08
07月09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

08/21

観光列車 La Malle de Bois

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

日頃から、自転車🚲!登山⛰!(゚Д゚)」とのたまっていたらお客さんからパンフレットを頂きました。

(´∀`*) お好きそうなので貰ってきました〜

わーい、ありがとうございます ♪(´ε` )

岡山駅−宇野・高松・尾道 間を走る観光列車~La Malle de Bois~(ラ マル デ ボア)です。


自転車🚲を分解せずに持ち込める「サイクル トレイン」でもあるらしく、興味をそそられますね。(≧∇≦)


で、詳しく読み込んでいたのですが…


どうにも気になる記述がありました。

「駅構内を移動される際には、自転車は解体または折りたたんで専用の袋に収納してご利用ください」

(´⊙ω⊙`)? 普通の電車🚃と変わらなくね?

詳しくないんですが、サイクルトレインってホームまで自転車を押して行けるんじゃないんですか?

これじゃあ、
岡山駅の外で「分解」

分解した自転車を持って構内を移動、ホームへ

ホームの専用スペースで「組立」

列車内のスペースに積み込み

尾道駅のホームで「分解」

分解した自転車を持って駅の構内を移動

尾道駅の外で「組立」
って事になりませんかね。Σ(-᷅_-᷄๑)


正直なところ、全く必要性を感じません。
むしろ二度手間、三度手間です。(T ^ T)

海外の交通機関、特に自転車🚲文化の長いヨーロッパなどでは、自転車を押して構内を移動出来る駅も多いとか。

乗降客数の多い駅・路線では難しいのはわかりますが、田舎駅ぐらいなら許可をしてもらいたいです。


サービスコーナーでは地元特産品も販売


これは自転車🚲乗り意識を変えないといけませんが、旅先で荷物なんか増やせませんって!

いかに「軽く・身軽に」するかが至上命題の自転車🚲に、お土産いかがっすか〜? と言っても無駄ですよ。

方々でも問題にはなっていて、
「自転車🚲に乗った人が来てくれるようになったけど、素通りするばかりで何も買って行かない…」
と観光地の方に言われています。

「送料無料」な宅配便も最近は難しくなっているみたいですし…

カロリー補給のその場で食べられる物なら、自転車🚲乗りは喰いつきますよ〜(*´ω`*)

瓶入り、缶入り、食べ物以外の販売は諦めてください。
m(_ _)m


観光列車🚃であって、自転車🚲メインではないんでしょうね。

でも面白い取り組みではないでしょうか。
 
08/20

保冷ボトルを新調しました(*´∇`*)

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

自転車🚲や登山⛰でお水を携帯していると悩まされるのは「保冷」について。

せっかくの「命の水」も温くなっていては有り難みも半減してしまいますからね。(*´ー`*)

保冷するなら「ステンレス・ボトル」が間違いなく優秀なのですが、自転車🚲には自転車の、登山⛰には登山に向いたボトルという物があります。

今まで使っていたボトルがカビ臭くなってきたので、次のロングライドに備えて新調してみました。


キャメルバック 「ポディウムチル」

自転車🚲の保冷ボトル界では安定のメーカー「キャメルバック」のミディアムグレードのものですね。

特徴なのはこの飲み口の形状。
飲み口が弁の様になっていて、多少のことでは中身が漏れない作りになっています。

保冷力も抜群で、先日の県立森林公園に持って行った際には入れた氷が5時間たっても残っていました。

まあ、曇り☁️空+標高1000mの高地という環境もあったとは思いますが…。(๑•ૅㅁ•๑)


購入した際に「おっ、割引してある!」と思って喜びましたが、調べてみると新製品が出ているみたい。

「ポディウム アイス」という、さらに保冷力の高いボトルが出ていました。(ㆀ˘・з・˘)

いいんだいいんだ、どーせ消耗品さ。
1年も使わずに買い換えてやるぞー!

