04
03月05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

04/22

ミズバショウを見に行こう!(岡山県森林公園)

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

最近の管理人は「新聞📰記事」に振り回されている節があり…Σ(-᷅_-᷄๑)

「たけべの森公園で枝垂れ桜が満開!」と聞けば、
(´⊙ω⊙`)行かなきゃ!(使命感)

「津山市尾和で樹齢500年の山桜が満開!」と聞けば、
(´⊙ω⊙`)行かなきゃ!(使命感)


そんな中、「県立森林公園でミズバショウが見頃!」とあったので例に漏れず見に行って参りました!

ブログでお馴染みとなった「県立森林公園」の看板
20180416225601f0e.jpeg


5時40分に家を出て2時間、7時40分に管理棟前から出発します。

歩き出して3分。
はやくも「ミズバショウ」の群生地がありました。
20180416225823cc5.jpeg

ただ、県立森林公園のミズバショウは「植栽モノ」
天然の自生地ではありません。Σ(-᷅_-᷄๑)

でも、豊かな清水に囲まれて沢山の株が育っていました。
2018041623010007c.jpeg

ミズバショウの近くには「リュウキンカ」の姿も。
201804162301453c7.jpeg

こちらも湿原を好む植物ですね。
20180416230234b76.jpeg


4月16日に訪れましたが、尾根筋から見える山肌の新緑はまばら。
20180416230417467.jpeg

それでもいくつかの「山野草」が咲いているのを見つけました。

「イワナシ」
20180416230650dd6.jpeg

「イワウチワ」
201804162307304f0.jpeg

「ショウジョウバカマ」
20180416230801b6a.jpeg


(*´꒳`*)良きかな良きかな。春は近いぞよ〜
4時間ほどで敷地内の外周を縦走し、中央園路に降りて来ました。

園路沿いにも山野草が咲いています。

「ザゼンソウ」
201804162311144d2.jpeg

「キクザキイチゲ」
20180416231152076.jpeg

「アザミの葉」
20180416231225517.jpeg

アザミの葉はヒイラギ以上に棘が鋭くて痛い!
(´;ω;`)うっかり触って出血しました…

春を告げる「フキノトウ」
20180416231436474.jpeg

「特定できず…」
201804162314582b7.jpeg

「特定できず…」
2018041623152377b.jpeg


いやぁ、花盛りだよ〜(*´∀`)♪
往復4時間180kmを運転して来た甲斐があった!

管理人にとっては「初」となる「春山⛰シーズン」
ヤマシャクヤクやドウダンツツジもそろそろ咲き出すし、藤公園のフジの花も見に行きたいなぁ〜

(>人<;)月曜日に雨が降りません様に!
 
03/31

〈登山〉広戸仙–滝山を縦走しよう(本編)

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

日本各地で「桜🌸の開花」が伝えられていますが、岡山県でも3月25日に開花が宣言されました。

すでに開花宣言から数日たっていますが、暖かい日(20℃以上)が続いているので「あっ」という間に満開になった所もありますね〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

今年は桜の盛りを逃さず、方々に出かけられるでしょうか?(๑•ૅㅁ•๑)月曜日までもつかな…

そんな暖かい日だった月曜日。
管理人は那岐山系の西、広戸仙–滝山の縦走をしてまいりました。


3月26日(月)快晴☀️※朝のうち濃霧

前日からの暖かさは何処へやら。
早朝の岡山市は3℃まで冷え込み、温度差によるのか「濃霧」が発生していました。

風が弱い日だったので霧が吹き散らされないのも要因なのでしょうね。

結局、道中は日本原まで霧の中。
ですが、登山口のある標高500m地点には霧が届きませ
ん。

7時30分。明るい朝日を浴びて、声ヶ乢登山口から出発。

県南の市街地側は濃霧で見えませんが、県北方向の空気はとても澄んでいるみたい。
標高1000m標識近くの展望岩からは「大山」「黒岩高原・恩原高原」の山々が見渡せました。

