08
07月09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

02/25

プラスチック製管楽器

Category : 金管楽器
皆さんこんにちは、管理人です。

今日は先日に少し触れた「微妙な」新製品をご紹介。
あくまで管理人個人が「?」と感じてしまったというだけですので、あまり深く追求しないでくださいね〜。

まずはこちら。

プラスチック製管楽器「タイガー」の新色。
トランペット・ユーフォニアム・テューバ にメッキ調の
「シルバー・シャンパンゴールド」が登場です。

管理人も、タイガーのプラスチック製管楽器自体の出来栄えには異論はありません。

では、何が不満で「オススメできない」かというと、

「パーツの供給が無い!」という点が致命的に問題だと感じています。

実際に当店で販売したユーフォニアムでも、ウォーターキイ自体が折れてしまった際にパーツが手に入らず困ってしまいました。

結局、パーツはメーカーからも供給がなく修理不能となってしまったので「根にもっています。」

税抜き ¥48.000-する「壊れたら直らないオモチャ」のユーフォニアム。

税抜き ¥138.000-もする「壊れたら直らないオモチャ」でしかないテューバ。

とても胸を張ってお客さんには勧められませんよ。
(※パーツの供給が可能になったのなら教えて下さい)


お次はプラスチック製入門楽器「ピー・バズ」です。

こちらは「pBone」の新製品、スライド・ホイッスルのラッパ版ですね。

スライド・トランペットではありませんので、勘違いのない様に気をつけて下さい。


いっ時流行った?「ブブゼラ」にスライド機能を持たせた様な楽器ですね〜。

そのうち「色」も増えるのでしょうか?

新製品に文句をつける前に「売れる様なプレゼンをしろ!」と、怒られてしまいそうですね。

楽器に早くから触れて親しむことは大切ですが、これを教材として取り入れて指導をする「余力」のある教育現場があるといいのですがね…。
 
11/09

ホルン新製品

Category : 金管楽器
皆さんこんにちは、管理人です。

吹奏楽コンクールも終わって、3年生組の中には部活を引退した人も出て来ているのではないでしょうか。

管楽器界でも引退(製造終了)や新入部員(新製品)が発表されるのがこの時期です。

先日紹介した「プレソン」に続いてホルンの新製品のお知らせが届きましたのでご紹介します。

C.G.Connよりガイヤー・タイプのフレンチホルン「7D」が誕生です。

・調子:F/B♭
・仕上げ:ラッカー
・ベルサイズ:305㎜
・ベルスロート:スモール
・ボアサイズ:11.89㎜
・コードアクションロータリー
・マウスパイプウォーターキイ付き

気になるお値段が、
・7D ワンピースベル 税込¥556.200-
・7DS スクリューベル 税込¥588.600-
となっております。

メーカーの素晴らしい説明によると、

・人間工学に基づいた、より自然なフィンガリングを可能にする設計。
・調整可能な親指レバーは、様々な手のサイズに対応します。
・スモールスロートベル採用で、反応の良さとスムーズな吹奏感を実現しました。

と、あります。

コーンも(株)ノナカ が扱うメーカーですが、新製品が出来ても見せてくれないから何とも言えないです。

試奏するにも借りて吹くだけで¥5000-の再生手数料を請求されますので…。

メーカー側の営業ばかりに頼ってもいけないのですが、もっと新製品を手軽に試せると良いんですがね。

吹いてもらえばメーカーの認知度も上がりますし、製品に自信があれば「試食」ならぬ「試奏」をさせて購入に繋げられると思うのですが。

※実際、管理人が2台目のテューバの買い替えを意識したのは、お客さんとテューバの試奏をした時の楽器が自分でも欲しいぐらいに良かったからです。

※結局その時に吹いたメーカーの同じモデルを購入しました。

まあ、あまり優しくしても「吹くだけで買わない」から「貸すだけ無駄」と思うだけの何かがあったのでしょうが。

 
11/02

テューバ新ブランド

Category : 金管楽器
皆さんこんにちは、管理人です。

今日紹介するのは、なんと⁈テューバの新ブランドの
誕生です。

一昨年辺りからユーフォ二アムのメーカーとして取り扱いが始まっていた「PRESON」プレソンと言う中国製の楽器です。

「何だ、やっぱり中国製か…」

そう思うのは少し待って下さい!