とりあえず自転車🚲と登山⛰で使い倒してやるか。
 
08/07

大ケ山−角ケ仙 ヒルクライム

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

どうにも「ハッキリとしない天気予報」ってありますよね〜。

晴れのち曇りときどき雨、ところにより雷を伴い激しく降るでしょう。降水確率は午前中10%、午後から30%。

こんな感じの予報を出されると、出かけて良いものか?と困ってしまいませんか?Σ(-᷅_-᷄๑)


管理人も7月24日の休みには天気予報を信じて出かけずにいましたが、何事もなく晴れてしまい…(T ^ T)

そんな悔しい思いをしたので、31日には天気予報を見ずに出かけてやるんだ!と息巻いていました。

で、先週の31日に走って来た「大ケ山−角ケ仙ヒルクライム」の様子をお届けいたします。


7月31日(月)
天気予報は見ずに6:00に家を出発。
目指すはお馴染みの鳥取県智頭町、特急スーパーいなばで80分ほどの県境に位置する町です。

この「智頭駅」ですが、県北の東のハブ駅として便利な場所に位置していて、かれこれ4回ほど利用させていただいていたり。

「特急スーパーいなば」は県北に向かう西の路線である「伯備線」の「特急スーパーやくも」に比べて空いている事が多く、自転車🚲を置いておける荷物置き場があるので大変便利です。


6:47に岡山駅発、8:09に智頭駅着。
自転車を組み立てて、早速出発です。

まずは県道6号を目指します。


心配していた天気もこの通り。
やはり天気は読めませんね。

県道6号の物見峠を越えて「因美線」に合流するつもりでしたが…
まさかの全面通行止めの看板が。∑(゚Д゚)


物見峠までは約9㎞ほど。
迂回路となり得そうな県道303号もありましたが、可能なら歩いてでも通らせて貰えないかな?(・・?)

ダメもとで工事現場まで登ってみることにしました。


で、結果はというと…
(※写真は物見側となります)

