FC2ブログ
 
 
02
01月03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

02/23

〈これなーんだ?〉打楽器の名称を当ててください

皆さんこんにちは、管理人です。

先日お客さんから注文された打楽器が届きました。
管理人の20年の経験でも初めて扱う変わり種?で、

( ゚д゚)コレってメジャーなのか?
と疑問に思うので出題させて貰いました。

[問題]
次の画像に写っている打楽器の名称を答えなさい。
202002221147146a7.jpeg

正解は…






_φ( ̄ー ̄ )「リボンクラッシャー」だそうです。
写真はリズムテックの物です。

他のメーカーの物だとタンバリンのジングルが付いてたりもしますが、そちらの名称だと「クラッシャー」でした。

写真の物だとリボン(金属の板)が重なっているので特に「リボンクラッシャー」と呼ぶのでしょうね。


しかし、打楽器の世界は奥深い…
以前に「チャスチャス」「セミーヤ」「シェケレ」なんてのも注文を受けましたが、その時には知りませんでしたもん。

_φ( ̄ー ̄ )管理人は管楽器の修理学校しか行ってませんから。
後の知識は現場で知ったものなんで、扱ってないと知らない物がたくさんあります。
 
02/22

吉備路マラソン大会中止と無観客試合

皆さんこんにちは、管理人です。

(´⊙ω⊙`)観光地は大変だ〜←田舎者感
と対岸の火事みたいに眺めていた新型コロナさんの流行拡大報道。

発症者数が連日増えてメディアが騒いだ結果、ついに「東京マラソン大会」の一般参加枠が中止になってしまいました。

マラソン大会は先頭がスタートするまで何十分もすし詰め状態で待機しますからね。
致し方ない気もします。

_φ( ̄ー ̄ )やっぱり都会は反応が早いな…
人口も参加者も桁違いだしね。ショウガナイ

なーんて思っていたら管理人の親父殿がエントリーしていた「吉備路マラソン」が中止との報道が!

総社市の片岡市長が全国版のニュースに流れていましたよ!
(΄◉◞౪◟◉`)苦渋の決断をしました。
私のTwitterも炎上状態です!

会見を見た感想。
(´⊙ω⊙`)片岡市長ってこんなお顔だったんだ。←コラっ!


今後もイベント等に影響が出るのでしょうが、心配なのは3月20日に福井県で開催される「アンサンブルコンテスト全国大会」の事。

隣県の石川県で感染者が出たらしいので、ひと月後にどうなっているかわかりません。

すでに感染の広がっている北海道ではカーリング大会が「無観客」で行われるそうです。


そうなると考えてしまうのが、
_φ( ̄ー ̄ )コンクールも審査員のみの無観客で実施されるのかも…
って事。

無観客となるとホールの響きなんかも変わるんだろうな。
審査員同士も近づいたら心配なので、席を離して審査したりして。

そうなったら聴こえ方も変わっちゃうかな?


政府からは
「不要不急のイベントには行かないように」
なんて発表もされていますが、

Σ(-᷅_-᷄๑)イベントは期間限定だからイベントなのでは?
と思ったり。

卒業式や入試試験、就職説明会なんてのは不要不急じゃないですよね。

イベントをあてにしていた商店や地域にしては大打撃でしょうし、イベントコンパニオンのお姉さんなんかもお仕事無くなってないか心配です。

まあ、その点ウチの店は不特定多数の来店のない「独立店舗」の楽器屋。
しかも修理に関しては人と常時触れ合わないので影響はないのも助かってますよ。

 
02/20

名器エリートから学ぶ再発見!(パイパーズvol.463より)

