12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

12/31

2016 を振り返って

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。
今日は12月31日大晦日ですね。

無事に「棚卸し」も終わって、いよいよ年末年始のお休みとなりました。

1月5日のミュージック ハウス ワタセの仕事初めまでは、
[拡大版]管理人の趣味ブログ をお届けします。
皆様、どうぞお付き合いくださいませ。m(_ _)m


年末年始の予定を決める為に週間天気予報をみていますが、良い天気が続くみたいで嬉しい限り。(≧∇≦)

新年の走り初めはどこにするか? 今からウキウキしています。(((o(*゚▽゚*)o)))

初日の出を見に「金甲山」か?
はたまた冬の瀬戸内海をフェリーで渡って「島」?
考えてるだけで脚が張ってきます。∑(゚Д゚)えぇ~


でも、浮かれる前に今年の「自転車生活」の振り返りを少し。

長らく放置されていた「ワタセ ブログ」の管理I.D.を引き継いだのが10月1日。

クロスバイクに乗り始めたのは2015年の11月ごろのはずなので、約1年ほどの間の記録が無い事になりますね。

その間で何か刺激があって「ロードバイク」の購入に至ったはずですが…

うーん、覚えていない(@_@)

クロスバイクを買ったのは「岡山マラソン」のコースを安マウンテンバイクで走ってしんどかったから。
ちなみに10年?前にホムセンで買ったPanasonicでした。
それが2015年の10月ごろのはず。

それまで42kmの距離で「ひーひー」泣いていたのが、買い替えたクロスバイクだと「こんなに楽とは」と感じたのが自転車に入れ込み出した動機。

翌年の夏ごろには「片上鉄道サイクリングコース」を走っていた記憶がありますし、なんちゃってな「サイクルウェア」を着ていた気がします。

その時に「ロードバイク乗り」の女性にぶっちぎられて
Σ(゚д゚lll)スゲェ… と思ったのも印象にあり。

それから「スポーツ自転車」について調べ始めて、坂登り「ヒルクライム」を知りました。

近場の岡山空港や辛香峠を登って「やっぱり辛い」(ベルト・ドライブの内装式だったので)と感じていた時に、お客さんが乗っていた「ロードバイク」を持たせて貰ってあまりの軽さに感動!

それまで自分の乗っていたクロスバイクが「鉄の塊」の様に感じました。←ヒドイ言い草だ…
※お世話になったクロスバイク「ブリジストン シルヴァ F8B」

メンテナンスいらず・フレームのイエローが気に入っていましたが装備込みで13kgの重さに耐えきれず、リタイアしてしまいました。

そこで、ロードバイクを買うなら「とにかく軽く!」と決めたのが「ジャイアント TCR SLR 2」でした。
※ホイールを替えて7.9kg!

それからはロードバイクに負けない様にサイクルウェアを揃えたり、正しいフォームや交通法規を勉強してみましたし、「クロスバイク」で走るのに遠慮のあった「山」や「峠」にお邪魔してみたり、100kmを超えるサイクリングに出かけています。
※もちろん安全の為に「自転車保険」にもキチンと加入していますよ!


目標にしていた「年内1000km」も達成出来ました。

11月1日に納車だったので月500kmのペースですね。

ロードバイクに乗りだしてから体が引き締まったのを感じます。

お尻は小さく・高さも上向きになりましたし、柔らかで太かった太ももは固くしまり、筋肉の形が見えてきました。

体重は5〜6kg落ちた所からあまり変わりませんが、体脂肪が徐々に下がって行ってます。

今の所、膝がおかしい事もなく楽しく自転車生活を送れていると思いますね。(^ω^)


最後に来年の目標をいくつかあげてみました。

・毎月500km 又は 年間6000kmの達成。
・ロングライド200kmの達成。
・しまなみ海道を往復。
・小豆島にフェリーで渡る。
・電車輪行でどこかに行く 又は 帰る。
・大山周辺を走りたい。

ざっくり言うと、お店から半径5〜60km圏内を走り回っているので、岡山県を飛び出してどこかに行くのが来年の抱負です。

さてさて、どうなりますやら。
とりあえず元気でいるのが「大前提」です。
 
12/30

棚卸し

皆さんこんにちは、管理人です。

・・・・ 年内最後の営業だったんじゃないか? と
お思いの皆様、「営業」は最終日でしたが今日は通常営業ではなく「棚卸し」の日です。

・棚卸しとは?
商店と名が付けば、多かれ少なかれ「商品」を置いていますが、この商品がどれだけあるか? を数えて申請する為に行うのが「棚卸し」です。


この棚卸しですが、楽器店はそう難しくありません。
ただ商品と単価を数えてまとめるだけで済みます。

大変そうだったのが以前に愛用していた「熱帯魚」屋さんの「棚卸し」風景。

普通の商品は数えておしまいでしたが、問題は「魚」。

1匹ずつ網ですくって数える必要があり、店頭の水槽で★になった(死んでしまう事を★と呼びます)魚を保管する事もあるそうでした。
※高級魚が★になると損失として計上するので証拠が必要となるらしい。

1番大変だったのは「レッド ビー シュリンプ」が流行った頃のお話しで、毎月「棚卸し」をしていたそうです。

レッド ビー シュリンプ っていうのは「淡水エビ」の一種で、大きさは3センチ以下。

色彩の違いで1匹¥10.000-以上するものもいました。

ただ簡単に殖やせる分、寿命が割と短くて突然死もチラホラ。

しかも仲間も死骸を食べて処理してしまうというオマケ付きです。

高価なエビが知らないうちに★になって、死骸はエビが食べてしまって残らない!

在庫管理する側にしては恐怖以外の何物でもありません


それから思うと楽器店の商品は良いですね。
賞味期限もなく(型落ちはしますが)勝手に消えたりもしませんから。

唯一の不満は「買い取り」の商品が多い事でしょうか?
まあ、そこまで言ってしまうとキリがありませんが…。


とにかく今日が本当の「最終日」!
早く終わらせて帰るぞーー!ᕦ(ò_óˇ)ᕤ



 
12/29

年末最後の営業

皆さんこんにちは、管理人です。

遂にこの日がやってまいりました。(T ^ T)

12月29日、今年最後の営業となります。
今年も一年間、大変お世話になりました。m(_ _)m

新年は1月5日の正午からの営業となりますので、来る年も変わらぬご愛顧をよろしくお願いいたします。


そんな型通りの挨拶は終わらせて、今年最後の新製品が入荷いたしました。

この年末も最後にダンボールが届き

開けてみると…

ビニール袋に包まれた「猫」が ⁈ Σ(゚д゚lll)


はい、冗談です。 ムラマツフルートから出ました
「フルート キャット ケースカバー」の到着です。

ビニール袋が苦しそうに見えてしまうのが何とも言えない気持ちですね。(;ω;)

袋から出してあげて撮影タイム。

ʕ•ᴥ•ʔ「にゃ〜ん?」っぽくなりました。

今回の入荷は3匹です。 数量限定のケースカバーなので、お早めにどうぞ〜。
 
12/28

窓掃除とケルヒャー

皆さんこんにちは、管理人です。

何だかパッとしない天気が続きますね。
カラッと晴れれば大掃除にも取り掛かるつもりでいるのですが、うーん。

実は今「窓掃除したい病」を発症しています。

なぜかって? 買ったからです。

ケルヒャーですよケルヒャー、黄色と黒の憎い奴。

新製品で見た時から心引かれていたのを何とか踏みとどまっていましたが、雑誌の大掃除特集の「アゲアゲ」されていた記事を読んで購入してしまいました。

類似製品も多くでているみたいですが、ケルヒャーが1番だそうです。

あー、早く使いたい!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

修理なんか放っておいて大掃除したいよ〜(T ^ T)
 
12/27

管穴 パーツ交換

皆さんこんにちは、管理人です。

12月もついに最終週に突入して気忙しくなってまいりました。

道路が妙に混んだり荷物の配達が遅れたり、何かにつけてイライラが募りますねー。

そんなストレス解消には「自転車」がオススメですよ。

息があがって脚もプルプル、汗だくだくで走れば煩悩も無くなります。(※酸欠で脳が働いていないだけ)


そんな無駄話は置いといて、今日は「楽器の穴開き」の修理のお話し。

突然ですが「問題」です。
まずはコチラをご覧ください。デデン!