無事に通らせて貰えました。m(_ _)m
車の通行が出来ないだけで、歩行者なら通らせて貰えることがあるのを知っていたんですけどね。

でも、あまり過信・乱用してはいけないですよね。
工事関係者の方のご迷惑になってしまいますから。


物見峠は標高620m、北の「桜尾山」と南の「釈山」の稜線を越える峠となります。

因美線の「物見トンネル」が通るまでは、峠越えの大切な道だったのでしょうね。

因美線 物見の踏切


しばらく因美線の線路沿いを走ることになります。
美しい路面状態の県道6号

因美線 美作河井駅の手前で北に曲がります。


「日本のふるさと100選」にも選ばれた「阿波ふるさと村」の自販機がヒルクライム前の最後の補給ポイント。

「大ケ山スカイ愛ランド」への看板とともに、道は細く・上り坂となります。


大ケ山スキー場まで登って来ました。

日差しを遮る背の高い木もなく直射日光ガンガンの中でフラフラになりながら、なんとかスキー場の物置跡?らしき建物の陰で休憩。

当たり前ですが、誰もいませんし何もありません。
水を飲むにも次の補給ポイントがあるか分からないので、あまり無計画に消費出来ませんし…


少し不安になりながら、スキー場からスカイ愛ランドに向かう尾根づたいの道を走ります。

先ほどまでの上り坂と一変、起伏の少ない道でホッとしていましたが、ガードレールに付いた事故の痕(傷・曲がり)に積雪期の危険さを感じます。

まあ、7月の自転車🚲乗りには関係ありませんがね。


いよいよ大ケ山スカイ愛ランドへの上り坂となります。

上り坂になりますが、なるんですが…

今回は断念!m(_ _)m
残りの水分量を考えると、どうにも不安でチャレンジしきれませんでした。

脚は大丈夫なのですが、身体の熱が如何ともし難いというか。

少し漕いだだけで心臓がバクバクいうというか。

秋・冬ならいける気がしますが、今度は積雪が問題になるんでしょうね。

もう少し涼しくなってから(8月31日で県道6号の工事も終わるらしいですし)再チャレンジといきましょう。


大ケ山を後にして少し下ると県道336号の終わりに出ました。

この地点は、南には黒木ダム、北に倉見温泉♨️があり、倉見を越えると「三十人ケ仙」、さらには恩原高原へと続く「根知遠藤林道」があります。

今回はこの道を西にとって、庄原川を遡って「角ケ仙」の麓をはしる「美作北林道」を走ります。

間伐されて程よく日差しのある美作北林道



直射日光さえなければ調子よく登れるぐらいの斜度の中をしばらく行くと、鏡野町との境を越えて道が下り始めます。

途切れていた川の流れも始まって、「香々美ダム」へと流れ込みます。


この辺りは風光明媚。
遠くに見えるのは何山でしょうね。




路面状況も良く、幸せに走っているのですが…


Σ੧(❛□❛✿)自販機がないぞー!

(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾ついでに信号もないぞー!

智頭駅を出発してから見かけた自販機は阿波で寄った自販機が最後ですし、信号に至っては1度も遭遇していません。

こりゃあ、田舎の子供が信号を知らないはずか?
岡山県民がウインカーを出さないのと関係があるのか?


あまりの暑さと軽い脱水症状で変なことを考えながら、それでも下り基調の道に助けられながら走っていると…

自販機発見!
鏡野町真経 真経小学校付近。

(つД`)ノあなたが神か⁈

智頭を出発してから4時間ぶりの自販機は「伊藤園」でした。


ポカリを一気飲みして、麦茶を2本買いました。
最後までボトルに残しておい水は温いから捨ててしまえーψ(`∇´)ψ

あぁ、生き返る〜♪(´ε` )
人間の6割は水分で出来ているという事を実感します。


そして信号にも「初遭遇!」

鏡野町、ひいては岡山県を代表する全国企業「山田養蜂場」の建物です。


あまりの暑さに「汗💦ビチョ」だったので、中に入ることはしませんでしたが、「ぶんぶんファクトリー」や「蜜蜂農園」でハチミツ🐝ソフトクリームがいただけます。

(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾食べたかったよー。


そこからは田邑の交差点を左へ、神楽尾山を回り込むように走って津山駅へと至りました。


走行距離 80㎞足らずで正味4時間少し。
平均速度が20㎞/h を切ってしまいました。(つД`)ノ

8:22に智頭駅を出発して、津山駅着が13:10ぐらい。
お昼の休憩をしていない割にはペースが上がっていないのは暑さのせいでしょう。


家に帰り着いたのが15:00過ぎ。
汗💦を流してウェアを洗濯していたら「例の竜巻注意報」が発令されました。

ギリギリ雨☂️や雷⚡️に会わずに済んだので良かった良かった。( ̄∇ ̄)
 
08/04

夏の水分補給について

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

毎日暑い日☀️が続きますが、きちんと水分補給出来ていますか?

♪(´ε` )
水飲んで塩飴舐めときゃいいんでしょ?

Σ੧(❛□❛✿)
間違ってはいませんが詳しく知っておきましょう!

という訳で、今回は水分補給についてのアレコレを「自転車🚲乗り向け」にお届けいたします。



・筋肉は水分を必要としている?

人間の身体はおよそ60%が水分で出来ているというのはすでに常識の範囲ですよね。

では、体脂肪の高い人と低い人ではどちらが身体の水分量が多いと思いますか?


実は筋肉質の人の方が水分量が多いんです。

筋肉に含まれる水分量は70~75%もあるのに、脂肪に含まれる水分量は10~15%しかありません。

すなわち、筋量の多いアスリートの方が水分の割合が高く、発汗した分の水分をしっかりと補給しないと脱水症状が生じ易いといえるのです。


・ロングライドに必要な水分量は?

