11
10月12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

11/22

金管楽器の材質は音にどんな影響を与えるか (パイパーズ vol.436 より)

Category : 雑誌&書籍
皆さんこんにちは、管理人です。

今回は音楽雑誌「パイパーズ vol.436 」より、興味深い記事をご紹介します。


題して、
「金管楽器の材質は音にどんな影響を与えるか」です。


記事はアメリカの楽器メーカー「シルキー Schilke」の創業者でありトランペット🎺奏者であった「レノルド・オットー・シルキー」氏の講演録で構成されています。

記事の見出しにも興味深いものが多く、
・鉄のベルと鉛のベルの極端な例
・ベルの厚さにはムラがあった方がよい
・プレート、ラッカー、ノーラッカーの問題
・ラッカーは普通の紙の倍の厚さに
などが挙げられています。

最後には、
・一番大事なことは楽器の気密性を保つこと。とあり、どんなに楽器の設計・材質に工夫をしても楽器に完全な気密性が保たれていないと意味をなさない。
とあります。


記事の内容まで詳しく書けませんが、金管楽器奏者なら心ときめく内容であると言えます。

9月2日に行われた「保科アカデミー室内管弦楽団」の記事では、お元気そうな 保科 洋 先生 の写真も見て取れます。

パイパーズvol.436 絶賛発売中ですよ〜٩( 'ω' )و


 
11/21

11/21〜27日 演奏会情報

皆さんこんにちは、管理人です。

早いもので今年も残り40数日。

ヤバい、((((;゚Д゚))))))) 何もできていないぞ⁈
今年中にしたい事って何かあったっけ?(・・?)


毎週火曜日にお届けしている「演奏会情報」
11月21日〜27日に行われる演奏会をご紹介します。

11月27日(月)ルネスホールでフルートのリサイタルが行われます。

[日時]11月27日(月)18:30開場 19:00開演
[場所]ルネスホール
[入場料]一般¥2500- 大学生以下¥1500- 前売¥500-引き

岡山県は赤磐市出身のフルート奏者 立石 和美さんのフルートリサイタルです。

当店から近い「ひまわり音楽教室」の講師をされているので身近に感じてしまいますね。

ゲストにNHK交響楽団の首席奏者 神田 寛明氏を迎えて、ピアノ 鈴木 華重子さんでお届けします。

プログラムはクラシックの7曲が予定されているので、皆さん是非聴きに行ってくださいね。
 
11/20

那岐山~滝山を縦走しよう!

Category : 登山
皆さんこんにちは、管理人です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ついに「リベンジ」してまいりました!(*´∀`)♪

( ゚д゚)何のことだい?

管理人の「膝」と「お尻」を破壊した「那岐山~滝山」間の縦走のことですよ!੧(❛□❛✿)

ƪ(˘⌣˘)ʃ あんたも懲りないねぇ…

1度の怪我で諦めたりしないやい!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
という訳で、「痔核の脱出」から丸5週間。
息をひそめて復活の機会を探っていましたが、先日の「県立森林公園」でのトレッキングで自信を持ち直し、ついにリベンジの日となりました。

11月に入ってからは「晴天☀️」が続いていますが、その分「放射冷却現象」で朝晩の冷え込みも厳しくなってきています。

県北の最低気温も「氷点下❄️」を予報し始めていますし、これが「今年最後の那岐山登山になる!」と意気込んでの出発です。


11月6日6:00
今日は冷えるなぁ…:(;゙゚'ω゚'):ブルブル

Σ(゚д゚lll)氷点下やーん⁈
(※その日の夕方になって知りますが、この日は各地で「今年一番の冷え込み」となっていました)


いつもの時間に出発しましたが、何だか車の流れが悪いみたいで予定より少しだけ遅く「那岐山麓山の駅」に着きました。

とは言っても「那岐山麓山の駅」は「月曜定休」なんで、1度も利用できておりません。
(※毎回トイレだけお借りしていますm(_ _)m)

岡山市内はそうでもありませんでしたが、県北は「霧」がかかっていました。

那岐山は快晴☀️!

(((o(*゚▽゚*)o)))ああ、幸せな日になりそうだ❤️


那岐山第二駐車場に車を停めて「菩提寺」を目指し歩き始めました。

まずは「国指定 天然記念物(樹齢900年?)」の「大イチョウ」の紅葉🍁具合を見に行きましょう。
=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘エッホエッホ

まだまだ「色づき始め〜2分」ぐらいかな?


大イチョウに挨拶を済ませて、那岐山の登山道「Aコース」を登り始めます。(8:20開始)

5合目辺りまでは「丸太階段の急登」が続くので、膝を痛めないようにゆっくりゆっくり。

8合目辺りで眺望が開けました。

西南の方角ですが霧の中の山々がいい感じです。


10:15 那岐山 山頂に到着です。
南側はあいにくの霧ですが、3回目にして初めて「大山🗻」が見えました。・:*+.\(( °ω° ))/.:+

大山と那岐山は直線距離で約78㎞ほど離れています!
それだけ空気が澄んでいたのでしょうね。(≧∇≦)

拡大してみると…

中国山地を代表する「独立峰・大山」
別名を「伯耆富士(ほうきふじ)」と呼ばれます。

ちなみに管理人は中学生の時に「大山登山」が授業であった世代ですよ。(*^ω^*)


ああ〜、今日は良い日だ。(о´∀`о)

山頂の「トイレ」で用を足して、滝山への縦走に備えてっと…

( ゚д゚)あれ、なんか壊れてない?