問題・これはなんの楽器のどこのパーツでしょうか?
ヤマハのパーツNo.、パーツ名称から推測してください。
⬇︎考
⬇︎え
⬇︎中
⬇︎・
⬇︎・
第2ヒント。

・ハテナ・マークみたいな形が特徴です。
EP321はユーフォニアム機種名、4TH VALVEは第4ピストンの事です。
⬇︎考
⬇︎え
⬇︎中
⬇︎・
⬇︎・
・答え
「ユーフォニアムの第4ピストン抜き差し補助管」です。

この管は右手で握るハンドルを兼ねているので、始終手で触っている部分となります。

その為、摩耗や腐食で金属が薄くなり遂には穴が開いてしまいます。

左右の小さい穴を結ぶ様に管が陥没していますが、その部分全てが箔の様に薄くなってしまっています。

そこで用意したのが冒頭のパーツという訳で、傷んだ管を丸々交換してしまいました。

小さい穴だけ塞いでも、周りの薄い部分が順番に穴になっていくんでね。


ただ、どんな楽器でも出来る訳ではありません。
パーツの供給が無い機種は管を交換する事が出来ないのです。

メーカーが既存の機種の仕様を変更してモデルチェンジすると、パーツの供給が怪しくなります。

ヤマハの場合は生産終了から20年のパーツ保持期間を設けてくれているので、20年は安泰です。

「なーんだ、じゃあ大丈夫じゃない?」と考えてしまいがちですが、平成もすでに28年。
学校備品ではまだまだ昭和時代の楽器が現役で使用されています。

中でも「シングルホルン」と「ユーフォニアム」はモデルチェンジでの仕様変更が行われているので、パーツの互換が無く修理・交換が難しくなってきています。

具体的にあげるとき「ホルンのマウスパイプ」「ユーフォニアムの金属バルブガイド」はすでにパーツ供給がありません。

マウスパイプに大きな穴が開いたりピストンの金属バルブガイドが削れきってしまうと、修理不能で廃棄となってしまいかねません。

今回のユーフォニアムの管は現行品と互換があり、まだまだ安泰です。



 
12/26

初洗車

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

管理人の趣味を垂れ流している毎週月曜日の「管理人の趣味」も年内最後の更新となりました。

今回は年末に相応しく、「自転車の大掃除をしたよ」の巻です。(12/5の午後…古い話ですいません)


前回に行った「雨上がりの金山ヒルクライム」によってマイバイクがドロドロです。

「汚れちまった哀しみに〜」と歌っていたのは誰でしたっけ?←どうでもいい。


何をするにもまずは「用品を購入」です。
早速、購入して来ました。こんな時には「実店舗」が便利ですね〜(≧∀≦)

車で10分の所にある「アルペン」で買って来ました。
割高なのはキニシナイ(O_O) 早いが御馳走。

定番の「FINISH LINE」のバイクウォッシュとショールームです。


それでは早速、洗車開始。(≧∀≦)
バイクウォッシュは水洗いした後に吹き付けるみたいなので、先に「チェーン」を洗浄してしまいます。

チェーン洗浄液の汚れが周りに飛び散りますからねー。
⛓⛓⛓→ピカピカ!⛓⛓⛓

チェーンの洗浄液をすすいだ所で、ついに車体に水をかけます。

おっと、サイコンとライトを外さねば!危ない危ない。
あれ?サイコンのセンサーは外すのかな。

思えば初めて水に濡らしますね…。ドキドキ。

「ジャーー」とシャワーにして水をかけると泥と落ち葉が流れていきますが、こびりついている所もあります。

全体を濡らしたら「バイクウォッシュ」をまんべんなく吹き付けていきます。
泡泡まみれにして、泡が切れるまで置いた後に洗い流すみたいです。

後輪のブレーキ周りにの汚れが落ち切らないので、ブラシでゴシゴシ。

最後にしっかり濯いで、水気を拭き取ります。

うーん、ピカピカしてる気がする…(//∇//)


しっかり乾燥したらチェーンに注油。
今回は洗車もしたのでチェーン以外の稼働部にもオイルを注してみました。

仕上げに「ショールーム」を吹き付けて、拭き上げ。
ヤバい、楽しい。(≧∀≦)

楽器屋の魂が燃え上がります。ピカピカにするぞ〜!

無事に完了です。洗車で失敗もないでしょうが…


午前中に100㎞走ったばかりなのに、ピカピカになった「マイバイク」を見ていると乗りたくなってきちゃいました(//∇//)←立派な中毒

そうそう、ホイールを拭いている時にタイヤの傷を見つけました。

何か尖った石でも踏んだのか、刺さった痕が出来ていますね(´⊙ω⊙`)

幸い、空気は漏れていませんが、今後の注意点として覚えておきましょう。

予備タイヤを携行した方が良いかもしれません。


次回は北の方、真庭や津山に行くとしましょうか。
どのルートを走るか考えるのも楽しい時間です。
 
12/25

クリスマスツリー

メリ〜クリスマス!(๑>◡<๑)
皆さんこんにちは、管理人です。

昨日のブログを書いている時点ではすっかり忘れていましたが、暦の上では24日のクリスマス・イブだったんですねー。

どれ位忘れていたかというと、仕事が終わってから店内に「ローラー台」を持ち込んで自転車に乗っていたぐらいです。

今週は天気がスッキリせずに雨がちで「モヤモヤ」していたのが良くなかったですねー。

思い切って回しちゃいました。


そんな管理人のいる「ミュージックハウス ワタセ」ですが、お店にはクリスマスツリーが飾ってあります。

夜にはピカピカしてます。(((o(*゚▽゚*)o)))♡

毎年12月には植木屋さんが持ってきてくれます。

お正月には門松が飾られているはずですよ。


ところでサンタさんからはプレゼント貰えましたか?
良い子の元にはサンタさんがプレゼントを持ってきてくれるらしいですよー。ʕ•ᴥ•ʔʕ•ᴥ•ʔʕ•ᴥ•ʔ

〜サンタさんへ〜
もし管理人が良い子だったら明日の月曜日は「晴れ」を
お願いします。

悪い子だったら「嵐」で構いません。
どうせ1日中、室内で「ローラー台」に乗って過ごしますから。


 
12/23

中古コルネットあります

皆さんこんにちは、管理人です。

今日は管理人がブログを引き継いでから「初」となる
1日2回目の投稿となります。

と言うのも少し事情がありまして…。


当店、ミュージックハウス ワタセ では中古楽器の買取・販売はしておりませんが年に数回、お客さんから中古楽器の委託販売をお願いされる事があります。

里親募集レベルの軽いノリでよければお預かりしますよ、と預かったのがコチラ!

ベッソンのコルネット 機種は 622 でS/Nは71000番台。

見る限り凹みはなく、綺麗な状態です。
ケースもだいたい綺麗。

中古楽器屋さんで購入したのを手放す感じでしょうか?

譲渡金額はネット上での取り扱い実績から¥40.000-が上限かと思いますが、委託者さんとの応相談となります。

しばらく店頭で預かっているので、興味のある方は是非吹いてみて下さると嬉しいです。

 
12/23

タンポ交換で思う事

皆さんこんにちは、管理人です。

只今、絶賛「木管祭り中」です。
修理に持ち込まれるのが「ほぼ」木管楽器ばかりで、てんやわんやしている管理人ですが、修理の質は落としたくないものです。

今回はそんな「修理の際に気をつけている事」をお話ししてみたいと思います。


ほとんどの楽器は「修理に持ち込まれている=何かしら壊れている」訳ですが、ただ機能を取り戻すだけの修理では美しくありません。

当たり前の良い状態になって当たり前、それよりも一歩でも先に・上の状態にしないとただの「修理」でしかありません。

管理人はそう考えています。
合格点ではなく「満点」を目指す心が大切です。

最近、修理で預かる楽器に「ただの修理」がされた跡が増えた様に感じます。

あるクラリネットのキイのアップ。
タンポがキイカップに収まりきっていません。

とりあえず破れたタンポを交換して、トーンホールを塞いでいるだけです。

楽器としては息漏れはしていないので機能していますが、タンポがきちんと収まっていない分、ぶ厚くなってキイの開きを狭くしています。

確実な事は言えませんが、音程・音色に変化が起きているはずです。

少なくとも、メーカー出荷時の状態とはかけ離れた見た目と言えるでしょう。

見た目の美しいタンポは調整の狂いにくいタンポです。
歪んでつけてあるタンポは、例え今塞いでいても変化が起きた際にトーンホールを塞ぎきれません。


美しくタンポをつけるにキイを矯正する必要がありますが、矯正をせずにただタンポを交換してしまうと歪んだ見た目のタンポとなってしまいます。

この「キイ矯正」をするかしないかが、修理人の考え方の違いだと思います。

キイの歪み方としてキイカップの「左右」と「前後」、
タンポの厚み が挙げられます。

まずキイカップの左右の歪み


次にキイカップの前後の歪み


最後にタンポの厚みについて


・タンポをどこから見ても同じ厚みに見える様につける。
・そうつく様にキイカップの向きを矯正する。
・厚みが厚すぎたり薄すぎたりしない様に。

息漏れがしないのは当たり前として、最低でもこれくらいは考えて修理をする様に習うはずですが…。


管理人の場合は修理の先輩に恵まれました。
修理の専門学校をでて、ミュージックハウス ワタセに就職してから2人の先輩に「修理の出来」についてチェックをして貰えましたから。