「大山」

「黒岩高原?・恩原高原?」

登山口から1時間30分、前回の登山と同じ予定通りのタイムで「広戸仙山頂」に到着です。

(´∀`*)さて、縦走に向かおう!
滝山までは約3Kmの道程です。

少しの間は尾根歩き

「滝山」に向かう尾根筋
うっすらと道らしきものが見えます

途中で見つけた「タケノコ?」らしきもの

タケノコにしては「芽」の形が違うような?
何だべか?(ㆀ˘・з・˘)

1.3Kmの間、延々と急な下りを降りていきます。

山肌が柔らかいのか、丸太階段が崩れていました。

「ふるさとコース・東入り口」が縦走路の鞍部(※1番低い所)となります。

標識もないですが「ふるさとコース・東入り口」
しかし、コースが荒れていますね…

ここから山頂までの1.7Kmは急登が続きます。

段差が50㎝を超える丸太階段たち

那岐町と津山市の境界標を発見!

雪折れ・台風で折れた木🌲が道をふさいでいます。

直径30㎝ぐらいの太い木も倒れていました。

倒木を乗り越えて急登を登ると空が見えて来ました。

山頂!かと思えば再度の丸太階段(鎖付き)

広戸仙山頂から1時間30分、滝山の展望台が見えました。

(*´∀`) 到ー着ー!
西からの滝山登頂に成功です。

声ヶ乢登山口から3時間。
5時起きで家を出ているので、少し早いお昼ごはんタイムにしました。
(´∀`*)ハラペコニャー!

本日の秘密兵器!
アルパイン・フライパン🍳

コッヘル(※鍋)でラーメン🍜を茹でるのは卒業さ。
( ͡° ͜ʖ ͡°)フフフ

今日はコレで「肉🍖!」を焼くのだ

登山口で塩・コショウをふって、ジップロックに密封しておいたので良い感じになっています。

片面を焼いたらひっくり返して…

弱火で火を通しながらタレをからめて…完成!

(((o(*゚▽゚*)o)))わっほいわっほい!美味そー♪
そして更に1品追加しちゃうぞ〜(*´∀`*)

餃子!

ψ(`∇´)ψビール🍺だ!ビールを持って来い!
(※登山中の飲酒はオススメしません)

肉🍖と餃子に気をとられていたら、北東方向にも山🏔が見えていました。

滝山から西北西なので「若桜町の南西、鳴滝山や東山・沖ノ山」だと思うのですが…


40分ばかりの休憩を済ませ、復路・広戸仙へ帰り始めます。

往路を引き返す復路は、当然傾斜もひっくり返る訳で…
登って来た急登が1.7Km続く急坂へ!

もちろん急坂は1.3Kmの「急登」へと変わり、管理人を苦しめます。
でも大丈夫!豚肉🐖食べたから٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
豚肉は疲労回復に効くらしいからね!

おかげで若干げんなりしながらも、往路と同じタイムで登山口へと帰着出来ましたよ〜。_:(´ཀ`」 ∠):ツカレタ


そんな感じで順調に進んだ今回ですが、残念なポイントもチラホラ。
(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾「箸と油を忘れた!」
Σ(-᷅_-᷄๑) 「フライパンに蓋がないと不便」
Σ੧(❛□❛✿)「肉を切り分けるナイフ🍴が無かった」
などなど。

次回…といっても少し先になるかなぁ。(ㆀ˘・з・˘)
来週からは「桜🌸参り」に行かなくちゃなぁ。
あっというまに満開だろうから…



 
03/28

〈登山〉広戸仙–滝山を縦走しよう(序章)

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

すっかり春の陽気となりました。
周期的だった天気も晴れ☀️の期間が長くなり、登山⛰の予定が立てやすくなりましたね〜←立てないよ?

前回の広戸仙登山で見落とした「所要時間」
広戸仙の北西部を一周する「ふるさとコース」が1日がかりだという事で、まずは準備体操から。

次回は「広戸仙–滝山の縦走」をしてみるつもりです。


理由は3つ。
・広戸仙–滝山の縦走は初めてだから。
・縦走とふるさとコースは距離的に似ているから。
・ふるさとコースのオススメが東口からだから。

東の「那岐山ー滝山」の縦走はしていますが西からの縦走は未踏。
登山口からの移動手段的に「那岐山–滝山–広戸仙」の縦走は1人では難しいのもありますねー。

ふるさとコースは西入り口〜東入り口までで「約6Km」
「声ヶ乢登山口–広戸仙–滝山」が約6Kmなので、だいたいの目安になるかな?との判断です。

そして、ふるさとコースの「オススメは東入り口から」という点。
途中に分かりにくい部分があるとの事ですが、東入り口からの「半時計回り」だとコースをロスしにくいらしいです。