Σ(゚д゚lll)ボロボロやーん⁈

2週続いた「台風」の影響でしょうか?

Σ(-᷅_-᷄๑)トイレが使えないのなら仕方ない。
ペットボトルにしよう。←きちんと持ち帰りました


那岐山は「檜皮の森」ですが、滝山方面の山は広葉樹が多めです。

山の紅葉🍁はイマイチですが、縦走路は最近になって「刈り込み」が行われたのか道筋がハッキリしています。


まずは那岐山~滝山の中間地点となる「展望台」へ。

滝山までは「残り1.9㎞」です。

前回引き返した地点を越えて、初めて歩く稜線を過ぎ、ついに「滝山 山頂」が見えてきました。

那岐山 山頂を出発して1時間、滝山山頂に到着です。

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶やったー 「リベンジ 達 成 !」

時刻は11:30、滝山展望台で昼食です。
たっぷり30分の大休憩となりました。

昼になっても南方面はスッキリと見通せませんでした。

代わりに鳥取県側は良く見えています。

那岐山の2つのピークもハッキリ。

あそこから歩いて来たんだなぁ…(*´꒳`*)

8:20に出発してから往路で3時間40分、約7.0㎞。


気を引き締めて復路にかかりましょうか。
膝に負担をかけないように一歩一歩、歩いて行きます。

帰りは「那岐山 Cコース」を下りましたが、何だか山が荒れています。

こんなレベルの倒木があちこちに倒れていました。

Σ('◉⌓◉’) これが日本三大局地風「広戸風」の力か⁉︎

ガレ場に積もった落ち葉🍂で足元が良く見えません。
何度もつまづきながらも、無事に下山出来ました。

往路のタイムは2時間40分、約6.5㎞でした。


(*´ω`*)よかった良かった。膝もお尻も大丈夫みたい。
往復13.5㎞・7時間近く山⛰を歩いて大丈夫なら、完治したと思って良いかな?

そろそろ自転車🚲にも乗りたいですね〜。
そういえば注文していた「100ℓ鉢」も届くし、植木の植え替えもしないとだし…Σ(-᷅_-᷄๑)

しばらく晴れ☀️が続いてくれることを祈ろう!
 
11/19

(カタログ)コマキ通商株式会社

皆さんこんにちは、管理人です。

2017年も残り1ヶ月と少し。
気が早いメーカーさんは来年度のカタログを送ってきてくれる時期です。

そんな中、最早でカタログを送ってくれたのが、数あるメーカーさんの中でも一二を争う「カタログ好き」な今回ご紹介する「コマキ通商株式会社」さんです。

オリジナル・ブランド「KMK」や「ソナー」、「レフィーマ」や「小出シンバル」など、少しお高いブランドを中心に扱う総合打楽器問屋さんです。

(ㆀ˘・з・˘)モノは一流だけど予算がないよ〜
そんなイメージが強い気がします。

紙媒体のカタログが減っていく昨今で、こまめに新カタログを用意される点には頭が下がりますね。m(_ _)m

¥1.300.000-を超えるコンサートバスドラム
¥900.000-近いグロッケンシュピール
¥2.000.000-を軽く超えるドラムセット などなど。

ため息が出るばかりですが、目の保養にはなりますのでご自由にお持ち帰りくださいませ。

 
11/18

職場体験 終了報告

皆さんこんにちは、管理人です。

先週から二校続けて受け入れていた職場体験も、先日で終了いたしました。

(*´ω`*)やれやれ、疲れた…

付きっ切りで楽器の分解・洗浄・組立を始動していたので、普段の修理以上に疲れましたよ〜。

最近の子供はネジを回したことがなかったり、木槌で叩いたこともなく、ペンチで物を掴むことも出来ません。

そんな中で二校の生徒さんは、四日間・三日間と頑張ってくれました。


中でも二週目に受けた学校さんは普段メンテナンスが入っていない様で、楽器の中がガビガビになっていました。

毎日2人で4本、計12本の楽器を分解洗浄しましたが、使用したパーツの総量がトンデモない!

Trp×2、Hr×2、Trb×3、Euph×3、Tuba×2の12本で使ったパーツ代が¥12,650−にもなりました。

別にウチが儲けた訳ではないので内訳まで書いちゃいますが、
・バルブスプリング×10 @340
・W.keyスプリング×2 @140
・W.keyコルク×13 @60
・石突きゴム×3 @100
・ロータリーゴム×1 @100
・ピストンフェルト×40 @60
・ピストンパッド×11 @100
・スライドフェルト×6 @100
・バルブガイド×11 @240
以上がヤマハのパーツ単価です。
加えて、一般品の消耗品として、
・洗浄用に使ったベンジン 500milli瓶×1 @600
・洗浄用に使ったガーゼ 15m @450
以上を使いました。

オイルやグリスを言い出したらキリがありませんし、楽器の故障箇所(凹・ハンダ・固着・湾曲 等)をその都度直していたので大変でした。


(´-`).。oOこれを全て「有償」で直していたら凄い金額になっただろうなぁ。

まあ、職場体験は採算度外視でやっています。
一銭も(パーツ代以外は)戴いていませんが、生徒さんが熱心に取り組んでくれるから良いかな?

二週の間にたまった作業を進めるとしましょう。(*´Д`*)