最初の写真のタンポを「汚い」と感じれるレベルにはなれたと思います。

逆に、管理人は「修理する事」しか習っていません。
楽器をカスタマイズして「ヤマハのオーボエをマリゴーの音色にする事」なんか知りません。
※オーボエ専門修理店の広告にありました。
専門家なら出来るんでしょうか?

その分、傷んだ楽器を元のあるべき姿に戻す事やメーカーさんが考えている「当たり前の姿」にする事には人一倍気をつけているつもりです。


何だか訳がわからない内容になってしまいましたが、
「微にいり細を穿つ」「神は細部に宿る」と言う言葉が大好きです。


 
12/22

木管祭り終了+Bach36B

皆さんこんにちは。
たびたびブログで書いていた「木管祭り」が終了したっぽいので「ほっ」としている管理人です。

なぜか「木管」ばかりが修理で持ち込まれる日々が続いていましたが、先日から「金管」が続いています。

Tuba・Trb×2・Hr・Trp×2・Trb と、金管が続いています

途中にPiccとB♭claが挟まりましたが、続いてないのでOK、OK。

やっぱり「金管」は勝負が早くていいですね〜。
「木管」はこだわって直すと疲れます。

別に手を抜いているのではなく、構造の違いというか、
「穴があいていない」というだけで楽チンです。

「きちんと直せばいいだけ」という「きちんと」が
近いというか、手軽というか。

まあ、楽器がしっかりと製造してあるのが一番大きいのですが。

そんな中、とりわけしっかりとしたBachに出会いました。

昔のロータリーレバー時代の36B。

このレバー周りの構造が大好きです!

この仕組みだと「ガタつき」が除去できますし、楽器もしっかりしていて幸せなのです。

とある先生の所有品だったそうですが、良い時代のBachらしさを感じますね。

金属の厚みを感じますし、実際に重量も重いです。
36Bなのに42Bよりも重く感じる?気がしますし…

ニッカンといいBachといい、古い楽器でも「当たり」はいつまでたっても良いのかもしれませんね。


 
12/21

発見!烏山小学校跡

皆さんこんにちは、管理人です。

先日の「烏山小学校跡地?」の件ですが、判明いたしました。

地元の商店の御年配に聞いたところ、アッサリと判明。

「あの〜、烏山小学校の跡がこの辺りに…「あるよ!」

言い終わるより早く答えられてしまいました。(´⊙ω⊙`)

どうやら、何人かに同じ質問を受けていたそうで
「またか」といったぐらいの様子です。

で、教えて貰って行ってみると「ありました!」

「烏山小学校跡地」の石碑です。

石碑に刻まれている詩


あったのはあったのですが、分かりにくいよ!
普通にコーポの敷地内に「デン!」とありましたが、
何でしょうか?気づけませんでした。

コーポの名称は「フレグランス 上林」といいます。

このアーチをくぐった直ぐに石碑がありますので、見をとさない様に注意!

管理人手書きの地図がこちら。


いやー、大冒険でしたね。(大嘘)

でも知らないと見つけられない様な場所でした。

検索に引っかかるかは「?」ですが烏山小学校跡地、
確かに「ミュージック ハウス ワタセ」の裏手にありました。

「道を尋ねてくれたおじいちゃーん、わかったよ〜」
 
12/20

12月21日〜28日の演奏会

皆さんこんにちは、管理人です。

毎週火曜日にお届けしてきた「今週の演奏会情報」も今年最後の更新となります。

前回に20日までをお届けしたので、今回は12月21日(水)〜12月28日(水)の間にある演奏会の紹介となりますね。

ではいってみましょう!
まずは22日(木)に岡山シンフォニーホールで行われる
「明誠学院高等学校吹奏楽部 第16回 定期演奏会 」です。

[日時]12月22日(木) 開場16:45 開演17:30
[場所]岡山シンフォニーホール 大ホール
[入場料]¥1000-

皆さんご存知、岡山の私立高校「明誠学院」さんの定期演奏会です。

毎年同じサンタの絵柄のポスターが目印ですね♪

例年よりも数日早い定期演奏会となっておりますので、ご注意を!


続いて「明誠学院」卒業のトランペット奏者 只友 佑季さんの 「クリスマスコンサート2016」です。

[日時]12月24日(土) 開場18:00 開演18:30
[場所]セブンスデー・アドベンチスト 岡山キリスト教会 (岡山市中区高島新屋敷509-1)
[入場料]無料

セブンスデー・アドベンチスト 岡山キリスト教会 の場所が少し分かり難いです。 チラシの地図もアップ過ぎて難易度高し。

地図的には「日進測量」さんの西西って感じですが…

駐車スペースもないので、早めに高島駅に行って探すつもりでどうぞ〜。


こちらは分かりやすい「総社市民会館」である「第九」の演奏会です。

[日時]12月24日(土) 開場13:15 開演14:00
[場所]総社市民会館 (総社市総合文化センター)
[入場料]¥1000- ※未就学児の入場不可

くらしき作陽大学のフルート教授で、最近は管弦楽の指揮もされている 森 圭吾 先生の指揮する「第九」の演奏会です。

作陽管弦楽団と総社第九記念合唱団の演奏で年の瀬の「第九」をお楽しみくださいませ〜。

寒い時期に聴く「第九」は何故か心に響きますよね。


クリスマス・イブを越してクリスマス当日、25日(日)連日となりました総社市民会館で「ズーラシアン・ブラス」の演奏会があります。

[日時]12月25日(日)開場13:00 開演14:00
[場所]総社市民会館 (総社市総合文化センター)
[入場料]¥2500- 前売り¥2000-

毎年大好評のズーラシアン・ブラスの公演です!

今回は「ズーラシアンブラス」「弦うさぎ」「ことふえパピヨン」に加え、Wリードの白ヤギさん&黒ヤギさん、クラリキャットも登場!(サキソフォックスは?)

ズーラシアお得意の面白い楽曲で盛り上がる事間違いなしです。


「第九」についで年の瀬に合いそうな「マーラー」の交響曲が聴けるのが27日(火)岡山シンフォニーホールで行われる「岡山大学交響楽団 第63回 定期演奏会」です。

[日時]12月27日(火)開場17:30 開演18:30
[場所]岡山シンフォニーホール 大ホール
[入場料]¥800- 前売り¥700-

今年で63回を数える「岡山大学交響楽団」の定期演奏会です。

指揮に 保科 洋 、秋山 隆 を迎えマーラーの交響曲第1番
「巨人」をお届けします!

そして作曲者自らが指揮をする「保科 洋 / 祝典舞曲」も楽しみですね。


今年の最後は、多くの演奏会の会場として使用されお馴染みとなりました「日本福音ルーテル岡山教会」にて、
「サックスとピアノによるアンサンブルコンサート」が行われます。

[日時]12月28日(水)開場18:00 開演18:30
[場所]日本福音ルーテル岡山教会
( 岡山市北区広瀬町3-13)
[入場料]一般¥2000- 学生¥1500- 前売り¥500-引き

レモンバーム・サクソフォン・アンサンブルの皆さんの演奏会です。

サクソフォンアンサンブルと掲げていますが、ピアノあり 朗読あり 鍵盤ハーモニカや打楽器ありの様々な形態の演奏会を開いています。

メンバーのうちお1人が岡山出身、別の2人がくらしき作陽大学・短期大学の卒業です。

メンバー独自の作・編曲作品を多く手掛けているみたいなので、新しいものを聴きたい方は是非お出かけくださいませ。


以上6件、今年最後の演奏会情報をお届けいたしました。
 
12/19

初金山山頂

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

ミュージックハウスワタセの定休日にお届けしている
「管理人の趣味」も年内残す所、後2回となりました。
※年末年始のお休み中も更新は行いますよ!