汗💦として失われた水分量を等しく補給すれば良いのですが、運動強度や環境で発汗量は異なります。

一概に言えないのでしょうが、体(小腸)が一度に吸収できる水分量というのがある程度決まっているので、そちらを目安といたしましょう。

色々と文献を読ませていただきましたが、多いのは「15~20分おきに200mlの水分を摂りましょう」という数値。

一度に摂る量は「多くても300mlまで」とされていました。

1時間に4回、最大量の300mlを摂取すると1200mlの水分が必要となる計算です。


Σ(゚д゚lll)ボトル2本じゃ足りないやんけ⁈

ロードバイクに取り付けるボトルの内容量は500~750mlぐらいがせいぜい。

「ダブルボトル」と呼ばれる「ボトル2本持ち」をしても1.5ℓの水分を携行するのがやっとです。

少なく見積もっても時間あたり600mlが必要なので、無補給では最大2時間半の行動しか出来ない計算です。


先日に走ったルートでは、4時間にわたって自販機がなく死にかけましたが…:(;゙゚'ω゚'):

しかも「炎天下のヒルクライムで」って、自殺行為ですよ⁈

どおりで頭フラフラ・心臓バクバクした訳だ。Σ(-᷅_-᷄๑)



・水分補給に適した水とは?

これまた常識となっていますが、真水だけを飲んでいても脱水症状は防げません。

汗💦と共に失われるミネラル分(主にナトリウム)を水分と共に摂取する必要があります。

ψ(`∇´)ψどーせ「ポ○リかアク◯リアス」でしょ?


確かに、ただの水分や塩分を溶かした水よりも「糖質」を足した水の方が身体の吸収が早いようです。

ただし、それは平生の安静な状態でのお話し。

自転車🚲乗りが水分を補給する環境は「激しい運動の最中」ということを忘れてはいけません。


スポーツドリンクに含まれる糖質は6%前後。

平常時にジュース替わりに飲むには飲み易い甘さですが、極端な運動の最中に飲むと甘く感じすぎることがあります。

また、5~6時間にわたって何ℓも多量に摂取することを考えると500mlで糖質40gも含まれる甘い水は少し心配。

糖質補給は大切ですが、そちらは行動食で摂取をしていますからね。

少し薄めたスポーツドリンクが最適となります。



・水を飲むのは水分補給のためばかりではない?

汗💦をかくために水を飲むのですが、水分補給をすることにはそれ以外にも利点があります。

それは「身体を内側から冷やす」こと。
外気にさらされず熱のこもりがちな内臓を内側から冷やすことは、体温を下げることにとっても大切なことです。

そして温い水より冷たい水の方が吸収が早いということも見逃せません。

水分補給に適した水の温度は5~15℃とのこと。
普通にボトルに水を入れていては1時間もキープ出来ない温度です。

なのでボトルには「氷」を満載にすることになるのですが、ここで先ほどのスポーツドリンクを薄める話しとつながります。

いくら「保冷ボトル」を使うと言っても「サー◯ス」ほどの保冷力はありません。

だいたい2~3時間で氷は溶けてしまいますが、溶け始めたたボトルの中では「氷満載ボトル+スポドリ=薄まったスポドリ」となるので、むしろちょうど良いあんばいでしょう。