皆さんこんにちは、管理人です。

今日の更新はたった今届いた管楽器専門誌「パイパーズvol.463」より、懐かしい名器についての記事から。

昔々に発売されていたクランポンのクラリネットの機種である「エリート」。

管理人も知識としては知っていましたが、ついぞ実物を触る機会もなく製造が終わってしまった楽器です。

(´-`).。oOなんか高級な楽器だったよな…
くらいにしか思っていませんでした。

その名器「エリート」を紹介する記事から、今はないエリートの特徴や今にも活かされる技術なんかをご紹介します。
20200220132044f2e.jpeg


まずは外見上の特徴からあげてみると、
・ボアは細身
・管体の肉厚が薄い
・もちろん重量も軽い
・肉厚が薄いため接合部に金属リングをつけられない(替わりにカーボンファイバーが巻いてある)
・全てのタンポに反響板(レゾネーター)が付いている
・幾つかのトーンホールが煙突状に立ち上げてある
・低音補正キーが付いたモデルもある
・↑そのため下管がとんでもなく長い
などなど。

( ゚д゚)ナンダコリャ?
従来のクランポンクラリネットと違いすぎます。

正直、こんなに違いがあるとは思っていませんでした。

管厚については、同時期に発売された「セルマー レシタル」がとても分厚い管体であったことに対抗したいるそうです。

管体を薄くしたからこそ「接合部のカーボンファイバー補強」や「煙突状に立ち上げたトーンホール」が生まれ(必要になった)訳ですね。


管体を薄くしたことによって得られたのが、記事中で「音の速さ」と評されている「音の立ち上がりの速さ」。

記事中ではこう書かれています。

〜〜これは好みの問題になる訳ですが、最近出ているいろんな楽器は「音が遅い」んですよ。
 それぞれパワフルさを謳っていても、オケの中で決して大きな音量で聴こえるわけではないと思っています。
 その代わりに、吹いた感じは柔らかく心地がよい。〜〜

_φ( ̄ー ̄ )ナルホドね。
肉厚を増してパワフルにしたセルマーと、薄さでもって音を先に飛ばしたクランポンの違いだと。


この「エリート」がなくなった後にハイエンドモデルの「トスカ」が発売されたのですが、トスカにもこのノウハウが活かされていそうなのだそうで。

思い返してみると「トスカ」を試奏されたお客さんの感想で似たようなものがありました。

「手元ではさほど鳴ってなく感じる」
「今までと同じくらいで吹いたのに客席で大きく聴こえたらしい」
「あの人がトスカにしてからバランスが崩れた」

などなど。
_φ( ̄ー ̄ )音の立ち上がりが速いから周りよりも大きく聴こえたのかな?なんて。


現代の改良された楽器については記事中でこう称しています。

〜〜今の多くの楽器は改良が行き届いて、誰が吹いてもその音は出やすくなっている。吹きやすいし、音程も取りやすい。〜〜

〜〜ところが楽器が改良されるに従って、口ではなく楽器で演奏するようになっていった。
 音色や息づかいなどというのはあまり感じられなくなり、結局はどれだけ指が回るか、タンギングが凄いか、といった世界になってしまった。〜〜

Σ੧(❛□❛✿)まったくだ!その通りだ!
最近の楽器は吹きやすくてけしからん!←?

正直、楽器は「難しい」であってもいいと思うのですよ。

「同じ音が吹きやすい(コントロールが容易)」ではなくて「いろんな音色が吹きやすい(コントロールが難しい)」
であって欲しいなぁ、なんて。

もちろん、入門用の簡単に操作できる楽器も必要ですが、音楽家の技術でやっと制御できるような楽器もあって欲しかったりしますのですよ。

(_ _).。o○エリート…一度吹いてみたかったな…
 
02/11

シングルリードの「硬さ」について

皆さんこんにちは、管理人です。

常識としてそれまで当たり前に感じていた事を「ふと考えた時」に、
(・・?)アレおかしくね?
と思ったことありませんか?

管理人が先日思ったのが「リードの硬さ」についての常識。

発端はお店にかかってきた一件の問い合わせからでした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
( ´Д`)y━バンドーレンのリードで「2番」は置いとられますか?