今回は(今回も)自転車の事。坂登り「ヒルクライム」に行って来たお話です。

岡山県でロードバイクに乗っている人達の間で「ヒルクライム」の定番となっている場所の中の1つに「金山」という山があります。

この「金山」の山頂付近にある「金山休暇村センター」までの登り坂を「金山ヒルクライム」と呼んでいて、坂登りを愛してやまない人達(坂バカ)は足繁く通っているみたいです。

管理人もロードバイクを始めた岡山県在住者としては、年内に一度は登っておかねばなるまいと思っていた所、
今週はローラー台練習が仕事の都合で余り出来ず、図らずも脚を休める期間が出来たので、思い切って挑戦してみようという訳です。

金山に登れたら「ロードバイク初級」になれますか?


金山山頂に行くルートは4つあって、
・辛香トンネル近くから386号線を走る「北ルート」
・横井上の山陽自動車道の近くを通り386号線に合流する「西ルート」
・備前原駅から386号線を北上する「南ルート」
・牧石幼稚園から招き猫美術館のある道を走る「猫ルート」
以上の4つです。※ルート名は適当‥‥。

管理人は津高の西に住んでいるので「西ルート」が最寄りとなる、恵まれた環境なんですよ。(=^x^=)

ついでに言うと「南ルート」も笠井山に高校時代の部活動の合宿所があったので、チャリンコで途中までは登っているみたいです。

今回は下見がてらに登るので、「西ルート」から山頂を目指して帰りは「北ルート」を通って下る事にしました。


12月5日、出発は日の出前の5:45。平日なので他のロードレーサーさんには会わないですが、こっそり登る為に早めに出発していまするのが「管理人流」。

何でそんな事をするかって?

ベテランさんに「あ、こいつ遅ぇ」なんで思われたら恥ずかしいし。・゜・(ノД`)・゜・。

色々やって自信がつくまで「ソロ練習」あるのみです!
「さあ、行くべ!」と玄関を開けると…

なんか「霧」がかかってモヤッてるんですが(ㆀ˘・з・˘)
うーん、今日は「晴れ」の予報なのに。
まあ、大丈夫かな?


今回登る「西ルート」の入り口となる桃の里口の交差点にはコンビニもあるので大変便利.\(( °ω° ))/

ではでは、いざ行かん‼︎ 金山山頂へ=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘


よーし、着いた!・:*+.\(( °ω° ))/.:+標高480mに到着。
意外とイケたな? 途中で足もつかなかったし。

えっ、 道中はどうだったか?
真っ暗で何も見えねー。Σ('◉⌓◉’)ダメだ!

ただひたすらライトの灯りが照らす道を進んでいただけで、坂の傾斜なんか見えていません。
※ヒルクライムは明るくなってからやりましょう。


でも、凄い写真が撮れました。

山頂付近から岡山市内を見下ろすと…
「真っ白」です!

今日は霧が濃かったみたいです。(※12/5撮影)


ところで、山に登ってする事は〜?

そう、山下り「ダウンヒル」です。(๑>◡<๑)
でも前日の雨で路面が濡れており、落ち葉も多くて大変危険。
下ハンドルでそろり、そろりと下りていきます。

無事に御津まで下れました。途中のコンビニで休憩。


山の上からも見えていましたが、やっぱり霧が濃い。
出勤の車が渋滞しています。

そんな中、自転車が紛れ込んだら危ないのですが、全然霧が晴れません。(※7:20ごろ)


仕方ないのでライトを点灯して出発です。

次の目的地は「麦のパン」本店。
津高に2号店が出来ましたが、赤磐の河本に本店があるのでそこで朝パンを食べてエネルギー補給をしましょう。

金川大橋を渡って53号線から250号線に入り赤磐市中心部へ。無事にパンをGET!

さあ食べよう(*´◒`*)いただきま〜す。

と、思ったらかわいい子に声をかけられちゃいました♪

パン屋に併設したテラス席の足元に猫ちゃんが(´・ω・`)

お座りしたまま上目遣いに「ニャー、ニャー」
パンを頂戴、くれるよね? とでも言っていそうな姿。

あ…あざとい! そしてかわいい💕(//∇//)

よっしゃ、オッチャンがご馳走したる!食え食え。


思わぬ出会いにホッコリしましたが、全然霧が晴れません。ウェアが水を吸って冷たく感じます。((((;゚Д゚)))))))

寒さには運動だ! という事で坂を登る事にしました。

この辺で坂といえば「桜が丘」。高台の上に住宅地が造成されていて、路面も上等。

桜が丘を下って磐梨に行くと佐伯に抜ける山道、「大成峠」があるので頂戴いい。即座に決定!

ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘オリャーー!


はい、佐伯のランドマーク「サエスタ」に到着。

この外観が「スーパーロボット」の研究所に見えて仕方ない管理人です。⊂((・⊥・))⊃ブーン


ここまでで約70㎞。そろそろ帰り始めないといけません
まだまだ元気ですが、それくらいが丁度いいのは覚えています。

帰り道は吉井川沿いの417号線を南に下って96号線に合流。
瀬戸、牟佐、玉柏と旭川の土手沿いに走って、金山の4ルートの1つ「猫ルート」を遠くから眺めます。

山のてっぺんにある電波塔が山頂でしょうか?
次はここから登るんだ⁈( ゚д゚)ポカーン

頂戴100㎞になった所で家に到着です。(100.13㎞)
実走行で4時間半の道のりでした。


自転車を見てビックリ‼️ 泥と落ち葉でエライことに。

今まで晴れた日にしか乗らなかったのでビックリです。
せっかくチェーン洗浄をしたのに。(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

よし、洗車をしよう!(`・ω・´)ワクワク。
初洗車に心ときめく管理人です。
 
12/18

関西福祉大学吹奏楽部

皆さんこんにちは、管理人です。

明日の休みは何処に行こうかな?(もちろん自転車で)と、考えながら仕事をしていましたらご常連のお客様がいらっしゃいました。

このお客さん、最近は大学の吹奏楽部を指導されていたりしてお忙しいみたいです。

何だか吹奏楽部が大学の「指定強化課外活動団体」に加わったそうで予算も増えた分、生徒募集に動き回っていらっしゃるそうでした。

で、作ってみた活動案内のパンフレットがこちら。

明るい表紙とカラフルな誌面、可愛い字体が女の子していてウラヤマシイ。

男子校には無かった華やかさです。

「大学って楽しいのかな〜?」と、専門学校止まりの管理人は思いますが、わかりません!(◎_◎;)


よし、明日の休みは赤穂に行こう。
そして「関西福祉大学」のキャンパスを眺めるのだ!
(´⊙ω⊙`) ⬅︎(´・Д・)」おまわりさーん、コイツです!
 
12/17

PEARL カレンダー

皆さんこんにちは、管理人です。

あっと言う間に12月も半分が過ぎてしまいましたが、年越しの準備は進んでいますか?

年越しの準備といえば、そう「カレンダー」です!

リビングや自室、トイレの中などに置く来年のカレンダーを用意しないといけませんよね。

でも、なかなか気に入った絵柄の物がなかったり、最近は企業さんから頂く事も減ってきたりしていませんか?

そんな中、「笛と太鼓のめでたい会社」のキャッチフレーズでおなじみの「パール楽器製造株式会社」さんより
1枚物のカレンダーポスターを頂きました。
※あまりに紙質が良すぎて、テカっちゃいました。

メーカーさんより何部か多めに頂いたので、希望者に差し上げちゃいますよ〜!

かなり大きいサイズなので部室や練習室にオススメです

気に入った絵柄があれば早い者勝ちなので、お早めにどうぞ〜。
 
12/16

烏山小学校?

