12
11月01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ようこそ!ワタセブログへ

ミュージックハウスワタセ

Author:ミュージックハウスワタセ
楽器・楽譜・修理・調律の店
吹奏楽管楽器CD
ミュージックハウスワタセ

様々な情報や活動を紹介します
どうぞよろしくお願いします
相互リンク大歓迎です

700-0089
岡山市北区津島本町4-30
TEL:086-255-5611
FAX:086-255-5622
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎週月曜日/第3日曜日

岡電バス【岡山大学・妙善寺】行
終点【妙善寺】下車 徒歩1分
山陽自動車道【岡山IC】/
JR岡山駅より車で約5分
ワタセの地図(Google map)

アクセスカウンター
twitter
最新記事
ブログ内検索
カテゴリ
おすすめリンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ
過去記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
お問い合わせはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯ブログはこちら
QR
人生が輝き出す名言集


presented by 地球の名言

12/07

オプション・ネック

皆さんこんにちは、管理人です。

歴史の長い吹奏楽部になると備品楽器の数も増えていきますが、数が増えると不思議な事が起きたりするものです。

とある中学校ではテナーサックスのネックが無くなりました。

まだ10年も経ってない新しい楽器なので、メインで毎年使っていた筈なのにです。

楽器倉庫中のサックスをひっくり返してみても見つかりません。

仕方がないので新しいオプション・ネックを購入してもらいました。


何で無くなるのかな〜? と話をしていましたが、別の学校の先生に、「部活の記念に持って帰る卒業生がいた」という証言を聞きました。

個人で買ったマウスピースを持って帰るくらいは分かりますが、まさか備品楽器の一部であるネックを持って帰るのは想像出来ませんでした。

たまに無くなるクラリネットのバレルもそうなのでしょうか?

なにはともあれ、何でもない事に部費を使う羽目になった顧問の先生はご立腹です。

部員の皆さん、備品楽器の管理はきちんとしましょうね
 
12/06

12/6〜12/12演奏会情報

皆さんこんにちは、管理人です。

昨日の岡山市内は霧が凄かったですね!

管理人はたまたま「金山」に登っていたので写真を撮りました。

岡山市内を一望できるのですが、一面真っ白です!

そんな「金山ヒルクライム」の様子は月曜日にお届けするとして、12月6日から12月12日までの演奏会情報の紹介です。


まずは12月10日(土)に和気町の学び館「サエスタ」にて行われる「Buzz Five de Go」です。

[日時]12月10日(土)開場13:30 開演14:00
[場所]和気町学び館「サエスタ」(和気町父井430-1)
[入場料]高校生以下¥700- 一般¥1000- 前売り¥200-引き

東京藝術大学の同期生によって1997に結成された金管五重奏団です。

Trp 佐藤 友紀 野呂 紀之
Hr 友田 雅美
Trb 加藤 直明
Tuba 石丸 薫恵


続いて同日、12月10日に岡山市立オリエント美術館にて
「岡山トロンボーン四重奏団」のコンサートが行われます。

[日時]12月10日(土)開場18:30 開演19:00
[場所]岡山市立オリエント美術館 中央ホール
[入場料]一般¥3000- 友の会会員¥2500-
高校生以下¥1500- 前売り¥500引き
※オリエント美術館の入館料を含みます。

岡山トロンボーン四重奏団は岡山在住のトロンボーン奏者のみで結成されたアンサンブルです。

見知った名前がありますね〜。もしかすると、学校に教えに来て貰った事のある人も多いかもしれません。

そんな指導に来られていた先生方のコンサートです。
オリエント美術館のホールは客席と近いので、是非「最前列」に座って先生をガン見してあげて下さいね。
(´⊙ω⊙`)Σ('◉⌓◉’)(΄◉◞౪◟◉`)頑張って〜!

以上、今週の演奏会情報でした。
 
12/05

紅葉を見に行きました

Category : 自転車
皆さんこんにちは、管理人です。

はっきりとした晴れの日がなかなか定休日に重なりませんが、相変わらず回し車を回しております。

でも「たまには外を走りたい!」という事で、急遽行ってまいりました。

今回は天気の具合をみていたので、昼からの出発となりました。

目的地は「宇甘渓」。紅葉が終わる前に滑り込んで、ブログに載せる写真を撮るのが目標です。

まずはお馴染みの「岡山空港」へ向かいます。

実は自転車を買い替えて初となる坂登り。ロードバイクになって軽くなった分、楽に登れるかが楽しみです。

香和中学校近くの信号から空港近くの信号まで、237号線の無信号区間をタイムを計りながら登って見ました。
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

結果は20分30秒。初めての計測なので早い遅いは分かりませんが、今後の指標としていきましょう。(´・ω・`)