(>人<;)ゴメンなさい〜「2半」までしか在庫してないんですよー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いたって普通の在庫確認の問い合わせたったのですが、それが引き金となった色々考えてしまいました。

まず考えたのは、
(・・?)バンドーレンのリードは何番までだったかな?

正規輸入元「株式会社ノナカ」カタログより
20200207112952d2a.jpeg

カタログによると「1番」から「5番」までのラインナップです。

そこで疑問に思いました。
(๑•ૅㅁ•๑)リードは「厚い・薄い」じゃない!
「硬い・柔らかい」なんだ!
俺たちは同じ形に削っているだけなんだよ?

と言われたリードメーカーさんの言葉を。

話を聞いたのはバリトンサックスのリードが「長期品薄状態」だった時。

なぜ特定の楽器、特定の硬さのリードが品薄になるのか?を尋ねた時の事でした。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・リード自体の形(先端の厚みや削り方)は3番も4番も変わらない。

・同じ形に機械で削ったのに、ケーンの繊維等の質によって硬さにばらつきが生じてしまう。

・自然に生じた硬さのばらつきで「1〜5番」に振り分けているから、狙った硬さのリードは製造出来ない。

・だから特定の硬さのリードが品薄になっても、狙って増産は不可能だ!

・ケーンの太さによって作れるリードが決まってしまうから、天候不順でケーンが太くならないと大きな(幅の広い)リードは製造出来ない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

などなどです。

その時は、「へ〜、大変なんだ…」
くらいにしか思いませんでしたが、冷静に考えるととんでもないですよね?

だって「同じ厚みで硬さが1〜5番ほども違う」んですよ⁈

_φ( ̄ー ̄ )鉛筆で言ったら「1B」と「5B」の違いがあるってどうよ?←例えがおかしい

まあ、天然素材ですしケーンの根元〜中間〜先端で繊維の太さ・硬さが違うのも理解は出来ますが…

Σ(-᷅_-᷄๑)「それにしても1〜5番の差が出るとは…」

大変なんだろうな。リードメーカーさんも。
 
02/09

手慰みに…立体パズル「ki-gu-mi」

皆さんこんにちは、管理人です。

年度末の予算使い切り需要の忙しい「狭間」に、空き時間がぽっかり出来たので、ちょっと手悪さをしてみました。

何年も前に流行った?「木製立体パズル」の続編的な商品。

Wooden Art「ki-gu-mi」です。
20200204144057755.jpeg

工具・接着剤不要で簡単に組み立て出来るお手頃パズルのki-gu-mi。
20200204144230eb3.jpeg

中学生くらいなら10分もあれば形にできちゃいます。

こだわるなら塗装・着色をしたり、弦や弓毛を本物の繊維にしてみても良いでしょうね〜

(๑╹ω╹๑ )暇があったらやろう。

この組み立て済みの実物も展示販売している(※現品限り)ので、組み立てが面倒な方は申し付けてくださいね。

その場で組みあげてお渡ししますよ!
 
02/07

課題曲Ⅴに登場する演奏記号について調べたよ

皆さんこんにちは、管理人です。

昨日の更新でも触れましたが、2020年度のコンクール課題曲が届き始めていると思います。

聴かれてみていかがでしたか。
今年は何番が流行るのかな?なんて。

管理人も休憩がてらにフルスコアを眺めてぼんやりしていましたが、課題曲Ⅴにでてきた見慣れない演奏記号に戸惑ってしまいました。

なんせ始めてみた物が多いんですもん。

Σ(゚д゚lll)なんだ?コレ。
と思ったので早速調べてみました。


指示楽器→オーボエ
[bisbigliando]ビスビリャンド
元々はハープの奏法でトレモロのような演奏をすることを指す。※カラートリルとも。

管楽器についた場合(※今回のオーボエ)では、
「同じ音の高さで微妙に違う音色・音程でトリルをする」の意味になります。

_φ( ̄ー ̄ )関係ないキイを開け閉めして音程を変える感じかな?