皆さんこんにちは、管理人です。

管理人の席はお店のガラス窓の側で外から良く見える場所にあります。

いつも座って修理をしているので、何かと外を歩く人に視線が行きがちなのですが、中には「キョロキョロ」しながら歩いている人がいたりします。

そういった「キョロキョロ」している方と目が合うと、道を尋ねられたり、荷物の配達先を聞かれたり、落し物を預かったりといった事になったりします。

そんな管理人は先日、初めての事を聞かれました。

「あの〜、つかぬ事をお聞きしますが〜」
そう言って入ってこられたのはウォーキングスタイルの御年配の男性。

「はいはい、何でしょうか?」

「この辺りに烏山小学校跡地の石碑があると聞いたのですが〜、ご存知ないですかね?」

Σ('◉⌓◉’)まったくご存知ありませんよ⁉︎

話を聞くとお店の西にある山が「烏山」である事、岡山市が作った?「ウォーキングマップ京山学区編」に「烏山小学校跡の石碑」が紹介されている事が分かりました。

せっかく道を尋ねてくれたので、ネットでぽちぽち検索

まーったくヒット致しませんが_(:3 」∠)_ガックシ。
唯一、検索出来たのがこのウォーキングマップ。

お店の裏辺りに石碑がある事になっています。

結局それ以上の事は分からず、「うーん、聞いたの事がないですね〜」と答えざるを得ませんでした。

悔しいので後日、お店回りを散策。してみましたが、

……ないよ?あれー⁈

どなたかご存知の方、いらっしゃいましたら教えてくださいませm(_ _)m

 
12/15

新レザータンポ

皆さんこんにちは。

やっと「木管祭り」な修理に目処がついたところにバスクラのオーバーホールがやって来た管理人です。

今日はそんなクラリネットにまつわるタンポのお話し。


クラリネットのタンポといえば「フェルトタンポ」が長く主流となっていました。

フェルトの柔軟性や取り扱いのし易さ、フェルトならではの柔らかい音色がクラリネットに適していたのでしょうね。

その反面、フェルト故の水分による変形やフィッシュスキンの破れに悩まされて来た歴史とも言えます。


そんなクラリネットのタンポ界に新しい風が吹いています。

そう、タイトルにある「レザータンポ」と呼ばれる革製のタンポです。

革製タンポ自体は古くからある素材ですが従来のフェルトタンポを革で包んだだけの物で、破れ難いが結局は水がフェルトまで染み込んで変形し、息漏れを起こしてしまいました。

それでも「フェルトタンポ」よりは頑丈で、タンポサイズが大きくなってしまう低音クラリネットに使用されているのが現在の状況です。


そんな「レザータンポ」に改革を起こしてくれたのが、クラリネットメーカーの「ビュッフェ・クランポン」です。

クランポンが一瞬、採用してすぐに辞めたタンポに
「HTタンポ」という物がありました。

従来の天然フェルトではなく合成フェルトを使用する事で、水分を吸わない・変形しないタンポを目指した画期的かと思われたタンポです。

実際は?と言えば、確かに水は吸わず変形しませんでしたが合成フェルトが硬く、トーンホールに馴染まずフィッシュスキンが早く破れる事になってしまいました。

その後、パッドメーカーからの供給に問題があるとして、従来のフェルトタンポに戻った経緯があります。


そんなHTタンポを革で包んだ「レザータンポ」が最近のクランポン製品に広く使用されていてオススメです。

すでにR-13とC-13以外はレザータンポが標準で使用されているぐらいです。

合成フェルトで水に強く・変形せず、革で包む事で破れに強くなった「合体タンポ」です。

従来の「レザータンポ」の弱点を合成フェルトで補った新レザータンポだと思います。

もう最初に搭載された機種が出来てから数年たちますが、タンポを交換しないといけなくなった楽器を見ていません。

それくらい頑丈なタンポなんです。


ただ「新レザータンポ」にも弱点があります。

それは「水を吸わない」事⁈です。

あまりに水を吸わないので、トーンホールに水が溜まりやすいのです。

今まではフェルトがトーンホールの水を吸って、吸いきれなくなって水が溢れていましたが、「新レザータンポ」はまったく水を吸わないのでダイレクトに水が溢れます。

まるで水が増えた様に錯覚するレベルでトーンホールから吹き出します。

まあ、こまめにスワブとペーパーを使えばいいだけで、新レザータンポの頑丈さの利便性にはかないません。


そんな便利な新レザータンポですが、まだソプラノクラリネットのサイズしか出ていません。

「せっかく全タンポ交換するなら新レザータンポが使いたいな〜」と思いながらヤマハのバスクラを直している最中の管理人でした。
 
12/14

キイのカチャカチャ音

皆さんこんにちは、管理人です。

まだまだ続いている「木管楽器」の修理祭り。
サックス➡︎フルートと来て、今はクラリネットが続けて持ち込まれています。

何だか「仲間」を呼び寄せている感じになっていて、面白いです。

今日はクラリネットの修理でありがちな「キイのカチャカチャ音」の原因についてです。


今回の「キイのカチャカチャ音」は修理的に呼ぶと
「キイのメカ音」と称されます。

この「メカ音」の発生する原因についてお話しするのですが、「キイコルクの剥がれ」や「キイ曲がり」でない場合の「キイのガタつき」や「オイル切れ」に限っています。

何も壊れてないのにカチャカチャ鳴る?って場合に触ってみると良くなるポイントなので、ご了承下さいね。


まずはクラリネットで1番カチャカチャ鳴る、
「下管 左手小指のレバー」、正しくはLow E/BレバーとF#/C#レバーの写真です。

まあ、真ん中に写っているレバーだと思ってください。

このレバーを小指でピコピコ押した時に、「カチャカチャ」鳴るのが「メカ音」です。


で、何で「カチャカチャ」鳴るかと言うと、
「スキマ」があるから。 に尽きます。

金管のロータリーなどと同じで、2つのパーツが組み合わさって動くためにはわずかな「スキマ」が必要です。
※修理的に呼ぶと「クリアランス」と称しますが。

この「スキマ」は、ほんの少しだと悪さをしませんが
メーカーの作りの精度が悪かったり、部品が摩耗してスキマが大きくなっていると、部品同士がぶつかって「カチカチ」と鳴る訳です。

本来なら僅かなスキマにオイルが注してあってメカ音を消してありますが、オイルが切れていたりスキマが大きくなっているとオイルで誤魔化しきれずに「メカ音」がしてしまい易くなります。

ですので本当に「メカ音」を消すにはキイのスキマを小さくする「ガタ取り」を行わないといけません。


「ガタ取り」の方法には2つあってシャフトの通っているキイだと「パイプ延ばし」、ピボットスクリューのキイだと「ポストのネジ穴を追い込む」ことになります。

どちらも「キイ」と「ポスト」のスキマを狭くする作業になりますが、共通しているのは「ポストの幅」を狭くするのでは無い事。

基本的には「管体」を動かさないのが鉄則です。
※一部の古い楽器では「ポストのネジ穴」を追い込んでも意味が無い作りの為に違う方法をとったりしますが。


そんな感じできちんと「スキマ」を無くすと、たとえオイルが切れたとしても大きく「カチカチ」鳴る事はありません。

キイのガタつきも無いので調整も狂いにくく、よりタイトな調整も可能になります。

1つ上の状態を望むならやって損はありません。


そんな良いとこだらけに見える「ガタ取り」ですが、あまり調子に乗ってスキマをなくしても良くありませんのでご注意を!