取扱い代理店があの、天下の「ノナカ」さんです。

バック、キング、セルマー、マリゴーを始めとした管楽器の一流ブランドを扱う貿易会社さんの選んだ「新ブランド」なので安心です。←だから不安?

まあ、冗談はこれぐらいにして価格以上に質の良い楽器であるのは間違いありません。

実際にユーフォ二アムを試奏した方からは、
「同じ仕様の他社ブランドよりも吹きやすい」と好評を頂きました。

まあメッキやラッカー、溶接部などかどれだけ保つかは未知数ですが…。(まだ2年程しか経ってないので)

そんな「PRESON」がテューバを出したとなると期待せざるを得ません。

早速ラインナップを見てみましょう。


・PRB-103
B♭管4フロントピストンのコンパクトテューバです。

・PRC-621
C管4フロントピストンのコンパクトテューバです。

・PRC-TT
C管4ロータリーのトラベルテューバです。

・PRB-51
B♭管4フロントピストンの5/4サイズのテューバです。
これが主力製品ですね。

・PRC-9956
C管4フロントピストン1ロータリーの5/4サイズ。
こちらも主力製品です。

見た感じ良さそうな雰囲気ですが、ベルとボアの細さが気になる様な…。

そしてケース付属と書いていない気が……。∑(゚Д゚)ノ

とはいえ、期待しているのは間違いありません!
大きいので、なかなかメーカーさんも持ち歩いてくれませんが、何とか試奏の機会を提供してもらいたいですね。

「株式会社 ノナカ 様」宜しくお願い申し上げます。
 
10/27

ユーフォニアム☆イオ〈EP-1070S〉

Category : 金管楽器
(株)グローバルから発売の
ユーフォニアム、イオ〈EP-1070S〉です。

ユーフォニアム/イオ1070SP

日本を始め各国のプレイヤーや、熟練した技術者との研究により開発。
クリアで滑らか、かつ吹きやすい、質の高い楽器ですね。


ユーフォニアム/イオ1070SP、キャップなど金メッキ仕様
ユーフォニアム/イオ1070SP、ウォーターポットも金仕様
バルブのボタン・ステム・キャップや、ウォーターポッドは金メッキ仕上げ。
この金色に心奪われる方も多いですね(笑)
バルブボタンも2種類が附属して、好きな方を選べますし、
このクラスで第4ピストンにもウォーターポッドも附属します。


ユーフォニアム/イオ1070SP、第4ピストンも押しやすい
第4ピストンはヤマハYEP-621Sのように第3抜差管の後ろに配置。
小柄な方でも押しやすいのがうれしいですね。


ユーフォニアム/イオ1070SP、マウスパイプも着脱可能
マウスパイプもネジにより着脱が可能。ちょっとした掃除にも便利ですね。
バルブ・抜差管セクションも、ヤマハ製テューバのように分解可能です。


ユーフォニアム/イオ1070SP、特徴的なロゴマーク
大きめの刻印がより印象を深くします。


ユーフォニアム/イオ1070SP、楽譜収納可の附属ケース
附属のハードケースは楽譜も収納可能。
ちょっと大きい・重いケースですね。


太管の手頃なユーフォニアムをお探しの方、
ぜひ選択肢に入れて試奏してみてください。オススメです。


〈Euphonium / io / EP-1070S〉
調子:Bb 4ピストン (4番ピストンサイドアクション)
ボア:14.5mm
ベル:イエローブラス 275mm
仕上げ:シルバーメッキ
税込定価:378,000円