そんな訳で滝山への縦走路途中にある東入り口を確認しに行く事にしました。


さてさて、どうなりますやら。
秘密兵器も準備して、やる気Ma!x٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
 
03/24

〈登山〉広戸仙に登ろう・後編

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

昨日の続き、「広戸仙登山・後編」となります。

(あらすじ)
曇り☁️の日にもかかわらず、広戸仙登山に向かった管理人。早めに切り上げようと「2時間コース」を選んだつもりが、まさかの「片道2時間コース」だった⁈

慌てて下山を始めますが…どうなりますやら。


登り始めて1時間30分。
標高1115mの広戸仙⛰山頂に到着です!

(・・?)あれ?2時間コースのはずなのに、時間がかかり過ぎてないか?


:(;゙゚'ω゚'): ヤッベェ…片道2時間コースだった…
慌てて下山を始めます。

下山ルートは第3展望台の脇から分岐する「金山林道」
尾根コースと表示されていますね。

石の上に落ち葉🍂が降り積もった登山道を駆け下ります。

落ち葉のクッションはフカフカしているので膝に優しいのですが、下に隠れた石で足を挫かない様に注意!

滑走したくなる様な砂利斜面と白い冬枯れの木

標高で200mほど下りて来ました。

更に150m下りていくと…

標高777m「甲山⛰」の山頂に到着。
甲山・山頂には標識はありませんが「2級基準点」が設置されています。

その後もどんどん下りていきます。
ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘急げ〜!

植樹された桧林を抜け…

岩肌の斜面を抜け…

金山林道に出ました!

林道脇にあった案内図を見ると…

((((;゚Д゚)))))))半日コースだと⁈
どうやら「2時間コース」は「半日コース」だった様です。

そして金山林道からスタート地点の声ヶ乢までは…

Σ(゚д゚lll)2.5km! 約30分か…(泣)

落石・倒木のある林道を歩いていると「休憩所」が。

そして休憩所の脇に「鉄板」が敷いてあります。

どうやら「パラグライダーの飛び出し台」の様ですね。
正式には「ランチャー台」と呼ぶそうです。

アイキャンフラーイ!!!ε=ε=ε=ε⊂((・x・))⊃
(※飛んでいません)

声ヶ乢近くにある休憩所「峠の茶屋」

モチロン開いていませんでした。
(ㆀ˘・з・˘)いつもの事さ…

結局、スタート地点の声ヶ乢登山口に着いたのは「11時過ぎ」

登りよりも時間がかかったのは初めてです〜(´∀`*)
確認って大切ですよねー(棒読み)

まあ濡れもしなかったし、足を挫くこともなかったし。
(´∀`*)上出来上出来。

無事に終われば全て良し!ってね♪(反省してない)


 
03/23

〈登山〉広戸仙に登ろう・前編

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

今週は生憎の「曇り☁️がち」なお天気みたいですね。
最近は「晴れ☀️と雨☂️」を周期的に繰り返しているので、登山の予定は立て易いとも言えるのですが…

Σ('◉⌓◉’) 月曜日が「晴れ☀️」ならな!
雨の周期にかかったら、何にも出来ませんからね〜

そんな周期的に変わる天気の合間を縫って、登山に行って参りましたよ!٩( 'ω' )و

向かったのは「広戸仙⛰」
那岐山系の西の玄関口となるお山です。


3月18(日)曇り☁️
7時30分。旧勝田郡勝北町、県道450号の「声ヶ乢(こえがたわ)」登山口より出発です。

今日のルートはこんな感じ。

およそ2時間の楽なコースらしいです。
天気も曇り☁️で怪しいので、早めに切り上げることにしました。

٩( 'ω' )و安全第一!無事故無違反!(※フラグとなります)

登山口は丸太階段で綺麗に整備されていました。

標高500mの登山口から徐々に登り、高度を上げていくと…

眼下に見えてくるのは「勝北町・那岐町に点在する池」の数々。

1番大きな池は勝北町の「塩手池」ですが、ここから見えるのは那岐町の「那岐池」が見えているみたいです。

九十九折りの登山道を登って行くと、一気に高度があがります。

早速、第1展望台に到着。

第1展望台からの「那岐池」周辺。

登山道は更に急登となっていきます。

丸太階段の一段の高さが「40㎝!」を超えているんじゃないかな?