「スキマ」=「安全マージン」とも言えるので楽器が暑さで膨張したり寒さで縮んだりした際に、キイが圧迫されて動きが悪くなる恐れがあります。

樹脂の管体はグラナディラよりも膨張率が高いので、特に注意が必要です。

全天候に対応するには「ある程度のスキマ」が必要ですし、そうなると「タイト」な調整は出来ません。

きちんとした環境のみで使用するのであれば、より「タイト」な調整が可能となる訳です。


管理人も一度、「ガッチガチにガタ取りされた」クラリネットを見せて頂いた事があります。

その時は冬で楽器が冷たく、キイが圧迫されて全く動いていませんでした。

楽器を持ってこられたのは県外の修理工房の方で、「ウチで直すとこうなりますよ!」みたいに仕上がりには自信ありそうでしたが、学校の環境ではやり過ぎだと思いましたね。


日本は四季もあり気候の変化が大きい国です。

「使用する環境を考えた調整」をするのが1番大切だと感じますね。
※きちんと温度管理出来る方ならオススメできます
ケースから出して即使用!みたいにはいかないだけです
 
12/13

12/13〜12/20演奏会情報

皆さんこんにちは、管理人です。

毎週火曜日は1週間の演奏会をまとめて紹介する日です。
今週は3件の演奏会が催されます。
※あくまで店頭にチラシが届いている分ですが…。


まずは12月14日(水)岡山大学Jホールにて行われる
「第18回 クリスマス チャリティー コンサート」です。

[日時]12月14日(水)開場17:45 開演18:30
[場所]岡山大学鹿田キャンパス内 岡山大学Jホール
(岡山市北区鹿田町2-5-1)
[入場料]一般¥1000- 小学生¥500-

広島三育学院という「中・高一貫」の私立学院から
高校聖歌隊とハンドベルクワイアの皆さんのチャリティー 演奏会です。

総勢100名の聖歌隊と、6オクターブのハンドベルとチャイムの清らかな響きをご堪能くださいませ。


続いて12月18日(日)玉野市の光南台公民館で行われます第125回 海辺のコンサートに出演される、
「ユーフォニアムとチューバのアンサンブル パート2」

[日時]12月18日(日)開場13:30 開演14:00
[場所]玉野市光南台公民館 1階ロビー
[入場料]無料

児島湾大橋からすぐ、海沿いにある光南台公民館で定期的に企画されている「海辺のコンサート」。

この演奏会に一般のユーフォニアム・チューバ愛好家さんでアンサンブルを組まれている方が出演されます。

2回目となる今回は色々なジャンルの曲を選んでいるそうなので、ユーフォニアムとチューバの「モコモコ」した音色で暖まって下さいね〜。

※管理人も以前、玉野市一周の際に脇をはしりましたが、本当に海の隣でしたよ。(´⊙ω⊙`)


最後は週明け12月20日(火)になってしまいますが、
くらしき作陽大学 聖徳殿にて長瀬 敏和先生のリサイタルが催されます。

[日時]12月20日(火)開場18:30 開演19:00
[場所]くらしき作陽大学内 聖徳殿
[入場料]一般¥3000- 前売り¥2500- 高校生以下 無料

大阪市音楽団でコンサートマスターを務め、現在はくらしき作陽大学の教授である 長瀬 敏和 先生のリサイタルです。

チラシによると、2013年からくらしき作陽大学内で連続リサイタルを続けているそうで、今回はその「無期限リサイタルマラソン」の一環なのでしょうか。

ピアノ伴奏があるのはもちろんですが、今回は打楽器と共に演奏をされる様なので、気になる方は是非どうぞ。

高校生以下無料の分か、一般¥3000-となってしまいますが…。

以上、12月13日〜12月20日の演奏会情報でした。
 
12/12

初チェーン洗浄

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

めっきり寒くなりましたね〜。ブルブル:(;゙゚'ω゚'):

でもでも〜寒さなんか「関係ねぇ!」\\\\٩( 'ω' )و ////

毎日元気に自転車に乗っています。(*^o^*)


11月に納車が済んでから約1ヶ月たった自転車さん。
待ちに待った「チェーンの掃除」を行う時期となりました。

ちょうど年末の大掃除シーズンでもありますしね。

自転車って汚れるんですよ〜。Σ(・□・;)
たとえローラー台にしか乗っていなくてもチェーンは擦れて削れますし、外を走れば砂利が付着しますからね。

人によっては面倒かもしれないお手入れですが、管理人は仕事が仕事なので「メンテナンス」が大好きです。

むしろ、メンテナンスするために走っていると言っても良いのではないか?


で、今回チェーン掃除に使用するのはこちら。

自転車屋さんに相談して、「水が使えるならコレ!」とオススメ頂いたメンテナンス用品一式です。

使い方は、まず青い物体をあけて

中に洗浄液を入れて、チェーンを挟んでグルグル回すと汚れと古いオイルが掻き出される仕組みです。

洗浄液がまっ黒になっていくので、何かしら汚れが落ちているのでしょう。

チェーンが済んだらブラシを洗浄液に浸して「ギア」周りをゴシゴシ。('◉⌓◉’)σ


洗浄液で汚れが浮いてきたら水で洗い流します。

勧められた洗浄液「ACOR」のエコロジー・マルチ・ディグリーザーは水と混ざると白く「乳化」して自然に分解されるそうで、洗い流すと水が白く色づきます。

白い水が出なくなるまでブラシでつつきながら水洗いをして拭き上げ乾燥。

すすぐ目安になるので分かりやすかったです。(^_^)


大まかに水気を取るのには「ペーパータオル」が重宝しました。

細かい所はエアーダスターで「プシューー༄」

お店で作業すると道具が何でもあるのでラクチンです。


しっかり乾燥したらすかさず「チェーンオイル」を注油します。

洗浄液で脱脂しているので、あまり放置すると逆に錆びが出てしまうそうです。∑(゚Д゚)

チェーンオイルは「シマノ PTFE ルーブ」

「雨の日に乗らないならこの辺かな?」だって。

管理人の考え方として、
・分からない事はその道のプロに聞こう!

・聞いたからにはオススメを買うのが礼儀!

・買ってから商品を検索して勉強。
なのです。( ˘ω˘ )


チェーンのコマ1つ1つにチョンチョンとオイルを塗っていって、チェーンを一周したらペダルを回してギアに塗り伸ばしていきます。

おー、何だか音が違う。チャリチャリ言わないぞ?

「ネリネリ」とか「テリテリ」した手応えを感じます。

管理人は擬音語が好きです。ピストンの動きでも「ツルツル」「シャキシャキ」「ニュムニャム」とか言って表現しています。

いや、大事ですよ?擬音語。

お腹がシクシク痛い。キューっと痛い。ズーンと重い。

お医者先生は細かいニュアンスを頼りに診断されますからね!Σ('◉⌓◉’)

楽器だって同じ、ピストンが「ガサガサ」するのか
「グーっヌヌっ」と動くのでは原因が違いますからね!


すっかり綺麗になったチェーンさんがコチラ

ピカピカな銀色になりました。オイルでしっとりと濡れた地肌が「セクシー」です。٩( 'ω' )و


楽器も自転車も道具である事には違いなく、眺めているだけでもいけませんが、使った分はお手入れしてあげないといけません。

手をかけた分だけ愛着もわきますし、気持ち良く使用が出来るので、皆さんもメンテナンスをしてみて下さいね。

もちろん、楽器のメンテナンスは当店
「ミュージックハウス ワタセ」へ、是非どうぞ♪

 
12/11

リガチャー最前線

皆さんこんにちは、管理人です。

まずは先に申し上げておきます。
店頭に在庫である以上のものが載っていますので、ご了承くださいませ。m(_ _)m


のっけから変な始まり方ですが、サックス専門誌である
「THE SAX vol.80」の記事を紹介します。

2017年1月号はこんな表紙。

この号の33ページから「リガチャー最前線」と言う、アルトサックスのリガチャー40個を吹き比べた特集が「必見」です。

有名どころから新製品まで、20メーカー40種類を一挙掲載!

眺めているだけで購買欲が湧いてきますね(´⊙ω⊙`)


残念ながら掲載されている全てのリガチャーが店頭に並んでいる訳ではありませんが、有名どころは押さえてあります。

気になるリガチャーがあれば、在庫の確認の電話をして頂けたらお答えします。

在庫であればいつでも試奏は大歓迎。
お気軽に吹きに来て下さいね〜。

もちろん、サックス専門誌「ザ・サックス」も置いておりまーす。(๑>◡<๑)
 
12/10

パッケージ変更

皆さんこんにちは、管理人です。

皆さんは「商品のパッケージ」を気にしますか?
新しいパッケージと変更される前のパッケージがあるとどちらを手に取りますかね。

今日はそんな「パッケージ変更」のお話し。


楽器屋さんに限らずですが、色々な商品に外箱があったりラベルが貼ってありますが、それって「いつ」変更されると思いますか?

答えは「突然」です。

注文した商品がある日突然、「新パッケージ」で届いてビックリするのが普通です。

酷い時には3個のうち2個が旧パッケージで、1個だけ新パッケージだったりします。

「旧パッケージ」がなくなり次第切り替えていきます。なんか最悪で、型落ちする商品を誰かが仕入れるまで古い物が混ざるって事になります。


中身は変わっていないのですが、見た目が違うと売りにくいですし、数をまとめて注文する納品などでは見た目が統一されていないと拒否されてしまう場合もあります。

それなのにメーカーさんは「交換用パッケージ」なんか準備してくれません。

あまつさえ、古いパッケージは割り引いて、早く売り捌いたら?なんて言ってきます。

誰のせいで旧パッケージになったんだよ!!