で、空港隣りの自然の森スポーツ広場で休憩です。

月曜日が閉園日なので管理人が来る日はいつも無人です。寂しい…(´;ω;`)
入り口にある自販機だけをこっそり使わせていただきました。


休憩を済ませたら空港から北へ。

岡山金陵カントリークラブを右手に見ながら「御津紙工」方面へ。朝日塾中学校の最寄りとなる、久保の交差点を目指します。

今回、初めて走った72号線(岡山賀陽線)・71号線(建部大井線)。

この道が素晴らしい!(((o(*゚▽゚*)o)))

信号はないし、段差もないし、車も来ない。

坂を下る事を「ダウンヒル」と呼びますが、まさに下りの聖地と言ってもいいくらい快適です。

道もくねくね曲がっていて雰囲気もあり、落ち葉やどんぐりが溜まっていたりするので油断も出来ません。

でも「楽しい!」(*≧∀≦*)ウヒョ〜。

そのうち滑って吹っ飛びそうですが、下りのタイムも計測してみたいです。ε-(´∀`; )ケガするぞ〜。
こんな山の中を下ります。


紙工から宇甘渓へは一本道、信号もありません。途中に虎倉トンネルが1つあるだけの走り易い道です。

登っているのか?下っているのか?良く分からなくなる道を気持ち良く走って、目的地「宇甘渓」に到着。

少し見頃を過ぎていましたが、無事に撮影出来ました。


さあ、あとは帰るだけ。

気持ち良く走って来た道を、今度は御津金川に向けて進みます。31号線(高梁御津線)ですね。

途中、御津スポーツパーク前のヤマザキデイリーで休憩。店番のおじいちゃんに怪訝そうに見られました。

Σ('◉⌓◉’)何だ?こいつ?変な格好してからに…。
(ぐうの音も出ませんm(_ _)m)

気にせず、チョコクロとアップルパイをコーヒー牛乳で貪り食べます。ε-(´∀`; )あー、食った食った。


エネルギー補給も済んで元気になった所で再開。

金川駅を過ぎると車の交通量が「グッと」増えます。
しかも緩やかな上り坂。緊張感を持って走ります。

免許センター、辛香トンネルを通って53号のバイパスを突っ切って帰りました。


これで占めて50km。距離感以上に快適に走れる道でした。

空港に登ってしまえば後はほぼ下りか平坦な道なので、自転車を初めたばかりの人にもオススメです。

何だろう、味をしめたぞ⁈(゚ω゚)また走ろう。

 
12/04

1-2番管つぎ直し

皆さんこんにちは、管理人です。

絶賛、木管楽器ばかり直していますが前回に続いてサックスの調整についてご紹介。

バリトンサックスの時に写真を撮り忘れた「接続部の再接続」についてです。

サックスの大小に関わらず、右手・左手の真っ直ぐな管体と、ベルからU字管にかけての部分が外れる様になっています。

こんな感じで外せる。


昔々のサックスなんかはハンダ付けで「ガッチリ」溶接してありますが、現代のサックスは「ほぼ」全てのサックスが着脱式になっています。

この「1-2番管」の接続部は接着剤で固めてあるのですが、所詮は接着剤。

学校備品楽器の「10年、20年当たり前」みたいな使い方をしていると、ほぼ必ずと言っていい程固定が緩んでいます。

ここが緩んでいるとどんなに調整をしても低音が鳴り切らない事があるので「要注意」ですよ!

ヤマハ、ヤナキザワは接着剤。これはぼちぼち丈夫。

セルマーはゴムのO-リングとグリスで密閉してある時代の物が要注意です。


いつも通り分解して、綺麗に洗ったサックスさん。

写真ではピカピカに見え過ぎていますが、SA80なのでご老体です。

オーバーホールをして貰ったので、あと10年と言わずに長く使って貰えそうです。
 
12/03

バリトンサックス全分解

皆さんこんにちは、管理人です。

最近は皆さんが年末の定期演奏会に向けて・アンサンブル大会に向けての追い込み練習をしているためか、楽器の修理も増えて来ています。

でも修理に来るのが「木管」だらけなんですよね。

そんな中、持ち込まれた楽器の中から今日は「バリトン・サックス」を載せたいと思います。

結構放置された感のあるヤマハちゃん。アンサンブル大会に参加するのでしっかり目に直す事になりました。

まずは分解だーーー!

良し、出来た!(=゚ω゚)ノッシャア!

次は管体洗浄とキイの水拭き!

綺麗になりました。(๑>◡<๑)
せっかくなので並べて記念撮影。

ここから不良タンポの交換、3-4番管の凹み直し・再接続。キイのガタ取りやメカ音の除去をしていきます。

あー、疲れた。やってる事はアルトサックスと変わりないのにゴリゴリ体力が削られていくみたい。

大きいってだけで大騒ぎです。

出来上がりの写真を撮っていませんが、かなり吹きやすく仕上がりました。

古い楽器でもきちんと直せばまだまだ現役で使えます!

特に大型楽器は取り扱いの大変さで「ガタ」が出ている事が多いです。

万全に調整された大型木管楽器はかなりの機動力が出せますよ〜。

備品楽器だからと諦めずに、一度きちんと直してみて下さいね。