途中で水場標識と水場を発見。
気にはなるけど飲んだことは無いんですよねー(ビビり)

地獄の一丁目、第2展望台に到着。

第2展望台からの那岐池

なぜ第2展望台を「地獄の一丁目」と表現したかと言うと…
Σ੧(❛□❛✿)ここが「ふるさとコース」との分岐だからです!

(・・?)ふるさとコースなのに「地獄」なの?

∑(゚Д゚) ふるさとコース(道程6km・5〜6時間)だぞ!

途中のエスケープルートもない長い道のり…
まさに「地獄の一丁目」:(;゙゚'ω゚'):ガクブル

管理人も「ふるさとコース」は気にはなります。
気になりますが、天気も曇り☁️ですし今回はスルー(笑)

ますます傾斜のキツくなる登山道

広戸仙には始めて登っていますが、平坦な道が「無い」気がする…

登り始めて1時間。標高1000m標識がありました。

山の北斜面には「雪」が残っています。

キットカットぐらいの大きさの「氷の棒」がゴロゴロしています。
何だ?これ。

第3展望台手前に標識には無い「踏み跡」がありました。

(о´∀`о)何があるのかなぁ〜?

(´⊙ω⊙`) ナイス!展望!

真北の方角なので「黒岩高原」辺りかな?
それだと「大ヶ山🏔」とか「マッコウ🏔」になるんだろうけど…
山座同定Σ(-᷅_-᷄๑)ムツカシイ

第3展望台まで来ました。

東に「滝山⛰(手前)」「那岐山⛰(奥)」が見えています。

そこから、えっちらおっちら登って「広戸仙・山頂」に到着!です。

٩( 'ω' )وヤッター!山頂ダー!と言いたいところですが…
眺望も特別には良くなく、平らな土地も無い狭い山頂なので早々に退散します。

広戸仙・山頂からは「滝山・那岐山」へと縦走が可能。

滝山⛰まで3km、那岐山⛰には更に5kmぐらいかかりますが…(下山を含めると10km超)

ふるさとコースを選んだ場合は、東の滝山からの縦走路の途中に出るのでコチラからの登頂になりますね。


7時30分から登り始めて、ただいま9時過ぎ。
ここまでで1時間30分かかっています。
_φ( ̄ー ̄ ) あれ?2時間コースだったはずなのに?

不審に思ってコース図を確認してみると、
Σ(゚д゚lll)「山頂まで」が2時間だと…?

しまった…やらかした…:(;゙゚'ω゚'):
山頂までが2時間で、下りルートは加算されていないじゃないか⁈

ヤッベェ、天気持つかな…Σ(-᷅_-᷄๑)
早く下山しなきゃ雨☂️が降り出すぞ?


と、いった所で今回はココまで。
長くなってきたので一旦休憩して、続きは明日の「広戸仙⛰に登ろう・後編」で!
 
03/22

〈登山〉広戸仙に登ろう・序章

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

先日登った「残雪❄️の那岐山🏔」
初めて登った「Aコース」から始まり「B・Cコースのピストン」「滝山への縦走」と、何度となく登った「那岐山・登山」を締めくくるに相応しい日となりました。

なりましたが…
∑(゚Д゚) 実はまだ半分に過ぎないんだな!
ドラクエで言えば「バラモスを倒した」だけなんだな!

((((;゚Д゚))))))) なっなっ、何だってーー⁈

(*´ー`*)まっ、知ってたんですけどね〜(笑)


那岐山系(※勝手に呼称)は東から「那岐山」「滝山」「広戸仙」の3座で構成されています。
※四角いマークが山頂
なので、今まで登ったのは那岐山系の「東半分のみ!」
真の意味で那岐山を登った事にはならないのです。

(=^▽^)σそれを言ったら「三座縦走」しないとダメじゃないの?