せめて早めに分かると在庫を減らしておくのですが、通常商品を切らす訳にもいかないので…。


そんな中で「神対応」してくださったのが、北海道にある「ジャパン・テューバ・センター」様。

ペラントゥッチのマウスピースの総輸入元でもある、テューバ吹きなら誰しも知ってるお店です。

ある日店頭在庫を試奏されたお客様の注文で、試奏したモデルの金メッキ仕様を注文した所、新しいパッケージで入荷しました。

「あー、またか」と思い、駄目元でジャパン・テューバ・センターに電話してみました。

注文した商品が届いた旨の報告と謝辞ののち、「パッケージが変わったんですね〜」と話を向けると、「そうなんですよ、前の箱も人気があったんですけどね」と。

「新パッケージも格好いいので、入れ替えたいなー」と言って見た所、「ああ、いいですよ。幾つ必要です?」と言って頂けるじゃありませんか。

「店頭在庫は11本なので…」と遠慮がちに聞くと、
「たくさん置いて下さってありがとうございます」と言って頂けました。


正直、こんな対応をして頂いたのは初めてです。
他のメーカー、問屋さんは在庫を持たせるだけ持たせて突然、定価を下げる事までやらかしますから。

そんな中、無料で送って頂けた新パッケージ。

左が旧パッケージ、右が新パッケージ。
どちらがお好きですか?

管理人はテューバ吹きなので一生付いていきます!
 
12/09

低音木管楽器の立奏

皆さんこんにちは、管理人です。

まだまだ「木管祭り」中。一瞬、ニッカンのユーフォニアムを修理しましたが、それ以外は木管ばかり直しています。

今日はそんな中で気になった「C.Alt.Cla」のストラップリングについて。


まずはこちらをご覧下さい。

H・セルマーの「コントラアルトクラリネット」です。

上・下管にストラップリングが付いていますが、これの木部のネジ穴が割れてリングが抜け落ちてしまいました。

あわや楽器が落ちての大惨事になる所です。


どんな使い方をしているんだ? と生徒さんに聞いた所、
「アンサンブルで立って吹いてます」と。

まさかストラップは普通のフックを使ってないよね?と聞くと、
「ちゃんと2フックのストラップを使用しています」
との返事。

やる事はやっているのでそれ以上は言えませんでしたが、あんまり立奏で使わない方がいいよ〜と諌めておきました。

「でも立って吹きたいです!」と強く希望をされました。


実際、どうなんでしょうか?
いくらストラップリングが2個あっても「コントラアルト」は重量がありますから、吊り下げるには不安です。

ストラップリングも管体に直接ネジ穴を開けて、こんなネジをネジ込んでいるだけですからね。

うーん、華奢だ…。


管理人はこんな物に楽器を預けて吊り下げるほど、メーカーを信頼出来ません。

実際、抜け落ちて「あわや大惨事」な事になったのに、また吊り下げようとする生徒さんに困惑です。

木部を埋め直してネジ穴をあけましたが、できれば座奏にして貰いたいです。

メーカーの見解はどうなんですかね?
 
12/08

日本管楽器株式会社

皆さんこんにちは、管理人です。

今日はみんな知ってる「ニッカン」の楽器をご紹介。

古い古いユーフォニアムです。

パッと見は「ヤマハ」のYEP-321ですが、ベルのロゴが違います。

ニッカン インペリアル とありますね。


「ニッカン」と愛称で呼ばれていますが、正しくは
「日本管楽器株式会社」という会社です。

江川 仙太郎 が1902年に「江川管楽器製作所」として起こしたのを初めとして、1918年に「合資会社 日本管楽器製作所」として新発足。

1937年に「日本管楽器株式会社」に発展しますが、当時の最大の取引先であった「日本管楽器製造株式会社」(現 ヤマハ)より援助をうけ、実質的な子会社となりました。


両社の合併により双方の技術交流が盛んに行われ、
「国際的に通用する管楽器を日本で作ろう」を目標にして作られたのが、この「インペリアル・モデル」です。

1970年に「インペリアル・モデル」の1号機である「トランペット」が発売されましたが、国際的にも評価され、近年の「ヤマハ」ブランドの確率に貢献したと言われています。


そんな由緒ある機種のユーフォニアムですがあまりに設計が良かったのか、現在の楽器と見た目がほとんど変わりません。

何も知らずに見たら「ヤマハ」の4本ピストンにしか見えない程です。

実際に試奏して見ても、音が痩せていたり鳴りが悪い事はなく、逆に現在のユーフォニアムよりも太く、深みのある音色をしています。


楽器倉庫に眠っているかもしれない「ニッカン」。

木管楽器だと修理が大変ですが、金管なら割と簡単に使える様になる可能性があります。

日本の管楽器界の発展を支えた今はなき「ニッカン」のインペリアル。

まさに管楽器の「ラスト・エンペラー」と言えるかもしれません。

 
12/07

オプション・ネック

皆さんこんにちは、管理人です。

歴史の長い吹奏楽部になると備品楽器の数も増えていきますが、数が増えると不思議な事が起きたりするものです。

とある中学校ではテナーサックスのネックが無くなりました。

まだ10年も経ってない新しい楽器なので、メインで毎年使っていた筈なのにです。

楽器倉庫中のサックスをひっくり返してみても見つかりません。

仕方がないので新しいオプション・ネックを購入してもらいました。


何で無くなるのかな〜? と話をしていましたが、別の学校の先生に、「部活の記念に持って帰る卒業生がいた」という証言を聞きました。

個人で買ったマウスピースを持って帰るくらいは分かりますが、まさか備品楽器の一部であるネックを持って帰るのは想像出来ませんでした。

たまに無くなるクラリネットのバレルもそうなのでしょうか?

なにはともあれ、何でもない事に部費を使う羽目になった顧問の先生はご立腹です。

部員の皆さん、備品楽器の管理はきちんとしましょうね
 
12/06

12/6〜12/12演奏会情報

皆さんこんにちは、管理人です。

昨日の岡山市内は霧が凄かったですね!

管理人はたまたま「金山」に登っていたので写真を撮りました。

岡山市内を一望できるのですが、一面真っ白です!

そんな「金山ヒルクライム」の様子は月曜日にお届けするとして、12月6日から12月12日までの演奏会情報の紹介です。


まずは12月10日(土)に和気町の学び館「サエスタ」にて行われる「Buzz Five de Go」です。

[日時]12月10日(土)開場13:30 開演14:00
[場所]和気町学び館「サエスタ」(和気町父井430-1)
[入場料]高校生以下¥700- 一般¥1000- 前売り¥200-引き

東京藝術大学の同期生によって1997に結成された金管五重奏団です。

Trp 佐藤 友紀 野呂 紀之
Hr 友田 雅美
Trb 加藤 直明
Tuba 石丸 薫恵


続いて同日、12月10日に岡山市立オリエント美術館にて
「岡山トロンボーン四重奏団」のコンサートが行われます。

[日時]12月10日(土)開場18:30 開演19:00
[場所]岡山市立オリエント美術館 中央ホール
[入場料]一般¥3000- 友の会会員¥2500-
高校生以下¥1500- 前売り¥500引き
※オリエント美術館の入館料を含みます。

岡山トロンボーン四重奏団は岡山在住のトロンボーン奏者のみで結成されたアンサンブルです。

見知った名前がありますね〜。もしかすると、学校に教えに来て貰った事のある人も多いかもしれません。

そんな指導に来られていた先生方のコンサートです。
オリエント美術館のホールは客席と近いので、是非「最前列」に座って先生をガン見してあげて下さいね。
(´⊙ω⊙`)Σ('◉⌓◉’)(΄◉◞౪◟◉`)頑張って〜!