【株式会社グローバル】HP http://www.global-inst.co.jp/

 
05/26

NEWトロンボーン☆バック〈42AF〉

Category : 金管楽器
第12回トロンボーンフェスティバルで初登場となった、
ヴィンセント・バック〈Vincent Bach〉の新製品、〈42AF〉です。

tb-42af01.jpg

プロなどでも愛用者の多い〈42T〉は、セイヤーバルブ(Thayer valve)のT。.
バルブの特許申請をした考案者が、アメリカのセイヤー氏(Orla Ed Thayer) 。
一般的にはアキシャルフローバルブ(Axial flow valve)と呼びます。

従来の〈42T〉は、セイヤー社製のバルブやF管ユニットを取り付けていましたが、
新しい〈42AF〉はバック社内で生産された、新型のアキシャルフローバルブや
F管ユニットを取り付けたものになっています。
これにより、定価で〈42T〉より3万円程度安くなるそうです。
管のレイアウトも他社の楽器に近い、スッキリした印象になりました。

tb-42af02.jpg

新型のアキシャルフローバルブは、見た目ずんぐりした外観。
新特許となるシールドセラミックのベアリングを搭載。
レバーには金属製のボールジョイントやグラナディラを採用しています。
演奏時の抵抗感は、少しハグマンバルブ寄りに近い印象でしたね。

スライド部分も改良されていて、キングのトロンボーンのように
内管ストッキング部分の段差が少なくしてあり、滑らかな動きを実現していました。


正式な発売日は未定とのこと。
バックの新しいスタンダードになるか。今後が楽しみです。


〈この楽器が気になる・記事が参考になった〉は、ぜひ拍手ボタンを!
 
05/05

トロンボーン☆XO〈SR-L/UT-L〉

Category : 金管楽器
XO〈エックス・オー〉のトロンボーン、〈SR-L〉と〈UT-L〉です。

(㈱)グローバルがプロデュースする〈XO〉ブランド。
吹きやすくコントロールが容易、しかもリーズナブル。
こだわりのアイディアが随所に見られます。



tb-xo-sr02.jpg
こちらはトラディショナルラップの〈SR-L〉。
チューニング管は濃い色が目立つレッドブラス製。
メイン・F管両方ともリバース方式を採用。
ロータリー周辺の金メッキパーツが目をひきます。
抵抗感のある吹き心地でウォームなサウンドです。


tb-xo-ut01.jpg
こちらはオープンラップタイプの〈UT-L〉。
F管を一回ひねることで、メインの管と息の流れが同一になります。
より吹き易いモデルといえます。

機密性の高い〈Rotax〉バルブ搭載バージョンも発売開始で大好評
第12回トロンボーンフェスティバルにも初登場します。


tb-xo-bt03.jpg
この価格帯で、マウスパイプが3本付属するのもXOならでは。
真鍮の標準サイズとロングサイズ、銀製の標準サイズ。
このあたりにも吹き易い秘密がありそうですね。

tb-xo-bt04.jpg
【インターロックシステム】:通常のネジ込みスタイルではなく、
まっすぐ差込み、リングネジで固定する独自の構造。


手入れ用品など、各種付属品がたくさん入っているのもいいですね。
進化を続けるエックス・オー。今後も楽しみです。


〈XO / Trombone / SR-L & SR-GB〉
調子:Bb/F/ボア:13.89mm/ベルサイズ:8"1/2インチ/ラッカー仕上げ
F管:トラディショナル、ロータリーバルブシステム
付属品:マウスパイプ(3本)/オリジナルハードケース/マウスピース 他
税込定価:〈SR-L〉イエローブラスベル 304,500円
       〈SR-GB〉ゴールドブラスベル 315,000円


〈XO / Trombone / UT-L & UT-GB〉
調子:Bb/F/ボア:13.89mm/ベルサイズ:8"1/2インチ/ラッカー仕上げ
F管:オリジナルFスタイル(オープンラップ)、ロータリーバルブシステム
付属品:マウスパイプ(3本)/オリジナルハードケース/マウスピース 他
税込定価:〈UT-L〉イエローブラスベル 304,500円
       〈UT-GB〉ゴールドブラスベル 315,000円