(T ^ T)ピックアップしてくれる同行者が居ないもん…
スタートとゴールが違う地点になるのは無〜理〜(泣)

そんな訳で、次回の登山⛰は「広戸仙」に決定ー!
(*´∀`)♪ 頑張るぞい!
 
03/16

〈登山〉残雪の那岐山に登ろう・本編

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

((((;゚Д゚)))))))あったけぇ…まだ3月だよね?
道路脇の温度計が17℃って表示になってたぞ!

そんなポカポカ陽気に誘われて、行って参りました。
「残雪の那岐山🏔に登ろう・本編」をお届けします。


3月12日(月)快晴☀️
週間天気予報の晴れマークに後ろを押され、今年初となる「県北遠征」と洒落込みました。

心配していた路面の雪・凍結も一切無く、午前7時に那岐山麓の山の駅に到着です。

気温は「−1℃」(´∀`*)すーずしーー♪

この時期の県北の朝は靄がかかっているのが普通


もはやお馴染みとなった「那岐山🏔」ですが、今日は何だか前と違う感じがします。

(´⊙ω⊙`) なーんか違うぞ?刈り払われたかな。
そう思いながら歩いていると…

Σ('◉⌓◉’) 看板が新しくなってる!

∑(゚Д゚) 丸太階段も新しいぞ⁈

やっぱり管理がされているんですね〜(о´∀`о)


さて、期待していた「残雪⛄️」ですが…

_(:3 」∠)_ちょびっとだけ残ってたよ(泣)
少し遅かったみたいです。

まだまだ標高600m辺り。
これから高度が高くなるにつれて「雪景色」が広がることを祈りながら進みます。

朝のうちには「霜柱」がいたるところにニョキニョキ


やっぱり新しくなってる標識さん

立派な丸太製ですけど、どうやって運ぶんでしょうね?


標高が高くなるにつれて残っている雪が分厚くなってきました。

標高1000m地点「大神岩」

夏には雑木で見渡せなかった岩塊が見える様になっていました。

岩に登れば那岐町を見渡せます

晴れてはいるけど霞んでるなぁ…(ㆀ˘・з・˘)
山頂から「大山」は遠望出来るでしょうか?


大神岩を過ぎると「前衛峰の北斜面」を少し下ります。
北斜面=雪が残ってるかな?と期待しますがどうだろ。

(*´∀`*)おっ、あるある!雪☃️だー♪
念願の雪の降り積もった道を歩けました。

新設された標識を過ぎると、

那岐山系の尾根縦走路まで登って来ました。

写真右側が「鳥取県」側の北斜面となるのですが、僅かに雪が残ってますね。

去年の台風で倒壊した「山頂トイレ」は、瓦礫が取り除かれていました。


縦走路から那岐山・山頂までは300mばかり。
その間にはシッカリと雪☃️が残っていました!

\\\\٩( 'ω' )و ////ヒャッホーウ!雪だぜー!!!

そして、まさかの「樹氷」まで!

・:*+.\(( °ω° ))/.:+ ヨカッタ…ヨカッタヨ…
午前5時に家を出て、7時から登った苦労が報われた…
。゚(゚´ω`゚)゚。(感涙)

北斜面に残る雪は「根曲がり竹」の上に降り積もったカバーみたいな雪。
溶けては凍結を繰り返した「粗目雪(ザラメ雪)」ですが、注意したら歩けそうな固さがあります。

(´⊙ω⊙`) 行っちゃう?行っちゃうか?行くぞ!
ザザザザザーーーーーε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶たーのーしーいー♪(笑)


雪で遊んで満足したら、雪の尾根道を山頂へと向かいます。

登山口から2時間、那岐山・山頂に到着です。

大山は「肉眼なら」見えました。

山頂に新設されたベンチにて「もぐもぐタイム」


(=´∀`)人(´∀`=) いやぁ、えがったえがった。
今日は素晴らしい登山となりました。

こんなに楽しいなら、もっと早く来るんだった。
でもなー、タイヤがなー。ノーマルだしなー。

4駆の冬タイヤだったら雪山🗻装備を揃えて「冬山デビュー」をしたいぐらいの勢いです。(๑•ૅㅁ•๑)ムムム
 
03/11

〈登山〉残雪の那岐山に登ろう・序章

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

昨年の夏あたりから「登山⛰」の真似事を始めてから半年ばかりが過ぎました。

お一人様の「ソロぼっち登山」な事もあって「安全第一!」でやって来ましたが、雪山🏔の誘惑には抗い難く。

2月18日に和気アルプスの神ノ上山から遠望した「那岐山」が忘れられない…Σ(-᷅_-᷄๑)

