視線移動が大変で、使わなくなってしまいました。


この「ワイヤレス・ピックアップ&チューナー」を特にオススメする楽器は「コントラバス」さんです。

有線式マイクだと弓の邪魔になりますし、クリップ・チューナーを駒に挟むと視線が真下に向いてしまいます。

「ワイヤレス・ピックアップ&チューナー」だと、駒に発信機を挟むだけなので、弓の邪魔にはなりません。

視線も、チューナーを譜面台に置いていれば必要以上に動かす事にもなりませんからね〜。


気になるお値段も「税抜き¥3.600-」と、そんなに高くありません。

有線式チューナー・マイクが「税抜き¥2.000-」するので、断線して買い替える事を考えれば「お買い得」かもしれませんよ。

本体とマイクの「ペアリング」も工場出荷時に設定済みなので、電池を入れるだけで使えますからね。

そんな「管理人」大絶賛の無線式チューナー・マイク。
マイクの線がちぎれたら、購入をご検討くださいませ。