指示楽器→コントラバス
[Bartok pizzicato]バルトークピチカート
弦を指板から垂直方向に弾き、指板にぶち当ててバチン!という音を出す奏法。

_φ( ̄ー ̄ )ピチカートの失敗も狙ってやれば効果音になる!
名前がついてたんだ⁈と思った。

[Flag.](Flagioletto)フラジオ
弦長の1/2、1/3、1/4…となる場所を押さえずに弦に触れて弾き、倍音を取り出す奏法。

_φ( ̄ー ̄ )サックスのフラジオとは違った感じなのかな?強制倍音とは違うし…


指示楽器→トロンボーン
[flt.](Flutter)フラッター
巻き舌をしながら音を出す奏法。


他にも、
「逆さまに持ったマウスピースをマウスパイプに当てて息を吹き込む」
なんて指示もありましたし、

「randam key noise」「randam valve noise」
※適当にキイをぱたぱたしてね!←意訳
なんてのも登場します。

Σ(-᷅_-᷄๑)うーん、変わった曲だ…
参考音源を聴かないと想像がつかないぞ?

でも取り上げる団体はあるんだろうなぁ。
 
02/06

2020年度全日本吹奏楽コンクール課題曲

皆さんこんにちは、管理人です。

なんだかんだで余り報道されていない吹奏楽連盟さんの不祥事。
どうなっていくのかな?

Σ੧(❛□❛✿)一般会員には全く関係ないよ?
とばかりに、注文していた課題曲のスコア・CDが届いていました。
2020020413324404c.jpeg

全日吹の事務局も働いてるんだ⁈
てっきり配送に影響が出ると思ったよ。

しかし、ついこの間にアンサンブル大会が終わったと思ったら課題曲ですよ。
毎年のことではありますが早いなぁ…なんて。


それはさておき。
今年の課題曲で注目しているのは「課題曲Ⅲ:僕らのインベンション」

この曲の作者はなんと、皆さんお馴染みの「宮川彬良」さんです。ユウガタクインテット!

_φ( ̄ー ̄ )宮川彬良さんはNHK教育のイメージしか無い…

最近では大阪市音の棒を振られたたり、ポップス曲の吹奏楽編曲をされていらっしゃいますが、

( ´Д`)y━「ゆうがたクインテット」
の印象が強すぎます。

そんな宮川彬良さんが「吹奏楽コンクールの課題曲」を作曲されると発表されてから楽しみにしていましたよ〜。

実際に生徒たちが吹いて・聴いて、どんな感想を持つかな?
と期待しています。
 
01/29

吹奏楽連盟の役員報酬・事務局員の給与について

皆さんこんにちは、管理人です。

色々賑わせている昨日のニュース。
全日本吹奏楽連盟の事務局長・次長が給与を水増しして不正受給していた件。

Σ(゚д゚lll)吹連の理事って報酬があったんだ⁈
と思ったので、全日本吹奏楽連盟の定款を調べてみました。

第26条(役員の報酬等)
第27条(事務局)
20200129132247b9b.jpeg
20200129132301421.jpeg

これを読むと、
「理事及び監事には総会で認められた金額内で報酬を支払う事ができる」
とあります。

事務局長・次長などの事務局員には、
「事務局には事務局長を置いて、事務局員は有給とする」
とあります。

(・・?) 事務局の給与はどう決めるの?
総会?理事長?

_φ( ̄ー ̄ )定款には「理事及び監事」としか記載されてない。
事務局の給与については触れられてなかった。

その辺りが今回の不正受給に関係していたんではないでしょうかね。


しかし、吹奏楽連盟の理事監事事務局に報酬が出ていたなんて知りませんでした。

全吹連だけ?支部吹連も?
県吹連で報酬があるとは聞いていませんが、どうなんでしょう。

そして「給与の水増し」で1億5千万円も増やせるのがおかしい。

10年で1億5千万。1年で1千5百万。2人だったから1人当たり750万円。

Σ(゚д゚lll)月額¥600,000-(60万円)の水増し⁈
いったい正常な給与は幾らだったのか?