【(株)グローバル】 http://www.global-inst.co.jp/

 
04/30

トロンボーン☆ゲッツェン〈3047AFY〉

Category : 金管楽器
アメリカ・ゲッツェン社のトロンボーン、〈3047AFY〉です。


くっきりした明るい音色が、上級者を中心に人気ですね。

tb-gt3047-4.jpg
動きが軽いゲッツェンオリジナルのアキシャル・フロー・ヴァルブ 。
着脱式のマウスパイプも合計3本附属しています。
ベル部分も着脱が可能です。

tb-gt3047-5.jpg
メインチューニング管の直管部分は、内側がテーパー状に加工されています。
ベルへ向けて少しずつ広がっていくための、ゲッツェン特有の見えないこだわりです。
チューニング管、スライドともにイエローブラス製です。

tb-gt3047-2.jpg
鮮やかなブルーが目立つセミハードケースが附属。
本体を保護するインナーバッグやマウスパイプ、付属品が入っています。

tb-gt3047-3.jpg
附属のマウスピースは話題のグレイゴ。とてもお得感がありますね。


〈GETZEN / Trombone / 3047AFY〉
調子:Bb/F 
ボア:.547”/イエローブラスベル 8"1/2
ラッカー仕上げ/アキシャル・フロー・ヴァルブ
税込定価:463,050円(3047AFR:レッドブラス仕様も同価格)


テナーの名器〈3508〉、バストロの人気モデル〈3062AFY/3062AFR〉。
ゲッツェンの上級ブランド、プロ奏者御用達のエドワーズ。
しばらく人気が衰えそうにないブランドですね。


【(株)プリマ楽器】 http://www.prima-gakki.co.jp/
【Getzen】 http://www.getzen.com/
【Edwards】 http://www.edwards-instruments.com/

 
04/28

トロンボーン☆キューンル&ホイヤー〈EM139〉

Category : 金管楽器
ドイツ・キューンル&ホイヤー社のトロンボーン、
プロフェッショナル・シリーズ〈EM139〉
です。


ベルリン放送響首席、スローカー・トロンボーン四重奏団メンバーの
エドガー・マニャク氏監修のモデルです。

tb-khem139-02.jpg
F管側に細い支柱があるのみで、本体側の支柱はありません。
シンプルな吹きやすさを求めていることがわかります。

tb-khem139-04.jpg
このモデルのスライド支柱は直線タイプ。
スライド外管もニッケルシルバー製の軽量タイプ。
キューンル&ホイヤーのトロンボーンは、とにかくスライドがよく滑りますね。

tb-khem139-03.jpg
ヨーロッパの一流演奏家たちと意見を交わし、続々と新モデルを発表しています。
ライトなモデルから、ヘヴィーなモデルまでラインナップも実に豊富。
今後も注目のメーカーですね。


〈Kuhnl&Hoyer(K&H) / Trombone / EM139〉
調子:Bb/F 
ボア:13.9mm/イエローブラスベル220mm
ラッカー仕上げ/ハグマンバルブ
税込定価:514,500円


岡山でも愛用者が増えている、キューンル&ホイヤーのトロンボーン。
ぜひトロンボーンフェスティバルでご体験ください。

【Kuhnl&Hoyer】 http://www.kuehnl-hoyer.de/
【Kuhnl&Hoyer(USA)】 http://www.khbrass.com/
【輸入発売元:ダク】 http://www.kkdac.co.jp/

 
04/27

トロンボーン☆キューンル&ホイヤー〈OF139G Cp〉

Category : 金管楽器
ドイツ・キューンル&ホイヤー社のトロンボーン、
プロフェッショナル・シリーズ〈OF139G Cp〉
です。


オリジナル・セミハードケーズが附属します。

tb-khof139-02.jpg
F管はドイツ的なレイアウトのコンパクトラップ。
つば抜きを含め、狭いオーケストラピットで重宝しますね。

tb-khof139-01.jpg
キューンル&ホイヤーの新バルブ、オープンフローバルブ。
従来のロータリーバルブよりも、息の通りがスムーズな構造になっています。
通常のロータリーバルブ仕様は、ボレロシリーズ〈BO139〉で発売されています。

tb-khof139-03.jpg
スライド支柱は絶妙のカーブで、非常に持ちやすい!
全てのトロンボーンがこうなってくれたら…と思うのは私だけでしょうか?
マウスパイプも着脱式です。