最近はコンビニ🏪でロックアイスが手軽に購入出来るので助かりますね。



・まとめ

「水分補給はこまめに、15~20分に一度200mlぐらい」

「5~15℃になるように氷を入れて薄まったスポドリ」

「自販機のあるルートを選択」

「炎天下は避けることも考える」

お互いに「干からびたミミズ」にならないように気をつけて、自転車🚲生活に励みましょうね。( ̄^ ̄)ゞ
 
07/31

熊山ヒルクライム

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

最近の休みは「登山⛰」ばかり。
自転車🚲に乗ることが減ってしまったかもしれません。

現に今月(7/17時点)は100kmも走っていない気が…
(๑•ૅㅁ•๑)ダメダコリャ

第3日曜日に「高滝山」に登ったのですが、湿度が高めだったのと無風状態な天気で山の中なのに「暑かった」のが心残り。

たまには「風🌬を感じたいな(*´∀`)♪」
そんな訳で翌日の月曜日に、熊山にヒルクライムをして来ました。


7月17日(月)曇り☁️
久しぶりの自転車🚲にワクワクしながら、前日の登山疲れで筋肉に張りの残る脚を動かして「香登駅」まで自走します。

距離的に「1時間くらいかな?」と考えていましたが、自宅🏠から65分、ほぼ予想通りの時間で着いてしまいました。(*´∀`)♪ヤッタネ

管理人の距離感もなかなかのものがありますね。


香登駅から旧街道沿いを東に行って「鷹取醤油」さんの店先を抜ければ「熊山遺跡」への看板があります。

熊山遺跡までは約6.5km。
時速10kmで登ると「39分ぐらい」かかる予定ですが…


ここまで35kmほどを走って来たので準備体操は十分。
早速、登坂開始です。ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘


走り始めて2km少し、大滝山福生寺に到着です。
ここまでは以前に歩いてきたことがあるので、斜度もわかっていましたから楽勝!。

問題はここからの4.5km。
始めて走る道なので斜度がわかりません。Σ(-᷅_-᷄๑)

頑張りすぎず、楽すぎずっと。
クルクルとペダルを回していきます。٩( 'ω' )و


全体の斜度としては「ぼちぼち」。
管理人でも「インナー×ロー」にするほどではなく、リア⚙を1枚残して登れるぐらいの坂です。

福生寺から3.5km地点をすぎると斜度が緩やかになって、フロント⚙をアウターに入れるぐらいの余裕も出てきます。


熊山山頂への道は「電波塔」の管理地となっているのかチェーンがかけてあったので素通りをしました。

少し先に駐車場があるのでそこをゴールとしましょう。

ただの「見取り図・案内板」があるだけの場所ですが、登山⛰での休憩と比べると辺りが開けているだけで安心感が増します。(*´∇`*)

登坂タイムは35分。
斜度の緩い区間でギア⚙を重くして攻めれば、もっと短縮できそうです。

まあ、今回は様子見なのでこのへんで。(つД`)ノ
※2回目があるとは言っていない


南側の「香登方面」から登ったので、下りは北側・熊山方面へダウンヒルをしてみることにしました。

山⛰の北側の道なので日陰となって涼しく、そして薄暗くも感じます。

路面も荒れていて凸凹も大きく、グレーチング(溝)も多め・深めなので注意が必要でした。((((;゚Д゚)))))))

そして香登側よりもカーブがきつく、つづら折りが続きました。

距離的にはどちらも同じぐらいかな?
香登側の方が最寄り駅に近いのは間違いありません。


その後は、川沿いの道を「白陵高校」を見ながら南下して万富・東岡山を通って帰宅しました。

しかし、風を切って走っても暑い💦ですね。
ボトルのお茶をがぶ飲みして、なんとか帰りつきました。



 
07/23

徒歩通勤🚶始めてます

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

今度の休みにはどこに行こうかなぁ。(*´∀`*)
山⛰かな?峠🚲かな?ロングライドかな?


すっかり「登山⛰」「自転車🚲」にハマって、アウトドアな管理人となってしまいました。(´∀`*)

しかし、我ながら一昨年の今頃からは想像も出来ない休日の過ごし方をしています。

毎週のように外に出かけて、5〜6時間の運動をするようになるとは思いませんでしたよ〜。(๑˃̵ᴗ˂̵)

仕事が内勤・座り仕事が主なので、「休日に運動して仕事中で回復」なんてことが出来るのも要因の一つでしょうね。

ありがたい限りです。m(_ _)m


そんな「ありがたい環境」にいるので、朝晩の通勤でも歩くことにしました。

「徒歩通勤」って奴ですな。(´∀`*)
登山⛰に備える為と、梅雨の間に自転車🚲通勤が出来なかったのも要因です。(※7/19梅雨明けしました)


もちろん、歩くルートは「渡月坂」経由。
片道2300mなのに標高80mまで「わざわざ」登って通うことにしました。←バカだこいつƪ(˘⌣˘)ʃ


でも「登山⛰」を始めてからというもの、あきらかに「太もも」を動かすのが軽く感じられます。

自転車🚲を漕ぐ際の「もも上げ」が今までになく「軽く・楽に」動かせている気がしていたりして…

・:*+.\(( °ω° ))/.:+こりゃあ、やめられませんなぁ〜


 
07/19

チェーン⛓が錆びた!