以上、今週の演奏会情報でした。
 
12/05

紅葉を見に行きました

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

はっきりとした晴れの日がなかなか定休日に重なりませんが、相変わらず回し車を回しております。

でも「たまには外を走りたい!」という事で、急遽行ってまいりました。

今回は天気の具合をみていたので、昼からの出発となりました。

目的地は「宇甘渓」。紅葉が終わる前に滑り込んで、ブログに載せる写真を撮るのが目標です。

まずはお馴染みの「岡山空港」へ向かいます。

実は自転車を買い替えて初となる坂登り。ロードバイクになって軽くなった分、楽に登れるかが楽しみです。

香和中学校近くの信号から空港近くの信号まで、237号線の無信号区間をタイムを計りながら登って見ました。
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

結果は20分30秒。初めての計測なので早い遅いは分かりませんが、今後の指標としていきましょう。(´・ω・`)

で、空港隣りの自然の森スポーツ広場で休憩です。

月曜日が閉園日なので管理人が来る日はいつも無人です。寂しい…(´;ω;`)
入り口にある自販機だけをこっそり使わせていただきました。


休憩を済ませたら空港から北へ。

岡山金陵カントリークラブを右手に見ながら「御津紙工」方面へ。朝日塾中学校の最寄りとなる、久保の交差点を目指します。

今回、初めて走った72号線(岡山賀陽線)・71号線(建部大井線)。

この道が素晴らしい!(((o(*゚▽゚*)o)))

信号はないし、段差もないし、車も来ない。

坂を下る事を「ダウンヒル」と呼びますが、まさに下りの聖地と言ってもいいくらい快適です。

道もくねくね曲がっていて雰囲気もあり、落ち葉やどんぐりが溜まっていたりするので油断も出来ません。

でも「楽しい!」(*≧∀≦*)ウヒョ〜。

そのうち滑って吹っ飛びそうですが、下りのタイムも計測してみたいです。ε-(´∀`; )ケガするぞ〜。
こんな山の中を下ります。


紙工から宇甘渓へは一本道、信号もありません。途中に虎倉トンネルが1つあるだけの走り易い道です。

登っているのか?下っているのか?良く分からなくなる道を気持ち良く走って、目的地「宇甘渓」に到着。

少し見頃を過ぎていましたが、無事に撮影出来ました。


さあ、あとは帰るだけ。

気持ち良く走って来た道を、今度は御津金川に向けて進みます。31号線(高梁御津線)ですね。

途中、御津スポーツパーク前のヤマザキデイリーで休憩。店番のおじいちゃんに怪訝そうに見られました。

Σ('◉⌓◉’)何だ?こいつ?変な格好してからに…。
(ぐうの音も出ませんm(_ _)m)

気にせず、チョコクロとアップルパイをコーヒー牛乳で貪り食べます。ε-(´∀`; )あー、食った食った。


エネルギー補給も済んで元気になった所で再開。

金川駅を過ぎると車の交通量が「グッと」増えます。
しかも緩やかな上り坂。緊張感を持って走ります。

免許センター、辛香トンネルを通って53号のバイパスを突っ切って帰りました。


これで占めて50km。距離感以上に快適に走れる道でした。

空港に登ってしまえば後はほぼ下りか平坦な道なので、自転車を初めたばかりの人にもオススメです。

何だろう、味をしめたぞ⁈(゚ω゚)また走ろう。

 
12/04

1-2番管つぎ直し

皆さんこんにちは、管理人です。

絶賛、木管楽器ばかり直していますが前回に続いてサックスの調整についてご紹介。

バリトンサックスの時に写真を撮り忘れた「接続部の再接続」についてです。

サックスの大小に関わらず、右手・左手の真っ直ぐな管体と、ベルからU字管にかけての部分が外れる様になっています。

こんな感じで外せる。


昔々のサックスなんかはハンダ付けで「ガッチリ」溶接してありますが、現代のサックスは「ほぼ」全てのサックスが着脱式になっています。

この「1-2番管」の接続部は接着剤で固めてあるのですが、所詮は接着剤。

学校備品楽器の「10年、20年当たり前」みたいな使い方をしていると、ほぼ必ずと言っていい程固定が緩んでいます。

ここが緩んでいるとどんなに調整をしても低音が鳴り切らない事があるので「要注意」ですよ!

ヤマハ、ヤナキザワは接着剤。これはぼちぼち丈夫。

セルマーはゴムのO-リングとグリスで密閉してある時代の物が要注意です。


いつも通り分解して、綺麗に洗ったサックスさん。

写真ではピカピカに見え過ぎていますが、SA80なのでご老体です。

オーバーホールをして貰ったので、あと10年と言わずに長く使って貰えそうです。
 
12/03

バリトンサックス全分解

皆さんこんにちは、管理人です。

最近は皆さんが年末の定期演奏会に向けて・アンサンブル大会に向けての追い込み練習をしているためか、楽器の修理も増えて来ています。

でも修理に来るのが「木管」だらけなんですよね。

そんな中、持ち込まれた楽器の中から今日は「バリトン・サックス」を載せたいと思います。

結構放置された感のあるヤマハちゃん。アンサンブル大会に参加するのでしっかり目に直す事になりました。

まずは分解だーーー!

良し、出来た!(=゚ω゚)ノッシャア!

次は管体洗浄とキイの水拭き!

綺麗になりました。(๑>◡<๑)
せっかくなので並べて記念撮影。

ここから不良タンポの交換、3-4番管の凹み直し・再接続。キイのガタ取りやメカ音の除去をしていきます。

あー、疲れた。やってる事はアルトサックスと変わりないのにゴリゴリ体力が削られていくみたい。

大きいってだけで大騒ぎです。

出来上がりの写真を撮っていませんが、かなり吹きやすく仕上がりました。

古い楽器でもきちんと直せばまだまだ現役で使えます!

特に大型楽器は取り扱いの大変さで「ガタ」が出ている事が多いです。

万全に調整された大型木管楽器はかなりの機動力が出せますよ〜。

備品楽器だからと諦めずに、一度きちんと直してみて下さいね。


 
12/02

読書の秋にオススメ2

Category : 雑誌&書籍
皆さんこんにちは、管理人です。

昨日に引き続き、楽器関係の書籍の紹介です。


今日は「打楽器奏者」さんを狙い撃ち!(´⊙ω⊙`)

その名も「これでOK! 打楽器メンテナンス」です!


何が素晴らしいかと言えば、ただの1点。

各打楽器の「チューニングすべき音名」が表記してある事に尽きます。

今までもチューニングに関しては色々な媒体で出版されていましたが、どれも最後は
「自分の耳で良い音を探してみよう!」(^_^)v
で終わっていましたからね。(ㆀ˘・з・˘)

いい音がわからないから困ってるんだよ! 馬鹿なのか?


そんな管理人の不満がバッチリ解決されていたのが
この本「これでOK! 打楽器メンテナンス」でした。

コンサート・スネアからバスドム、ティンパニーを始めとして、ドラムセット全体はもちろんコンガ、ボンゴ、ティンバレス等のチューニングについて、事細かく説明されています。

全ての楽器・サイズに合ったまずは基準にすべき音名が賛否あるかもしれませんが書いてありました。

打面を高めにした場合の音色・余韻の変化やマレットによる音の変化にも触れてあります。


音名を指定した事で賛否ある様ですが、個人的には
「今までチューニングをした事のない人にはこれぐらい親切に書かないといけない」と、声を大にして言いたいです。

何度か打楽器の講師として招かれた方が、その学校の楽器をチューニングされている現場をみましたが、誰1人として、「どうなっていたか」「今なにをしているか」「どう変わっているか」「こうするとどうなるか」なんか説明していませんでした。

チューニング出来たのを「さあ、叩いてみて」と言って生徒に叩かせてても、「なんか違う」以上の事は伝わりません。

むしろ、「せっかくチューニングして貰ったから触らない様にしよう」と、チューニングを自分でしなくなるだけです。

大切なのは自分でも出来る様に教える事。
生徒に触らせて、どうすればどうなるかの変化を感じさせるのが大切だと思います。

「音の指定があると工夫をしなくなる」と否定する人もいましたが、この本を読んで基本的なチューニングをきちんとした上で、各学校・各メーカーに合わせたチューニングを探してみるのが正しい順序ではないでしょうか。

難点は、
・字が同じサイズで白黒なので大事な所が見つけづらい

ここだけは先に言っておきますね。

アンダーラインを引くペンは必須ですよ。(´⊙ω⊙`)

間違いなく勉強になる一冊です。

音楽之友社 出版 田中 覚 著 小西 徹郎 執筆協力
「これでOK! 打楽器メンテナンス」 定価¥1400+税