(*´∀`*) あんな雪☃️の残る山🏔に登ってみたいな〜

ある日のラジオ📻で、
「奥大山スキー場は3月10日辺りまでの営業です。もうノーマルタイヤでも大丈夫ですよ〜」
との話を聞いて、

(´⊙ω⊙`) あれ、以外と簡単に県北に行けるんじゃね?
と思ってしまったのが運の尽き。

お尻がムズムズして落ち着きません。(笑)

幸いに3月の第2週は稀にみる「晴天☀️」続き。
習慣天気予報では「3月9〜13日」と5日に渡って晴れるとされています。

\\\\٩( 'ω' )و //// これはもう行くっきゃない!
物は試しに「3月の那岐山🏔」へと出発です。
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

明日の月曜日、12日に行って来まーす。(*´∀`)♪
 
02/21

〈登山〉和気アルプス「チンネスラブ」に登ろう

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

怒涛の和気アルプス3連登!٩( 'ω' )و
この4週間で3回、和気アルプス⛰に登りに行っております。

先週の月曜日は「強風&ちらつく雪❄️」で今年初めての「お出かけ無し日」となりましたので、身体は元気いっぱい!

ウッキウキで家を出ました。(*´꒳`*)
で、今回登るのがコチラの岩場

和気アルプス「チンネスラブ・ルート」です。
前回に通った白岩様(鷲ノ巣岩)の東隣にある急峻な岩場登りのルートとなりますね。

「チンネ」の意味は「大きな岩壁を持つ尖峰」を指し、「スラブ」が「表面に凹凸の少ない滑らかな一枚岩」の事を指します。

_φ( ̄ー ̄ ) 大きな一枚岩の岩壁をよじ登るんだな!

2月18日(日)快晴☀️
和気中学校脇の登山口からスタート

落ち葉🍂のつもる林道を歩いて行くと…

チンネスラブ・ルートへの分岐があります

チンネスラブ・ルートへは「烏帽子岩(エボシイワ)」の標識に従って、右に右にと歩いて行くことになります

涸れ沢を遡り…

岩と岩の間をすり抜けて…

ついに「チンネスラブの登り口」に到着です

手を「使うか使わないか」のギリギリな傾斜が悩ましい…Σ(-᷅_-᷄๑)

大っきな一枚岩の岩壁を、登山靴の靴底の摩擦を頼りによじ登って行きます

ここまで来といて何ですが、管理人は「ビビりのヘタレ」と自負しております。_φ( ̄ー ̄ )

人によっては「立って登れる」らしいルートを、「四つん這いを織り交ぜながら」這い上っていきました。

だって怖いんだもん!(T ^ T)(泣)

なので写真は無し!
急な斜面の途中でカメラ📷を取り出し、振り向いて眼下を写す余裕なんてありません…

足場の良い所でやっとこさ撮影した「烏帽子岩」

人によっては岩の上に立って写真を撮るのでしょうね…
管理人には到底出来ない芸当です。

チンネスラブの終点「チンネの頭」

ここまで来ると足場も広くて安心出来ますよ〜

白岩様を東側から眺められました

改めて見ても「でっかい岩塊」ですね!


この日は天気に恵まれた「快晴・無風」状態。
神ノ上山 頂上からの眺めに期待がふくらみますが…

(≧∇≦)那岐山が見えたー!