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

小雨🌂混じりの曇り空の下、鬼ノ城ヒルクライムを強行した管理人。

本人は平気でも自転車🚲にはそれなりのダメージごあったようで…

チェーン⛓が錆びてしまいました。Σ(゚д゚lll)ゲッ⁈

ざっと水分を拭っておいたつもりでしたが、丸24時間置いただけでこのありさまです。

慌てて、車体・チェーン洗浄をして注油を行いました。


Σ(-᷅_-᷄๑)以外に錆びるもんだなぁ…
実体験するまでピンときませんでした。

チェーンオイルは「シマノ PTFE ループ」という、いたってノーマルなまま。

梅雨の時期に合わせて、ウェットなオイルを使って見ようかな?


 
07/17

鬼ノ城ヒルクライム

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

九州の豪雨災害の後も、日本各地で大雨が続いていますね。

岡山県も県北部を始めとして、毎日のようにゲリラ豪雨が発生する日が続きました。


そんな中でも「普段通り」の生活を送ってこその岡山県民!と考える管理人。

ᕦ(ò_óˇ)ᕤ週一しかない休みを潰してなるものか!

路面が濡れて滑りやすいのを覚悟で、鬼ノ城ヒルクライムに挑戦して参りました。੧(❛□❛✿)

7月10日(月)雨☂️時々曇り☁️
通勤時間帯の渋滞を尻目に、岡山から総社に向けて「車🚗」で向かいました。

少しでも余力を残しておく為ですが、ヒルクライムに不要な荷物置き場と、いざ「雨☔️」という時のテント⛺️がわりにする為でもあります。

雨の砂川公園
到着数分前に一瞬、土砂降りになりました。

スタート地点は「残り3000m標識」
以前の鬼城山登山で見つけた目印です。


それでは、「よーい、ドン!」
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘よいしょー!!





_(:3 」∠)_ムリだったよ…

途中の側溝の金網で滑って、足をついてしまいました。
(ノД`)シクシク

そこからなかなかリスタートできず、タイムは21分30秒。

一度足をついてしまうと、なかなかリスタートができないのが「激坂」の難しいところ。

側溝で滑ることなんか承知の筈でしたが、斜度がキツくてスピードが落ちていたところで金網に乗ってしまい、タイヤを滑らしてしまいました。Σ(-᷅_-᷄๑)

下りは7分そこらで到着。
下ハンドルを握って、こわごわと下りました。

テント🏕がわりの車で少し休憩します。

この日は湿度が60%越えの真夏日。
汗💦が乾かずびっちょびちょです。


よっしゃああ、回復した!
2本目、行くぞー!ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘





٩(๑❛ᴗ❛๑)۶完走できました!

タイムは19分35秒。早いか遅いか?はさて置き、足をつかずに走りきれました。

最初の走りでコースの勾配がわかったのと、準備運動が済んで脚が動いた影響だと思います。

内心これで帰りたかったのですか、まだ2本目。
獲得標高600mぽっちでは帰れません。


「ファンライド鏡野」は160㎞で獲得標高は2400m!
鬼ノ城ヒルクライムだと8本は走らないといけない計算です。

斜度が違う?とはいえ、こちらは往復6㎞すこし。
せめて4〜5本は走らないと格好がつかないです。


行動食でエネルギー補給をして、いざ3本目。
目指すは2本目のタイムを超えることですが…

ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3もう帰りたいよー





(ノ_<)帰ればよかった…

坂の1番きつい場所でもがいた際にバランスを崩してしまいました。

坂がキツすぎる時に重心が後ろにいると前輪が浮いてしまうのですが、ハンドルを切った瞬間に前輪が浮いてしまい失敗。

あえなく「足つき・リスタートできず」のコンボ。
_(:3」z)_集中力が尽きました。

タイムは22分ちょうど。下りは悔しくて少し飛ばして6分を切れました。←下りで早くてもね…


はいさい、やめやめ。
あまり根を詰めても良くありません。

集中力のないときに事故を起こすもんですし、怪我をしないうちに撤収の判断をするのも大事!