〈Kuhnl&Hoyer(K&H) / Trombone / OF139G Cp〉
調子:Bb/F 
ボア:13.9mm/ゴールドブラスベル220mm、
ラッカー仕上げ/オープンフローバルブ
税込定価:477,750円


スタンダードシリーズ、ボレロシリーズ、スローカーシリーズ、
プロフェッショナルシリーズ、バート・ファン・リール…
豊富なラインナップを誇るキューンル&ホイヤーのトロンボーン、
ぜひトロンボーンフェスティバルでご体験ください。

【Kuhnl&Hoyer】 http://www.kuehnl-hoyer.de/
【Kuhnl&Hoyer(USA)】 http://www.khbrass.com/
【輸入発売元:ダク】 http://www.kkdac.co.jp/

 
04/23

トロンボーン☆クルトワ〈420BH/440BR/410〉

Category : 金管楽器
アントワンヌ・クルトワ社のトロンボーンを紹介するシリーズ、第3弾です。


tb-ac420h-1.jpg

おなじみの420モデルにハグマンバルブを搭載した〈AC420BH〉。
通常のロータリーバルブに比べて、抵抗感が少なくより息が入ります。
しかしセイヤー(アキシャルフロー)バルブよりは、抵抗感があります。
シルバー製マウスパイプ&ライトウエイトスライド仕様の〈Mタイプ〉も同価格で用意されています。
クルトワにも一時セイヤーバルブ搭載モデルがありましたが、すぐに消えましたね。

〈Antoine Courtois / Tenor Bass Trombone / LEGENDE AC420BH〉
ボア内径:13.89mm
ベル直径:215mm(8.464inch)
税込標準価格 AC420BH:483,000円/AC420BHR:504,000円



tb-ac440-1.jpg
tb-ac440-2.jpg
tb-ac440-3.jpg

こちらは、ジャック・モージェ氏監修のモデル、〈AC440BR〉。
2009年発売の、比較的新しい楽器です。
ローズブラスベル、先端U字管ニッケルシルバー製のナロースライド、
F管や全体のフォルムなど、CONNのトロンボーンに良く似ていますね。

〈Antoine Courtois / Tenor Bass Trombone / LEGENDE AC440BR〉
ボア内径:13.89mm
ベル直径:215mm(8.464inch)
税込標準価格 378,000円



tb-ac410-1.jpg

こちらは、ジル・ミリエール氏監修のモデル、〈AC410〉。
ひときわ目立つ、主管に装備されたレゾナント・プレイト。
デタッチャブルタイプのマウスパイプ、ヘヴィータイプのスライド、
新設計のボアやベルなど、ヘヴィータイプのシンフォニーモデル。
F管デザインはクルトワの伝統的なスタイルを踏襲しています。
特徴的なレゾナント・プレイト。現在は当初のモデルに比べて若干薄いそうです。
上級者の方にオススメですね。

〈Antoine Courtois / Tenor Bass Trombone / LEGENDE AC410〉
ボア内径:13.89mm
ベル直径:220mm(8.661inch)
税込標準価格 378,000円


管楽器専門誌「パイパーズ」 2011年5月号(357号)に、
クルトワトロンボーンに関する、ミリエール氏のインタビュー記事が掲載されています。
聞き手はくらしき作陽大学の白濱先生。ぜひご覧ください。

2011年5月7~8日、第12回トロンボーンフェスティバルでも多数展示されます。
クルトワトロンボーンの真価をお確かめください。


【Antoine Courtois】 HP(仏/英/日) http://www.courtois-paris.com/
【ブログ内記事:トロンボーン☆クルトワ〈AC420B〉】 
【ブログ内記事:トロンボーン☆クルトワ〈AC420MBO〉】


↓いつもありがとうございます