頂に雪を被った「那岐山」

和気アルプス3回目にして「初」となる眺望の良い日でした。(*´∀`)♪

北北西には「氷ノ山?」が見えています

西粟倉の方なんで多分おそらく…Σ(-᷅_-᷄๑)

見渡せる山や地形図から山の名前を特定する事を「山座同定」と呼びますが、管理人にそんな知識はあるはずも無く…


山頂からの下りは、まだ歩いた事のない「日電歩道ルート」を通って宗堂池へと下山してみることに

以外と険しい斜面のトラバース道を下りていくことになったりして…
(๑•ૅㅁ•๑) いやいや、満足満足。

これで和気アルプスにもだいぶ慣れてきた感じがします。
地図を見なくても「名称とルート」が大体分かる様になってきましたよ〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

でも管理人は「岩場登り」が苦手だというのを再認識しました。
チンネスラブ・ルートを登りはしましたが、「降りろ!」と言われたら死んでしまいそうです(笑)

そろそろ「平坦な舗装路」が恋しくなってきちゃいました。
たまには自転車🚲にも乗ってあげなきゃ、ですね。
 
02/11

〈登山〉和気アルプス「竜王山・白岩様」に登ろう・後編

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

昨日につづいて「竜王山・白岩様に登ろう」の後編をお届けしますよ〜(´∀`=)

ーーあらすじーー
先日に初めて登った「和気アルプス」
予想外のクオリティの高さに驚いた管理人は、早速2度目の登山に向かいます。

宗堂池コースから竜王山⛰へと登り、無事に神ノ上山頂で昼食を済ませた管理人は、復路で「白岩様」を目指します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11時50分。昼食を済ませ山頂を後にした管理人は「白岩様(鷲ノ巣岩)」への分岐を目指します。

しばらく歩くと標識がありました。

これが「白岩様」への分岐標識となります。
地元の呼び方では「白岩様」、クライミング愛好者の中では通称「鷹ノ巣岩」と呼ばれているみたいでした。

前回の管理人は、
(´∀`=) 鷹ノ巣岩はどーこっかなー?
と探していたので、標識を見はしましたが素通りしてしまったのです。

この辺りは事前の確認不足ですね。Σ(-᷅_-᷄๑)

Σ੧(❛□❛✿) 死なない程度のケガはしておけ!
実体験に勝る勉強はありません。(※不要なリスクは避けましょう)

分岐を東へ進むと再び分岐点が現れますが、全て「白岩様」へと向かえばOK!

どんどん進んで…

ずんずん進んで…

白岩様 展望所に到着です。

白岩様の標識


早速、白岩様の上に登ってみましょう!

足がすくむ程に迫り出した岩塊です。


白岩様から東を見ると「尖塔状の岩峰」が見てとれます。

地図で確認してみると、どうやら「チンネ・スラブルート」のようでした。

Σ('◉⌓◉’) やばい、あそこを登ってみたい…
早くも3度目の和気アルプス登山が確定した瞬間です。

白岩様とチンネ・スラブルート



白岩様から下っていくと「山の学校コース」への分岐となります。

山の学校コースは道幅も広くて迷う心配はなし!


途中で地図にはない「クサリ場練習場」の標識を発見。

当然、立ち寄ります。

クサリ場・岩壁の登り方の基本は「3点支持!」
両手・両足でしっかり足場を保持して、片手・片足ずつ動かしていきましょう。

両手で鎖を掴んだり、体重をかけすぎてはいけません。
あくまで「鎖」は補助として使いましょうね〜

登って下を向いてみました。

斜度は60°ほどなので、四つん這いになれば誰でも登れそうですよ〜


ルート名に「山の学校」とありますが、学校らしい物は何もなく、朽ちた看板や柵の跡があるばかり…

汚れた「和気アルプス ハイキングコース」の案内図がありました。

チンネ・スラブルートの分岐標識
今度はここから登りに来るぞ!

明るい雑木林を抜けて…

登山に付き物の「イノシシ除けの柵」を開ければ…

和気中学校の裏手に出ます。

本当に登山口が中学校脇にあります。

Σ(-᷅_-᷄๑) 裏山がこんなに良い山⛰なんて「羨ましい…」


和気中学校から役場の駐車場までは金剛川沿いを歩きますが、ふと山の方を仰ぎ見ると「白岩様」がこちらを見ているみたいでした。

古くからの信仰の対象になっているのも頷けますね。
(^人^)ナンマイダブナンマイダブ


これで手頃なルートを登りに終えましたが、歩けば歩くほどに「新しいルート」が気になりだす山⛰です。

:(;゙゚'ω゚'):和気アルプス…怖ろしい子!