「水増し」っていったら「何割か」程度ですよね?

事務局長・次長は、
「丸谷理事長に許可を得た」
なんて話しているみたいですけど、

(*´∇`*)給与を60万円増やしていいっすか?

(΄◉◞౪◟◉`)いいよ!

な訳あるか?ないわ!
あまりに現実的じゃないのですが…
 
01/28

全日本吹奏楽連盟の事務局長ら2人が不正受給で解雇!

皆さんこんにちは、管理人です。

新型コロナウイルスで巷が騒がしい今日この頃。
NHKのニュースを聞いていたらとんでもない事件がぶっ込んできました。

〈ラジオ〉
_φ( ̄ー ̄ )全日本吹奏楽連盟の事務局長ら2人が1億2千2百万円を不正受給したとして解雇されました。

ΣΣ(゚д゚lll)⁈マジか!
事務局長って誰だったっけ。理事長は丸谷先生だったよなぁ。

少し調べてみると、事務局長と事務局次長の2人が2009年から2019年の9年半に渡って、給与や賞与の額を水増しして受けとっていたらしいです。

んで、水増し分を「コンクールの会場費」や「楽譜の製作費」に付け替えていたと。

2019年の12月に内部からの告発があって調査委員会が調べて発覚したそうです。

Σ(゚д゚lll)あーあ。どっちらけですなぁ…
そんな事するよりコンクールのあり方を変えなきゃいけない時期だろうに。

これからの捜査次第ではありますが、横領していた2人は「理事長(丸谷先生)の了解を受けていた」と供述しているとも報じられています。

Σ(-᷅_-᷄๑)まぁ事実はどうあれ、執行部は引責で辞任…しなきゃ連盟自体が見限られかねない。


とは言え、吹奏楽連盟というと全国組織すぎてわれわれ末端の人間には関わりがないのが現実です。

県吹連とか中国吹連なら少しは身近に感じますけどね。

きちんとした全容解明と説明が待たれます。
 
01/23

楽器を吹くことは「仕事」ではなく「情熱」らしい

皆さんこんにちは、管理人です。
大層なタイトルですが単なるTVの感想です…


先日BS放送の「海外街歩き」的な番組で、クラリネットを練習しているところに出会った場面がありました。

_φ( ̄ー ̄ )おっ?クラリネットじゃないか。
ブランドは何処のかな?

男性の先生と2人の女の子が一緒に曲を吹いていたので、楽器のメーカーを確認したりリガチャーを確認しながら見ていたらインタビューが始まりました。

(クラリネット楽しい?)※インタビュアー
(*´∇`*)※少女)とっても楽しいです!

(先生はどんな人?)
(*´∇`*)とても優しくて教えるのが上手なの!

(将来何になりたい?)
(*´∇`*)パン屋さんかクラリネットの先生!

(どんな先生になりたい?)
(*´∇`*)(目の前の)先生みたいな先生!

とやりだすので、
(*´ω`*)よきかなよきかな〜
と思っていたら。

(ㆀ˘・з・˘)でも、少し迷ってるの…
と少女が続けました。

(何を迷ってるの?)
(*´∇`*)だった楽器を吹くことはお仕事じゃないでしょ?キラキラ

(๑•ૅㅁ•๑)※先生)そうだね。音楽をすることは「仕事」じゃなくって「情熱」だよ。


∑(゚Д゚)うーん、この海外ドラマ感…
音楽を楽しむことは仕事じゃない!と。
やりたいからやってるんだ!と。


_| ̄|○ そんな想いは無くしちまったよ…
雪を白く見れない、薄汚れた管理人には眩しすぎる笑顔で楽器を吹いていた2人の少女でした。