今日のところは3本でご勘弁下さいませ。m(_ _)m



BS1で連日放送されていた「ツールド フランス」のダイジェストを日々視聴していましたが、プロの方も「激坂」ではよろけることがあるみたい。
(※我々の考える激坂とは次元が違いますが…)

ツールド フランスの9日目、超級山岳のあるステージでリスタートする選手の後ろを観客が押しているのを見かけました。

( ゚д゚)ふえ〜、プロでも坂道発進は辛いんかな?

軽くコースを調べてみたら、180㎞で獲得標高4600m超!
そりゃ、あかんわ。_(:3 」∠)_

このコースを5時間7分で走り切る超人たち!
そして、23日間(休養日2日なので正味21日)で3516㎞を走るという…((((;゚Д゚)))))))


某TV番組ではないですが、S○SUKEみたいなセットを走らせるのが自転車🚲でもありませんかね?

可動橋みたいに______が__/ になって、どこまで登れるか?みたいな。ヽ(*´∀`)



 
07/04

演奏会情報 改め サイクリングイベント紹介

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

毎週火曜日はその週に行われる演奏会をまとめてご紹介する「演奏会情報」の日。

でしたが、今週の演奏会のチラシは届いておりません。
_(:3 」∠)_

なので、別のカテゴリーからイベント紹介をさせていただきます。


9月13日(日) 岡山国際サーキットの玄関先である「F1村 満開アゼリア館」をスタート地点として、サイクリングイベントがおこなわれます。

美作路 ロングライド100&チャレンジ120「ツールド武蔵」というのがイベントの正式名称となります。

詳しくは検索をして頂くしかないのですが、この「ツールド武蔵」のコースがこちら。

国際サーキットから西粟倉村近くまで北上して、林野・湯郷の方面を回ってスタート地点に帰ってくる周回コースです。

管理人の作った「細かいアップダウンは信じないで下さい」な勾配図。

二ヶ所にヒルクライムが配置されていますね。


あまり詳しい説明が出来るほどのチラシがないのですが、興味のある方は是非とも調べてみて下さいね〜。

管理人も天気をみて、コースを試走しに行く予定です!
\\\\٩( 'ω' )و ////
 
06/27

演奏会情報 改め サイクリング・イベント情報

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

早いもので、6月も最後の週となりました。
今週末には7月に突入し、コンクールの地区予選の足音が聞こえて来ちゃいますよ⁈

岡山県は全国的に見てもコンクール日程が遅い部類に入ります。

しっかりと準備をして、コンクールに挑んで下さいね〜。٩(๑❛ᴗ❛๑)۶


さてさて、今週の演奏会情報ですが…
今週は演奏会情報が届いておりません。Σ(-᷅_-᷄๑)

その代わりと言ってはなんですが、管理人の趣味にまつわる「イベント情報」をご紹介します。


10月22日(日)岡山県鏡野町で「ファンライド鏡野」が行われます。


自転車🚲で鏡野町を「ぐるっと」一回りするイベントなのですが、そこは「ネジの外れた人達」が多い自転車業界。

県北の山間部を「これでもか!」と走らせるコースとなりました。


東は「泉山」、西は「津黒山」、北は「霧ヶ峰」から「恩原高原」にかけてを走るルートで、走行距離は120km・獲得標高は2400mに及ぶ「山岳コース」となっています。

まるで登山の様な標高グラフ…



あれぇ⁈ 「ファンライド」って何だっけな。(@_@)

そして、さらに恐ろしいのは既に「定員に達した」らしいとの事。

皆さん、こぞってエントリーされたみたいで…
モノ好き(誉め言葉)な人がいるんですね。

(=゚ω゚)ノザンネンザンネン、走リタカッタナー。


でも興味が無いか?といえばウソになります。
天気が良くなったらコースの試走に行って見ようかな?